« ■カミサマと夜空の手鏡~北海道旅行18・摩周編 -更新第834回- | トップページ | ■カミサマと夜空の手鏡~北海道旅行18・摩周編(2日目) -更新第835回- »

2013年1月18日 (金)

■カミサマと夜空の手鏡~北海道旅行18・摩周編(1日目・お写真部) -更新第834.5回-

えーと、前回のお話、
釧路・摩周湖旅行・一日目のお写真をだーっと載っけます。
マ初日なんでそんなに枚数はありませんが。


R0056144
行きの飛行機。MD-90さん。来月には引退が決まっているそうです。
確かに乗る前からとてもシャープな雰囲気を漂わせていて、
乗ってみて納得。三列・二列の五席構成で如何にも旧型な感じ。
でも外見かっこいいです。


R0056172 R0056178
機内より。天気良かったわけです。
右の写真の右下辺り、あそこだけ雪なのか雲なのか、白いものが集中していて
ちょっと不思議な感じだった。



R0056204 R0056221
釧路駅と、駅の中のうどん屋さんで食べたしお野菜鍋焼きうどん。
うどんってよりもラーメンに近い味だったな。
駅さんはあまり変わり映えしない。お金ないんだろうなあ(余計なお世話)。



R0056222 R0056249 R0056312
駅のホーム、途中駅、摩周駅の看板。
マなんてこたあねえや。
北海道の駅のホームは独特の雰囲気はあるけどね。



R0056337 R0056343
左は摩周の街で見かけた謎の建物なんだけど、非常階段らしき構造物が、
見事に赤さびで真っ赤っか! ちょっとびっくりするレベル。
もう使われてないッぽい建物だったけど……。

右は、雪の上に投棄されていたマンガ雑誌。
これは普通の少女マンガっぽいけど、
オイサンの経験上、田舎に行くほどコンビニのマンガ棚には
嫁・姑の争いを題材にした漫画雑誌の占める割合があほほど上がっていく。
需要があるのだろう。
嫁になのか、姑になのかは分からんが。
デイリーポータルZあたりに、編集者・作者にインタビューしてもらいたいところだ。


R0056345 R0056368 R0056370
R0056387 R0056431

摩周湖さん5連発。似たような写真だがね。見ていて飽きないのだよ。
珍しく一部が結氷していた。
メジャーな場所だから写真では見慣れているとは思いますが、
ホント一度は実際に訪れてみる価値のある場所だと思いますよ。



R0056449
お宿の近所の通り。繁華街と言うか、飲み屋街みたいなところにあります。
摩周の町自体は観光地化も殆どされていない、
ぶっちゃけた話、さびれた田舎町です。
けど、まあ、いいんだよ。良い町なんだよ。



R0056457 R0056461
R0056462 R0056453
お宿の晩ゴハン一日目。
まあ見てもらって分かる通り、これと言った特色のあるお料理ではないんですよ、
ここのゴハンは。
家庭料理に、ちょっとした郷土料理が並ぶくらいで、
全部いっぺんに部屋に運び込まれるので正直どんどん冷めていくw
量が多いから食べるのも大変w
けどまあ、なんかそのぞんざいさも、オイサンは気に入ってます。


マこんな感じで。
二日目に続く。


 

|

« ■カミサマと夜空の手鏡~北海道旅行18・摩周編 -更新第834回- | トップページ | ■カミサマと夜空の手鏡~北海道旅行18・摩周編(2日目) -更新第835回- »

[日記]」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/48837987

この記事へのトラックバック一覧です: ■カミサマと夜空の手鏡~北海道旅行18・摩周編(1日目・お写真部) -更新第834.5回- :

« ■カミサマと夜空の手鏡~北海道旅行18・摩周編 -更新第834回- | トップページ | ■カミサマと夜空の手鏡~北海道旅行18・摩周編(2日目) -更新第835回- »