« ■稜・線・鼎・話 (後編) ~『アマガミ』SS・絢辻さん・薫・中多さん・~ -更新第789回- | トップページ | ■蝉の十三回忌 -更新代791回- »

2012年7月23日 (月)

■些伽巳・南木曽日記(一日目)~『白衣性恋愛症候群』の話とか -更新第790回-

連休の出来事を、ぼちぼちバラバラと書いていこうという感じで。
ここんとこの話題も交えつつ、フリーダムに。

R0049218



■連休のゴヨテイ



前々々回ちょっとお話しましたが、
名古屋から、電車で北へ一時間ほど行ったところにある木曽路の南の方、
南木曽の柿其渓谷というところへ滝を見に行ってまいりました。

途中、名古屋でフォロワーさんにお会いしたりして。
日程としてはこんな↓カンジ。

 ・1日目 神奈川から名古屋へ、新幹線で移動。
 ・2日目 名古屋でフォロワーさんとデート。
      その後、特急「ワイドビューしなの」にて中津川を経て、南木曽は柿其渓谷まで。
 ・3日目 柿其渓谷散策。
 ・4日目 南木曽の妻籠宿をブラブラ。んで帰る。

見てお分かり戴ける通り、世間のカレンダーでは三連休だったのですが、
こう見えて実はオッサンであるオイサンは金曜日に人間ドックが入っておりお休みで、
一応形の上では四連休でした。てへぺろ。



■連休初日 7/13(金)



 ▼犬人間オーバーホール

なので、初日は人間ドックからスタート。
つっても人間ドックでは
早起きはせなアカンわ前の晩から水も飲まれんゴハンも食べられんわで
あまりウレシイお休みではないんですけどもね。

つって、別に言われんでも起きるのは早いし
前の日もフツーにジョギングしてしまいましたけど。
アカンがな。
朝、水分が取れなくて難儀しました。カッサカサ。

ドックの受付で「受診後ゴハンが付きますけど」とメニューを見せられ、
うなぎの蒲焼にココロを奪われてうっかり
「じゃあ戴きます」と言ってしまったんですが、
出てくるものはとどのつまり病院食、食べる場所も病院の食堂だったので、
あんまり美味しい気分はしませんでしたね。
ちょっと失敗。

けど、昔、祖父が入院していた三十年くらい前に
ちょっと食べさせてもらった病院食よりは全然良くなっていると思いますけど。
イヤはっきりとは憶えてないけどもさ。

R0049108

その食堂で流れてた、若大将が散歩する番組がおーざっぱで良かったw
地井武男さんの後を狙ったのかねえ。
加山雄三さんも、なんかもう全然チカラ入ってなくて、
ゆるさで言えば『モヤさま』よりもまだゆるい。
なんていうか、さまぁーずは「見せるためのユルさ」を知ってか知らずか体得してますが、
加山さんはONかOFFかしかなくて、ほぼOFFのユルさで臨んでた感がある。
ちい散歩も見たことないけど、こんなんだったのかな。

ドックの結果はすぐには出ませんが、
とりあえず体重が思っていたよりも-3kgほど軽かったこと、
肺活量が、微減とはいえ以前の水準を保てていた(6500ml → 6380ml)ことがわかって
とりあえず満足。
減ったのは悔しいけど。
ぐぬぬ。


 ▼こまごました記憶

検診が8時15分からの受付で、隣駅の病院だったので歩いて行ったのですが
この日がまあ朝からぬっくいの何の、
でコチトラ朝ゴハンも食べられなければ水分も摂れないという三重苦。

  前日結構走っとんねんぞカラダに悪いわー!( ← 自業自得)

時間が時間だもんですから、
結構小学生さんとか中学生さんの登校に出くわしたりしましたが、
空腹とツラさのあまり危険な表情になっていなければ良かったのですが。
まあ通報はされずに済みつつ、
隣駅で見かけた美人さんの後ろをフラフラとついて行ったりしそうになりつつ。

しかしまあ、途中前を通った小学校なんかでは、
どーみてもオイサンより若く、
オーラのないフツーのあんちゃんが小学生に混じって遊んでやがるぞ!!
と思ったけどあーあれセンセイかー、
などと思ったり。
いやー。
センセイ、フツーの人間だなー。
あんな普通の人間がアレだけの数のコドモの相手とか、超大変そう。

学校の先生には、対多人数戦のための装備……たとえば散弾銃とか持たせt(ry
しかし無理っぽいですよ、丸腰で臨むのは。
あれでまた大人との付き合いもあるとかキツイだろうなー。
考えただけでも気が遠くなる。

検診終了後は町田で新しいジョギングシューズを物色して回ったり。
ジョギング用だけじゃなくて、普段用も新しくしたいんですけどね。
どっちも一足ずつしか持ってねえ。
そんな感じでぶらっとして、いつもの割烹でゴハン食べて帰りました。

 ▼名古屋へ

ドックを終えて家でこまごました用事をこなし、
夜からはいよいよ名古屋へ。
出がけにバタバタしてしまったのでゴハンを取れず、
新横浜でとりづくしの駅弁を買った。

R0049124

正直、あまり駅弁には心ときめかない人ですオイサンは。
フツーのお店であったかいゴハン食べた方が、やっぱ美味しいと思う。
キライではないですけどね。
特別おいしいとは思わないし、旅情が手伝って殊更おいしくなるとも感じない。
プリッツでいいじゃん? 的な。

なので、名古屋で降りてからちょっとパンチの利いた物を食べたくて
時間は遅かったのだけど駅できしめんを戴いてしまった。

R0049130

……ホテルが遠かった。
正直疲れた。
お値段と部屋の広さ、あとは翌朝ジョギングするのに
適当な分かりやすい目印とコースが近ければいいなと思って選んだのだが
思ったより遠かった……。暑かったってのもあるけど。

名古屋の町はやたらと「遠さ」を感じてしまいます。
以前来た時もそう思った。
地図上の距離では普段歩いているのとそう変わらないんだけど、
景色に変化が乏しいのかなんなのか、やたらダラダラ、長く歩かされている気になる。
そしてこれは以前も書いたけど、
町が蒸し暑い。
むあってする。

  Img00969201207132213
  駅からホテルまでの間に天竺があった。
  それくらい遠かった。

そんなこんなでホテルに着いたらなんかかんかしようかと思っていたんだけども、
PC開いてネット初めて、あとテレビで
フットボールアワーの後藤さんがイタリアに行く番組をボーっと流してたら
寝るのがただただ遅くなってしまった。
アカンがな。
イタリアのパスタうまそうだったな。

  ……なんだか、バラエティ番組を結構見てしまった的な
  一日っぽいなこれでは。


 ▼ヌンチャクでひと悶着

そうそう、名古屋の駅でな新幹線降りる時、なんだかひと悶着。
オイサンは乗車券を「新横浜~中津川」の一枚で買っていたんだけども、
それだと、まず名古屋では途中下車が出来ない
(乗車券が一枚だから途中下車扱いになるらしい)。

かつ、オイサン手持ちの乗車券だと、
南木曽へ向かう「ワイドビューしなの」へは、
何やら「名古屋よりも一駅南木曽寄りの駅から乗る」扱いになるみたいで、
一駅分の区間の運賃が足りてないらしい。
知らんがな。

新幹線の切符を買った時、
オイサンは新横浜~名古屋(新幹線)と、
名古屋~中津川(ワイドビューしなの)を別々で買おうとしたんですけど、
窓口の兄ちゃんが「じゃあ乗車券は一枚にしときますね」と言って
勝手にそうしてくれただけで、
名古屋で一旦降りて一泊することも、
切符買った窓口の兄ちゃんには伝えてあったんですが。

まあ仕方のない必要経費なのでフツーにお支払いしましたが。
出来れば事前に伝えてもらいたかった。
と、ここまでが初日のデキゴトでした。


次回二日目は、
愛知在住のフォロワーさんとお会いしたこと、
名古屋~柿其渓谷までのことを書いたり書かなかったりの予定。

キミの知ってるあの人が登場するかも!! ∑m9
多分しない!



■最近のお買い物~『白衣性恋愛症候群』・ジョギングシューズ



 ▼邪神から白衣の天使まで。

何で見かけたのか忘れたけども、
あすみんが主人公をやってるPSPのADVがあるというのでちょっと興味を持ち、
それを購入してみました。

デ特に深く考えずに購入してしまったのだが、
あすみんが「主人公」と言うことは女性視点、
ということは乙女ゲー? かと思いきや、百合ゲーだったご様子。
『白衣性恋愛症候群』。



オイサンの最近見かけた記事は、
最近リリースされた『白衣性恋愛症候群 リセラピー』という増補版の紹介記事だったご様子。
元祖のPSP版は昨年の9月に出ていて、
6月28日に上記の増補版が、
その他にもPCのパッケージ版やDL版がリリースされてるみたいです。

オイサンが買ったのは元祖のPSP版の方。
ブックオフで中古を買ってしまいましたが、
ウーム、これならPCのDL版でも買えば良かったかなと下調べを怠ったのをチョイ後悔。
マでも、PCでゲームするのには慣れてないのでいいんですが。
携帯機も得意じゃないけど、PCに比べればまだ。

マイナーなゲームかと思ってたんですが
Webで検索してみると結構色々出てきますし、そこそこの高評価。
大体作っているのがPC界隈では名の知れたチームらしい。
へー。

そもそも、あまりゲームの声優買いをしないオイサンが、
なぜ今回に限って「あー、あすみん主役か。買おうか」と思ったのか、とか、
調べてみたら舞台が鎌倉・由比ガ浜をモデルにしてるとか、
なんだか不思議なご縁の予感がしないではない。

現在プレイ時間1時間あまり。
デ、まだ選択肢一切ナシ。今んトコ読んでるだけです。
ただこのゲーム、頭オカシイのがオプションの効果音の項目に
「通常」「かおり」というのがあってですね。

なんじゃい『かおり』って、と思って選んでみたら
……ヒロインの名前でした。かおり。
つまり、あすみんが。
口で。
擬音をやる。

 「てっ」(カーソル移動)
 「ぷいん」(決定)
 「すン」(キャンセル)
 「しゅっ」(項目選択)

どこのどいつだこの仕様を考えたのは!!
お菓子を買ってやる!!!



しかし、いやー……。



……(言葉を喪っている)。



いや、いいんですけどね。




 ▼サッカニーと言ってもヒザの擦り傷のことではないってキミ
  それは擦過kneeやがな(長い)

ジョギング用の靴を新調。
今の靴のクッションが全体的につぶれてきてしまったようなので、
これはちょっとイカンなということで。

ジョギングをするようになってからというもの、
靴を見たり買ったりするのは楽しくなりましたね。
詳しいことはわからないのでキホン外見で選んでしまうんですけど。

しかしどうして靴のメーカーは、
自分とこのCIロゴを靴の側面の一番目立つところに、
若干デザインっぽくカムフラージュしたりして盛り込みたがるのでしょうかね。
アレ、露骨なのにヒクツでかっこわるいと思うんですけども。

アディダスあたりはまだシンプルなのでいいんですけど、
アシックス、Newbalanceあたりになるとモ一つ好きになれません。
「N!」って言われても。
ミズノは分かりにくいんでまだ好きな方ですが、
それでも、同じ様なデザインのものばかりになってしまうのがもったいないと思う。
もっとカッコイイの一杯作れんでしょって思うんだけど。
イヤ完全に個人的な感覚でモノ言ってますけど。

なので、ちょっと変化球的なデザインのものを捜していたんですが、
ABCマートで見つけたサッカニーというアメリカのメーカーのランニングシューズが、
ちょっと見たことなくてカッコも良かったんでそれに決定。
履き心地も悪くない。

こちらはWebでリサーチしてみたのですが
どうやらアメリカでも相当な老舗のメーカーらしく、
マあんまり売れ行きの方は芳しくないみたいで、
日本でもアキレスが販売代理店をやっていたのが一度撤退しているみたいです。
それをABCマートが細々と売っていたりするみたい。

ついでに、POPに書いてあった、
ランニングシューズの「上級者向け」「中級者向け」「初級者向け」が
一体何をもって区別されるのかがわからなかったので調べてみたところ、
上級者向けは基礎やフォーム出来ていて、走りなれていることを前提にクツが作られてるので
走りなれない人がイキナリそれを履いたら膝や足首をやられたりする、
ということのようです。

うーむ、分かるような分からんような。

ある程度、走ることの「衝撃」に耐性が出来ていて
蹴る・進む=速く走る・攻めることに重きを置くのか
速く走ることよりも先ずはカラダを壊さないこと=守ることに重きを置くのか、
ってことだと思いますが。

守ること・クッション性を良くすることと、
速く・長く走るための性能ってのが、どうやら相反するのでしょうね。
「長く走るためのスタミナの保全=出来るだけ軽く」する、
「速く・遠く走る=筋肉の力をよりダイレクトに地面に伝える=薄く小さく」する
と考えると、まあ分からないではないか。

マいずれにしても感心させられるのが、
どこのメーカーも、ランニングシューズってのはホント軽いね。
羽が生えたようだもの。
感動的だと思います、あの軽さは。
研究開発の成果だねえ。見事です。すごい。

デその新しいクツ、
ためしに履いて、いつもの9km・10kmのコースを走ってみましたけど、
うわあ、今までのクツと感触が全然違う。
今までのは、クツがしっかり押し出してくれるような感じがあったけど
(そしてそれが当たり前だと思っていたのだけれど)、
新しいのはスパルタン。
「自分で走れ!」って言われてるみたい。
スピードが全然出ず、
いつもは1時間で走れるコースを4分ほどオーバーしてしまった。

設計的には、
フツーのランニング靴がつま先とカカトの高低差を12mm持たせているのに対して、
新しいのは4mmで設計されているのだとか。
つまり、カカトから着地をして前に蹴り出すのに、
新しい靴はその傾斜がゆるくて勢いが付かない。
蹴り出すのも、つま先で蹴るのか、足の裏の真ん中あたりで蹴るのか
自分で意識しないとならない
(設計意図としては真ん中(ミッドフットと呼ぶらしい)を意図してるらしい)。

楽しんで走るための設計というよりも、
ふくらはぎとか、足の裏の筋肉を、本当に「鍛えるため」のものらしいです。
うわー大変だ。
高速で安定してくると走りやすいんですが、
おかげで走り終わると足がガチガチになります。効く。
マ体調もあるし、二、三回走っただけじゃわからないけども、
違いがあるのは確かだなあ。
こんなにちがうものなんですねえ。



などと、そんな感じでとりとめもなく。
ここんとこ妙に涼しい関東からお送りしました。
もうずっとこのまま冬になればいいのに。



オイサンでした。


 

|

« ■稜・線・鼎・話 (後編) ~『アマガミ』SS・絢辻さん・薫・中多さん・~ -更新第789回- | トップページ | ■蝉の十三回忌 -更新代791回- »

[日記]」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/46438521

この記事へのトラックバック一覧です: ■些伽巳・南木曽日記(一日目)~『白衣性恋愛症候群』の話とか -更新第790回-:

« ■稜・線・鼎・話 (後編) ~『アマガミ』SS・絢辻さん・薫・中多さん・~ -更新第789回- | トップページ | ■蝉の十三回忌 -更新代791回- »