« ■心と雨戸とシャッターと。 -更新第801回- | トップページ | ■最北のMeridian<子午線>【メインページ】 -更新第803回- »

2012年8月24日 (金)

■色の白いは…… -更新第802回-

ある時、
最寄りの駅ビルで見かけたアドミラルの白のスニーカーが気に入って、
買おうとしたのだけどその時はサイズもなく、
「マ取り寄せてもらうほどの事もないか、まためぐり合ったら買おう」
と思い留めてその後しばらくは靴屋を見かけたら一巡りしてみる、
くらいの心がけでいたのだけれど、
アドミラルの取り扱い店舗自体があまりなく、出会わずじまいでいた。


  ▼スニーカー アドミラル
  http://www.admiralfootwear.com/products/


そうこうするうちに時間は流れ、
当の靴屋で8000円チョイしていたそのスニーカーも、
4000円弱にまで値下げされるようになっていた。
しかしその店にあるのは同型の色違いだけで
ココロが動かされることはなかった。
あの型には、白が映えた。

それでも一応、どーしたもんかなーと考えてはいたんだけれども、
週末、フォロワーさんと池袋をぶらつくカタワラちょっと覗いてみた靴屋に、
お目当てそのものの白があった。
しかし値段は、もとの8000円強。
うおう。
こいつはイヤらしい選択肢だ。


……結局、その日は買わずに通過した。


色のために+4000円を払うか、
或いは出会った過去に遡ったつもりで当時の金額を払うか、
買うとしたら、その気持ちのありようはどっちかなんだけど。

まあ、とどのつまりは
そこまでほれ込んでるかってことなんだけどね。
今の意識としては
「他よりはいい」
くらいなので、そこまではしなかったってことなんだろう。

ケドいい加減、今の普段歩き用のクツの底が薄くなってしまって、
長く歩くと足の裏がヒリヒリするんじゃよね……。
南木曽のハイキングコースで無茶しすぎたかのう。
ごっつい石ゴロゴロだったからなー。
このクツももう2年近くなるしなー。

一体、あの白いスニーカーの本当の値段ていくらなんだろう?
売る側の論理じゃなく、
作った側の論理で、
材料の値段と、
手間と、
費やされたエネルギー、
あとはそれに携わった全ての人の気持ち。
マージンとか目標利益とか慣習とか戦略基準とか、
そんなものを差っぴいた時の、モノそのものの値段、
携わった人間が食べていくために必要な値段、
それは一体いくらなんだ。

それが本当に8000いくらで
それだけ支払われなければどこかで誰かが押しつぶされて死んでしまう、
っていうのならそんだけ払うのだって全くやぶさかではないワケだけれども。



だけどアンタラ、なんか、そうじゃなくないかね。



何か隠していないかね。
どこかに、薄ら笑いが潜んでいないかね。
あとになったら割引きすることにどうせなるから、っつって、
スタートダッシュで売れる分には余計にゲタ履かせとこう(クツなのに!)とか、
最初の8000円に乗っかってない?
一番大事な最初のお客さんが、一番損するように出来てんじゃないかね。

徹頭徹尾、最後まで動かないお値段で……お商売をしてもらえんかね。
まあ、仕組みが、素直にそれを出来ないようになってるのだと思うけども。

それがないなら、
オイサンたちは、
貴方たちがそうであるように、
オイサンのお客さんがそうであるように、
それなりに安まったときの値段分しか、お金を出す気にはなれないよ。
必要以上のダンピングを望むのは、
最終的に自分たちの首を絞めることになるのは分かってるからしないけど。

その循環を打ち直すために、
進んで蜂の巣になれるほどオイサンにだってゆとりはない。
そうは思わんかね。
まあ、アンタ方だって同じなのだろうがね。
「仕組みが直ってもいないのに、自分たちが損することは出来ない」と、
そう言うのだろうね。そりゃそうだろう。

誰が一体、こんな正義を築いたんだね。

……けどまあ……
本当の値段を出したら、先ず間違いなく、
今よりは全然上がるんでしょうね。お値段。

デ、お値段を先に上げたら
お金ないのに買いたいのをガマンできない人が買って死ぬか、
みんな買うお金がないから売れなくて売る人が死ぬかして、
その辺の人らから体力のない人たちから順番にだーっと死んでいった先に、
そこそこの値の物が売れてどうにかマトモに潤うようになった売り手と、
その売り手に連なる人たちにお金が渡って
そこそこの値の物でも無理なく買うことの出来るクラスの人たちが増えてきて
バランスが取れるようになっていく……のかな?
或いは、そこまで持たなくてみんな死ぬか。

でもまあ、今のままでも死ぬ人は普通に出てるワケで、
そして今のままだとほぼ間違いなくみんな死ぬだろうから……
みんなが死ぬ前に、軌道は修正した方がいいんじゃねえの?
と思うオイサンだったりしますけれども。

決して「自分はどっちでも死なない」前提で話してるワケではないですけどね。
オイサンは、ワリと早い段階で死ぬ。
ハズ。





……まあ、








R0053265

Amazonで買っちゃったけどな!!

4300円くらいでした。
妥当なトコだろ。

けど、値引き後の4000円弱って値段に出会わなければ
最初の8000いくらで買ったって、気分的には構わなかったろうけど、
それと矛盾するように、クツが5000円以上するってのは
実は感覚的にはしっくりこなかったりする。

モノの値段てなあ本当にわからない。



■小銭入れを買って大銭がなくなる噺



あと以前から、
小銭入れと、定期入れと、キーケースがひとつになった
(もしくは小銭入れと、どっちかの機能ひとつが一緒になった)ものを探してたんだけども
ようやく見つけた。

もとは、小銭入れはボックス開き(あの「がばっ!」と開くやつね。がばっ!)の
ものを探していて、
今回見つけたのはボックスではなかったのだけど
それでも十分過ぎるくらい中が見やすく開くので問題なし。

ただ問題は2点。
ヒトツは、これまたお値段。
……8000円かー。
マ別にねえ。
欲しいもの・必要な(本当に「必需」かどうかはともかく)ものを手に入れるのに
ケチるのは本懐じゃないけど……
この夏は何かと浪費してしまったので、ちょっと控えたいというキモチが、
今とても強い。

あくまでも「欲しい」「あると便利&カッチョイイ」であって、
「ないと困る」ではないからねえ。

  マ食うに困るわけでなし、
  近々困る見通しがあるわけでもなし、
  微々たるといえばそうなんだけど。
  昔っからね。
  貧乏性なんですよこの人は。
  お金が減るのがキライでね。
  しかもこう……それがみみっちい部分であるほどイヤなんですね。
  多分、もっと効率のいい節約の仕方や
  シメるべき部分があるんでしょうけど。
  人生の楽しみ方を根本的に間違ってる気がする。

  あと、そろそろBlackBerryさんが2年になるので
  次の9900に乗り換えようと画策しているのも理由のひとつ。
  お高いですからね。
  なんか値引きのお知らせが来てたけど。

そして、最大の問題がもうヒトツ……
オーマイワイフ・風間さんの居場所がないことじゃあああ!!!

R0018971

こーだーちー!!
お前がいてくれんと、わしは、わしわああああああああ!!!
……遺影か。

……入ってもらえる場所が……。
ないんじゃよねえ……。
そっかー。
困ったー。
今のパスケース(ひびきの高校購買部謹製)からの買い替えを考え始めた時点で
そのことを考えるべきだったー。

うぬう。
困ったのう。
参ったのう。

 ※このヒト多分、結婚して子供が出来たとして、
  奥さんや子供がプレゼントしてくれたパスケースに対しても
  同じ理由で懊悩することになると思うので
  結婚したりしないで正解だと思います。
  周りを不幸にする。


マそんな感じでヒトツ。
オッサンのしょーもない買い物日記でした。
ムササビ。



R0053253
オマケで買ったKEYUCAのハンケチ



……しかしまあ。



記事タイトルにしてみたものの、
「色の白いは七難隠す」
ウッカリ表で口にしようものならレイシストとして
四方八方から蜂の巣にされかねませんな。
白人からは笑われ、黒人からはシバかれ。

イヤ、言わんとするところは勿論わかりますがね。



 

|

« ■心と雨戸とシャッターと。 -更新第801回- | トップページ | ■最北のMeridian<子午線>【メインページ】 -更新第803回- »

[日記]」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/46815298

この記事へのトラックバック一覧です: ■色の白いは…… -更新第802回-:

« ■心と雨戸とシャッターと。 -更新第801回- | トップページ | ■最北のMeridian<子午線>【メインページ】 -更新第803回- »