« ■汐入で愛して~2011年秋・10月期アニメ一口感想 -更新第720回- | トップページ | ■無責任宇宙ファミレス・ざんねん! ぽぷらちゃんでした ! ! -更新第722回- »

2011年10月13日 (木)

■趣味は人間観察です(エー -更新第721回-

ねえねえ、ちょっと聞いてもいいかな?
ゆきぽんとマコト君てさ、付き合ってるの?
オイサンです。

いや、『アイマス』の新OP見てたら、なんかそんな気分になっちゃった。
サビの背景で、吹っ飛んでったゆきぽんを
マコトくんが後ろでしっかりキャッチしてるのを見て。
Youたち、もう付き合っちゃえYo。

「CHANGE!!!!」も楽しいお歌ですね。

▼アイドルマスター OP2 CHANGE!!!!



  ♪ 何度L字でも どんなRivalだって


っていう歌詞は落胆しつつもポップで愉快だし、


  ♪ どこまでもSHOW must GO ON!


ていうフレーズには弱いなーズルいなー。
冒頭で並ぶシルエットにそれぞれ色がついていて、なんとなく感慨深かった。
配色はあれでいいの? ってちょっと思ったけど。

あとは、
タイトルバックで歯を喰いしばって踊りながら笑ってる貴音さんが
すごく凛々しくて好き。そーゆー人なんだろうか。
どーゆー人なのか、本当に興味がある。
13話の画から持ってきてるんですかね。
サビ終わりでも貴音さんがどセンターで目立ってて嬉しかったりする。
でも、歌としての全体的なところでは「READY!」の方がちょっと好きかなー。
旋律がすごい好きなので。

画は……うーん。
難しい。
「CHANGE!」の画は、場面場面ですっごい好きなところと、
そうでもないところの差が激しいです。
押しなべると「READY!」の方が好きだったかも。



■プン・スカ・ポン 三匹のこぶた



昨日はチョイと腹立たしいことがありまして、
一日おなかの底がモリモリしておりました。

  ……イヤ、オイサンだってそりゃ、腹を立てることくらいございましてよ?
  空かせてるばかりじゃない。

マいったい何に腹を立てたかなんてのは、
聞いても別段面白いコトじゃありませんので割愛いたしますが、
我ながら面白かったのがですね、
その時の、アタマと体の状態を感じ取って、

 「ああ、俺はいま怒ってて、怒ってると体はこういう感じになるのか。
  ていうか、体がこの感じになってる時は怒ってる時なのか」

と、改めて自覚した、ということです。
自分であまり、気が付いていなかった。

オイサンの怒りはどうも、プンスカポン! とやってくるのではなくて
熾き火か残り火のように体の底のほーにじわじわ・グラグラとくすぶって、
その火によって沸きあがったものが怒りだと気付くまでに随分時間を要するみたいです。

  少し考えてからだの様子を伺わないと、
  「あ、自分、今怒ってる」と気付かない。

んで「怒ってる」と気付いたときにはもう沸点近くまで来ているぽいので、
ガマンしたり抑えたりする間がなく、自覚したときには手が出てる、
なんてことにもなりかねないなコレはと、
ちょっと自分で自分が怖くなりました。

うーん。

もうチョット、自分の怒りを認識出来る閾値を下げないとイカンな。
怒りに対する心の準備が出来ない、というと変でしょうか、
でもそんな感じ。

  他の人はどーなんだろうなあ。
  あと、イラつきと怒りは違うもんだと思うんだよなあ。

オイサンはワリとそんな風に、
「何か特別に刺激が加えられたわけではないのに自分の体の様子がおかしい」
と気付いたときには
「どんな気持ちのときに、体にどんな変化が起こるのか」
とか、逆に
「体がある異状状態にあるときに、自分がどんな気持ち(でいるはず)なのか」
とかいう具合を観察する「遊び」をします。

これはなんでかというと、書き物に使えるから、なんですけどね。

「どういうことが起こったとき・何がきっかけで」、
「自分がどんな感情にとらわれて」、
「体にはどんな風な感触があるか」。

単純な感情の名前や、
それらが一般的にどんな場面に応じて発生するか・適用されるかなんてことは
類型的には大体わかるものですが、
「果たしてその類型が本当なのか?」
「細かくバラすと、直接的な感情の原因はどこにあるのか?」
ということや、
それが肉体的に「どんな気分をもたらすか」ということは、
ヒトサマをいくら見つめていたって分からないし、
感覚を分けてもらうことも出来ないので。
自分の体を使ってそういう機会にでも拾い集めていかないと……
なかなか、サンプルの得られるものでもないですしね。

脳波だとか、脈拍だとか、体温だとか。
そういう目で見える数値でもって観測することも出来るでしょうけど、
そこにあてはめるのにどんな言葉が適切なのかは、
やはり自分の肌で量ってみないとワカランわけです。

  そうまでして出て来た結果がアレなのかよ! と言われたら、
  どうもすみません、としか言いようがない。

そういう意味でやはり、
多くの人の共感される名作を生み出す表現者の皆さんというのは、
文芸でも、絵でも、音楽でもなんでも、
良き人生の経験者であるのでしょうね。
しみじみ。


マそんな感じでヒトツ。
ん?
たまにはそんな話くらいするさ。

オイサンでした。


 

|

« ■汐入で愛して~2011年秋・10月期アニメ一口感想 -更新第720回- | トップページ | ■無責任宇宙ファミレス・ざんねん! ぽぷらちゃんでした ! ! -更新第722回- »

[日記]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/42499712

この記事へのトラックバック一覧です: ■趣味は人間観察です(エー -更新第721回-:

« ■汐入で愛して~2011年秋・10月期アニメ一口感想 -更新第720回- | トップページ | ■無責任宇宙ファミレス・ざんねん! ぽぷらちゃんでした ! ! -更新第722回- »