« 2016年8月 | トップページ | 2024年8月 »

2016年9月の3件の記事

2016年9月10日 (土)

■※たいせつなお知らせ~featuring マリ国の歴史~ -更新第1089回-

今日は皆さんに、大事なお話があるオイサンです。

ところでサ、
先日マイベストフレンドとマイベストトークをしてた時、
とある非実在アイドルグループの話をしていて識字率の低さの話になった(?)ので
ちょっと識字率について調べていたら、
西アフリカのマリという国の識字率が世界で一番低いらしいことが分かり、
マリについてさらに突っ込むと、
歴史上、スースー族という部族がスースー王国を興していたらしいことが分かった。
スースー族のスースー王国、だれもぱんつはいてなさそう。



オイサンでした。



尚、マリ国の歴史の上では、
ベルベル人ムラービト王朝を興していたり、
ソンガイ族ソンガイ帝国を興していたりと
ワリと冗談みたいな名前が続くぞ。
住みたくねえよなソンガイ帝国。ホケン共和国に滅ぼされろ。


  マ我が国の歴史も、蘇我イルカがなごり雪歌ったりするので人のこと笑えないけどな。

……ちなみに、そのマイベストトークの中で、オイサンが不意に
「いま、喜ばせたくない、喜んでるところを見たくない、
       様々な振る舞いがイラッとする人がいるのだが、これって何なんだろう?」

と問うたら
「それはその人のコト嫌いなんじゃないの?」
虫でも殺すような目でバッサリ言われ、「……ああ」ってなった。
ムウ、これが「嫌い」ということなんだろうか。
別に嫌いなつもりはなかったから、ちょっとビックリした。

オイサンはどうも、「嫌い」よりも「苦手」の方に敏感なようだ。





……。





あ、そうそう。





あのね、このブログ
容量がいっぱいいっぱいになって記事が上げられなくなってきたので、
近々、お引越しをします。

タイトルとかは変わらない予定で、過去記事も引き連れて行ける見込み。
デザインくらいは変わるかもしれません。



次回、『ゆび先はもう一つの心臓』、第1期・最終回!
「オイサン死す!? ゆび先はもう一つの心臓よ永遠なれ!」
お楽しみに!
 

Aatrdsc06799



あ、ていうかこれが最終回だw 次回からは引っ越し先!
 ↑ 引っ越すとき段取り悪くてロクに挨拶出来ないタイプ

じゃあね! ノシ



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

■北風と台風~北へ。21・朱鞠内・名寄・旭川・美瑛~-更新第1088回-

オイサン子ちゃんです。ウフ。

北海道行ってきちゃいました。
 

Dsc05315

 
21回目。

場所は、朱鞠内湖。
旭川から北へ、列車で1時間かけて名寄へ、そこからさらにバスで1時間、西へ。





キャンプと魚釣りしかすることのないようなアウトドアな場所です。
日本最大の人造湖。


  「なぜ、朱鞠内湖なのか?」と聞かれます。


そんなもん知りません。理由なんかありません。
「おっ」と思ったんです。「あるね」と思ったんです。


  「キャンプも魚釣りもしないお前が、そこで何をするのか?」と聞かれます。


わかりません。
まあ、なにもなくても、のんびりくらいは出来るでしょう。
 
Dsc05653
 

せいぜい言えるのは、
「名前がカッコ良かったのと、日本で一番寒いのを記録したところだから?
 あと、ホントは音威子府に泊まりたかったけど、
 宿が見つかんなかったから、ちょっと南だけどココにした」
ってくらいです。

湖のほとりで、ボンヤリのんびりして、写真でも撮って。
そんな時間を過ごせれば十分。


  ……しかしこの人、のんびりするつもりで行ったけど、
  結局それについては、今回も9割方失敗してるかんな。


いつもは必ず終着の稚内まで乗る宗谷本線、
これを途中で降りるのも初めての経験。
名寄の町をぶらついて。

あとは……マ、ベースはいつもの旭川なので。
なじみの喫茶店に寄って、近くをちょっとぶらついて。
今回は、いつもの美瑛ではなく、滝川とか深川とか、そういう方へ行ってみようかな、とも思ったんだけど、
色々事情があってやめました。
台風、来てたんでね。
10号さんが、また……予測のつかないトリッキーな動きをしてくれるもんだから。
さんざん踊らされてしまったよ。勘弁してほしいよねえw
お天道様には逆らえない、とはいえ。
いやあ、なかなか。
もしもに備えて動きやすくしておきたかったから、
予定を変更して良く知ってる場所、空港に近い場所ですませることにした。
最後までハラハラさせられた。

けれども、まあ、ナンボか見慣れた場所とはいえ、
歩いてない道なんて、試される大地さんにはまだまだいっくらでもあるわけで。
まだまだ知らなかった、新しい、素敵な風景にたくさん出会うことが出来ました。

天気予報さんは言いました。
「言っとくけどお前、お前の行ってる間、ずっと雨だかんな」。

おー、そっかー。残念だな。
でもまあ、20回も行ってりゃそういうこともあるさ。
イイよ別に。しょうがない。

……初日を除いて、アホみたいに晴れました。
ワンダフル北海道。

行き慣れた、いつもと変わらぬ北海道のつもりだったけど、
今回。帰ってきてみると、手のひらに残る感触がいつもと少し違っていた。
なんだろうか、このさみしさは。
何かが掌からこぼれ落ちたカンジは。

Dsc05402


とても楽しく、とても美しく、充実して、
けれどもさみしさの残る4日間。
貴重な旅の記録です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

■ねこはあの世へなにも持っていかない -更新第1087回-

Google Chromeの、突然の「『BackSpaceキーで戻る』をやめる」仕様変更が
地味にパンチ効いてて腹立たしいオイサンですけど、
なんか二つ前の記事の更新回数が盛大に間違ってるな。
マいいか(てきとう)。正確な数字に大した意味はない。

ムフフ画像の連続保存がやりづろーてしゃあなあい。はかどらない。
 
 
 
……。
 
 
 
夜。
ジョギングしてたらそこそこ雨に降られてしまって、
一旦家に戻ってから晩ゴハンに出かけたところ、
住宅街の四ツ辻の一つで、一匹の猫と方向がおなじになった。
 
こちらがあとから追う格好で、あちらも雨でピトピトと歩いているから足並みは遅く、
チョイチョイこちらを気にしてくる。
そんなに道幅もないから、
なんかちょっと変わった猫で、
ちょっと道のはじに寄って、
  
 『お前先に行けよ』 

と言わんばかりに、こちらを見上げながら足を止めた。
そう言うなら、こっちだって雨の中さっさと行きたいから行きますけどね、
と追い越して、
なんだかヘンに気にかかって、2、3度振り返りながら、その時は別れた。
 
オイサンの追い越したあとも、やっぱり同じくらいのゆっくりペースで、
ヒトヒトと歩いて、こちらが振り返るごとにピクッと足を止めていた。
お野良さんなのだろう。
  
首尾よく夕メシを調達して戻るとき、
行きとは一つ違う辻を曲がって帰ってきたのだけど、
そこにまた、さっきのお野良さんがいた。
今度はオイサンとすれ違う方向で歩いている。
 
あちらもこちらに気付いたみたいで(とは言っても覚えてるかは知らんけど)、
またピクリと足を止め、決して良いとは言えない汚れた毛並みを低く構えて、
ちょっと譲ってこちらの出方をうかがってきた。

本当に変わった奴だなお前は。昔人間だった?

 「お前、まだここにいんの? どっか雨のかからない場所にでも引っ込んでたら?」

返事はない。
それ以上は構わなかったけど、
なんかこう、
行きと帰りで同じ野良とすれ違うって、変な感じね。



■音を鳴らす道具

せっかく見つけた、いい塩梅だったJVCの耳かけ式イヤホンが生産中止になってしまって、
ハテ次が必要になったらどうしましょと思い悩んでいたところ、
パッと見これが良さゲだったので見に行ってみた。
 





 ▼AKG「Y30U」レビュー:高コスパが魅力のシリーズ初・セミオープン型ヘッドホン
   http://www.phileweb.com/review/article/201603/30/2011.html


お値段そこそこだし、カラーも色々ポップで可愛いし。
セミオープンて言うところがまた、中途半端でいいじゃない。サマルトリアの王子みたいで。
視聴してみたら、音だってオイサンの耳には十分すぎるくらい良かったの。
だけど。
 
その近場で売っていた、こっちがちょっとファンタスティックだった。

音がこちらの方が好みだったのね。圧迫感もないし。
ただ、今回の目的はポータブルなもの。
こちらは……小型で軽量なんだけど、ポータブれるような作りにはなってない。
 
もちろんポータブることも出来るけど、それを大事に考えられたもんではないから……
つまり、今回本来の目的的には上の方が良いワケだけど、いかんせん、
音的に良いものに出会ってしまったら、なんかこう……迷いますね。
困る。
やめてくれる?(って言われても)。
 
家で聴く分には、ヤマハのHPH-200さんが全然元気だし、音は同じくらい良いしね。
悩む要素は特にない(つまり「買う必要がない」方面で)んだけど、
ええいなんじゃい、なんで欲しくなっとるんじゃい。
しかもそこそこお高いやないかい
(Amazonさんではヘンにお高くなってるけど、16000円くらいです)。
 
実家に帰った時に兄に触らせてもらった、新型のPSVitaもなんだか軽くていい感じだったし、
しかもバッテリーのもちが相当良いみたいだしで、ジワジワ来ておる。
なぜここにきて、急に物欲が高まっておるのだろうか。
死ぬのかしら。
 
しかしまあ人間、40も超えると、この先いくらたくさんの物をため込んでも、
あとを引き受けてくれる者がいないとすっぱり意味がなくなってしまうのだね、
ということがチョイチョイ沁みてくる。
物も、心もだよ。
フツーに考えればまだ早いのかもだけど、
けど、
こっから先はいつガケから落ちるように終わりを迎えたって不思議じゃないですもんね。
マ今ならまだ身内がいるから、それはそれでいいんだけど
(エエわけあるかい)。
 
ム、物欲の話からしんみりトーンになってしまった。
つまり安西先生、ヘッドホンが欲しいです。
  
 「困りますよポップ。
   そんなことを言われても、お金がありません!」


あ、アバン先生……ッ! だったら引っ込んでてください!
オイサンでした。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2024年8月 »