« ■天気雨の土日~日記と、『シン・ゴジラ』の感想~ -更新第1077回- | トップページ | ■筋書きのない富山~延長5年、ツーアウトからの『true tears』・城端巡礼~(第1回) -更新第1079回- »

2016年8月 8日 (月)

■筋書きのない富山~延長5年、ツーアウトからの『true tears』・城端巡礼~(第0回) -更新第1078回-




●○● Prologue ○●○



2011年の3月、
初めてともに旅をした、アニメ『アマガミSS』銚子巡礼からの帰り道で、
私たち4人は、早くも--




帰りたくなかった。



  「こ、このインターを降りたら、現実に戻ってしまう……!!」
  「そんなのイヤでござる!」
  「帰りたくないでござる!!」
  「このまままっすぐ行って京都に行くでござる! 
     『けいおん!』の聖地をハシゴするでござる!!」


しかし、悪あがきを続ける4人のオッサン(このときはまだアラフォーらしいアラフォーはいなかった)を乗せ、
ジェントル号は
--このときはまだジェントル号という名ではなかったが--
その名に恥じず、やさしく、厳しく、我々を現実へと引き戻したのだった。
ブロロロロ(高速を下りる音)。

  「ああ、終わってしまった……楽しかったのに……」
  「もう……おしまいだ……」
  「これからが本当の地獄だ……(AA略」
  「んあー。次どこ行こっかぁー」




……誰だ。いま、「次」って言ったの。



  「俺ねえ、城端行きたい」
  「た、隊長……?」
  「『true tears』ってアニメあってさぁー。知ってる?」




な、なんて奴だ……。
俺たちはまだ絶望の淵で打ちひしがれていたというのに、
もう次に向けて動き始めていやがる……!! でかい、でかい男だ……!
……思えば、このときかも知れない。
隊長が本当に俺たちの隊長になり、この人についていこうと決めたのは。

俺たちが本当にくじけそうなとき…… 本当に諦めてしまいそうなとき……
いつも最後のひと押しをしてくれた奴…… 俺たちを立ち上がらせてくれた奴……
最高の隊長、隊長……!!
きみが隊長で、良かった……!!


うちのブログを読むときは、『ダイの大冒険』と『はじめの一歩』は読んどいた方が楽しめます。



  「よ、よし分かった! 城端だな!(どこだかわかんないけど)
   そこにしよう! 次はソコ行こう!」
  「んあー」




そうしてジェントル号は高速を降り、本当の意味で走り始めたのだった--。





--そして、5年後(2016年)--





  アラフォー1「……着かねえ」
  アラフォー2「……城端遠いぃ……」
  ギリアラサー「……いまどの辺ですか」
  アラフォー3「もうチョイで相模湖です」



すっかりアラフォー戦隊になった我々は、
5年越しの約束を果たすため、城端へ向かっていた。

今回の戦場は、約束の旅。
富山・城端、高山、諏訪です。



●○● 城端巡礼~場所と行程 ○●○



アニメ『true tears』の聖地巡礼で、富山県・城端へ行ってきた。






  しかし「城端」と書かれて、「ああ、城端ね」ってなる人は少ないのではないだろうか。
  て言うかそもそも、読める人の方が少ないのではないだろうか。
  99%の日本人は「え? なんて?」ってなるはず。
  「城端」は、「じょうはな」と読む。
  決して「しろはし」や「じょうはし」、「じょうたん」「しろたん」などではない。
 「じょうはな」である。「城端=じょうはな」である。以後、お間違えのないように。

富山県の南部、内陸部に位置する城端は、
事情を知らないヒト様に「城端に行きます」と言ったら間違いなく
「え? どこ? 何しに? 何があるの?」と尋ねられ、
そのどれに答えるにも一苦労することウケアイ。
そんな、ほとんど陸と文明の孤島とも言える土地。 ← しつれい。
しかしそれだけに、謎と魅力に満ちた土地でもある。 ← フォロー





……なんかパッと見、「コレ、どうやって行くんだ?」ってなる場所ですね。
ちゃんと電車も走ってるんですよ。
せまい日本でも、こういう「そこに暮らしてる人しか知らない」場所はたくさんある。
世界というのは、自分が考えるよりずっとギュッとしている場所なのだということを、
こういう旅を繰り返していると強く感じる。
帯をギュッとね! ← 言いたかっただけ



■日程・行程・目的

日程は2泊3日。全体として、大きな予定は5つ。

 その1 ◆ 富山へのブリリアントロード(そんな別称はない)こと、親不知を再び走る<1日目>。
 その2 ◆ セブンイレブン・糸魚川能生鬼伏店を再訪する。<1日目>
 その3 ◆ 富山の3つのエリアにまたがる、『true tears』の聖地を巡る。<2日目>
       氷見エリア~高岡エリア~城端エリア
 その4 ◆ 高山再訪。<1日目~2日目>
       高山へ(した道(国道156号?)を経て) → 日枝神社詣 → 国道158号再走、松本・安曇野方面へ
 その5 ◆ 諏訪る。<3日目>
       諏訪周りを適当にめぐり、新しくなった諏訪姫PLUMSHOPに立ち寄る

だいたいの行程を示しておこう。

 ●1日目●
 05:30~06:00の早朝集合。予想される渋滞をやり過ごして、脱・関東。
 中央道、長野自動車道、上信越道を経由して、日本海へ。
  ↓
 セブンイレブン糸魚川能生鬼伏店を再訪!
  ↓
 快走・親不知!
  ↓
 『true tears』巡礼・その1。氷見エリア
  ↓
 富山駅周辺。予想到着時刻は16:30頃。

 ●2日目●
 『true tears』巡礼・その2。高岡エリア。AM中には攻略完了。
  ↓
 『true tears』巡礼・その3。城端エリア。昼食含め、15:00頃発予定。
  ↓
 富山・城端を離れ、南進。国道471号・156号を経由して高山へ。
 日枝神社参拝。
  ↓
 国道158号を経て松本・安曇野方面へ。
 高ボッチ高原に投宿。19時チェックイン予定。

 ●3日目●
 詳細な予定らしい予定はナシ。
 AMのうちに諏訪湖畔に着き、PLUM諏訪姫SHOPに立ち寄り、昼を食べて帰途へ。


なかなかに盛りだくさんであるが、予定はどこまでいっても予定。
どっちを向いても未定。
どこまでいっても予定!
どっちを向いても未定!!
旅という奴は企て通りにはいかないものであるからして……
ハテサテ、どうなりますことやら。


Atrdsc02512


本格的な作戦行動は次回から。
全7回を予定(今回含めて)。
各員、体を休めて作戦に備えるように、解散!

オイサンでした。



 

|

« ■天気雨の土日~日記と、『シン・ゴジラ』の感想~ -更新第1077回- | トップページ | ■筋書きのない富山~延長5年、ツーアウトからの『true tears』・城端巡礼~(第1回) -更新第1079回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/66887991

この記事へのトラックバック一覧です: ■筋書きのない富山~延長5年、ツーアウトからの『true tears』・城端巡礼~(第0回) -更新第1078回-:

« ■天気雨の土日~日記と、『シン・ゴジラ』の感想~ -更新第1077回- | トップページ | ■筋書きのない富山~延長5年、ツーアウトからの『true tears』・城端巡礼~(第1回) -更新第1079回- »