« ■毎度おみやがせします~津久井・宮ヶ瀬湖ドライブ~ -更新第853回- | トップページ | ■風のつよい日 -更新第855回- »

2013年4月 2日 (火)

■コーヒー豆のせいくらべ -更新第854回-

なんでかなあ。
なんでこんなこと考え始めたんだろう……?

あ、ども。
オイサンです。
なんかまた寒いっすね。

いえね、俺のゴーストが囁くんスよ。

 「一番背の高いキリンと一番背の低いキリンだったら
          身長差ってどのくらいあるんだろうね……?」


って。
いえホントに。
ウケ狙いとかじゃなくて。
なんでこんな疑問に行き着いたんだろうなあ、わかんないなあ。

前段階として、
「一番背の高い陸上動物はなんだろう? キリンでいいのかな?」
って疑問もあったんだけど。
どうでもいいじゃんね、キリンの身長差とか。

  あと輪をかけてどうでもイイんだけど、
  「ささやくんすよ」を「笹谷君すよ」に変換しない。
  笹谷君誰だよ。


で、一応調べてみた。


まず、「陸上動物で一番背の高い動物がなんなのか」
これは案の定、キリンで良いみたい。
成獣だと、肩までで3mくらいあって、
トップまではでかい男子が5m半、女子だと4m半くらいらしい。
男子女子いうな。
まさに草食系男子ってやかましいわ。

体重は、男子が800kg~2t弱……2t!? すげえな。
スリムに見えるのに。
キミって着痩せする方?
っていうか着痩せ?
キリンが着痩せ?
着痩せ・リーブス?

  まあいいや。

デ女子は550kg~1.1t超くらいらしい。
男子圧倒的に重たいな。身長差1mくらいなのに体重倍かよ。
寿命は長くて25年くらい、フツーだと20歳弱くらいのようです。

参考にしたのはこちらのWebサイト。

  ▼極北の王者
  http://www.geocities.jp/arctict_research/bearvsbigcat20.html

ちなみに、wikipediaさん情報では血圧も動物界最高らしい。

  ▼キリン [ wikipedia ]
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%B3

納得。
……脳は……頭にあるんだよね?
なんか、運動をつかさどる命令形はサブCPU的なものが
首の付け根とかにあっても効率良さそうなもんだけど、
他の制御系と離れてタイムラグがあるとやっぱりよろしくないのかな。

  昔、各車輪の根元にそれぞれべっこにモーターのついてたラジコンとか
  あったなー(しみじみ ← 関係ねえ

▼京商 ギャロップ

ああコイツかな。


キリンかー。
最近見てないなー、キリン。
近場で見に行ってみるか?

おっとイカン、本来の疑問に戻ろう。
キリンの身長差について。

一番背の低いキリンはどのくらいなんだろうか。
さっきの話からMAXが5.5mとして……
女子くらいしかない男子もいるんだろうか。
だとすると身長差1mくらいか。
1mさはデカいなー。

  比率的に身長の1/5程度だから、人間で言うと……
  でかい方を180cmとしたら、1/5が36cmだから180-36で小さい方は144cm。
  あー、確かに成人男性で144㎝はかわいらしいし、
  ありえない数字じゃ全然ないな。

まあオスの大人のキリンで身長差が1mもあったら、
低いところの餌を刈りつくされて食うに食えなくなって死んじゃうんだろうな……厳しい。

大体、MAXの5.5mというのもどのくらいのレアさなんだろう?
人間でいったら、街を歩いてて「うわっでかっ」と出くわす程度なのか、
それともテレビじゃないとみられない世界ビックリ人間大賞とか、
アンドレ・ザ・ジャイアント的なレア個体なのか。
wikipediaによると平均が5.3m程度みたいなので、
さほどビックリ人間的なものではなさそうだ。

それはそれとして、疑問その2。
陸上動物で2番目に背の高い動物はなんなんだろうか。

「1番じゃないとだめなんですか? 2番じゃだめなんですか?」
と言った偉い人がいましたが、
いやあ、2番て知られないもんですね。
「なんとなく」でも出てこないもんなあ……次にでかそうなのってダチョウくらい?
それよりも象の方が全高高かったりしそうだ。

そうかわかったぞ、河合俊一だ。


  ▼身長が高い有名人(芸能界)
  http://goodboone.com/izime/life777/post-669.html


冗談のつもりだったけどシュンちゃん芸能人では不動の1位で笑ったw
ぜひ、池野めだか師匠と共演してカメラさんを苦しませて下さい。
「両方フレームにはおさまんねえよ! 全部ロングショットだよ!」
みたいな悲痛な叫びを聞きたい。

んで2位がコブクロのグラサンの方ってのもおかしいな……
わははははははwwww
ミュージシャンかよw
無駄だな!!
コブクロ、イノキよりでかいのかw
それもうコブクロじゃねえよw
そして5位にアンガールズ田中www
おなかいたいww( ← そんなか

はー……ああおかしい。
ちなみにオイサンは大体、佐藤浩市・石橋タカさんと同じくらいです。
どっちも意外とでかいんだなー。

  そしてまた順調に脱線するけど、
  池野めだかで検索しようとしたら候補が「池野めだか もういい」で
  ちょっと悲しくなった。
  イヤ、師匠のギャグのことなんだろうけど、これだけ見るとね……。
  世知辛いね……。



■コーヒーの本場



ついでだ、もう一つくだらない疑問シリーズ。

コーヒーの「本場」ってどこだろう? と思って調べた。
本場のコーヒー文化をちょっと知りたかったんで。

デこの場合、本場の定義がなにかと言えば、
「文化」、つまり飲まれ方・楽しまれ方、
洗練された嗜まれ方を知りたいわけなので、
「一番活発にコーヒーが飲まれ、愛されている地域」を
「本場」と定義づけたいと思う。

生産量は当たり前のようにブラジル・ベトナムとかが一位なんだけど、
たくさん飲まれている・文化が発達してるのは?
という視点だと「消費量」になる。
それはアメリカ・ブラジル・ドイツとからしい。

しかし、それもちと違う。
人口が多けりゃ、そりゃ消費量は増えるでしょう。
この場合は「年間ののひとりアタマの消費量」、
つまり、1人当たりが一年にどれくらいコーヒーを飲んでるか?
が高いのが「フツーに愛されてる」指標になるのではあるまいか……。

そんな視点で調べてみたら、
なんと、意外とルクセンブルク・スウェーデン・フィンランドあたりが強かった。
へえー。
それっぽい国だとイタリアがようやく8位に入るくらいらしい。
そうなのねー。

参考にしたのはこちらのサイト。
コーヒーギフトはAGF、でお馴染みAGFさんのサイトです。

  ▼コーヒー雑学コラム [ AGF ] 
  http://www.agf.co.jp/enjoy/cyclopedia/zatugaku/circumstances.html

しかし、この統計にも落とし穴があってですね。
何だまだ何かあんのかめんどくせえな。
このルクセンブルクという国のコーヒー消費の多くは、
近隣諸国から買い付けに来る人間が多いんだと。
ルクセンブルクさんは、嗜好品にかかる税金が安いんだそうで、
わざわざヨソの国からお買い物にいらっしゃるんだそうで。
ドイツとかベルギー、フランスから。
けちくせえな。

だもんで、純粋な所を考えると、その2位3位あたりの、
スウェーデン、フィンランドさんあたりの北欧諸国が多いみたいですね。

  ちなみにルクセンブルクさんは、
  神奈川県や佐賀県くらいの広さの国土に
  人口が48万人強の国らしいです。
  ……ん? 人口50万?
  あれだっけ、ルクセンブルクって『どうでしょう』で旭川と戦争させられた国だっけ?

なるほど、この辺をちょっと読んでみただけでも、
愛されてるっぽいことがなんとなくワカル。

 ▼フィンランド式"コーヒー"へのご招待[ ハンナの小さなお話 ]
 http://www.scope.ne.jp/hannan_pj/0003/

 ▼「No Kaffe, No Life!」スウェーデンのコーヒーライフ [ OPPORTUNITY SWEDEN ]
 http://www.isatokyo.org/opportunity_sweden/?a=lifestyle/120117



……。



……えーっと。
以上です(笑)。

いや、ゴメン。
ホントなんかそんだけ。

オイサンでした。
何だ今日の。



▼地底人が見せた抜群の生活感

うちのアニキが「部屋が地底人に攻められてる」とか
またおかしなクスリキメてるっぽいコト言ってるので「地底人」で検索しようとしたら
「地底人が見せた抜群の生活感」とかいう文字列に出て来られてめっちょびっくりした。
曲名だった。ぶっちゃけ、完全に名前負け。惜しい。


|

« ■毎度おみやがせします~津久井・宮ヶ瀬湖ドライブ~ -更新第853回- | トップページ | ■風のつよい日 -更新第855回- »

[日記]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/51074733

この記事へのトラックバック一覧です: ■コーヒー豆のせいくらべ -更新第854回-:

« ■毎度おみやがせします~津久井・宮ヶ瀬湖ドライブ~ -更新第853回- | トップページ | ■風のつよい日 -更新第855回- »