« ■些伽巳日記 [sagami-nikki]・弐~川の流れのやうに -更新第760回- | トップページ | ■六角形のハザマから。~SS『アマガミ』・梅原・香苗さん・塚原センパイ編 -更新第762回- »

2012年2月21日 (火)

■些伽巳日記 [SAGAMI-NIKKI]・参 ユイホリエから始まるMiracle -更新第761回-

実はユイホリエさんのことはちょっと尊敬しています。
オイサンです。

いや、別になにがどうしたってコトはないんだけど。
もっとお姫様然とした人なのかと思ってましたが
サバけたふつーのお姉ちゃんなんだなあと思って。

それもまた上手く騙されてるのかも知れませんし、
売れるという面でエライのは、彼女を売り込もうとする周りのブレインであって
彼女は言われるままなのかも知れませんが。

なんというか、そういうことも含めて、ああ、なんかすげえなと思う。
人任せでもいいや、みたいなところが。

ヘンに自我を張り出して、
クリエーターです! モノ作ってます、生み出してます!
みたいなところがあまり感じられなく、
ああ、ああ、はい、はい、やります、やります、あはははは、
みたいな「ぬるっと感」を感じて、最近はそういうものへの敬意をすごく感じます。




よくわかんねえだろ? 俺もだ。




それを尊敬ってのはおかしな話だけど。
でも、普通の人のまま、声優やってうた歌って、ってやってることを
すごいなあと思うのかもしれない。
ああ。
なんかそれは、すごいしっくりくるな。
今自分で言ってて合点がいった。
いや、もちろん努力はされてるんだと思いますよ。
職人的というのかな。
芸術家っぽくない、エゴや自我にドライブされてない。
あくまでも外にあるもので動いてる気がして。
そうなってしまってもいいだろうし、
そうなってしまった方がラクな場面もあるだろうに、
そういう立場なのにガツガツしてないことへのすごさと敬意。

自然体とか、肩の力が抜けてる、ってのとも違うと思いますね。
そっちにチカラが入ってしまうことはあるのかもしれないけども、
寧ろ、「芯がない」。

それも長く続く秘訣なのかもしれないですね。


あんま真面目にお歌を聴いたことないんだけど、
思い返せば彼女が歌うOPやED、それにCDのCMなんかで聴き疲れした記憶がない。
にも拘らず、なんとなく耳には残ってる。
ちょっと興味湧いてきたので、最近出たCDを一枚買ってみようかなと思う。

なんていうかな。
そういうトコは最近、「女の人ってすごいな」と思う。
女の人にはなったことないしお近付きになったこともないので
本当のところも分からなかったりはしますけど、
お仕事とか、社会……っていうと大袈裟だけど、世間への関わり方とか、
そういう局面において、男とはまた全然違う割り切り方、
自分の身の置き方を心得ているんじゃないかと言う風に感じます。

最近は、そういう意味での「男性的」な女性が多い気もしますしね。



あー。



うーん。



いや、オイサンなんかこうやってずっと二次元の人をやってると、
「女に興味ないの?」
って訊かれることが多々ありますけども、
訊かれているそのままの意味、
つまり性的な意味や肉体的な意味、
「カノジョ欲しくないの」的な意味では確かにあんまりないんですが
上で書いたようなことでの興味はすごくあります。

だからそんな感じの話が出来る女性のお友だちは
すごく欲しいですね。

  まあ最終的には、性的なこと、肉体的なことに集約されていくでしょうから
  それへの興味もあるっちゃあるんでしょうが。
  切り離して考えられるモンでもないですしね。

ただ、世間の方々の大多数がそうであるように、
「興味の入り口」が「そこ」ではない、ということです。
なに考えてんだろーとか、どういう仕組みなんだろーとか。
かえって嫌がられんのかな、そういうのは。
かも知れんな。
一般的には、理屈っぽいのキライだって言うし。
相変わらずメンドクサイおっさんですね。



……などと。



ホリエユイの話から女性論に展開する、今日も今日とてよく分からないところ
『ゆび先はもう一つの心臓』。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日も今日とて、四方山に参ります。
ヨモヤマ。
「ヨモヤマ光輝」ってどう?
どうって言われても。 ← 理屈っぽさからはほど遠い。



あ、今日はもう、だらだら四方山日記ですからね。
あんまり面白いこと言わないと思いますよ(どうなんだそれは)。



■先々週末の日記
週末は、火曜に引いた風邪の余波で半分くたばっていました。
あんまり休まらなかった。

結局今週もそのままひきずってたワケだが……
一日倒れるわけにはいかないもんなあ……。
正直、八方ふさがりな感じでどうして良いやら。
だましだまし頑張るしかないんだけど。

オイサンがアホ真面目なのか、
病気のときの振る舞いに困ってしまいます。
日曜も、オシゴトに出た方が良い様な状況だったんだけども、



  ……って、そのへんは書くのやめた(自由だな)。



ここでオシゴトのことを書いても面白くないですね。
いきいきとオシゴトについて楽しく書けるのならそれでもいいんだけど、
オイサンの場合なかなかそうもなりませんので。

何の話をしようかと思ったかというと、
休日、多摩川の川原にでも出てぼーっとすれば良かったんだけど、
しそびれちゃったなー、みたいなことです。
広い空を遠くまで見渡していたかった。
こないだまで考えてたことだったんだけど、なんか忘れてたわ。失敗。

どなたか近隣の方、
オイサンと一緒に多摩川の河川敷でカフェでコーヒーでも買ってきて
飲みながらどうでもいい話で写真なんか撮りながらボーっとするオフに参加しませんか。
もちろん、寒くなったらお店に逃げ込みます。
あとは……うーん。
向ヶ丘遊園でスコーンの美味しいお店に行ったり、
生田緑地をぶらぶらしたり。
そんなことをします。多分。
ランチの美味しい昔なじみのお店があるんですけど、
そこは日曜は休みだったっけなあ。夜はやってるかなあ。

……これは一体なんの話だ。

でもまあ、キャッチボールしたり、どうでもいいことしたいですね。
ゆっくりと。
めいめい、自分のしたいもん持ってくるみたいな。
ラジコンヘリもってくるとか。
なんか昔の町内会のイベントみたいだけど。
あったなあ、栗拾いとかぶどう狩りとか(遠い目。



■Suica で Wii U
ここんとこ、平日は一般的なニュースもなかなか耳に入ってこないような状態なので、
何か面白そうなお話を拾ってナンクセをつけるという(はた迷惑な)ことも難しく。
今世の中じゃあ、何が起こっておるのだろう。
けど、そういう浦島太郎状態も、
Twitterのおかげで昔に比べればマシにはなってる気がする。
たまにTLを覗けば、主だったお話は流れてまいりますしね。
マ自分がラクに興味を持てる話題に限ってしまいますけど。

気になっている話といえば、
WiiUのパネル端末側に、NFC認識が搭載されるというニュース。
全然一般的じゃない、結局ゲームの話だな。

技術的な詳しいところはちゃんと見てないけど、
パッと浮かんだイメージだと
「WiiUのタブレット型コントローラに、
 SuicaやPASMOをかざしてDLCが購入出来るようになる」
という感じだろうか。だったらいいなあ。

NFCってのはSuicaやPASMOに使われてる短距離通信のギジツの名前のハズなんで、
イコール「SuicaやPASMOのお金がまんま使える」というわけではなさそうだけど、
あれがそのまま使えるのであれば、ラクで嬉しいなあ。
任天堂のポイントなんかはコンビニで買えるけど、
やはりイチイチ残量を気にしながらコンビニで買い足すのは面倒だし、
何より煩わしいのは

 「オカネと同等の価値を持つ複数のオカネ的なものを
                            個別に管理しないといけないこと」

だな。
SuicaやPASMOなら、サイフの中身同様「大体いくらくらい残っている」ということを
日常的に気にしているので、
新たに何かを特別に気にかけないといけないということがない。
これは大きい。

  ……Suica/PASMO圏外で暮らしてる方々からは
  また怒られそうなことを書いてますが。

XBOXで使うゲイツポイント、
プレイステーションネットワークで使うポイント、
Wiiで使う任天堂のポイント。あとはWebMoneyとか。

それらを個別に、あといくらずつ残っている、というのを管理するのが面倒くさい。
なので、全部手持ちのPASMOで管理できてしまえばラクでいい。
少しでも統合してもらえるならありがたい。

ただ、その煩わしさがイヤで買い物を控えているところもオイサンにはあるので
タガが外れてしまうとそれはそれでダメかも知れん。
それはつまり、任天堂としては煩わしさのせいで結構な損失を生んでいる、
ということなのだと思うが、
頑なにそこを守ってる任天堂はちょっとえらいなと思う。

基本は「子供のおもちゃだ」ってことを、守ってるってことだと思います。
立派。



■錠剤パソコン
WiiUで思い出した。
iPadとかのタブレットPCって、何故「タブレット」って呼ぶんだろうか。

タブレットといったら錠剤のイメージがあったので不思議に思って調べてみたら、
tabletという単語には「石板・銘板」、つまりなんがしかの文字が刻まれた板、
という意味もあるようで、それに倣ったっぽい。
フム。
……となると今度は、
どうして金属板・石板と錠剤に同じ単語があてられてるのか?
という疑問が湧くわけですが。

にしても、海外の、新しい道具に名前をつける人たちの
詩的センスには感心させられます。
携帯の充電スタンドに「クレードル(揺りかご)」とつけた方は素晴らしいと思う。
日本語では、文字がなまじ表意性を持っていたりしますから、
わざわざそちらに流れる必要がなくて、
そういう繋がり方をしていかないんでしょうね。
充電をするための器は「充電器」で伝わるし、言葉もコンパクトにまとまるし、
いちいち「揺りかご」のイメージを借りてくる必要がないんだろう。
惜しいところではある。



■『あの夏で待ってる』
そしてここから急にアニメの話ですよ。

世間的に、青い髪の女の子の不憫な恋愛が大好評!
……でおなじみ、『あの夏で待ってる』。
お前らみんな、ウマに蹴られてヒザを壊されて引退に追い込まれろ。

  えらくローキックの得意なウマだな。
  まあいいか。

前にもチョイと書きましたが、オイサンはこのお話、
少なくともここまではそういう「フツーの恋愛模様」は完全にスルーして見てきていますが、
5話目は凄かったですね。
何がって、雨上がりのバス停の風景。
あれがすごかった。
あまりの美しさに思わず声を上げてしまいました。

にしても、雨、バス停、片思い。
で、気持ちがすこし吹っ切れたところで雨が上がる、
というシーケンスはあまりにもベタだと思いますけど、
そんなとき絵のチカラはすごい。



■殺したいほど
んで『キルミーベイベー』は……
「面白い以前にあすながうぜえ!」と思ってイライラ してたんですが、
ああそうか、これは「あすなはうざい」ことを分かって見るのが正解なんだな、
と分かったらイライラもしないで見られるようになった。
なんていうか、結構高度だなコレ。
それをスッと理解して楽しめる今の若いひとすごい。

あと、OP曲のタイトルを『キルミー・ベイベー』ではなく
『キルミー「の」ベイベー』にした人は、
もうそれだけでオイサンにCD売りつけたようなもんなのですごいと思います。
オイサンも、そういうメシの食い方をしたかったんだよ。





■音楽~Closing TALK

マそんなんでね。
忙しさにも全然おさまりがつかない感じなのですが。

近頃気分が沈み気味になることが多いので
音楽を聴いてなんとか自分を奮い立たせようとすることもあるのですが。
そういうとき、あまりにも今の自分の気分とかけ離れたものを聴いても
なんだか自分のダメさ加減が助長されてしまい、かえって沈んでしまうことがある。

曲調やテンポが、今の自分の気分よりもほんの少しだけ上メの曲を選んで聴けば、
それに合わせて少しずつ気分も引き上げることが出来る。
そんな風に感じます。

しかしまあ、休息、睡眠というのは大事……ですね。
つくづく。
十分ではないにせよ、それがあるというだけで
いくらかでも日々の活動に前向きになることが出来ます。
やっぱり人間、休まないとダメだ。

休みが先にあるわけではないけども、
何かをするために必要なだけの活力が先ずあることから活動が始まって、
足らなくなったら充填する。
ただそれだけのことなんですけど。


どうにかこうにか、ユイホリエの力の抜けたお歌でも聴いて、
ガンバっていこうかなというオイサンでした。


ほなまた。
ノシ



 

|

« ■些伽巳日記 [sagami-nikki]・弐~川の流れのやうに -更新第760回- | トップページ | ■六角形のハザマから。~SS『アマガミ』・梅原・香苗さん・塚原センパイ編 -更新第762回- »

[日記]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■紫@sorrelさん
Twitterではお世話になってます。
四六時中ツライだのシンドイだの、言ってるみたいですみません。
目に余るようならサックリ教えて下さいね。

堀江さんについてはオイサンも詳しく知ってるわけではないですが、
何度か聴いたWebラジオの雰囲気で、
ああ、意外とそういう人なんだ、という風に感じた次第です。
紫さんは音楽をおやりになっているご様子ですが、
オイサンは音楽カラキシなので、専門家のお話を一度伺ってみたいです。
 
『あの夏』は、ここのところで何故だか急に気になってきました。
 
グダグダしていて申し訳ないですが、
飽きず呆れず、気長にお付き合い戴ければ嬉しいです。
 

投稿: ikas2nd | 2012年2月26日 (日) 01時57分

風邪や諸々お疲れ様でした。
堀江由衣ってそう言う方なんですね。何分声優には詳しくなくて…
彼女の歌はストレスになる曲が余り見当たらない気がします。そう言えば化物語の羽川ソングが好きです。

最近とみにお疲れの様で心配です。
そんなオフも素敵ですね、と思いそしてあの夏だか夏待ちだかのあのシーンは凄く良かったなぁ…って。

頭の中はキルミーベイベーみたいな人でしたっ。まる。

投稿: 紫@sorrel | 2012年2月22日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/44185151

この記事へのトラックバック一覧です: ■些伽巳日記 [SAGAMI-NIKKI]・参 ユイホリエから始まるMiracle -更新第761回-:

« ■些伽巳日記 [sagami-nikki]・弐~川の流れのやうに -更新第760回- | トップページ | ■六角形のハザマから。~SS『アマガミ』・梅原・香苗さん・塚原センパイ編 -更新第762回- »