« ■些伽巳日記 [sagami-nikki] ~少しだけ、『アマガミSSplus』についてなど-更新第758回- | トップページ | ■些伽巳日記 [sagami-nikki]・弐~川の流れのやうに -更新第760回- »

2012年2月11日 (土)

■風邪っぴきの人類へ -更新第759回-

んちゃっす。
「『ラグランジェ』が気に食わない」みたいなことを書いた途端、
OPの『TRY UNITE』が頭から離れません。
オイサンです。

これはジャージの呪いか何かか。

いえいえ、中島愛のえろいPVがイケナイんです。
あのワキ……否、あの脇……否、あの「腋」はズルイ。
地上波で流していいモンじゃない。


▼『輪廻のラグランジェ』OP TRY UNITE!




  ……などと。



珍しく、トシ相応に加齢臭ただよう脂ぎったセクハラトークで開幕する
本日の『ゆび先はもう一つの心臓』。

しかし、今まで顔をまじまじと見たことなかったけど中島愛っていい顔してますな。
「いい顔」って変な褒め方だけど、
「美人」でも「可愛い」でもない(いや芸能人補正もコミで美人の部類ではあると思うけど)、
艶っぽいっていうのともちがう、幼さもあるのにねっとりした色気もある顔してると思う。
ロリ艶っていうか。
いい意味でいやらしい。
あの目で


  ♪ 燃えてくる(Fry Away♪)


とか歌われた日にゃあタマリマセンな。
……褒めてますよ?
本人には嫌がられるかも知れないけど。
まオイサンが、全然ナマミ慣れしてないってのもあるかも知れませんけどね。

むうん。
ナマミを見てこういう気分になるのは稀なことだなあ。

しかし、腋。
ニクヅキにヨルと書いて、「腋」。
これまたいやらしいな。
月夜。
いいですか、ワキは人間のヨルの部分です。
おぼえておきましょう。
特に若い人。
ワキプルギスの夜。



……。



今日のマクラはホントにおっさんくさいな。
どうした俺。



■かぜっぴきの人類へ



火曜日に風邪ひいた。

……日本人は熱出すと全部「風邪」っていうけど
それは合ってるのかなあ。
まあ熱が出て、あとのどが痛いとかアタマが痛いとか、
そういうものが伴うのは全部「風邪」でいいんだろうけど。
特定の病名じゃなくて総称なんだよね?

月曜の夕方頃から段々体がぼんやりしてき始めて、
家に帰り着いた日付の変わる頃(それもおかしいんだけど)には
37度台半ばでした。

翌火曜の朝には8度を超えてたので、
こらアカンわ下手したらアレやでと思ってお休みを戴き、
昼になっても下がらなかったらイシャ行こうと心に決める。

  慌てておイシャに行ったりすると、相手は病気のデパートですから。
  そこでインフルさんを頂戴するハメになりかねませんからね。
  本当に要るときにだけ行こうと思ったのです。

結局、昼過ぎには7度台まで下がったのでおイシャにはかからずに済ませました。
危なかった。
そのあとはゴハンを食べに出たり、ゴロゴロして寝たり覚めたりで
特段何をするというわけでもなく、
体の具合がおかしいときに新しい物を見るのはもったいないので
なんとなく『モーレツ宇宙海賊』を一話からだらっと流したりしてました。

最近は一度見たアニメをもう一度見直すということをあまりしてこなかったんだけど、
初見ではあまり面白いと思えなかった一話が面白く見られました。
……けど、それは果たして、評価するべきなのかどうか。
一話目くらいは、一本で独立して掴めるような作りの方が良いのでは。

夕方頃になるといい加減眠りも浅くなり、
一時間おきくらいに寝ては覚めてつぶやき、寝ては覚めてつぶやき、
みたいな繰り返し。
うーむ……Twitterばっかしってことやな。
もう少し有意義にせえよ。
と言っても、病人にとって何が有意義って、ゴロゴロ寝てることですね。
正解。
夜はどうしてもなべ焼きうどんが食べたくて近所のうどん屋へ赴き……。

病気のときに有意義なアクティビティを求めても仕方ないけど、
だらっとしとるなあ。
これが本来の生き物の姿なのかも知れないけど。
必要なときに起きて糧を得、食べ、眠る。
こういうとき、なんかもっと時間を有効に、有意義に生きないとなあ、
と思ってしまうのは愚かな人間のさがですね。

本当は、人間も他の生き物と同じで、
そのサイクルだけを守って生きていれば良かったんだと、オイサンも思います。
それが多分、全体のことを考えれば一番自然で一番良い。
けれども他に何も持ってなかった人間は、生き残るために「知恵」を身につけてしまって、
その「知恵」が必要以上に頑張ってしまったんでしょう。
デ知恵を否定することは誰にも出来なかったんでしょうね。
自分の命を守るもので、命が一番だったから。

「知恵があるんだから、
 人間なんだから、
 人間らしく、
 色んなことが出来るようにならないといけない。
 色んなコトを人の繁栄のためにコントロールしていかないといけない」
みたいな、今の風潮が出来上がっていったんでしょう。
愚かなことです。
人間の脳みそってのは、この星のルールを外れてるんだと思います。
欲深すぎる。
ラクをするために勤勉を求めたという、怠惰が一周回ってしまった感。
自分たちを守るために色々とズルを思いつく。



■人の知恵は地球の病気



なんていうんでしょうねえ。
病気と同じで。

ある病気を治すために体のある機能を活性化させるお薬を投入すると、
その活性化された機能のために、体の別の部分に不具合をきたす。
今度はそれを押さえ込むために別の薬を……
……というもぐらたたきの連鎖を繰り返さざるをえなくなる。

自分たちが安定的に繁栄するための仕組みを思いついて、
意図的にこの星のルールをすこし捻じ曲げる。
そうすると他でやっぱりひずみが生じて、
それを解決するための策を講じるも、どこかでひずみが生じる。

もちろん、
最初の薬を投入する時点で大体どんなことが起こるかの予測は立て、
そうならない程度に、
或いはその予防策も見越した程度の投与を心がけるのでしょうけど。
一度、何かひずみをぶちこんでしまった真円は、
同じような真円のバランスを、
あらゆる要素を意図的にコントロールしてバランスを保ち続けるなんてことは
先ず、出来ないんでしょう。
そこまでのチカラが自分たちの知恵にはないにも拘らず、
やってしまうのが人間なんですね。
本当は、一番最初の欲求をガマンすることが大事だった。




この星の、最も美しい真円は疾うに失われてしまった。




生きることを希求するのと同じくらいの強さで、
生きることを諦められる節度を、
何故か人間って生き物は持ちあわせなかったんでしょう。



……などというのは、まあ。



久しく自分にとって大切な命を失う現場を見ていないオイサンの、
驕ったというか、
上からしか物が見られていない妄言でしかないんですけど。
口先ばっかですよ。
すみませんね。
気を悪くしないで下さい。
オイサンもそんなにえらくはないです、当然。
やっぱね。
大切なものが失われるときには、どうしたって、多少何かがゆがんだって、
助けられるものなら助けたいと思いますよ。
当たり前だと思います。
それが人間の当たり前。


けど、本当はどうなんだろう? という疑問も実はあります。


他の動物は、生きられる限りはもちろん精一杯生きると思うんだけど、
イザ他の何かを侵してしまいそうな時には
案外アッサリと命を諦めているように……
動物ドキュメンタリーなんかを見ていると、オイサンには思えるんです。
自分や、自分の身の回りの命が、
本当の本当の一番として、無意識の底に植えつけられているのかなあ。
全体のバランスのためには、最後の一あがきはしない、
そんな衝動が植わっている様な気がします。
……まオイサン美樹原さんじゃないんで、動物の心はわかりませんけど。



……などと。



風邪をひいてゴロゴロしてしまったってだけの罪悪感から、
問題を全人類に撒き散らかすメイワクな大人、
それがオイサンです。
皆さんはだまされないようにしましょう。


ほなまた。





 

|

« ■些伽巳日記 [sagami-nikki] ~少しだけ、『アマガミSSplus』についてなど-更新第758回- | トップページ | ■些伽巳日記 [sagami-nikki]・弐~川の流れのやうに -更新第760回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

■tomozowさん
こちらこそ、すっかりご無沙汰しておりますです。
お元気ですか?
また何かの機会にお会いしたいですねえ。
 
なかなか年もとると、まとまった休みでもないと治り切りませんが……
まあボチボチやっていきます。
 
ありがとうございます。
 

投稿: ikas2nd | 2012年2月26日 (日) 01時55分

ご無沙汰です。
早く風邪が治られますよう。

投稿: tomozow | 2012年2月11日 (土) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/44057421

この記事へのトラックバック一覧です: ■風邪っぴきの人類へ -更新第759回-:

« ■些伽巳日記 [sagami-nikki] ~少しだけ、『アマガミSSplus』についてなど-更新第758回- | トップページ | ■些伽巳日記 [sagami-nikki]・弐~川の流れのやうに -更新第760回- »