« ■些伽巳日記・夏ノ段~カマクラカメラ -更新第872回- | トップページ | ■すずめ百までオードリー・ワッスレーズ~透けブラ地獄変~ -更新第874回- »

2013年7月17日 (水)

■夏こだち。 Kodachi in a summer -更新第873回-

いよいよダイソンが、翼の折れたエンジェルを開発したらしい。
オイサンです。



■三連休の話。



三連休と言っても土曜日は出勤で、
正直もう少し早めに上がることが出来るかなと考えていたのに
ほとんどフルタイム+αのお仕事になってしまったのでほぼ何も出来ず。

まあ、朝クリーニングが出せたのと、
平日よりは早く帰れたので翌朝少し早めに起きることの出来るゆとりがあったのは良かった。
晩ゴハンはなに食べたんだっけ……スープストックだったかな。
スープストックさんのご飯は、分量やカロリーの割に
お腹に貯まるのでリーズナブルです。
コストパフォーマンスは低めですが。
つまりお高い。



■二日目、日曜日。



結局、先週はガマンした鎌倉に行ってしまった。
天気の良さに逆らえず。

と言っても、蒸っし蒸しの半分曇り空だったので
フツーの人だったら外に出るのもイヤなくらいだと思いますけど。
と、お昼にゴハンを食べた、いつもの割烹の板さんは言っていた。
すげえ客が減ると。
まあそうでしょうね。


午後からふらっと鎌倉へ。
小一時間で着けるんだから気楽なモンです。
電車の中で、
「今日はナンダカのお祭りで交通規制中。江ノ電は運転見合わせ・本数減で運行中」
とかなんとか。
観光客はともかく、地元のアシにしてる人は大変だな。
オイサンは今日は江ノ電は使うつもりなかったので影響なしですが。
逆に江ノ電が使えてしまうと、欲が出たり選択肢が広がり過ぎたりであまりよろしくないですね。
余計なことを考えてしまう。

今日のターゲットは材木座とか、メインどころからは外れた地味な方面。
ほとんどノープランなので、2時間ばかり歩けるだけ歩いて引き上げようという
やる気のないのんびり歩きです。
暑いしねー。
ダメだったらすっと引き上げるくらいの潔さで。

駅から若宮大路を渡って、ぐっと東のほとんど住宅街みたいな方へ切り込む。
入り口辺りにちょっと気になる小物・布物屋さんとゴハン屋さんが見つかった。
ちょっとお上品なところなんで、いつものメンツと行くのは雰囲気が違うかもしれないけど、
空気変えて、ナカヨシな人たちと行ってみるのも楽しいかもしれないなー。
でも皆さんはそういうの好きなのかなー。
ズベ公は好きそうだけど。

そこから先は……本当に当て所もなくフラフラと。
案内所でもらったおーざっぱな地図を、頼りにもせず歩く。
デ、案の定道にも迷う。

 ▼宮ちゃんといっしょ

おお、そうそう。
先日、アマゾンさんを流していたらこんな素敵なものが見つかったので
勢いで購入してしまったんですが。

 


うーん。
これねえ。
容量が小さ過ぎて、使いどころに困ってたんですよ。
チャックでふたの出来るメインのポケットと、
ふたのない、深いのと浅いの、サブのポケット二つがあるんですけども、
如何せんメインのスペースの口が狭い上に奥は深くて、底までゆびがとどかない。
入り口が狭いから、何を入れていいかもよくワカラン。
サブのポケットには、とりあえずウォークマンと携帯と、メモリーカードくらい入れとくのは丁度いいんですけども。

とりあえずぶら下げて歩いていればどっかで使い道も見つかるだろう、
と思って連れて来ていたんですけど、
アレですね、
旅先でもらう観光マップなんかを折りたたんで入れておくのにはちょうどいい。
ああいうのはポケットに入れてるとゴチャゴチャしますし、
鞄に入れてると出すのも面倒になって来るし。
コートを着るような季節ならコートの内ポケットとかに入れとけばいいんですがね。

  マそんなことで、宮ちゃんは旅のお供になりそうです。
  宮ちゃんらしいや。

当て所のない旅は当て所のない旅らしく、大した発見も出来ずにふらふらっと終わりました。
なんか、日蓮上人(だったかな)が初めてこの地にやってきたときに雨露をしのいだとされる祠と、
墨をするのに使ったといわれる井戸とか見つけましたけど、
普通の駐車場の片隅に、「こっち!」みたいならんぼうな看板といっしょにあって超冷遇。
嫌われてんのか日蓮さん。

途中一回道に迷って、
行き止まりを引き返してきたところに運よく神奈川県警が走ってたので
道を尋ねるというていたらく。
神奈川県警のお世話になってしまった。
ありがとう神奈川県警。
アタマおかしいレベルの急な上りを上りきったところで、ハイ行き止まりでした!
っていうのは若干へこむね。
まあいいんだけどさ。

  どうでもいいけど、あなたがバイクのケースから出してきた地図は
  もう随分と年代ものじゃなかったかい?
  あのバイクの後ろのハコにはあんなものが入っていたんだね。
  なにのっけて走ってんだろうと思ってたけど。

ぬるぬると、民家の間隙を縫う細い小路を抜けて山をのぼり、100m弱のトンネルを抜けて大町から小町の方へ抜けます。

P7140170

このトンネルがねえ……また恐ろしい。
クルマ一台分の幅しかなくて、後ろからクルマに来られると人間は急ぐしかないんだけど、
なんでオイサンが歩いてるときに限って後ろからおクルマがいらっしゃいますかね?
そんでまた7、80mとかって微妙な距離でしょ?
どうしたって、トンネル半分くらいリードがあったって、追いつかれるわけですよ。
しかも音がやたら反響して、超せまってくるんですよ、超コワイ。
運転してる方には決して悪気はないんでしょうけど、めっちょドキドキでした。
やめてほしい(なにをだ)。

そんなどうでもいいお散歩は、
しまいには「オイサン的二度と近付きたくない恐ろしい場所ランキング」1位(推定)の
東勝寺跡・北条高時腹切りやぐらのすぐ傍に抜けて出てきて、
そこから目抜き通りに出てきて帰りました。

  あそこはもう本当に怖いから近寄りたくないんだよ。
  よくもまあ、あんな恐ろしい場所が普通の観光スポットとして
  ハイキングコースの入り口に残してあるな?

P7140219

駅前の喫茶店で、今夏最初の宇治金時。
お味はそこそこ。
なんか、夕方ちょっとだけ雨が降るという予報だったんで、すこし急いで帰ったんだけど
結局降らなかった。
少しは降って戴きたいんですがね。

 ▼ほろ酔いで。

夜、実家から電話。
昨日、父方の伯父がなくなったらしくて。
父は別な法事(昨年亡くなったお姉さんだったと思う)で山陰の実家に帰ってたらしいのですが、
その法事の場で今度はお兄さんの訃報が舞い込んだのだとか。

うーむ。

デ結局今日は大阪へとんぼ返りしてそこでお兄さんのお通夜をやって明日はお葬式なのだと。
「お前らは来んでいい」とは言うんだけど。
そういうモンなのかね。

母はあまりそういうのを気にしないのか、それとももう気にし過ぎる関係や年齢でもないのか、
すごい普通にケタケタ笑ってるんだけど。
いいのか。
当の父のテンションはやっぱりおかしくて、まあ当然なんだけど、若干湿り気味。
そりゃお兄さんお姉さんがバタバタといったら、
つらいし悲しいし、「実感」だってわいてしまうよねえ。
何かこう、離れててもうまく気遣って上げられるといいんだけど。



■三日目。



普段走っているジョギングコースの一つの、
折り返し地点辺りから分岐してしばらく歩けば相模川の方まで、
ちょっと遠いけど歩けるんじゃないか?
……と、ちょっと前から考えてたんだけども……それを実行してみた。
やめとけよ。
暑いのに。
なに考えてんの? ばかなの?

  多分オイサンは田んぼとか水路とか持っていたら、
  台風の中見回って「あっ!」ってやられてしまうタイプなんでしょうね。

お昼は、近所に新しく出来た飲み屋さんのランチ。
マ新しく出来たと言っても、冬によく行っていた一人お鍋の店が閉店したあとに入ったお店なんですけど。
内装とかそのまんま。居抜きっていうんですかね。居合抜きではなく。
やってる人は変わってます。
美味しいお酒と魚の店、と謳っていますが。
ランチは……普通でした。
いたってフツー。
開店サービス価格で580円、普段は780円みたいです。
アジフライがアホみたいにでっかかった。
具体的に言うとサバサンドのサバくらい大きかった。

この場所は、オイサンが越してきたばかりのときは
もう超ヨイヨイのおじいさんがやってたお弁当屋さんで、そのお店はもう随分長いコトやってたみたいなんですが、
おじいさんが具合を悪くしてお店をたたんでしまってからは、

  中華屋 →中華屋 →鍋の店 → 飲み屋 ← イマココ

と、一年持たずにお店が入れ替わってる感じです。
定着してもらいたいもんだけど。
でも、今度も無理っぽいなあ。なんとなくだけど。
お弁当屋さんの頃が一番よかった。

てくてくと……歩くこと、一時間半あまり。
うーむ。
面白いコトなんっにもなかったな。
道も、景色も。
クルマ通りの多い場所が多くて、肩身の狭い感じで、
エンジンの震えを空気に感じながら歩くばかりでちょっとしんどかった。
この企画は失敗です!


P7150253

  昨日の鎌倉は、ひとたび住宅街の方へ入ってしまうとすーっと騒音がやんで、
  風と鳥の声と葉擦れの音くらいしか聞こえなくなり、あーやっぱいいなーと思えたんですけど。
  今日のこれはだめだ。
  そして思ったよりも遠かった。

目的の相模川に辿りつくとさすがに空も広く、
近くに大きな道路が走ってはいるもののそこそこ静かに過ごせはしたんですが。
如何せん、道中が長すぎて消耗してたんで、気持ちにゆとりがなかった。
「こらアカン、一回喫茶店ででもカラダと気持ちを冷やして、出直そう」
と下溝の駅に一先ず向かってみましたが、

  下溝にそんなオサレな施設はなかった!!
  駅前もへったくれもないのな。
  まあ半分予想してましたけど。

さすが相模線だ、なんにもないぜ!!
しつれいなことを言うな! 
他の沿線にはない、乗降時に押さないとドアが開かない開閉ボタンがあるだろ!!

……いやー。
次来るときは、大人しく海老名でコーヒーでも買って電車で来ようと思います。
八幡浜の駅前の方がまだ駅前らしさがあったな。


 ▼またも夕立に裏切られる

さすがにちょっとぐったりして帰宅。
もー今日は日光を浴びたくない。
ジョギングは、予定通り日が落ちてからにしようと思って(←それでも走るつもりなのは我ながら大したものだが)、
水風呂でゆったりと『ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ』なんか読んでたんですが、
予報を見ると……なんか21時以降は雨っぽい。
マジカヨ。

仕方がないので予定を変更し、
そんなに暑くもなかったので、小一時間ばかり走りに出ました。
元気なおっさんだな。
呆れるわ。
死ぬぞ。

……まあ普通に一回りして帰ってきたんですけどね。
結局、雨は夜半を過ぎても降らず。
風と空気は随分涼しげな夜でしたけど。
Twitterのタイムラインを眺めるに、都心や北関東の方はゲリラ豪雨でなかなか大変なことになっていた様です。
あと関西・中国地方方面ね。
大ジョブなのかな。


 ▼か、体が火照って……ん、んああああああッ!

長い距離を走ると、少し時間がたってから体の内側の熱が上がって脈拍も若干早い状態が続きます。
走った直後はそうでもないんですが。
2、3時間してからですかね。
体がホカホカ・トクトクしてくる。
喉もやたらと渇き始める。
んで段々眠くもなって来るんですが、そのホカホカな状態は翌日まで薄く残ります。
コレ正常なんだろうか。
ちゃんと眠れてはいると思うのだが。
それによってカラダがキツイということもさほどないんだけども、
こんなに持続してしまうもんなんだろうか。

この日は結局、トータルで30㎞ほども歩いたり走ったりしたので
(外に出てない時間を入れたらもっとだろう)、そりゃまあくたびれますよね。
歩きが13km、走りが17㎞。
ふた月ほど前は、朝6㎞走って夜18㎞走ってとかワリと普通にやってたのが、
最近、走るのが妙にキツいんですよねえ。体重増えたんだろうか。
暑さだけの問題でもない様な気がする。
おとろえ。


 ▼夜。

そんな感じで気怠く、書き物をしようと思っていたけど出来る状態でなかったので、
開き直ってWebラジオ流しつつ『デモンゲイズ』をプレイ。
うおお……タマラン良い時間だ……。
安らぐ。

ここんとこすっかり聞きそびれてた『ストライクウィッチーズ』のラジオと、
気まぐれに聴いてみるかと思った今期のアニメ『Free!』のやつ。
『ストパン』ラジオ、担当はルッキーニの中の人とミズハス。
わーいミズハスだ。


 ▼501 ラジオウィッチーズ
 http://www.onsen.ag/program/501st/index.html?1373956409926

結構超音波なコンビだなこれ。
『ひだまり』に比べると、若干固めな印象のミズハス。
ちゃんと作品の話をしたりする(さりげなく失礼)。
ミズハスの声は雪っちゃんよりだな。

『Free!』の方は……おお、ワリと面白いぞ。


 ▼イワトビチャンネル
 http://www.onsen.ag/program/iwatobi_sc/index.html

やっぱり一応は女性向けっていう位置づけになってるんだな、この番組は。
主人公役のナントカ信長って声優は、まだ若いっぽく
しゃべりが完全にひっぱられておる。勢いはあって楽しそう。

やっぱねえ、女声ばかり聞いていると……頭がおかしくなりそうになる。
気がする。
最近のアニメは女性率がまた高く、
たまに男声のしゃべりを聴きたくなる。
なんかやたらに偏ってますよね。
オトコばっかりか、オンナばっかりか、どっちかで。
平均的な男女比のアニメが、もっと増えないものか。
『WORKING!』なんかは良かったんですがねえ。
今期だと同じ作者の『サーバントサービス』が、やはりバランスいい。

しかしこの……
ラジオをだらだら聴きながら、あまりアタマ使わないでダンジョンRPGをやる感じは……
いいなあ……。
気持ちいい。
時間の流れもなんだかゆっくりだし。
楽しい。

そんな感じで、途中うつらうつらしながら小一時間。

この二日間の休みで一番笑ったのは、
この『Free!』のラジオの中であった
「信長君なんなのその、『ハァイ』ってヘーベルハウスみたいな返事は」
というツッコミでしたw
ぬはははははw ヘーベルハウスてw



■笑うこと・笑わせること



……そうなー。
前にも書いた様な気がするけど、
笑うとか、人を笑わせる時間がオイサンには一番のリフレッシュになるなー。
自分の言ったことでゲラゲラ笑ってもらうのはねー。
本当に気持ちがいい。

お休みに、ひとりでボサーっとするのもいいっちゃいいんだけど、
つまらんコトを言って誰かに笑ってもらうのが一番いい。
胸がすきます。

この休みもあんまり笑わなかったなー。
最近、アニメじゃあ声を上げて笑うようなことはなかなかないですからね。
昔ほどお笑い番組とかも見ないしな。

あのねえ、テレビってさ、意外と役に立ってるわよ。
とりあえず、よく分かんないところでだらっと、笑わせてくれてたりしますからね。
まテレビの笑いが一切性に合わんという御仁もおられましょうけども。
人を笑わせるプロって、いやあ、まあすごいと思うわ。
そりゃ中には本当に低俗な笑いもあって、「低俗な!」って言うのも分かるけど。
でも笑い全般が低俗なワケでもないですからね。

そんなものに頼らなくても、
日々の暮らしの、身近な人間関係の中で笑いが溢れているのが一番いいんでしょうけども。
なかなかそういうわけにもね。
行く人たちばかりじゃあ、イマドキないんでしょうし。
まあ、いくらかでも大目に見てもらえると、心が助かる人がいる、
それで命を絶つことを思いとどまる人間も、いるであろうことは分かってもらえるといいんじゃないかなと
そのように思う次第です。

それしきのこと・それしきのことで思いとどまれる程度のことで命をどうにかしようという人間など
そもそもこの世に要らぬ、というんなら、まあしょうがないですけどね。
結構なコトです。

イヤ、まあ、話がちょっと大きくなりすぎましたけどね。
決して大げさすぎるお話でもないとは思いますよ。
ええ。



まあそんなこんなで。
暑い日が続きますが、皆さんもたくましく生きていて下さい。
オイサンでした。



なんだこのシメは。



 

|

« ■些伽巳日記・夏ノ段~カマクラカメラ -更新第872回- | トップページ | ■すずめ百までオードリー・ワッスレーズ~透けブラ地獄変~ -更新第874回- »

[日記]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/52481088

この記事へのトラックバック一覧です: ■夏こだち。 Kodachi in a summer -更新第873回-:

« ■些伽巳日記・夏ノ段~カマクラカメラ -更新第872回- | トップページ | ■すずめ百までオードリー・ワッスレーズ~透けブラ地獄変~ -更新第874回- »