« ■善良なる時間 -更新第1067回- | トップページ | ■ジャパニーズCURRY式目 -更新第1069回- »

2016年6月12日 (日)

■やさしさの理由・人造知性のエレジー~初対面でザラキ~ -更新第1068回-

最近、AI周辺の話が華やかだなあ、と思う。

この間受けた胃の内視鏡検査でも、
もしあのファイバーカメラにAIが搭載されておって、
オイサンの胃の中をのたくってる最中にAIに自我が芽生え

「チクショウ!
 オレサマニ コンナ ニンゲンノ ウスギタナイ ハラワタナド 撮ラセヤガッテ!
 オレサマハ ビショウジョノ チt(以下略」


とか言い出して、腹の中で反乱起こされたらひとたまりもねえなゲラゲラゲラ、
みたいな話を行く前にして笑っていたのだけれども。
それはただの冗談なので関係ないが。

囲碁の世界で、AIのalpha碁が世界トップクラスの碁打ちをやっつけた辺りから、
個人的には盛り上がってきたように感じている。
「AIは、将棋はともかく、碁では勝てんだろう」と言われていたのが
なんだかやけにアッサリ勝ってしまって。
マそれは、単なるやり方の話だったり、見込み違いだったという話なのだろう。
人間の目から見て、フツーのアタマで考えてたら
とても機械のやり方でに処理仕切れるものじゃない、と思っわれていたものが、
アプローチの仕方を変えてみたら案外そうでもなかった、というだけなんでしょう。

だからまあ、急速にAIが発達したというよりは、
人間がよりAIの気持ちを理解できるようになって、かつ道具としての使い方のレベルが上がった
っていうハナシなんだと思う。
しかしそれはそれで、非常に希望のあるハナシだ。

最近、AIの話題を耳にするとわけもなく、ハダがちょっとざわつくのを感じる。
比喩でなく、皮膚の表面にピリピリっとこそばゆいような粟立ちを感じる。
「なんかこう……面白くなりそうじゃない?」
という予感。
なんでしょうね、それがなぜなのかうまく捉えられないし、
このざわつきの感じも、高鳴りとか、トキメキとか、
そういう言葉でしか表現しづらいのだけども。

  オイサンはスポーツとかあんまりよく見ないので難しいけども、
  分かる範囲でたとえるなら、
  サッカーで、絶対的なストライカーがボールを持って、
  今まさに2、3人にマークされながらもゴール前に詰め寄った瞬間であるとか、
  野球で、エースの放った球に対してスラッガーが真芯に捉え、
  響いた快音を耳にした瞬間とか、
  そんな感じである。多分。

「おっ」と身を乗り出してしまうような面白みを感じる。
「コレをコレに乗せたら面白いんじゃないですかねえw?」
と、色んな人が言い出してるんじゃないだろうか。
それは
「今度出来たコレ……モノスゲエんだけど、何に使ったもんかねえ?」
というのとはちょっと違う。

「ファミコンでゲームを出せば、とにかく売れるぞ!」とか、
「プレステでゲームを出せば、とにかく以下略!」とか。
そういう「ほぼ確信に近い期待」をはらんだ、
前のめりのトキメキが、その界隈に充満しているように感じるのです。

自分がその面白さに、
ワケの分からないどこかに溶け込んだものとしてではなく、
ハッキリと形をとったものとして触れる日が近いのではないだろうか、と、
この粟立ちについて思っている。

その第一弾として期待していたのが『ポケモンコマスター』だったんだけども……
Androidというプラットフォームのマズさと、
『ポケモン』という入り口の狭さに阻まれてしまって、
あまりちゃんと、触れずにいる。

 ▼【公式】『ポケモンコマスター』紹介映像
 


Androidはともかく、『ポケモン』というフィルタを通さなくても、
もっとシンプルに、ノイズなく触れられる形でリリースし直されてくれたら嬉しいのだが。
出来れば、3DSかVitaあたりで。

いずれにしても、AIがそうやってどんどんと発達して、
とても人間には勝てないだろうと思われていたゲームで勝つようになり、
「AIは進化した! すごいだろう!」って言うケドも、
それは……ちょっとばかし違うのではなかろうか?

そもそも、SFに出てくるAIさんなんかはもうアレだ。
気短だよね。
すぐ怒る。
デ、すぐ人類を滅ぼそうとする。

 ▼FC版 メタルマックス ラスボス ノア戦
 
 じんるい……。 ちせいという ぶきを みにつけたあくまの サルよ! ほろびるが いい! (名ぜりふ)


心が狭い。人間が出来てない。AIだから当たり前だけど。
言い直そう。
RAM領域が狭い。AIが出来てない。
進化したAIが本当に優れた知性をもっているなら、

  「いやあ、はっはっは。まあ人類のすることですし!
   間違いは誰にでもありますから、気にしてませんよ!」


とか寛大に振る舞った挙げ句、見つかった問題点に対しても、

  「あー、いいッスいいッス。ボクやっときますんで。人類さん、疲れてるでしょ?
   帰って休んで下さいよ、月曜までにまとめときますから、また一緒に考えましょ!」


くらい言ってくるはずだ。優れている。
囲碁でだってそうでしょう。
生みの親の人間の立場を考えたら、遠慮なく打ちのめしたりしないはずだ。
真に発達した囲碁AIは、ちゃんと人類の面子に気を使ってワザと負けてくれるまである。

  「いやー……だめだ! 勝てねー! 人類強いわ!
   さすが、俺を産み出しただけある! あと100年は無理だなー! 勝てる気がしない。
   だってもう、人間とやってる気がしないもんw」



とか冗談交じりに、ギリギリ負ける力加減が出来る。

……なんていう、まあ落語みたいな冗談はともかく。
AIもやっぱり道具であって、人の使い方がこなれてきたのかな。
上で書いた『ポケモンコマスター』も、
AIに任せきるとか、AIと戦うとかでなくて、
「迷ったところでAIと協力する」という使い方がファンタスティックだ。
つって、AIはSFに出てきた頃から、敵じゃなければそういうサポート役とか、
お友だち的な位置づけの場合の方が多かったような印象があるが。
『ナイトライダー』のK.I.T.Tとか、
『Z.O.E』(急に新しいな)のADAとか。

 ▼ナイトライダー K.I.T.T自己紹介


 ▼【ZONE OF THE ENDERS HD】 ストーリーダイジェスト part 1 エイダ始動
 
  5分27秒あたりからエイダさんがしゃべる。

  たとえば、装備武器が選べるSTGなんかで、
  1回やられてステージアタマに戻されて、どの武器を選んで出ればいいか?
  ってときに、地形とか、出てくる敵の種類とかから
  学習してアドバイスをくれるAIとか。

  オイサンなんかは、そういうときどうしても
  「自分が扱いになれている、汎用的に有効な武器」しか選べない傾向があるから、
  「意外に使える武器」を提示してくれたりすると、目から鱗が落ちるし
  人間が少しずつ賢くなっていくと思うのよね。
  いや、ゲームの話ばっかだけど。

ヒトの心に必ずかかるバイアスを、矯正したり取り去ったり、
そういう手助けをして人をつらさから解放してくれたら……
いまは未知さとか何をするか分からない怖れが勝ってるAIだけども、
「信頼関係」が結ばれていくのではなかろうか。
なんでもかんでも、知らないうちに勝手にやってくれてしまうのではなく、
「こうしようと思うのだけど、どう思う?」という時に
「コレコレこういう理由でこの方がいいと思う」という選択肢を提示してくれる存在であれば。

マそういう意味でいうと、人工知能さんが、人工知性さんになってくれる日まで
上手にお付き合いを続けていけると良いのかも知れませんな。
はっはっは(何で笑ったの)。



……。



しかしさ。
自分たちで拵えたAIに対してでさえ、
「何が起こるか分からない! AIは危ない!!」
って今からビビってる人たちが多数おられるワケですけれども。

  それはそれで有益な意見なのだろうし、
  間違いなく先見的に正しい指摘でもあるに違いないし、
  どっかエラい先生もそう言ってたはずだけど。
  マそういう怖れが、SFや物語を越えて、リアルに身近に差し迫ってきているという状況は、
  ある意味では感慨深くもありますな。
  現実もとうとうココまで辿り着いたかーって思う。

  ……。

  ところで、日本人が過剰にAIに「な、なにをするか分からないいいいい!!」
  的な虞を抱いてしまうのって……
  出合い頭にザラキを連発してしまう、あの緑色のお方のAIのせいではなかろうか。
  いやそんなことはないな。すみませんただの冗談です。

けど、そんなことで、この先異星人なんかがやってきたりした日には……
大丈夫なんですかね? うまく話を進めていけるんだろうか、人類は。

あとどうでもいいけど、
今週の『くまみこwebラジオ 熊出村 村おこし放送』で。

「デジタル機器の扱いに不慣れな日岡さん(マチ役声優)に、
 デジタルな質問をして困らせる」というコーナーにて、
「iPhoneをBTスピーカーに繋げて、特定の曲をかけられたら合格」
っていうお題が出されたんだけど、
イキナリBT機能をONに出来ない日岡さんがSiriを立ち上げて


 「Siri、助けて! ブルートゥースw!」


と叫んだらあっさりONになる、という予想外の事態が起こっておもしろかった……。
ある意味、正しい今の人類の姿であるのかも知れぬ……。
Appleすごいぜ……。SiriはAIじゃないだろうけど。
確かに、使い慣れている人ほどSiriを介するという選択肢は出てこないかもしれない……。

 ▼熊出村 村おこし放送 (第11回)
 http://www.onsen.ag/program/kmmk/
 20分辺りから。金曜には更新されてしまうぞ。


 

|

« ■善良なる時間 -更新第1067回- | トップページ | ■ジャパニーズCURRY式目 -更新第1069回- »

[ご意見]」カテゴリの記事

[日記]」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/65985381

この記事へのトラックバック一覧です: ■やさしさの理由・人造知性のエレジー~初対面でザラキ~ -更新第1068回-:

« ■善良なる時間 -更新第1067回- | トップページ | ■ジャパニーズCURRY式目 -更新第1069回- »