« ■PSVita版『アマガミ』発売記念SS 「クローズアップ・節分 迷走する『アマガミ』ビジネスの行方~東北東へ針路をとれ!~梨穂子と恵方巻きゲームをしよう」 -更新第901回- | トップページ | ■老人と小鳥の死を運ぶガチメンチバトル-更新第903回- »

2014年2月 4日 (火)

■あとがき~『GJ部』SS・コタツじかけのオみかん~みかんのすじは俺のすじ~ -更新第902回-

はいどうも、オイサンです。
いきなりの『GJ部』SS、いかがでしたでしょうか。

  間にいっこ、なんか変なSS挟まっちゃいましたけど。
  マたまにはいいでしょ。

どのくらい需要があったもんかわかりませんけれども。
今度pixivとやらにも、試しにのっけてみようかしら。
アカウント作らなきゃだわ?

本当にいきなり『GJ部』だったのでナンデヤネンとお感じの諸兄もおられましょうけども、
これには深いような、そうでもないような理由があって、
今回はこういうカタチに落ち着きました。
何卒ご容赦のほど。

理由っつったって大したことはありません。
今回のお話は、まず題材ありきの所から始まっておりまして、
その題材をうまく転がしてやってくれそうなキャラクターとして、
名乗り出てくれたのがこの二人だった、というだけです。

ではどーしてこんな(どんな?)題材ありきで始まったのかと申しますと、
実は今回の話、コレ半分くらい実話なのです。
オイサンが正月に帰省した時にちょろっとこういう話を聞いてあーおもしれーなと思い、
そのまま日記に書くのも味気なかったので、うまくお話し仕立てに出来ないもんか、
とこねまわした末にこうなった。

  ……と書くと、昨年のクリスマス頃に「年明けに一本上げるよ」という予告を聞いてた誰かさんは、
  「じゃあの時点でネタは決まってなかったんかい!!」
  と怒るやらビックリするやらかもですが、
  それはそれで別に予定していた別作品のものがあったのでそんなに面白い顔しないで下さい。

何がどう事実なのか?
正月早々、山の神社にお参りに行ってきたってくだりと、
家系図にあった謎の話。
お正月に親戚がやってきたときにポロッと話題に上りそうなことでしょ?

人物の名前や時期はもちろん変えてありますが、
古くに三人の兄弟がいて、長男がなぜか養子に出され、
次男・三男がよその姉妹とあーいった事情で一緒になっていた、というあたり。
アレ、オイサンの血筋で実際にあったことらしいです。

長男云々については、
まあ、フーンというか、ヘーというか、
今でもこだわる人たちはこだわるところなのだと思いますけども、
時代的なことを思うとやはりなにかあったんだろうなあ、と想像してしまう程度ですけど、
むしろ今の時代で問題視されそうなのは、
姉のために妹が自分の結婚を制限されるということの方なのかなあと思います。
プリプリ怒る人いそう。

まあそんな、なんてことのないと言ってしまえばなんてことのない話を、
彼女ら自身の身にも少し感じるものを持ちつつ話し合ってくれそうな人たち……
と考えた時に、天使真央と皇紫音、この二人が頭に思い浮かんだのでした。

 ▼ぼくと『GJ部』

『GJ部』のことを、オイサンがそんなに好きなのかと言われたら……
あー、まあ、好きは好きなんですけども、
面白い……作品として客観的に高い評価を与えているかと言われたらそうでもないです。
実際、原作には手をつけてませんし。

  だもんで、アニメでは描かれていないけど原作で描かれている部分で、
  今回のSSと矛盾する点があっても、マそれはスルーして戴けるとありがたい。
  あくまでもアニメ版『GJ部』に準拠した内容ってことで。
  ……とはいえ、実はアニメ版とも食い違う内容が少なくとも一つ、
  混入してしまっているんですけどね……。
  根幹を揺るがすような部分ではないのですけど。

ただ大好きな世界であって、
はしばしに垣間見えるキャラクターを大事にしようという気持ちですとか、
狙ってか偶然か、ふとした瞬間にキャラクターの深みのようなものがぽろっと零れ落ちる瞬間が
とても好きではあります。

なかでも真央部長は、無邪気勝手な子どもみたいな部分と、
ホントさりげない瞬間に(もしかすると脚本的に大した意図はなく)挿入される
年相応+αの思慮の面があるお蔭で、
オイサンの中では人間くさい、魅力的な人物になっていますです。

  まオイサンは、本能全開無邪気がらっぱち系健康美女子がそもそも好きなので、
  そういう属性としても大いにアリなんですけども。
  『ときメモ2』の赤井ほむら会長とか、『みなみけ』の夏奈とか、
  あと『TLS2』の丘野さんとか。
  まあ『TLS2』では同時に風間さんも中里さんも好きなので
  「おまえ節操なしか」と言われたら、マありませんけど。

  2次元美少女はみな等しく、お姫様であり、宝石のような宝物であります、サー!!

そんな背景もあってですね。
実際の所、天使真央部長が、今回の話の中でちらつかせたような、
自覚や、立場や、事情を抱えてるかなんてことは実際ンとこわかりませんし、
原作(アニメね)のバックボーンには当然一切出てきません。

ただ、彼女が時おり見せた……否、オイサンが勝手に垣間見た、
彼女の「自覚」に照らし合わせると、
そういうことも「無邪気に」心に持っているんじゃないかな、と思って
こういう形に納めさせてもらった次第です。

アニメの画面で見せてくれたあの傍若無人で溌剌とした感じが無理をして作り上げられたもので、
実は裏でこういう若干湿った面を持っていて、こっちが本当なんですよ。
……という話ではなくて、ですね。
こういうことを、あの元気な真央部長のまま、持ってるんだよねきっとね、
こういうことを考え語るときにも、ふっと表情を変え陰らせるんじゃなくて、
あの調子のまま心の隅っこに「まいっか。ンなコトもあんだろ」くらいの重みでもっていて、
ときに考え、語るんだろうな、ってことです。

紫音さんは……あんまりいじってません。
アニメよりもちょっとだけ、ぶすっとしてるかも知れません。
そんくらいかな。

いかがでしょうね。
まあ毎度のこと、余計なことをしている様な気がしないでもないですが、
『GJ部』好きな人にも、
『GJ部』よく分かんない人にも、
いくらかでも楽しんでいただければ幸いです。

ほなまた。
オイサンでした。


しかし更新900回超えたかー。
今月末で丸8年だから、まあ不思議ではないか。
数字が『こち亀』っぽくてアレですね。

マ900回っていうキリのいいところを書き物で超えられて良かった。


 

|

« ■PSVita版『アマガミ』発売記念SS 「クローズアップ・節分 迷走する『アマガミ』ビジネスの行方~東北東へ針路をとれ!~梨穂子と恵方巻きゲームをしよう」 -更新第901回- | トップページ | ■老人と小鳥の死を運ぶガチメンチバトル-更新第903回- »

[創作 SS]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

コメント

■面白い顔のJKPさん
ども、いつも応援ありがとうございます。
いやあ……ほんとすみません。
まあ経緯はあとがきに書いたとおりでして。
 
本来のネタの方も、それとはまた違うモノもボチボチとやっております。
今しばらくお待ちを。
また近々遊びましょうね。

1000回に向けて、フルスロットルだぜ!(てきとう

投稿: オイサン@ikas2nd | 2014年2月20日 (木) 01時28分

ちょっと遅くなりましたが、簡単な感想をば。
まあ、私GJ部観ていないんで、キャラとかには触れられないんですが。

毎度のことながら、やはり文脈からこぼれ出る空気感が良いですよね。
特に今回は序盤の、部室に流れる陽だまりのような緩やかな時間の流れ。
GJ部を知らない私が適当に言ってしまえば
「ああ、こいつらいつも部室で何の目的もなく、流れるままに時間を浪費するという贅沢に身を任せているんだろうな」
というイメージを植え付けられました。
そんな中に、こういったちょっと日常ではお目にかかれない話題が降って来た時の反応、というのは面白いですよね。
ものすっごく浅い感想を述べてしまえば、カスミちゃんの素直な憤りが可愛かったです。
私のようなオッサンには、もうそういう純粋さは失われてしまいました。
中原中也の気持ちが解ろうというものです。

ところでどっかの誰かさんとしては、予告されていた本来のネタによるSSを期待しても良い、ということでよろしいのでしょうかね?
否、良いに違いない。
良いに決まっている。
というわけで、これからも楽しみにしておりまする。
更新900回突破おめでとうございます!!!

投稿: 面白い顔の誰かさん | 2014年2月10日 (月) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/54852835

この記事へのトラックバック一覧です: ■あとがき~『GJ部』SS・コタツじかけのオみかん~みかんのすじは俺のすじ~ -更新第902回-:

« ■PSVita版『アマガミ』発売記念SS 「クローズアップ・節分 迷走する『アマガミ』ビジネスの行方~東北東へ針路をとれ!~梨穂子と恵方巻きゲームをしよう」 -更新第901回- | トップページ | ■老人と小鳥の死を運ぶガチメンチバトル-更新第903回- »