« ■無呼吸・深呼吸 -更新第729回- | トップページ | ■土砂災害 ~地質学者、三次方程式のエレジー -更新第731回- »

2011年11月20日 (日)

■18 years After -更新第730回-

オイサンです。



R0045912
コハク色の満月……


今週は……いやあ、書けることがないなあ。
働いてばかりいたような……あ、一個あった。



■骨折りフレンドのバラード



Twitterで、偶然、高校時代の友人を見つけまして。
リプを送ったところ、ありがたいことに怪しまれもせず
(向こうでは盛大に怪しんでたかもしれませんが)
お返事を戴けまして、チョイと昔を懐かしんだりいたしました。

  まあそのやりとりをしたのも、
  結局オシゴトで帰れずとったビジネスホテルの中だったりしたのですが。
  それもまた楽しきことよ。

マ偶然つうか、その友人とよく似た名前のマンガ家さんがおられまして、
その字面に懐かしさを覚えて検索してみたところ、
首尾よく彼のTwitterアカウントが見つかった、というだけなんですけどね。
偶然でもなんでもねえ……ってことはないか。
偶然半分ですね。

高校時代のオイサンはバリバリの文系で(つって今もそうだけど。オシゴト以外は)、
彼は理系でしたから、
高校2年……いや、3年だったかな? からはクラスが分かれていた筈ですが、
1年の時に、別段全然家も近くないのですが、
似たような時間に学校のある最寄駅に着いていたもので(電車通学でしたよ)、
駅から学校までの15分あまり、朝一緒に歩いて登校していたのでした。

それがどのくらい続いていたのか……それも正直、定かには憶えておりません。
でもほとんど3年間ずーっとだったんじゃないのかなあ。
帰りはマチマチだったような気がする。

お互い、あまりクチが良い方ではなかったのですが、
ケンカをする様なこともなく、というか、
火種になるほどこだわりのある共通の話題がなかったんでしょうね。




  ……なんだか、奇妙な友人関係であったように思います。




教室ではよく話もしますが、昼休み等に遊ぶほどではなく、
休みに一緒に出掛けるかと言えばそんなこともない。

  マそもそもオイサンが休みの日に出掛けるなんてとんでもない!
  という、当時は人種でしたんで。

一度だけ、彼の家に遊びに行った記憶があります。
何をしたかもやっぱりよくは憶えていないのですが、
結構大きくてきれいな、お金持ちくさい家だったような……気はする。
それも嘘かも。
誰か、他の友達ひとりと一緒に行ったはずだけど、それが誰だったかも忘れてしまいました。

  誰だっけなあ?
  マツ? 陛下?  ← いずれも友達のあだ名


まあそんなことで、お世辞にも世間的な「親しい友人」とは表し難い関係であるような気も、
客観的な自分の目で見るとするのですが……
でも、でもですね、気持ちの上では、彼のコトは、
オイサン自身は高校時代の最も親しい友人のうちの一人だと、
やっぱり今考えても思うのです。

何か特別なことを共有した、
支えあった、競い合った、分かち合った、
ほんっと、全っ然、なんもない。
学校の行き帰り、何を話した?
憶えてない。
たった二つ、

  「『動物のお医者さん』ってマンガが面白いぞ」
  「『ご苦労さま』は目下に使う言葉で、『お疲れ様』が目上に使う言葉だ」

それだけです。
憶えてるの。なんだそれ。

  ……彼はこのブログもチラッと覗いてたみたいなので、
  コレ読んだらショック受けるかもな。
  でもそうなんだもん。

  

動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫) 動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)
著者:佐々木 倫子
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ほーんと、何話したっけー。まいいやー。
そんな関係の我々なんですが、
オイサンはやっぱり彼のことを、高校時代の友人関係の中でも
十本の指に入る特別な存在だと思いますし、
その日、メールでほんのちょっと話しただけでも、彼もにたよーなことを言ってくれました。
ありがたいことに。

リプを送って、なんとなく感付いて下すってもいたようですし。
多分、ブログを見た後だろうけど。
それでも、アタリがつく程度には憶えててくれたってことで。

以前、『はがない』の感想のところでチョロっと書きましたけど、
「どんなに近しい関係にあったって、お互い友達と思えないモンは友達にはなれない」
っていう、アレの逆なんでしょうね。
なんもなくても友達は友達だし、憶えてるモンは憶えてる。
ただまあ、時間だけでも共有するってのは大事なことだな、とは思います。
動物ですからね。
そんなもんだと思いますよ。


 ▼鈴鳴り柿の平熱~今期四傑アニメのプチ感想とか
 http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/-724--56f7.html




そんなこんなで、18年。



18年、彼とはお会いしていないことになるんですが、
これまたありがたいことに、今住んでる場所が、近い。
全然オイサンの行動テリトリー内でした。
びっくりするわ。

そんなんなので、マ今しばらくはオイサンも大忙しなので無理ですが、
彼もお忙しそうですし(なんならご家庭もおありでしょうし)、
時間を見つけて、会いに行きたいなあと思っています。

そんで、一体俺らはなんなんだろうねえ、という話で、
18年間引き貯めたカードをチマチマ切って、
うすぼんやりと盛り上がってまいりたいなあと思います。

いや、楽しみだなあ。
ケンカになんなきゃいいけどね。


マそんな感じで……っていうか、そんなことしかホント書けることなかったよ。
気になる記事なんかはあったんですけどねー。

あ、そうそう、『超光速ニュートリノ』さんは
やっぱり追っかけ検証やってたみたいですね。
当たり前だけど。

  ▼ニュートリノ、再実験でも光より速い
  http://www.cnn.co.jp/fringe/30004648.html

ふっふっふ、面白そうじゃないか。
どんなことが起こるかな?
それいけイッシッシッシお楽しみ!



そういや名古屋には、ニコちゃん大王いなかったな。似たようなのは見かけたけど。


ピーッピッピプペポ、オイサンでした。

下書き推敲なしのぶっつけ記事ー。



 

|

« ■無呼吸・深呼吸 -更新第729回- | トップページ | ■土砂災害 ~地質学者、三次方程式のエレジー -更新第731回- »

[日記]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/43084733

この記事へのトラックバック一覧です: ■18 years After -更新第730回-:

« ■無呼吸・深呼吸 -更新第729回- | トップページ | ■土砂災害 ~地質学者、三次方程式のエレジー -更新第731回- »