« ■ビー玉越しにのぞいたら?~ハートをセツゾクするアレのアニメで、男性声優さんがビックリドッキリした件について -更新第805回- | トップページ | ■ためいきの確率 -更新第807回- »

2012年9月 4日 (火)

■仏草コトノハ草子 -更新第806回-

株価なんて、「上がる!」と思われたら瞬間的に上がるし、
「やばい!」と思われたら瞬間的に下がるしで、
そのときどきの値段が、その会社の価値を示すモンですらないんだな。

大事なのは、
上がろうとしているか下がろうとしているか、
ただ瞬間の動静だけで。
お値段はつくんだろうけどね。

オイサンです。




……。




あー。




……なに書こう。




ないなら書くなよ。
いや、とりあえずでも書かないと出てこないこともあんのよ。

最近思ってるコトかあ。
そうねえ。

ゲームが楽しめないなー、とは思ってるね。
『那由多の軌跡』を買ってみたんですよ。
CMみて、ア面白そうかなー、と思ってね。
デさわりだけやってみたんですけども、
えーと、
引き込まれるまでいかない感じ。





話が始まって、
突然なんでも屋を始めることになって、
異世界に踏み込んでステージをいくつかクリアして。

なんかこう……遊ばせたいシステムが先ずあって、
それにうまく必然性を持たせるために物語や設定を貼り付けていく作りなのだろうけど、
……めんどくせえな。
やることが、っていうよりも、イチイチ設定やリクツ付けがあるのがめんどくせえ。

  全然関係ないけど、「めんどくせえ」って頭の中で言うたびに、
  『黒子のバスケ』の青峰くんの顔が思い浮かびます。
  青峰くん大好きです。

これを「メンドクセエ」と感じてしまうのは、
ムリや不自然さがあるからなんでしょうかね。
押し付けがましさを感じてしまうのねえ。

アクションRPGっていうよりも、
ただのステージクリア型アクションゲームでもいい様な気がしますねコレ。
マップが、各エリアで完全に分断されているのも
世界に広がりが感じられなくて好きじゃない。
ハードのメモリ制約とかで仕方ないんだろうけどなー。

携帯ゲーム機になって、その辺の「世界の広さ」っていう部分は、
すごく犠牲になっている気がしますね。
マ『FF』なんかも『Ⅹ』以降そんなスタイルだけど。
アレ、好きじゃないんですよね。
エリアごとに、あからさまにせまい箱庭に放り込まれるの。
『Ⅷ』『Ⅸ』が好きだったなー。

  そこを勝手につなげて補って広さを感じ取る能力を、
  今の若いゲーマーは持ってるんでしょうね。
  多分。

今のハードの、量的なサイズを使い切って、
『FFⅣ』『Ⅴ』あたりだとか、『ドラクエⅣ・Ⅴ・Ⅵ』あたりの作り方、
2Dワールドマップで、RPG、つくれませんかねえ。
とびっきり、世界の広いやつを。
別にお話のホンスジに全然関係ない町とかあってもいいと思うし。

XBOX360で『ジェットセットラジオフューチャー』やったときは
ときめきましたからね。空間が、縦にも横にも思い切り広い!
っていう。
グラフィックがキレイとかっていうことよりも、
「空間を大きく使える」ということが、
オイサンが一番に感じた次世代機のメリットだった。
こいつはすげえや! と素直に思った。

やっぱ、画面もちっちゃいしね。
携帯機。
解像度云々ではなく。
ちっちぇい窓からは、やっぱり小さな景色しか見えんなーという気分。
どうしようもないんだけどね。
目を近づけるしか。

なので、良いHMDでも買おうかなあと画策中。
あんまり密閉感のないのが良いなあ。
とかいうと、また世間の嗜好とは逆行してるとか言われそうだけど。

音楽というか、イヤホン・ヘッドホンもそうでね。
密閉されてるのはイヤなんですよ。

  ミッペィーとかどうですかね。
  ウサギなの。
  口がバッテン×で。せまいところが大好き。
  ミッペィーマウスとかね。
  鼠。
  どうでもいい? 甘えるな私もです。

耳の穴が塞がれたり、隔絶されるのはイヤなのね。
他の、周囲の音は届いて欲しいし、少なくとも空気の出入りはあって欲しい。
その上で、音楽はしっかり自分の耳に届くと。
そーゆーの出ませんかね。
マそうなると音モレ必死なので、ズバーンと当てたい方向にだけ
音が出るイヤホン・ヘッドホンが出来ると良いんだけど。

  昔こんなの↓が言われてたんで、
  いつ出るか今出るかと楽しみにしてたんですけど
  一向に聞こえてきませんねえ。
  ガンバレ偉い人。キリキリ働け。

  ▼三菱、超音波を利用した超指向性音響システムを商品化 [AV watch] 
  http://av.watch.impress.co.jp/docs/20030515/mee.htm

  ▼Wikipedia パラメトリックスピーカー
  http://bit.ly/hcaTZt


だからあの、
たまにいるじゃないですか。
アホが。

クルマに乗って、
アホみたいにでかい音で音楽かけて、
アホみたいに窓開けて、
アホみたいに
「どうもー!アホでーす!アホが今、あなたの街を走ってまーす!」
って宣伝してるアホ。

  あ、深緑のクルマの、ダイニッポンナントカカントカじゃない人ですよ、念のため。

ああいうアホの気持ちもね、いくらか分かるんですよ。
音楽だけが鳴ってても楽しくないし、不安になるし。
閉め切った車の中で音楽だけなっててもイヤなんですよね。
外の音が聞こえないのは、コワイ。
コワイし、音に押しつぶされそうでシンドイ。

マああいうアホの方々は、そういうんじゃなくて、
でかい音を聞かせて回る、自己顕示欲とか示威行動の意味合いの方が強くて
ああいうアホ電通行為をやってらっしゃるんでしょうけども。

  ……しかし不思議なもので、
  ああいうアホの方々とは幸か不幸か住む文化圏がまったく違うらしく
  彼らのクルマから流れてくる音楽に
  「あ、うるせえけどコレいい曲だな、なんていう曲なんだろう?」
  って思ったことは、ただの一度もないですね。
  知ってる曲がかかってたこともない。
  不思議といえば不思議だな。

  あ、でもいっぺんだけ、
  クラシックをかけてるアホとすれ違ったことがあったな。
  なんかすっごいヘンな気分になった。
  ……恋?



何の話だっけ。
ああ、ゲームか。


携帯ゲーム機だと、
画面との距離と姿勢がうまくキマらないというのも関係あるんだろうなあ。

子供の頃から、ゲームやる時は地べたに胡坐をかいて、
背筋伸ばして手(コントローラ)はへその前、
頭は上げて視線は前、という、
座禅か仏像かって姿勢をずっと続けていたものだから、
手を胸の前、
頭はうつむき加減で目線は下、
ってなると、今までとは違うなにか全く別のことをやってるのと同じで
集中できないんだろう。
……多分。

その姿勢を維持するのがシンドイものだから、
大きなクッションを膝の上に抱いて、
その上に肘とゲーム機を固定するようにしてやってます。
ワリとラク。

ああ、けど、HMDだと
ちょっとコーヒー飲もうとか、ちょっとWebの攻略記事見ようとかなったときに
面倒くさそうだな……。
うむう。思わぬ欠点が。

そうそう、
PS3で『ドリクラ』が出るって話なので、いよいよPS3買わねばなーと。
『アイマス2』では結局買わなかったPS3を、いよいよ!
いつの間にか『ドリクラ』が自分の中でキラータイトルになっていて
我ながら驚かしいのだが( ← 危なっかしい日本語)。

Vitaや3DSLLも欲しいといえば欲しいんだけど……
でも、やらないんだろうなあ。

むう、なんか文句ばかりになったな。
よろしくない。



あとは毎度のことで……アニメか。




『TARITARI』が面白い。
べったべたで。
なんか、騙されてる気もするんだけど。
「コレ、こんなに面白いワケねえな」
とか思いながら見て泣いたりしてますけど。
たれ目がアホでいいですねw
なんであんなにアホなんでしょうねwかわいいw
願わくば、男性陣にももっとスポットライトを当てて欲しいですよ。

ところで、『TARITARI』といい、『ココロコネクト』といい、
女子3・男子2の構成が流行りなんですかね。
バランスはいいと、オイサン思いますけど。
ワリと好き。


あと『氷菓』
相変わらずミステリー要素は面白いと思えないというか、
「ミステリー好きの人って、こういうのを面白いと思えちゃうんだー」
と思いながら見てる。
「クドリャフカの順番」の、怪盗十文字のメッセージとか、
種明かし前に読み解こうとした、読み解けたり、
種明かしされたあとで「おお、すばらしい」と思えたりすんのかしら。

それよりも、人物たちの心情とか、
それに乗せて作者がなんか言おうとしてる気配とか、
そういうものが面白い。
サトシの本音とか、イバラの思いとか。
ホータローにぞっこんなサトシを見かねて、
ホータローに詰め寄るイバラとかを見たいなあと思っているおかしなオイサン。
CMで謳われている「青春群像劇」として面白いカンジ。
全キャラ、芸風が板についてきたので
その辺をオヤクソクとしてみるのが……楽しい。
結局は日常系としての見方しかしてないってことだけど。

このマンガ、誰がかわいいって
ホータローとサトシがカワイイんじゃよ。

2クール目に入ってOP/EDが変わって、
どっちも、うーんどうかなーと思ってたけどだんだん良くなってきた。
エンディングで、イバラから逃げるサトシのドヤ顔がたまらんね。
あんな顔で生きられたら楽しいだろうなあと思う。
イバラはあれがタマランのかな。
オイサンならキュンときちゃうね。あの顔は。
楽しく生きてるからあんな顔になるのかね。

あと、ビックリした顔のチタンダさんとイナミさんの、
まんまるに空いたお口にねじ込みたい(なにをだ)。
……ものすごくねじ込みたい!(だからなにをだ ← ……メロンパン。 ← うそをつくな)。


OP/EDが変わったといえば『戦コレ』
カオスの度合いを深めつついい方向に吹っ切れて。
ますますオモロイ。
これもまた、一つ一つや細部は決して面白くないハズのものなんだけど、
全体として統一感を喪わせることで面白く見せてるというのか。
ホント一話一話はどうでもいいんだけど
そのどうでもよさを見届けないと気がすまないカンジにさせてる。

  一話一話は、本当にどうでもいいのよ。
  武田信玄が戦国時代から現代の宇宙ステーションにとばされてきて、
  クーデターを起こしたステーションの制御AIを止めるために
  サポートロボットと一緒に戦う、とか、
  聞いてしまえばもう見たくないものw
  アホかwと思う。

  けど、
  ホームヘルパーやってる劉備(既に戦国でもねえし)のクライアントとの友情物語
  ぼっちでミザリー性向の大谷吉継の鬱々ストーリー、
  次にイヌガミ家的殺人事件を解決する名探偵・明智光秀(オイ)の話……
  ときて、
  「次回は武田信玄です!」
  っていわれたら、
  次は何が始まるんだ? って、とりあえず思うでしょう?
  そしたら、まさかの宇宙ステーションでしょう。
  そりゃ見ちゃいますよ。
  まさか新谷良子も自分が武田信玄に声をあてることになるとは思わなかったろうに。

    新谷母 「あんた、次どんな役やるの?」
    新 谷 「タケダシンゲン(棒」
    新谷母 「はい?」
    新 谷 「タケダシンゲン(迫真」

  とかやってそうだな、あそこの母娘は。

どうでもいいけど、『戦コレ』、ゲーム化しねえかなあ!(オイ!
普通に格ゲーか……不条理バラエティミニゲーム集でいいと思います。

  「秀吉が!」
    「山頂で!!」
      「メシを食う!!!」
  
説明ッ!!


  ……ホラ、だってKONAMIさんだしー。

  ▼ビシバシスペシャル 動画
  
  「ダンスでアフロをでかくしろ!」は名作だと思います。



『黒子のバスケ』は、画に、動きに、説得力があっていい。

特に対・青峰戦での描写であった、
「青峰がすごく速く動く、トリッキーで意味の分からない動きをする、
 めちゃくちゃでデタラメで、でも強い!」
っていうことが、テレビを見てるだけの自分にも
「うおっコイツ速えッ!」
って思えるくらい伝わってくるのが、すごい。
抜かれたときのカガミンの絶望が、ビシッと伝わってきましたもの。
『黒子』面白いなー、と漠然と思って見てたけど、
多分これまでもそういうところでしっかり作ってあるから面白いと思えてたんでしょうね。
カット割りとか緩急とかが、すごくしっかりしてるんだと思います。

ビュンビュン画が動いていたかと思うと、
突然止め画が、漫画でいう見開きっぽい画が入って、
しかもその画が止まっているのに動きがすごくある構図、すごく漫画っぽい絵で、
止まっているのに止まってない、迫力の有る絵になってる、
みたいなことが一話の中に惜しげもなくバンバン放り込んであったりして。
一話の中だけじゃなくて話全体のメリハリもすごく利いてて
毎週見てて全然飽きない。
すごいなー。
メジャー誌原作のアニメってキホン敬遠してたけど、見直したわー。



……ウム。



面白い、と考えて挙がってくるのは、やっぱりこの4つだなー。
『ゆるゆり』『ゆるめいつ』はまだ見てる。
『じょしらく』『人類』はベントされて戻らない。
『TE』『夏雪』も見てはいる。
『うぽって』『うた恋い』『ココロコネクト』も変わらず。
あと『ホライゾン』も見るのをやめられない。何故だ。



まあそんなこんなで、ボチボチ夏らしい夏も終わろうとしているのですけれども。



R0053621


オリンピック、
24時間テレビ、
高校野球、プロ野球。

正直、やってるのは当然知ってたけど、
「やっている」以外の情報って、
ほとんどTwitterで流れてくる断片くらいでしか得てなかった。
オリンピックの結果もほとんど文字でしか知らない。
ボルトの走るところは見ようと思ってたけど結局見ずじまいだった。

  24時間テレビや野球は元から見ないけど。

  あ、でも実家に帰ったとき、母親に
  「ボルトの勝ちポーズをやってくれ」って言われたので
  確認のために勝ちポーズだけ見直したな。
  って、何を依頼するのだ母よ。
  そしてそれに熱心に応えるな37歳の俺よ。

テレビは、
最近は朝も夜もつけなくなってるから
録画予約してるアニメの再生機にしかなってない。
他の番組も、アニメの合間にはさまる自局の番宣でしか知らない。
たまに気になって、格闘系とかやってないかなと
番組表を検索してみる程度。
自然ドキュメンタリー系はBGV用にたまに録る。

  けど、格闘系も一時期にくらべて随分下火になっちゃったわね。
  結構好きなので残念。

これは、イカンな。
イカン気がする。

新聞も読まんし、Webでも真面目なニュースはほとんど見ない。
マそれでも、すごく大きな、すごくメジャーな話の、
大枠だけは流れ込んでくるけども。

うーむ。
かなり、ヨノナカから隔絶されている気がする……けど……。
それとも、これでも十分なんだろうか。
そんなもん、自分で足りてると思えばそうなんだろうけども。

今世界がどっちむいて傾いてて、
どこに火がついてるかくらいは分かってるつもりだけれども……
それも正しいかわからんしなー。

……なんかヤだなー。
この感じ。



最近の平日は、
なんだか知らんが家に帰り着いた時点でアホみたいな眠気に襲われる日が多く、
それに負けて「ちょっと15分だけ仮眠」と思ったが最後、
たいてい次に起きるのは2時間チョイあと。
早くて23時半、
遅ければ1時2時で、翌日のことを考えるとそのまま寝るしかない時間だ。

どーやったらその状態を回避できるのか、
ゴハンを食べるタイミングを変えるとか運動を交えるとか試してみるけど、
どうにも制御出来んぽい。
眠くならない日もあるが、仕組みが読めない。

「少しだけ寝て起きる」にも何度か挑戦もしてみたけど
ほぼ100%、短時間では起きられない。

どっかで何かが狂ったか。
やりたいこともマトモにやれぬ。
参ったのう。

……と。
後日談。
遅ればせながらなんとなく分かってきた。
人間、体温が下がる時に眠気を感じるというけれど、
外から帰ってきたときに、
シャワー浴びたり冷房つけたりして体温が下がるから、
そのタイミングで猛烈な眠気に襲われてるんじゃないか、という気がしてきた。
ためしにシャワーをお湯に変えたらどうも大丈夫くさい。
なるほどのう。




……夏はね。




好きなんですよ。
暑いけど。

どこの家でも、窓を開けるでしょ。
するとそこから、色んな音がもれ聞こえてくるのね。
何気ない話し声から、
テレビの声から、
洗い物をする水音、
子供のケンカする声、
そのほか何か、得たいの知れない音。

じーさんが見てるニュースの声とか、またいいわけですよ。
じーさんが見てると決まったわけじゃあないんですけど、
「ああ、これは、見てるのじーさんだな」
と思わせるニュースの声ってのがある。

匂いなんかもね。他の季節よりもヨケイにね。

太陽の光も白くて濃いから、
ちょっとしたことでも写真に映えるしね。
暑いんだけどさ。

何かをしようとか特別考えるでなし、
終わられて殊更惜しむなにがあるわけではないのだけれども。
秋が来て、おお、秋だな、って思うだけなんだけどさ。

そろそろ構えて、秋を待たないとね。
お迎えしないとならない。
「あ、秋だ」と思わせる出来事はふとした瞬間にやってくるから、
それを見逃さないようにしたいもんです。

月なのか、風なのか、花なのか。
もっと別な思いなのか。

セミの声もずいぶんと減ってきた。
明日の朝にはもう聞かないかもしれない。
そしたらいよいよだ。


▼夢行きチケット

春、夏、秋、冬、ドキリと感じて。



オイサンでした。



 

|

« ■ビー玉越しにのぞいたら?~ハートをセツゾクするアレのアニメで、男性声優さんがビックリドッキリした件について -更新第805回- | トップページ | ■ためいきの確率 -更新第807回- »

[ご意見]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/46952224

この記事へのトラックバック一覧です: ■仏草コトノハ草子 -更新第806回-:

« ■ビー玉越しにのぞいたら?~ハートをセツゾクするアレのアニメで、男性声優さんがビックリドッキリした件について -更新第805回- | トップページ | ■ためいきの確率 -更新第807回- »