« ■絢辻さんの背脂ぺろぺろ -更新第875回- | トップページ | ■些伽巳日記~夏越のストロボ -更新第877回- »

2013年8月27日 (火)

■まどろみ -更新第876回-

オイサンです。
ここのところ、まったく音沙汰なしですみません。

そんなに何も書けないほど余裕がなかったのか?
と言われればそんなこともなく、
木崎湖に行った時のこととか、
お盆にパパさんとJ氏と大月をぶらつきに行ったとか、
日々のよしなしごとをチラホラと、書いて留めてはおります。
まとめ切れず、アップするに至っていない、という具合です。
ふがいない。




  そんな中……。




急に秋めいた空気にあてられたのかしら。

シゴトバで、松山千春を聴きながらつかの間の午睡に微睡んでいたら、
胸のうちに、何か……ちょっと、大変な思いが芽生えて来てしまった。
うーん……ホントか? コレ。



いいのかなあ……。



思えば、年が明ければ、あれからちょうど十年だ。

……うーん。



そっか。
そうなのかも。
まあ、そういうこともあるかもな。
なんか、ちょっと違う気もするけど……
でも、そうか。十年かー。


この十年というスパンが、オイサンらしいといえば実にオイサンらしい……
出来すぎと言われればそれもそうなんだけど、何かを狙ったワケでなし、
やっぱり何か、自分の中では、そういう時計が回ってるのかもしれんなあ。
ひとさまの、十分の一のはやさでしか動かない時計が。

ちょっと違う気がする、って言ったけど、
「ちょっと違う感じ」よりも、腑に落ちる感じの方がずっと大きいわ。
そっかあー……。

芽生えた気持ちの……或いはその気持ちが結実したときに生じるものの重さに比して、
芽生え方があまりに衝動的過ぎる気はするけど。

けどもまあ、
こういうコトは、存外こういうモンなのかも知れんなー。
物事がそんなに、たかが自分の秤や物差しにふさわしい周到さでやってくるわけでなし。
そんなのはね、マンガやお話の中だけですよ。
ええ。

だって、ねえ。
生まれるときも、死ぬときも、そんな一大事でさえ人間は、いつだって突然じゃないですか。
前ぶれもない。

……なんてことはね、四年前、黒い手帳の女の子がイヤというほど教えてくれましたよ。
ははは。
さすが絢辻さんだ。
間違いないな。嬉しくなってきちゃった。
マいいや。

この気持ちが本当に長持ちするのなら、従ってみるのも悪くないな。
むしろ良い。




……十年。
十年かー。




十年前に踏み出したあの一歩は、自分にとっては、とても大きな一歩だったねえ。
マ傍目にはなんてことのない一歩ですけど。





まあね、自分一人だけのことでなし、
そうそう思うように運びはしないだろうし、
とっかかり、どうすりゃいいかもサッパリわかりやしないんだけど。
まナントカナンダロ。

なんていう気安さもね、
ワリと最近、衝動的に『無責任艦長タイラー』を手にして
見返してしまったせいも手伝ってるのかも知らん。
色んなものがグルグルと渦を巻いて、
オイサンがぎゅっとエンを描く手伝いをしてくれてるような気がするよ。



ねえ、絢辻さん?



マ何がどんなふうに転ぶか知らんけど。
ちょっとだけ、ちょっとだけ。



……。



まあ、「安易すぎんだろw!」って言われたら、
グゥの音も出やしませんけどね。
でも、そんなもんじゃないかなあ、コレ。
怒られるかなあ。



P8181084


  

|

« ■絢辻さんの背脂ぺろぺろ -更新第875回- | トップページ | ■些伽巳日記~夏越のストロボ -更新第877回- »

[日記]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/53045698

この記事へのトラックバック一覧です: ■まどろみ -更新第876回-:

« ■絢辻さんの背脂ぺろぺろ -更新第875回- | トップページ | ■些伽巳日記~夏越のストロボ -更新第877回- »