« ■些伽巳・南木曽日記(二日目の続き) -更新第793回- | トップページ | ■些伽巳・南木曽日記(三日目) -更新第795回- »

2012年7月29日 (日)

■些伽巳日記[SAGAMI-NIKKI]・六~日々と2012年7月期アニメの感想など -更新第794回-

オイサンです。

いやー……この土日は暑かった。特に日曜日。
ヤバかった。死ぬかと思った。
わりとシャレでなく、
ジョギングなんかしようものなら、
ウェアの全面びっしょり水を吸った状態になってましたからね。
袖の端、すその端までズックリ汗を吸った状態になる。
すごいもんです。

夕方頃にはなんとか気持ちが持ち直しましたが、
日中は暑くてなんかもう、日なたに出るたびに頭痛がして
アこれ今日はダメだな、と何度か思った。
いやあ恐ろしい。
そんなんで、特に何をしたというわけではないですけれども、
ひたすら疲労が積み重なった、そんな土日。

湿度がねえ。
異様に高い気がします。
今に始まったことじゃないけど、なんか異常。


R0050626


花の写真を撮っていたら……


R0050628


となりの花でハチだか虻だかがお食事を始めました。
この暑いのにようやるわ。
そんな私のゴハンは、


R0050574


サラダ風冷やし蒸し鶏。
土曜のですけど。

ソースがごまだれかと思ったら、味噌に梅酢をからめたもので
すごいさっぱりしてておいしかったです。
でもチョイおっさん向けかもね。
まあそういうお店だからいいのか。

R0050583


このきゅうりの古漬けが非常においしかった。
今夏は、妙にきゅうりの存在感を感じている気がする。
先日の南木曽のときといい、さっき食べた晩ゴハンのピリ辛きゅうりといい。
きゅうり良いよね。

屋台でチョコきゅうりとか売ればいいのに。
絶対買わないけど。
手に入れそびれていた『つり球』と『孤独のグルメ』のサントラも手に入って
善哉善哉。

R0050652z

2012年前半の、2大音楽が良い作品ですからね。
スバラシイ。

ただ、このところちょっとお金の出が激しいのが気になる。
マ立て続けにいりようなことが続いたってだけなんだけど……
生活態度と合わせて、ちょっと紐を固くしないといかんなと、
たまにはそんなことも考えるオイサンですよ。

今期のアニメのコトでもちょっとだけ書きますか。

『トータル・イクリプス』
  一応見てる、という感じ。
  特に楽しみしているというワケでもないです。
  まだ様子見。

『輪廻のラグランジェⅡ』
  開店休業状態。録ってるけど見てない、という状態。
  多分、あとになっても見ないでしょうね。
  既にあまり興味が持てない。1話目は見ました。

『アルカナファミリア』
  話が面白いわけでは決してないのですが、
  ヒロインの"能登かわいいよ"フェリチータが可愛いので見てます。
  でもまあ……近々見なくはなるでしょう。

『人類は衰退しました』
  OPとEDがすごく好きで今のところ見てます。
  が、正直第3話4話のエピソードが感心しなかったので?マークが点灯中。
  岸監督の、
  「オタクが好きそうでユルめのエピソードを前に持って来てつかんどいて、
   本筋はあとからちょっとずつしっかりやる」
  というやり方は正解だとは思いますが、ちょっとどうにも。



『TARITARI』
  ゆるフワものかと思ったら思いの外、ベタな青春モノだったので面食らった。
  フツウに面白いですが、フツウの面白さです。
  そんな中でも不意にツボを突かれたりはする。

『超訳百人一首 うた恋い。』
  『人類は~』の真逆で、OP/EDはもう、不愉快レベルでスカンのですけど
  本編がとても面白いので見ざるを得ない。
  本編は言うことないです。
  しかしホント……OP/EDはなんとかならんのか。
  OPはまだいい、EDだけでもなんとか。

『ゆるめいつ3でぃプラス』
  前期から引き続き。相変わらずです。短いって、すてきやん?

『うぽって!!』
  面白いです。アタマおかしいですけど。
  今期のゆるふわ枠。銃のうんちくが面白いです。
  女の子がもちもち系なのがなんかイイ。
  話はふつー。

『ゆるゆり♪♪』
  相変わらず。まあ……面白い……のかなあ。
  呑気に緩くはみられるけども、結構飽きる。
  同じゆるふわ枠の『じょしらく』と『うぽって!!』に押し負けなければ見続けるでしょうが、
  ちょっと微妙かしら……。心惹かれるものはそんなになく、かつ新鮮味もないので
  ちょっとよわめ。

『夏雪ランデブー』
  今期の真面目っこドラマもの枠。
  話が面白いのはこれですが、それもどっちかというとドラマよりの面白さなので
  微妙にオイサンの好みからは遠のく感じ。
  それでも緊迫感はあるうえで安心してみられる感じ。
  オトナのお話ですけどね。ノイタミナ安定。

『じょしらく』
  ゆるふわ枠。割り切り方は面白いですけど、ドラマCDで十分なんじゃね?
  というのは、一度絵が動くところを見たあとだからか。
  たまに変化球として、ストーリーものの話が挟まっても面白いかも。
  ちょっと『夏のあらし!』の第二期に雰囲気は似ているかもしれない。
  EDの歌詞が押しつけがましくてちょっと好かん。
  言わんとするところは分かるけど。

『ココロコネクト』
  ドラマと萌え、バランスいいのはここでしょか。
  おもろい。
  けど、ちょっとミステリー色が強い感じでときどきげっぷが出る。
  楽には見られないかしら。やっぱり事件ありきで描かれる話なので。
  位置的には『氷菓』とかぶるんだけど、比べると『氷菓』の方が上かしら。

『境界線上のホライゾンⅡ』
  第二期。相変わらず設定てんこもりのドタバタ系で、
  全てをただしく理解しながら見ることはかなわないんだけども、
  それでも謎のトキメキがある。
  見てて、何かわからんけどすごいコトが起こっているらしい、ことだけは
  十分に伝わってしまうのは……これが重厚さという物なのか。
  バカとお色気もワンサカワンサなんだけど、それも許せてみられてしまうわ。
  すごいと思う。

『氷菓』『黒子のバスケ』
  前期から引き続き。特に変わることもなく、安定して面白いです。
  特に『黒子』の安定性はすごいなあ。


『ソードアート・オンライン』『だから僕は、Hが出来ない』『貧乏神が!』
  ぶった切りました。
  『SOA』はめんどくさいわりに楽しめなさそうだから。
  『だから~』は単純に面白くもなんともなかったから。
  『貧乏神が!』は、実はワリと面白く、ネタの種類も好きだったんだけど、
  なんかオイサンの好きなテンポと微妙なずれがあって、
  そこがどうしても引っかかるので、まあいいかなと。

『ちとせげっちゅ』『この中にひとり、妹がいる』『恋と選挙とチョコレート』
  興味はあるけど上の作品群と時間がかぶったりして
  みられていない枠。


ざっくりですが。
残っていきそうなのは
『TARITARI』『うぽって』『うた恋い』『夏雪』『ホライゾン』『じょしらく』と、
前期からの引き続き組。

今までのところ、正直言ってちょっとパッとしない期、という印象。
まあぼんやり行きたいと思います。

▼TARITARI・劇中歌 「心の旋律」




あーそうそう、
あんまり暑いのと、先日のオフでまそさんがお召しになってた
「かりゆしウェア」ってのが大層イイカンジだったので、
オイサンも一着買ってしまいました。
へへーん。

R0050656_2 

あんまりこういうことはないんですけどね。

マそんな感じで一つ。
オイサンでした。

ぽよーん。



 

|

« ■些伽巳・南木曽日記(二日目の続き) -更新第793回- | トップページ | ■些伽巳・南木曽日記(三日目) -更新第795回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/46510414

この記事へのトラックバック一覧です: ■些伽巳日記[SAGAMI-NIKKI]・六~日々と2012年7月期アニメの感想など -更新第794回-:

« ■些伽巳・南木曽日記(二日目の続き) -更新第793回- | トップページ | ■些伽巳・南木曽日記(三日目) -更新第795回- »