« ■些伽巳日記~冴えない土曜日と、妖怪人間 in ドリームクラブ・相模店 -更新第936回- | トップページ | ■山登りも恋愛模様も、たった一本のクソアニメにかなわない~2014年7月期アニメ感想~ -更新第938回- »

2014年7月21日 (月)

■ウィークイエンド・シャッフル -更新第937回-

ども。
サボリジニーのオイサンです。

オーストラリアの先住民に怒られろ。

これと言ってしっかり書くようなこともないのだけども、
日々の記録のためにここ先週・先々週の週末の記録でも時間の許す限り書いておこうかt


 時 間 「許さん」


うわーっ!
時間が許してくれない!

アホなことやってるヒマがあったらさっさと書け。
あと、上のネタのくだり、どこかで見たことがあると思ったら
昔ファミ通の『しあわせのかたち』で
「ページの許す限り」っていうんでおんなじコトやってたのを思い出したわ。
パクリじゃないのよ。

オマージュでもないの。
血肉がそれでできてたってだけなの。



■7月5日(土)・6日(日)



  ●○土曜日●○


9時頃起床。
起きるのが遅くなってしまったので、朝ごはんはシリアルで終わり。
SONYの超時空デジカメ・RX1を買う気満々で、お金をおろしてとなり町へ。
なんだか頭がぼうっとして気分が悪いので、雨は降っていたが歩いてみることにする。
動かないと血が巡らない。

RX1、購入するなら店舗もちの某通販ショップとヨドバシのどちらかで考えていて、
本体価格的としては通販ショップの方が何万円というレベルで安いのだけども、
ポイント込みで考えるとヨドバシだってそう捨てたものじゃない。
ポイント考慮価格で、通販屋さんと同じくらいのお値段にしてもらえるか、
ちょっと交渉するつもりで出向く。

しかしヨドバシよりも保証面でソフマップの方が若干充実しているようなので、
念のため近くのソフマップまで足を延ばしてみるも、在庫がない感じだった。
ハンカチを忘れたので、ソフマップの入っている西友でタオルハンカチ1枚購入。
タオルハンカチと聞くと、以前寝ポテで松来さんとあすみんが、
「女子力高いイイ女はタオルハンカチ使わない」説を提唱してたことを思い出す。
どーでもいい記憶ほど、強力に根を張っている。

サテそれではと、ヨドバシに乗り込む前に、
通販ショップの方にも一応電話をして、在庫と価格について確認しておく。
ウム、間違いない。

ヨドバシにて色々お話を聞く中で、どうも保証的に不安を感じ始めた。
普段だったら保証などはほとんど気にしないんだけど。
何ぶんブツがブツ、お値段がお値段なので、やらかさないとも限らない。
物損系(落下・水没など)の長期保証がない。
通販屋さんの方は……ブツの価格1割分上乗せすると、
償却はあるものの物損系も5年保証してくれる。
買うなら通販屋さんかなあ。

これから、通販屋さんの店舗のある都心まで出るのが億劫だったが、この時点ではやる気。
移動する前にゴハンを食べることに。
……お腹が膨れて冷静になったら行く気がなくなるかもなー、と思ったが、案の定だった。
結果、この日はグダグダ考えてしまって買いにはいかなかった。

お昼は、定食屋「稲穂」でカンパチのかま焼き。
前の日の夜、ズベ公(フォロワーさん)が実家で魚食べててうらやましかったので。

稲穂のおばちゃん、一回間違って他の人の分を運んでくる。
「稲穂」は昭和歌謡のかかる、ガード下とも言うべき古びたメシ屋なんだけど、
今井美樹の『彼女とTIP on DUO』とかかかってて、
最初笠原さんの『恋にノーリターン』かと思ってビックリした。似てるな。


▼彼女とTIP on DUO



お腹が満たされて冷静になってしまい、RX1が本当に自分に必要かどうか、
小田急百貨店のレストランフロアでお茶でも飲みながら考えようとしたけど
喫茶がなかったので休憩所で一眠り。
最近こういうの多いな。

スッキリした頭で百貨店内をうろつき、陶器やら漆器やらをなでながら考える。
「阿蘭陀人」というシリーズの洋食器が目につく。
美術サロンで北海道の風景画の即売展示をやってたので眺めてみる。
美瑛など、見慣れた景色も何点か。RX1、とりあえず保留に。

先週買った、いとこの結婚顔合わせ用のカジュアルスーツ一式を受け取る。
穏やかな笑顔と口調にお兄さん、いくつくらいかわからないけど鮮やかである。
スだとどんなんなんだろうか。ネクタイも買わないとだなー。

なんとなく体がだるくて仕方ない。
このところ体に元気がない……。
雨も降っているし、一駅だけだが電車を使う。
まあ普通の人は、元気だろうが晴れていようが電車使うと思うけど。
最寄⇔隣駅間だけの移動なら、自分はほぼ歩きだな。
なんとなくぐったりした気分が続く。
どうしたことか。
いつものコーヒー屋で一休み。
ちょっとだけ元気が出て書き物などするけども大した成果は得られない。
こまったもんだ。

簡単な買い物をすませて家に戻る。
イカン、水出しアイスコーヒーパックを買うのを忘れてたぞ(今思い出した)。

webラジオの更新があんまりないが、
ジョジョ3部の「オラオラジオ」が始まってたので聴いてみる。
小野Dの進行が丁寧で、毒やエッジはないが聴きやすい。
小野Dは役者志望じゃなくて、制作・スタッフ志望だったのかー。
それを勉強する大学の学科ってなんだ?
放送学科とかあるのか。次も聴いてみよう。

  ▼オラオラジオ
  http://www.onsen.ag/program/jojo/
  今週はアブドゥル役の三宅健太さんがゲスト。
  ジョジョ好きの人ってホント愛が深くて聴いてる人を置き去りにするw
  けどすごい楽しそうにしゃべるから聞いてて嫌味じゃない。


夕方になると、予報の通り雨が上がったので走りに出ようかと思ったがやはりだるみんが抜けない。
余計な体力は使うべきではないかなーと考える。
こうして少しずつ走らなくなっていったりするのだろうか。それは困る。
走ったりしてみた方が、アドレナリンなど出て元気になったりするのかもなあ。

夕食を調達に行った帰る道の途中で、佐川のトラックと、
いつもうちに配達に来てくれる年輩の男性(ほとんどおじいちゃん)を見かける。
今日このあとうちにも荷物が来るはずなのだが……声をかけて受け取ってしまった方が良かっただろうか。
あちらが私の顔を、住所と紐づけて憶えていてくれていたらの話だが。

夕食をとりながら今期アニメの『グラスリップ』を見たりする。
そのうちに荷物到着。サガワと黒猫一個ずつ。鉢合わせしなくて良かった。


荷物のうち一個は、『ドリクラ』の舞台版のDVD。
月末にはライブイベントがあるらしい。
声優さんじゃなくて、舞台版の役者さんが歌って踊るらしいので、
このDVDを見てみて申し込むかどうか決めよう、というハラ。

ていうか、いつのまに舞台が実現してたのか知らなかったよ。
Twitterで『ドリクラGogo.』を誉めてたら知らない女性アカウントからRT+フォローされてて、
誰だろう??? と思ったら舞台版の役者さんだったw
それで、舞台がいつの間にか実現されてたことを初めて知った。
DVDは途切れ途切れに見て、まだ見終わっていないけど、全体的なクオリティとしては普通のお芝居。
開幕の歌のサビで遥華さんが盛大にトチっていたのはご愛敬かね。

先週末の出来事を綴ったblog記事を更新して、鈴凜さんと少しだけおしゃべりをして眠る。
どうにも体調がすぐれずぱっとしない。
翌日曜日は近隣の『アマガミ』周辺の方々と、江ノ島界隈でちょっと井戸端会議。


  ●○日曜日●○


5時半に起床。
やっぱりこのくらいの時間には起きたい。
朝が遅いと、一日が短くなる。
マ早く起きて何をするというワケでもないのだけども。
朝からサッカーをやっててTLが騒がしい。

起き抜け、日曜の朝にやっているグローバルビジョンという番組が結構面白くて、
気が向いたら見ている。
休みの朝のゆったりしたテンションにあうというか。

育児、教育など、毎回テーマがあって、
世界の三つの異なる国・地域の個人・家庭レベルで行われている
パーソナルな営みの様子を、ザッピングしながら見せていく番組。

この日のテーマは「育児」で、
オランダの同性婚のカップル(両方男)と、インドネシア、韓国の家庭。
国や地域はまだしも、対象とする個人はどうやって選んでるんだろうなあ。
オランダでは同性婚を認めてて、いろいろと制度化されてるっぽい。
男二人のカップルで育児? と思ったんだけど、
カップルの男性二人にはそれぞれ結婚相手の男性のほかに子を産ませた女性がいて、
自分の子供を育ててるんだそうな。
週何日かずつ、女性にも子供を預けて育児は分担、なんだとか。
すごい世界だ。
考えた奴はすごいな。
世話される子どもは混乱しないんだろうか。

  ちなみに今週(7月19日週)のテーマは「競技会」で、
  マレーシアの鳥の鳴き声競技会とか、エジプトの伝統的(?)な剣技(???)の競技会の話で、
  なんかもう……生活がかかってたり、
  実はじいさんのただの趣味なんじゃないの? みたいなんだったりで。
  ホント世界はいろいろだ。

この日は神奈川近隣の『アマガミ』周辺の方々と、江ノ島界隈で賢人会議。
11時にF沢で待ち合わせだが例のごとく早めに家を出る。
電車で30分だから決して近くはないのだが、
同じ30分でも新宿に向かうことを思えば気は楽だ。
都心コワイ。

若干早めにF沢に着き、ドトールでお茶。
レーパン+ヘルメットのロードおっちゃんがコーヒー飲んでる。
最近本当に増えたなー。それなのに競技を地上波で放送したりしないのなー。
いま確か、ツールドフランスとかやってるんでしょう。

F沢、やけに人が多くて浴衣も目立つと思ったら、平塚で花火大会なのだそうで。
もうそんな時期か。

さて、「アマガミな人たち」といっても、相手は毎度おなじみパパさんと湘南の大巨人。
三人集まってまあ何をするかと言えば、私が大巨人に借りていたアニメ『ラムネ』のDVDを返して、
パパさんに『ごちうさ』の録画BDをお渡しするってだけなんだけど。
あとは好き勝手なしゃべり。

アニメ、『艦これ』、旅行にカメラ。
カメラの話題が多かったかな。

お昼は協議の結果、オイサンが以前からちょっと目をつけてた謎の天丼屋さん。
あと謎のハンバーグ屋と、謎のスペイン料理屋が候補にあったのだが。

以前店の前を通った時は、看板にでっかく「天丼」としか書かれてなくて、
もうちょっとらんぼうなお店だと思っていたのだけども……
暖簾をくぐってビックリ、超ちゃんとしたした天ぷら屋さんだった。
高級というのではないと思うけども、天ぷらという料理がもつ、
昔かたぎな気質をそのまま持ってる感じの。

とりあえず、かなり年のいった板さんの落ち着き具合がすごくて。
寡黙。
無愛想ではないんだけど、なんかこう……お坊さんみたいな迫力。

また天ぷらを揚げる油の音が、
シャーシャーぷちぷちと軽やかながらも高貴な感じで。
お分かりいただけますかね、あの天ぷら独特の、しずかなる高温の感じ。
フライとかカツとか中華とかの、ジャワー!! とか バッシャー!! ではない感じ。
オイサンはあの静かな音を聞いてるだけで、かなりドキドキわくわくします。

思いのほか美味しかった……。
もうちょっと「てんや」寄りのモノを想像していたので、お味の質としてはいい方向に裏切られた。
分量的にはちょっと物足りなかったけども。

ああいうお店ではあまり落ち着かないというパパさんと、
多分もっとガッツリいきたかったであろう若者には申し訳なかったけども、
オイサン個人的には大満足。 ← お前だけ満足でどうする

けどなかなか、あそこまでの雰囲気だと分かってしまうと、
なかなか一人でフラっと、という風にも行き難いものはありますな。
気後れする。

ところで、その天ぷら屋へ向かう道みちパパさんが、
新しくなった自転車法規のあまりの守られてなさっぷりに憤慨しておられた。
トコロデ新しくなった自転車の法律、

 「自転車が、路側帯を走るときは、自動車と進行方向が揃わないとダメ」

って話は分かって、

 「自転車が、自転車通行可能な歩道を走るときは、車道側を走りなさい」

というのも分かるんだけど、

 「自転車が、自転車通行可能な歩道を走るとき」は、
 「車道側を走って」さえいれば、「進行方向は自動車と揃って」なくていいんだろうか?

ちょっと調べた感じでは、それがダメだという記述が見つからなかったんだけど
どうなんだろう?
OKともダメとも、説明がないんですよね。
なんかそもそものルールが私から抜け落ちてるんだろうか。

つまり、

■■図①■■
歩 道|車道
   |
↑人↑|↑
人↓チ|車
   |

 
 
この図①のチャリ(チ)がOKなのは図として説明されていたりするんだけど、
 
 

■■図②■■
歩 道|車道
   |
↑人チ|↑
人↓↓|車
   |

 
 
この図②のチャリ(チ)がOK/NGともみつからなかった。
歩道を走る以上、車との関係としては問題なさそうな気もするけど、
チャリ同士がカチあったらカチあうことを考えたらアカンのk……
 
 

■■図ムカデ■■
歩 道|車道
  ↑|
↑人ム|↑
人↓カ|車
  デ|

 
 
ギャー! ムカデ!(なにがしたいねん


改めてルールを確認してみて、
なんか自転車が不自由な乗り物になるような気がしたが、
まちの道路事情を考えれば、ちゃんとした方が安全は安全だな。

自分はいなかまち育ちで、子供の頃は、
車線がちゃんとしてるような道の路側を自転車で走ることなんかほぼなかったから
めんどくさく感じるけど、いま住んでる家から駅までの道を自転車で走るとなったら、
その辺はしっかりしてないと確かにこわいわ。
チャリとしても、車の方としても。

50ccの単車とそれより上とで交通ルール的な扱いがちょっと違うみたいに、
生活用自転車(ママチャリなど)とレース用自転車で扱い分けられないのかね。
販売される自転車ごとにランクが定められて、どういうランクで乗りなさい、
って言われる、みたいな。

マおばさんがママチャリに乗ってるから危なくない、というわけじゃないんだけど
(乱暴さは乗る人次第だし)、
「スピードの出るマシンが世に増えたから事故が増えた」って理由だったらそれでもいいと思う。
単純にお年寄りが増えたから、走ってるものが同じでも危なさが増したのかもしれないけど。
けどまあ、ホント増えたよ、ロードバイク。

お昼を食べた後、パパさんとビックカメラでカメラを見、
そのあとは分かれて小用を済ませに鎌倉へ向かうのだけど、そこでもロードバイクの多いこと。

以前自分も買いたいと思って調べた時、
欲しいなーと思ったちょっと珍し目の「オルベア」ってメーカーがあったのだけど、
それが走っててびっくりした。

ジャイアント、ピナレロ、LOOK、スコット、トレック、GIOS、コルナゴ、キャノンデール、
デ・ローザ、BMC、ビアンキ、スペシャライズド、などなど、
『弱虫ペダル』『Odds!』あたりに出てきそうなメジャーなメーカーのは、
実際に走っている姿をここ何年かのうちにだいたい見ているけど、オルベアのは初めて見たなあ。
マこれもいっときの流行なんだろうけども。
この国で根付こうと思ったら(少なくともこれまでのままであれば)、
なんか海外競技とかでも有名な選手が出てきて大々的に取り上げられ、
国内のプロスポーツとして盛り上がっていかないと……長くはもたないだろうしね。

  ……「少なくともこれまでであれば」と書いたのは、
  これまでのこの国での流行り廃りは、ホントにもう何もかも、
  大手のマスコミ、テレビ、広告屋が握ってて、
  彼らにメリットのあることだけが「下流」である私らに放流される仕組みになってて、
  それ以外のものについては個人レベルでチマチマとやるしかなかったので
  そういう風に書いたのだけど。

  ボチボチと、SNSやらWebやら、「個人」と「どメジャー」の中間の、
  小~中型クラスの嗜好のコロニーがたくさんに生まれて情報の発信源も
  随分分散されてきたかな、という気はする。

  まあそういう小さな種火も、マスコミの方々が嗅ぎつけては、
  大きく稼ごうと煽っていくのでその過程でダメになっていくのもあり、
  その辺が非常に腹立たしいのだけど。
  彼らとしてはそういう「小さなともし火を大きなムーブメントに育てていくのが自分たちの使命」
  みたいに感じているのかもしれないけれども、
  それならそれらしく、
  大元からやっている人たちへの敬意を忘れず、合意を取った上で、リスクも共有して
  慎重にやって欲しいもんだと思いますね。

  あとから上から目線でやってきて、「広めてやってんだ有り難く思え」
  みたいな態度がアリアリと見えるのがなんかもう。

  そういう意味ではニコ生とかweb配信など、
  放送に近いことを個人レベルで行えるようになってきているのは、
  非常に健全なことなんだな、と今さらながらに感じてしまうオイサンです。
  ホント今さらだな!
  まニコ生とか、ほとんど見ないんですけどね。
  それをやる個人は個人で、
  これまで「放送」ということを負ってきた人たちの重責や配慮みたいなものを
  キチンと理解してやらないとダメだなあと思いますけども。
  閑話休題。

鎌倉までは何をしに行ったかというと、
以前もちょっと書いた、近々結婚するいとこへのお祝いの贈り物を買いに行ったのでした。
うーん、顔合わせの席でお渡ししたものか分かんねえんだけど、
マ別に、祝いの意を表するくらいは良いだろう。
モノは、以前、母への贈り物を探していて偶然見つけた「エーケルンド」の
タオルとテーブルクロス的なもの。

  自分用にもハンケチ的なものを一枚買った。
  肌触りと吸湿性はイイ。が、速乾性はない。

P7065992

喜ばれたモンかはワカランが、俺は自分が素敵だと思ったものを贈る!
だいたい、タオルですしね。
実用品実用品。
使い倒してくれたらいいです。

お店は、鶴岡八幡宮の三の鳥居のすぐ手前にあります。
間取りは狭いとはいえ、すごいとこにあるよな。

鎌倉、梅雨の晴れ間の休みだからもっと人でごった返してるかと思ったけど
思いのほか、そうでもなかった。
マ一番人通りの少ない道を選んで歩いたってのもあるけど。

え? どの道ってそりゃアンタ、若宮大路のド真ん中のレーンだよ。
小町も、若宮大路の歩道も人多いからね。
帰りの江ノ島線ではぐったりすっかり寝入ってしまった。



■7月12日(土)・13日(日)



  ●○土曜日●○


えーっと……土曜日は何したか、忘れた!
写真を見返してみたけど、
『ドリクラGogo,』の画面写真と、こんなワケのワカラン遊びの痕跡しか残ってないw

P7126019

何してはるんですかw
まあ、ゆったりまったり、楽しく過ごしたのでしょう。

書き物を結構してた気がするな。
頑張れ俺。


  ●○日曜日●○


この日は昼から渋谷で、岩男潤子さんのライブ。
声優活動20周年記念オリジナルフルアルバム発売記念! らしいです!
14年ぶりのオリジナルフルアルバム!
声優活動10周年のときはなにをやっていたんだ!

 ……まあいろいろあった時期っぽいので突っ込んではいけない。

岩男さんのライブは渋谷でやることが多いのだけど、
まあ我々オタクですから。
渋谷なんてアウェイ中のアウェイなので、身を隠すようにして11時半に待ち合わせ。

  あ、岩男さんのライブと言えば、メンバーはこの人、
  通称J氏こと、JKPさん(あんまり変わらない)とパパさんです。
  パパさんとは2週連続ですね。
  2本録りでも良かったんじゃないですかね(無理言うな)。

えーと……細かく書くとまた長くなってしまうんだけども、
前回のヨコハマ・モーションブルーでのライブと編成は同じ。

ボーカル潤子さん、
ベース川村竜さん、
ピアノ熊谷ヤスマサさん、
ギター鈴木直人さん、
のレギュラーメンバーに加えて、
パーカッションのクリストファー・ハーディさん、
バイオリンの真部裕さん。

なあ、なんていうか、素晴らしかったです(簡素)。
他に言葉が要らないくらい。
ホント良かったですよ。
音響という意味では、多分前回のヨコハマ・モーションブルーには及ばないのでしょうけども、
全体的には前回とほんと同じくらいのクオリティで。
もしかすると、本業の方のお笑いトークが充実してたぶん、
今回のがオトクではあったかもしれない。

 今回の教訓。
 「尻尾を振る相手を間違ってはいけない」。

個人的には、サターンのゲーム『ドラゴンフォースⅡ』のED、
「あなたをまた戦いに誘うとしても」が一番好きでした。
これは厳密には、新曲ではないんですけども。
クリスのパーカッションのパンチと相まって、迫力があるんですねえ。
ひときわ野性的というか。

ライブ終了後は人ごみを避け、、
代々木公園でロカビリーを踊るスペースダンディ風の一団を横目に眺めつつ原宿へ移動、
JRで新宿、隠れ家的な混雑している喫茶店(矛盾)でお茶して解散、となりました。

もうチョイ話しても良かったかなー、という感じだけども、
なんか雲行きが怪しかったので……早めの解散。

帰ってからは……なにかしたかな。
わりとさっくりくたばった気がする……
梅酒飲みながら『ドリクラGogo.』やってて、文字通りドリームゴロウになってしまったような。
どうしようもないな。


Dsc00034
クリスの仕事場。

マそんな、どうしようもないオトナの週末。
わたしなんだか、本当の恋を見つけたみたいです。

オイサンでした。

 

|

« ■些伽巳日記~冴えない土曜日と、妖怪人間 in ドリームクラブ・相模店 -更新第936回- | トップページ | ■山登りも恋愛模様も、たった一本のクソアニメにかなわない~2014年7月期アニメ感想~ -更新第938回- »

[日記]」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■JKPさん
 
毎度どもです。
なんかコメント、長いこと公開できてなくてごめんなさい。
自分だけ読んで安心してしまってたみたいです。
失礼失礼。
 
現場でもお話ししましたけど、
音響そのものはやっぱりモーションブルーにはかないませんけど、
演奏とか編曲のバランスなんかは今回の方が良かった気がしますね。
ああして新しい型の比重を増やして、聴きにくる人たちに印象付け、
受け入れられやすくしようという、人のよさそうな顔をして狡猾な関取の策略なんでしょうね。
まいどいいようにやられてますが。

レギュラーという形にしてしまうと大所帯になりすぎそうですし、
これ以上関取ともども身重になってもアレですんで、
呼べば優先的に都合をつけてもらえるような都合のいい関係を続けてもらえればいいなあ、
などと思いますデス。
たっぴーさんのパーカッションも、また聞きたいですよ。
 
>「あなたをまた戦いに誘うとしても」はEDではない!
>OPであるわ、無礼者!
>そこへ直れ!
>手打ちにしてくれようぞ!
 
ああ、お許されませ、ごむたいな!
あーーーーーーーれーーーーーーーーー(くるくるくるくるくるくる
……こっちじゃないか。
 
マそんな感じで(どんな感じだ)、
また次回もよろしくです。

次はちょっと、違うアーティストさんのライブにお誘いしたいかな、
などとも考えておりますよ。
 

投稿: オイサン@ikas2nd | 2014年8月 9日 (土) 21時23分

13日はお疲れ様&ありがとうございました〜。
いや〜、やっぱりリズム隊が良いと音楽は活きますねぇ。
「あなたをまた戦いに誘うとしても」は特にクリスさんが無双してましたからね(笑)
CDも良い出来だったし(ステマ)、真部さんともどもレギュラーになってくれないかなぁ。

それはさて置き。
「あなたをまた戦いに誘うとしても」はEDではない!
OPであるわ、無礼者!
そこへ直れ!
手打ちにしてくれようぞ!

投稿: JKP | 2014年7月23日 (水) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/56858608

この記事へのトラックバック一覧です: ■ウィークイエンド・シャッフル -更新第937回-:

« ■些伽巳日記~冴えない土曜日と、妖怪人間 in ドリームクラブ・相模店 -更新第936回- | トップページ | ■山登りも恋愛模様も、たった一本のクソアニメにかなわない~2014年7月期アニメ感想~ -更新第938回- »