« ■黒髪ロングは坂の途中で釣りをする~2012年4月期アニメ感想・ニャル子・つり球・ラグランジェ~ -更新第766回- | トップページ | ■箱根のお山とオッサンSUMMIT -更新第768回- »

2012年5月 2日 (水)

■些伽巳日記 [SAGAMI-NIKKI]・四 KAMAKURA THE GOLDEN -更新第767回-

久方ぶりに朝夕7kmずつジョギングをし、
昼間は昼間で4kmほど歩いたら腿からスネからパンパンのオイサンです。
むうう……衰えとるなあ。
ついこの間まで、一日トータル20km程度までなら歩いても走っても平気だったものじゃが。

今朝シゴトバに向かう際、久しぶりに数駅分歩いてみたらば、
シゴトバに着いてみてビックリ。
Yシャツの下に来ていたシャツが白ではなく、
お休み用の色つきTシャツ(青)で(要するに寝間着の一部だ)、
汗にぬれてYシャツの下が全身ブルー。
慌てて向かいのコンビニでシャツを購入しましたとさ。
あーびっくりした。
部屋暗いまま着替えてたもんだから気付かなかった。


GW2日目の日曜日、
特にプランのあるでもなく、お昼ゴハンを戴いたその足で
勢いだけで鎌倉まで出掛けてきたので今日はその日記。



■のび太の宇宙開拓史



とその前に、
江ノ島も鎌倉も関係ないんですが家の近所で新しくランチのお店を開拓しました。
ここがまた安くて美味しい。
700円で、メイン料理にサラダ、小鉢が二つついてくる。
メインは魚料理が主。
しょうがと大根おろしでさっぱり仕上げた魚のみぞれ煮か、蒸し焼きか。
他にもチキンカツとかオムライスなど。
いや、美味しい。

R0047018x

ちょっと不安なのが、
さほど目立つ立地でないとは言え曲がりなりにも駅前に店を構えて
場所代も安くはないハズで、この値段でやっていけるのかなあ、ということ。
別にオイサンが心配することではないのですが、
これだけ美味しいお料理を食べられなくなるのはイヤなので、
850円くらいに上げたって全然お客来ると思いますぜ?
とか、よくわからないことを考えるオイサンなのでした。

いや、でも、だって、ねえ。
美味しいお店は、長く残って欲しいじゃないですか。
お写真は、ブリの蒸し焼き。
あと小鉢のマリネと。
小鉢のホウレンソウのお浸しがまた異様にうまい。

R0047029

……ああそうそう、一個思い出した。
このお店、お味噌汁が大きめのマグカップで出てくるのですけども、
こういう習慣が根付いてしまって「お椀」という文化が廃れてしまったら……
イヤだなあ。
木のお椀のあたたかみは何モノにも代え難いと思ったりするので。
一般のご家庭でもやってそうだもんなあ。



■KAMAKURA THE GOLDEN



デ鎌倉の話。
マ鎌倉つうよりも江ノ島なんですけども。

本当に、特に何のつもりもなくお昼ゴハンを食べたその足で、
天気も良いのでふらっと江ノ島線に乗りこんだのですが。
如何せん、忘れていましたね。
GWの鎌倉の恐ろしさを。
昨年のGW、TwitterのフォロワーさんであるClipperFreedomさんがこちらにいらしたときに
その恐ろしさは十分に味わった筈なのですが。
人が多い。

母の日のブツを物色がてら藤沢で百貨店をチョイと冷やかし、
江ノ電の乗り場に行ってみると……入場規制ですよ。
ホームがもう行列。
今日はもう諦めようかとちょっと思いましたが既に一日乗り降り自由券を買ってしまった後で退くことも出来ず、
駅員さんに導かれるまま並んだ待機列もものの数分で長蛇の列に。
すげえな。どこのネズミの国だよ。

  その日の夜に受けた実家からの電話で気付いたのですが、
  「今、大河で清盛やってっから、その余波もあったんでしょうね。
  あとで合流することになるパパさんが言ってましたけど
  「去年よりもヒドいっぽい」というのも、あながち間違いじゃなかったのかもしれません。

十分ほど待ってようやくホームに通され、
そこから電車到着まで更に十分。
マ別に、そのくらい待つのは苦じゃないんですけども。

この後のプランを何も考えていなかったので、
その間、どこで降りてどこを歩くかと思案していたところ、目に入ったのが
「つり球展 in えのでんはうす」
という電子広告。
なんじゃそりゃ、そんなんやっとんの?

見れば、
江ノ電江ノ島駅近くにあるえのでんはうすという施設で
何やらアニメ『つり球』の展示(どんな内容かはわからんが)をやってるとのコト。
まあこれも何かの縁と、
最初の目的地を江ノ島駅に定めてそこから降りて少し歩くことにしました。



■『つり球』展 in えのでんはうす in 江ノ島駅



まあ大して期待して行ったワケでもないのです。
「そうだ、江ノ島駅で降りたついでに、
 以前も食べたうなむすび(鰻ゴハンの焼きおにぎり)くらい食べて歩こう」
というくらいで。

R0047135

えのでんはうすというのは、ホントもうちまっこいほったて小屋みたいなもんで
(ちょう失礼だが本当だ)、
その半分(そのホッタテ小屋のさらに半分だぞ)のスペースを使って、
『つり球』の絵コンテや、スタッフ・キャストインタビューなんかを展示している……
それだけでした。
気まぐれに覗きに来る分にはこれでも十分ですが……
本格的に期待して見に来ちゃった人は、
若干だまされ気分でロケンローなんじゃないだろうか。
もう少し気合い入れてサービスしたっていんでない?
勿体ないよ。

R0047124 R0047129 R0047132

メッセージボードに何か書き込むとステッカーとポストカードを貰うことが出来て、
ホントのホントにオマケ気分でやって来たオイサンなんかは
かなりオトクな気分に浸れましたけど、ちょっと遠方から頑張って来てしまった人は……
まあ、聖地巡礼のついでと納得させられるかも知れませんが……うーん。
どうなのかねえ。
お写真はその戦利品。

R0047213xx

ああ、そうそう。
覗きに来てるのは女の子ばっかでした。
そっか、女の子にウケの良い番組なんだな、あれは。
確かに主人公は4人ともオトコだし、女性の影は薄いわ。
どいつもイケ(気味)メンだしな。
そっかー。
確かに、オイサンもOPで江ノ島踊りを踊る男子高校生四人の
ケツのフリはいいと思う(オ
女性陣のキャラクターデザインも好きですよ。ああいうの。

ちなみに、江ノ島駅周辺も、当然のことながら人が多い。
以前一人で来たときにフラリと寄ったシチューのおいしいコーヒー屋さんは
外のテラス席まで人があふれていました。
うなむすびも美味しかったですが、また別な露天で売っていた
しらす入り揚げおむすびも気になった。



■江ノ島~七里ガ浜



そこからは、特にアテもなくブラブラと歩くことに。
てきとーなトコまで歩いてそこからまた江ノ電に乗り、鎌倉まで行くつもり。
途中近隣にお住まいのちひろパパさんからお茶のお誘いがあって、
4時半くらいに鎌倉当たりで合流する予定でしたのでそのくらいを進む。

この駅間を歩くのは初めてかも知れん。
大人しく海岸線の車道沿いを歩けば良い様なものの、
それではツマラナイので道を多少山側へ逸れ、海岸線や道路を見下ろす視界で歩きます。
おお、新鮮。なかなか面白いぞ。

R0047163

Googleマップで見つけた「ぼたもち寺」が気になって探してみるも、
全然普通のお寺でした、残念( ← どんなだったら満足したというのか)。
ふらふらと道に迷い、七里ガ浜の丘の上の、非常に高そうな住宅街の中を彷徨う。

R0047178

しかしこの、湘南というか、江ノ島あたりという地域くらい
「土地柄」という言葉が意味を持つ地域も少ないんじゃないですかね。
オイサンの住んでいる地域から電車で一時間もかからないというのに、
暮らしの根幹にあるメンタリティが全く違いますものね。

  50近いであろうオッサンがリーゼント頭で、
  サーフボードを乗せられる台のついたチョッパー自転車に乗って現れた時は
  そんなことを実感しました。

オイサンの勝手なイメージだけど、
どこン家もガレージの中にバーベキューセットを持ってて、
履物は基本ビーサンで……
そういう生活習慣の中で子供も育つから、それが当たり前になっていってるんだろうなあ、
と時折すれ違うファンキー地元民を横目に見つつ考えます。

……だって、ねえ。
この辺に住むってのは、
「生活の都合上仕方なく」の人って、多分ほとんどいないでしょ?
概ね「ここが好きだから」ここに住んでるんだと思うんですが違いますか。
土地が安いとか、
通勤の都合上やむなくとか、
ここにある特有のオシゴトのスキルしかないから
ここはあんまり好きじゃない or 他に住みたいとこもあるけど
ここに住んでる、って人は……そうそういないのではなかろうか。
マ「昔から住んでる」くらいはありそうですが。

年がら年中アロハか半裸で、ビーサン履いてグラサンかけてリーゼント巻いて
暮らしたいからここに住んでるんでしょ(それは言い過ぎだ怒られる)。

あと……この辺の住宅街は、カネ持ってそうだな。
どいつもこいつも。
どこン家も大概クルマが二台ずつあるし、
そしてこれも土地柄というかメンタリティというか、
二台目が外車で、アウディ率が高い!
あのゴツさというか、マッチョさに惹かれる人が多いのでしょうかわかりませんが。

そんな高そうな住宅街を縫ってふらふらとのぼり、
一軒無頼者っぽいのにやけに礼儀正しい
若者レンタサイクルの一団のカメラのシャッターを押し。
下道では拝めない面白い風景に出会えてちょっと嬉しかった。



■七里ガ浜~長谷~鎌倉



七里ガ浜の駅から江ノ電に乗り、このまま鎌倉まで……と思ったのですが
これが甘かった。
乗ることは乗れたのですがこれがまたパンパンの通勤電車状態で、
長谷(大仏さんのいるところですね)でゴソッと降りるだろう、
と思っていたら、それ以上に乗ってくるご様子。
当たり前といえば当たり前ですけど。

R0047186

降りる人波に飲まれて一度降りてしまうと、
またあのパンパンの中に乗り込むのはカラダが拒否して言うことを聞かず、
結局また、長谷から鎌倉まで歩くことにしました。

  まあこの駅間は過去ナンボでも歩いたことがあるので全然平気。
  人の少ない通りも知ってますし。

ちひろパパさんからは、
バスを拾って藤沢まで引き返した方がいいんじゃないか、
というアドバイスを戴いたのですが、
藤沢方向へ向かう道もエライ渋滞してバスが立ち往生しているのを見ていたので
ここは大人しく鎌倉駅へと向かいます。
途中、出会った美人さんにお写真を撮らせてもらったりしてフラフラしていたせいで
結局鎌倉に着いたのは夕方の5時目前という時間でした。
トホホ。

その後はパパさんと合流して軽くお茶など。
ワリと最近もお会いしたのでコレと言って目新しい話題はありませんが、
何やら入ってみたかった喫茶店があるというのでそこへお供することに。
すっかりオナカの減ってたオイサンは、謎の牛肉スパゲッティを注文。
見た目は、牛丼の具がスパゲッティに乗っている感じ。
お味は、牛丼の具をスパゲッティに乗せた感じ。
……ほならマンマやないか。
その通りです。
おかしなメニューの多い喫茶だった。
あ、コーヒーもスパゲッティもおいしかったです。

R0047207

最後に、長谷から鎌倉へ向かう途中で出会った美人さんにお願いして、
撮らせてもらった一枚を載っけておしまいにしましょう。
本人にはナイショです。




R0047206





ニャー。
別段どってことないけど、ほんのりと気分の良かった一日でした。
オイサンでした。

……あ、いけね。
八幡宮にお参りしてくるの忘れた。



 

|

« ■黒髪ロングは坂の途中で釣りをする~2012年4月期アニメ感想・ニャル子・つり球・ラグランジェ~ -更新第766回- | トップページ | ■箱根のお山とオッサンSUMMIT -更新第768回- »

[日記]」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/45099080

この記事へのトラックバック一覧です: ■些伽巳日記 [SAGAMI-NIKKI]・四 KAMAKURA THE GOLDEN -更新第767回-:

« ■黒髪ロングは坂の途中で釣りをする~2012年4月期アニメ感想・ニャル子・つり球・ラグランジェ~ -更新第766回- | トップページ | ■箱根のお山とオッサンSUMMIT -更新第768回- »