« ■ラブレターfromうどん -更新第887回- | トップページ | ■静かなるのんのんドライブ~『のんのんびより』聖地巡礼の巻・2 -更新第889回- »

2013年12月23日 (月)

■静かなるのんのんドライブ~『のんのんびより』聖地巡礼の巻・1 -更新第888回-

ためしに買ってみた「ヒートテックExtraWarm 極暖」ってのを風呂上りに装着してみたところ
尋常でないレベルで全身がホカホカしてきたので

「ぬううッ! これが! これが三ツ星極制服の力かッ!!」

などと深夜に野太い声でキルラキルごっこを始めてしまう迷惑なアラフォー、
オイサンです。


気が付けば、もう年の瀬。

今年もあと少しだなあ、などとつぶやくのは毎年の常なのであるけれども、
今年は特に、6月以降ずっと一つのオシゴトに囚われてしまい
夏も、秋も、そのままどこかに置き忘れてしまったような感覚であったので、
より一層ときの流れを肌に感じないままこの時期を迎えてしまった。

汗をかくことも、すさび始める木枯らしに身を縮めることも、
机と布団の間の往復の、おまけのようになってしまっては本末が転倒しているように思う。

しかしそんな日々の中にも、まとまって大きな催しごとがなかったというだけで、
小さなことは合間合間に幾つか挟まってはいて、
そういう小さなひび割れの様な感激に、こり固まっていく心をほぐしてもらう、
そんな一年であったように思う。

中でも、おし迫りつつある11月、
『劇場版 まどか★マギカ新編 叛逆の物語』の心への介入は計り知れない大きな衝撃であったし、
今日これからお話しする『のんのんびより』の聖地その1へのドライブなども、
些細な様でいて、心をすっと平らかにしてくれる、
激しくはないけれども千々に乱れる水面をそっとなでるそよ風のような役目を果たしてくれる
とても大事なひと時でありました。



……んまあ、そんな調子で。



先々週は、お友達と映画を見に(『まどか★マギカ』、まさかの三度目!!)錦糸町までお出かけ。

Pc080577

掛け値なく面白い映画を見て、
そこそこに美味しいゴハンを食べ、
ブラボーに美味しいコーヒーを飲んで、
何ヶ月分かため込んだ笑いをケタケタと放出することの出来た一日でした。

先週はコレといったイベントのないお休みでしたが、
ちょっとどうでもいいお買い物を嵩ませてしまいましたね。

色々あって、結局『日常』のBD-BOXコンプリート版と、
ふらっと立ち寄った百貨店で偶然出くわしたトルコ陶器市で小さな器を二点、
なんとなく買ってしまった……。

Pc150689 Pc150680z

この器は……お店で見た瞬間に
「ム、これは宮ちゃんのセンスだな! 宮ちゃんそのものだ!」
と思ってしまったので仕方がない。
こういうコトはワリカシ頻繁に訪れるし、これが訪れることが私が正常であることのバロメータでもある。

  今見ると、ちょっと違う気もするのですが。

婦人物の洋服の売り場を歩いてる時に、
「お、これは絢辻さんに似合うな」
とか、ナチュラルに考えていたりする。
皆さんもそういうことありますでしょう。
ありますよね。
あると言って下さい。

うす気味悪いですね。
イヤ、うす気味悪いと思います。
多分その瞬間、すっごいうす気味悪い顔してると思いますが、
どうか店員さん、うす気味悪いニタニタ笑いを浮かべながらディスプレイを見ているアラフォーがいたとしても、
実害があるまで、どうかその110番を押す指をぐっと堪えていただきたい。
彼(ら)はまだ、まだ何もしていない。

しかし『まどマギ』映画を見て以降、
ほむらちゃんのフィギュアが欲しくて仕方ないオイサンですよ。
ええ。

うーん、これ欲しかったよう。




■秋の終わりののんのんドライブ



現在、都会のいなかもの相手に大絶賛放送中の『のんのんびより』ですが、
「色々くたびれたので、日帰りでちょっとのんびり、聖地までドライブに行きましょう」と、
ジェントル号のオーナーteraji800さんから
いかにもジェントルかつナイーブな感じのお誘いを頂いたので、
またも便乗して出かけたのは11月半ばのこと。

メンバーは、
teraji800(テラジ)さん、
yotsuaki(よつ)さん、
そして私と、以前新潟・富山へ行った時の同窓会をかねて。

  ▼スンスンの河を越えて。~城端前哨戦・新潟・富山めぐり~
   その1 その2 その3 その4 その5  その6 
    どーでもいいけど、この旅行はケッサクだったなw

  これに隊長ことNOR_kankitsukeiさんを加えると銚子の四紳士の出来上がりなワケですが、
  マ皆さんボチボチええオッサンなので
  なかなか全員が交わる都合がつきませんな。
  そしたら早いトコ、富山は城端の『TrueTears』聖地の旅を決行したいところなのですが。

と言ってもそもそもは、その聖地へ向けて一直線にレッツゴーな企画だったわけではなく、
当日集まってから、
「どっか行きましょうかー」
「どこ行きましょうかー」
「候補としてはココとココがあるんですけどどっちがいいでしょうかー」
「じゃあこっちでー」
という、なんともユルい決まり方。

場所は、埼玉県小川町。
そこにある廃校が『のんのんびより』の学校、旭ヶ丘分校のモデルになってんじゃないか、
くらいの、これまたうすボンヤリとしたお話です。

  事実、『のんのんびより』の舞台はその廃校と周辺の風景だけで完結しているわけではないらしく、
  作者さんの見てきた、心にある様々な田舎のイメージの集合体であるらしいので、
  一概にどこそこが聖地! とは言えないご様子です。
  作中に出てくるいろんな情報をかき集めれば地理的な大体の条件は見つかるのでしょうけども、
  じゃあ絵として出てくる風景が、さらに一致するのかと言われたら多分怪しい感じなんでしょうね。
  なんかこういう↓突っ込みも出てきてますし。

    ▼「のんのんびより」聖地は北緯15度 [ あずき残雪 雪解け ]
     http://d.hatena.ne.jp/mycophobia/20131210/1386691263

  日本じゃないwww
  しかしタイとかベトナムって言われたら、逆に「にゃんぱすー」って言葉の響きに
  説得力が出てくる感じはありますけどねwww
  しかしこのツッコミはさすがに……と思う自分と、
  追求するならそこまでせんとなあ、と思う自分と、一応両方いますな。
  まあ厳密でなくても、主だった星座くらいはね。

オイサンも、
「埼玉県の果ての方にそれっぽい場所があるらしい」くらいにしか把握しておらず、
そんな簡単に行って帰って来られると思ってなかったので
この日、行先の候補に挙がったことにビックリしたくらいです。

  ちなみにもうヒトツの選択肢は奥多摩でした。
  奥多摩は奥多摩で、オイサンのイメージとしては秘境感が高く魅力的だったんですけどね。
  テラジさん曰く「すごく近い」らしく、また普通の観光地でもあるので、
  マ別な機会に訪れる機会もあるだろう、ということで。

そんな感じで行き先は、
今このタイミングでなければ恐らく訪れないであろう、埼玉県比企郡小川町に決定。
比企郡ってのがまたいいじゃないですか、ねえヒッキー♪?(CV:東山奈央
ゆきのんかわいいよゆきのん。
まあ小町の方が可愛いわけですが。
そしてそれもまた戸塚には敵わなかったりする。

駐車場にて不良中年三人、しばし煙を吐いたのち、
聖地の平和を守るため!
そして静寂を乱すため!!
ジェントル号、今再び発進のとき(不良か正義かはっきりせえ)!



■超空間移動中の雑談



ジェントル号には超空間移動装置がついていまして、
我々が旅をするときは毎回その機能……俗に関越道とか中央道とか呼ばれますが……
を利用します。

オイサンはその機能の詳細を理解してないので、毎度のごとくどこをどう移動したのかサッパリですが、
多分今回は、
ネオ百合ヶ丘からよみうりランドの辺りをまたいで鶴川街道に乗り、
調布ICから中央道 → 圏央道 → 関越道 みたいな感じだと思います。
中央道からどう圏央道に乗ったのかは分かりませんが。

寄ったPA・SAは少なめで、狭山PAと……どこだっけ?
なんか二か所停まったような気がするんですが。
もう一か所は忘れちゃった。寄ってなかったかも知れない。

しかしまあ、クルマってな速いね。
すごいや。
オイサンが2時間かけて歩いたって、南大沢から鶴川に抜けるのだって難しいのに、
新百合から埼玉までいっちゃうんだもの。

  ▼狭山PAにて

お茶推しのPA。
お茶の香りの紙ナプキンがテラジさんのおすすめ。
クムーリを食べたり、謎のチーズナントカを食べたり。

Pb170111_2 Pb170114

オイサンのチョイスした抹茶ソフトクムーリは、
いわゆる抹茶をクムーリに練りこんだ緑色のクムーリでなく、
普通の白いクムーリに抹茶パウダーをふりかけるという、ひとヒネリ入ったクムーリでした。

しかし……

  よつさん 「クリームの方が……普通にねっちり濃厚で……」
  テラジさん「抹茶の味が、あんまり……」
  オイサン 「むう……悔しいが正しい……」

という結果に。
主役のハズの抹茶パウダー、クムーリの乳脂肪成分に完敗。
クムーリをあらかた食べ終わった後に、
コーンの底に残ったクムーリとパウダーを一緒に食べる分にはとてもバランスが良いのですが、
正直、メインのクムーリを食べてる間はクムーリが強すぎて抹茶の味がほぼしません。
残念!!

オイサンはこの他にも密かに、
肉団子にレンコンを刻みこんだ肉団子串を戴きました。
美味しかったら二人におすすめしてみようかとか思いましたが、
ものすごくなんてことない味と食感だったので、コッソリ一人で全部食べてしまいましたとさ。

……狭山PA、食べ物は総じて微妙!! 中途半端です!

もう少し、こう……お茶の粉末フレーバーがむせ返るくらいあるとか、
シャリシャリするくらいのレンコン肉団子とか、
あと一歩、踏み込みとインパクトが必要だと思います!
多少不味くても!
いや不味いのはマズいけど……でも、フックになるくらい、
3・7で好き嫌いが分かれるくらいの特徴が必要だと思いますよ。

あと、確か出口のところでなんだか珍しい型(らしい)ハチロクが停まっていて、
テラジさんが一瞬見入ってしまい、軽く渋滞しましたw
なにが珍しかったのか、オイサンには分かりませんでした。

そうだ、今思い出したけど。
狭山のPAついた瞬間から、頭の中『キックの鬼』の主題歌が流れて難儀したんだった。
なんでだろうと思って調べてみたところ、

  狭山 → 佐山聡(タイガーマスク。沢村正の影響でプロレス界入り) → 沢村正(=キックの鬼)

……という連想ゲームっぽい。わからんわw

▼キックの鬼


そうして、イマイチ名物を食べたり写真を撮ったりして、
お茶の里でしばしの休憩。



■車中ではずめオッサントーク



 ▼個性豊かなオクルマのみなさん

そうして超空間移動を繰り返していると、
イキオイ周りにはよそのオクルマさん以外みるモノなんかなくなっていくわけで、
あまりオクルマに詳しくないオイサンなんかでも興味を沸かせたりいたします。
そんな中、一台のGTRさんが。

カーボンのボンネットにリアウイングをくっつけたキメキメの走り屋仕様のGTRさんが、
一瞬、
ジェントル号の真横にぴたりと並び、信号で並んですーっと追い抜いていかれました。
マそれだけなら特段珍しいこともなかったのですが。

  よ つ 「……今、運転してたのおばちゃんでしたよね?」
  テラジ 「うそ!?」
  オイサン「おばちゃんでしたよ。しかも結構なくたびれ具合の」
  テラジ 「マジで? おばちゃんがあんな走り屋仕様でどこいくのよw!?」
  よ つ 「いや、わかんないっすけど。でもおばちゃんでしたよねw?」
  オイサン「おばちゃんでした。頭わさわさの」
  テラジ 「マジっすかw
       うわー、気になるー。もう一回並べねえかなあw つっても、もう見えねえものw」


……などということがあったり。

帰りの高速で、隣に『ハピメア』の痛車さんに並ばれたり。
……アレ、どこかで見覚えあると思ったんですが、秋葉原で多分同じの見たことがある。
公式営業車じゃないのかなあ?

ちなみにこの日、
いま日本で最も熱い聖地として有名なガールズ&大洗ではあんこう祭りが催されていたらしく、
車中でもときおり話題に上がっておりました。
あっちは盛り上がってるんだろうねえ、とか。
そしたらそっちのイベントではどうやら、
『ガールズ&パンツァー』のPSVita用ソフトの発売が
バンダイナムコゲームズさんから発表されたご様子です。
『のんのんびより』の方では何の発表もなかったのに!(当たり前だ)

  ▼『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』第1弾PV
  

ちなみにオイサンは『ガルパン』、本編一通り見て、
主題歌なんかは大好きなんですけど未だにキャラの顔と名前がワカリマセン。
西住さんと秋山殿がわかるくらいです。
会長さんが好きです。

 ▼フェラーリ落語

そんな車中の話題でもとびきりエポックだったのが、

  「フェラーリが、
   フェラーリを最低5台持ってないと購入権を貰えない限定フェラーリを売り出すと聞いて
   フェラーリ3台持ってたどこぞのエラい人がフェラーリ2台買い足し
   限定フェラーリを買いにイタリアに行ったでフェラーリ


……っていう話。
いや、現代創作落語じゃないです。
早口言葉でもないです。それっぽいけど。
あと、最後のフェラーリ語尾です。

……なんかもうサッパリ意味が分かりませんけど、世の中にはそういうこともあるんだそうですよ。
アレですね、AKBのCDと同じですね。スケールがだいぶん違いますけど。
フェラーリ2台分もあったら多分、AKB丸ごと、一晩くらいだったら買えてしまいそうですけどね(下劣。

AKBを端からだーっと指差して
「おっちゃん(=秋元)、AKBのこっからここまで、全部ちょうだい」
とか言ってみたいですね。
そしたらおっちゃんには、
「アイヨ、これ以上おっきくなんないよ!
 餌はアレだ、その辺でとってきた虫か草やっときゃいいからよ!」
とか、威勢良く応えてもらいたいですね。

AKBファンのみなさんは怒らないで下さいね。
こういうときは
「わしゃカマキリか!(ズビー」
というつっこみでやり過ごしましょう。



……お、退屈しのぎにAKBを貶めていたら、どうやら目的の聖地が近づいてきたようですよ。
って、まだたどり着いてないけどちょっと長くなりそうなので次回に続きます。

Pb170213


 
 

|

« ■ラブレターfromうどん -更新第887回- | トップページ | ■静かなるのんのんドライブ~『のんのんびより』聖地巡礼の巻・2 -更新第889回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/54357672

この記事へのトラックバック一覧です: ■静かなるのんのんドライブ~『のんのんびより』聖地巡礼の巻・1 -更新第888回-:

« ■ラブレターfromうどん -更新第887回- | トップページ | ■静かなるのんのんドライブ~『のんのんびより』聖地巡礼の巻・2 -更新第889回- »