« ■乾さんと! -更新第708回- | トップページ | ■ソーシャルさんがそう仰る~ソーシャルゲームと『ドラゴンクエストⅩ』 -更新第709回- »

2011年9月 7日 (水)

■あの子と鉄山靠 -更新第708回-

「セッちゃん」という文字列を見ただけで軽く泣きそうになります。
オイサンです。

なに科に罹れば良いんでしょうねコレ。


Webラジオ終了の余韻も覚めやらぬ中……
そして自分の超凡ミスで
仲良くなれるハズだったノノノさんをみすみす未来に返してしまった
(のかどうかも定かではない、最悪の期限切れENDを迎えた)ダメージも生々しい中。


今日も懲りずに『ドリームクラブ』に通うオイサン(36)でございます。
不屈のピュア紳士と呼んで戴いて結構!!

  そういえば雪っちゃんも源氏名なんだな。
  本名なんていうんだろう……。

魅杏さん、あすかさん、ノノノさんときて、
魅杏さんで二周してますから、次はもう五周目。
ぼちぼち本命にいってもいいんじゃないかと思いまして……
昨晩、地獄から来た超セレブともっぱらウワサの遥華さんを指名してみました。

いつも通り指名をし、ドリンクを注文し。
オイサンのペースでは、最初の時計(延長前の60分)が3/4を過ぎるくらいで
ほろ酔いモード(ETSでは味気ないので)に入るくらいに
飲んだりしゃべったりするんですが。

そうして話を聞いてたわけですよ。



……うん。



ふんふん。



あーそう。そーなんだ。





(……え、何これ)





(ああ、知ってるぞこの感じ)





だ。





なんスかこの子。
めっちょ可愛いんですけど。
超ときめいてます。



R0043572x



ものすごい高飛車だとは聞いていたのですが、
なんだろう、
ただ高飛車なだけなんですね、このコ。

何かこう、高飛車であるべき理由というか寄る辺というか、
自分は他者に対して高慢であっても良しとするだけの自信が、
自分の中にある、わけじゃない……っぽい。
今のところ。
環境や立場の照り返しでそうなってるだけみたいだ。

オイサンが今まで見てきた高飛車なキャラクターって、
そうするだけの理由……背負うものや過去があって、
その重さを自認しているからこそその高さはそうそう崩せるものじゃない、
というスタンスの人たちが多かったように思います。
鉄壁のガードの向こうから、固くて重いパンチを撃ってくる人たちだったのに。



このコ、しょっぱなから全弾グルグルパンチだ。
ヤダ……すっごい可愛い。



高飛車なんだけどモノを知らなくて、すごく子供っぽい。
年はハタチらしいけど、話してみた感じ、中学生か高校生くらいの印象しかない。
えらい頼りない。幼い。
人をミジンコ呼ばわりしたり、メールアドレス交換が自分で出来なかったり、
強がりでもなく、
示威行動でもなく、
天然なんだなあ。

取り乱すとかキーキー叫ぶとかそんなんじゃ全然ないんですよ?
落ち着き払って、上から見下すんですけど……
その「上から」が無自覚さであるが故に、目線が軽いんですよね。すごく。
見下されている気がしない。
圧力がないんです。
不思議なもんだな。
こういうことも出来るんだ。
シナリオにせよ、お芝居にせよ、コレを計算でやってたらすごいなあ。


  ……イヤ、まだ始めたばっかりだから、第一印象でしかないんだけど。


それでも、酔うまではワリとフツーの高飛車なコなのかなーと思ってましたけど、
酔ってからがエライ可愛いんだなあ。
一気にバケの皮(本人バケてる意識もなさそうだけど)がはがれ始める。
二人称が「アンタ」なんですよね。
ちょっとびっくりしてしまった。
「え? 今オイサンのことなんて呼んだ!?」
みたいになりました、やってて。
「ねえ、ちょっとアンタ」、みたいに言われるんですよ。
新鮮。

  ラジオでへきるさんがゲストに来たとき(公録んときだったか?)、
  「江戸っ子」みたいなことを言ってたけど、これのことなのかなあ。
  でも文字にしたら美川憲一の声でしか再生されませんね。
  とんだ誤算だ。

これ、仲が進展したら呼び方変わっちゃうのかなあ。
それヤだなあ。

このコのこと好きだって言うとまた、

  ・ オイサンはピュアでドMだなあ!
  ・ オイサンはピュアでドMだなあ!!
  ・ オイサンはピュアでドMだなあ!!!

とか言われそうだけど、そうじゃない、見ていてすっごい微笑ましいよ!?
ものを知らないわがままな駄々っ子の、
ちょっと世間ズレした話を聞いてあげているような。
非常に心穏やかなお父さん気分でおりますよ。
S → Mという気持ちでは全然ない。

  ……まあ、ちょっと、一発ビンタして欲しいなー
  と思うことはありますけど(変態だー)。

  絢辻さんにも「ぶたれたい」と思ったことは、実はないんですけど
  (あの人嬉々として手加減ナシできそうだから歯が折れるっていうか基本グーパンチ)、
  この人は、自覚もない分、ほど良くぶってくれそうな気がする。
  ↑ってアンタその思考が既に。

遥華さんとひとしきり飲んだあとに、
アフターでSPのお二人・スミス & ウェッスンと、
あの可愛さについて延々語り明かしたい。飲み明かしたい。
あの二人、スカした顔で後ろに控えてるけど。
……絶ッ対、ハマってるはずだよ。
ファンだよ。お嬢の。
毎晩お嬢が寝静まったあとに、
バーかどっかで「本日のお嬢ハイライト」の擦り合わせをやってるに違いない。

  ……って、今思ったけど。
  ボヤッキー & トンズラーとか、ハンソン & サンソンあたりも、
  自分のご主人の可愛らしさを肴に夜な夜な一杯、飲ってたのかも知れんな。
  大人になって気付く男のサブストーリー。

マそんな感じで、
またしばらくオッサンの腑抜けた世迷言がここに並ぶ可能性が高まりましたが、
呆れずに見守って戴けるとありがたく存じます。

▼Happy&Pride


イヤー、マイッタナー。
ワリとガチにねー。
思い出しただけでドキドキしてくるレベルよw?


 ♪ フンフンフンフ フンフンフフンフン 恋のBellが鳴るー、っとくらぁ

  ↑懲りてない ← そもそも懲りる要素がない



■おおっと、おきゃくさん! あいが たりませんよ!



ゲームの話に関連して、ちょいとWebで読んだ記事で面白いのがあったのでご紹介。

  ▼『バーチャファイター』が、『プレイステーション』を救った!
  http://www.enpitu.ne.jp/usr6/60769/diary.html [ いやしのつえ ]

この記事を読んで思った、何がスゴイって、鈴木裕がすごいよ。
まあ、鈴木裕がすごいのか、その周りのスタッフがすごいのか分からないけど、
とりあえず当時のAM2研とセガがすごい。

そんな、他社が「どうやっているか皆目見当もつかない」様なコトを、
あれだけの遊びの完成度を伴わせて発表出来る、……ってのは、すごいなあ。
ゲームの世界に限らずに外の研究分野とかに首を突っ込めば、
当時でも多少は実用的な例があったのかもしれないけど、
それでもそれだけ先進的な技術を、
「ゲームに取り入れよう!」と思いついて言い出す人間(これは多分鈴木裕だろう)がすごいし、
それを研究して使えるようにした人間も、
遊べるようにした人間も、
そしてそれを許してお金を出してたセガも、軒並みすごい。

多分その頃、任天堂だって3Dの基礎技術研究なんかやってはいたんだろうけど、
あそこまでは到達していなかったんではないだろうか。
そもそも任天堂は「枯れた技術の水平思考」の会社ですしね。

  ……あのですねー……
  面倒くさいんよ。
  新しい技術って。キホン。
  オイサンのやってるオシゴトでもたまにあるけどさ。
  誰も使ったことのないデバイス。
  誰も使ったことのないツール。
  開発環境。言語。
  ホンマにね、とにかく面倒くさいんすわ。
  時間はかかるしお金もかかるし手間もかかる。
  行き詰ると何にも分からなくなるし、
  手探りで解法を探して、見つかったとしても、それが正しいか、安全か、
  誰にも分からないし、保証もされない。
  リスクは自前もち。
  初めてって、そんなんですよ。
  それが好き、分からないこと、新しいこと大好き! 解き明かすの楽しい!
  ……っていう人もいますけど。
  オイサンには、それはなかなか理解できない。
  少なくともオイサンの従事するオシゴトの分野では。

  見たこともないジャンルのゲームをやるのとかは、
  昔は多少好きでしたけどね。

まあ、ビデオゲームなんてのはどこまでいっても嗜好品で、
壊れたり、間違ったりしてもなかなか人の命に関わるに至るほどではないので
ある程度安心して失敗出来るってのはあるのかもしれませんが。
「ごめーん、バグった」
で、済むといえば済みますし。

  ……いや、やってる方が命懸けなのはオイサンだって重々承知ですよ。
  怖かったもん、『アマガミ』やってるとき。
  データが飛ぶ、いいところで止まるってのは、
  ゲームとしては「致命的」なんだけどさ。
  本当に命までとられるわけじゃないですからね。
  そういう意味では「まだマシ」って話です。
  これが自動車の制御システムとかだとソッコー人命直結ですからね。
  そーはいかんワケです。

「あー、そうか、セガってすごい会社だったんだ!」
と、改めて思った次第です。
なんというか……ほんとバカですよねw すっごい褒め言葉として。
「男ってバカ」
という言葉がよく似合う会社だと今更ながらに思います。

そう、セガさんはゲーム業界の「男」だったのかもしれない。
『P.S.すりーさん』に登場する「せがさん」は女だけど、
キャラとしてはすっごく正しかったんだなあ。
今もってファンが多い理由がよくわかるお話でした。

▼バーチャファイターOP WILD VISION

愛が足りないぜも良いけど、こっちが好きなんだなあ。


マそんな感じでヒトツ
オイサンでした。


 

|

« ■乾さんと! -更新第708回- | トップページ | ■ソーシャルさんがそう仰る~ソーシャルゲームと『ドラゴンクエストⅩ』 -更新第709回- »

[日記]」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絢辻さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/41541075

この記事へのトラックバック一覧です: ■あの子と鉄山靠 -更新第708回-:

« ■乾さんと! -更新第708回- | トップページ | ■ソーシャルさんがそう仰る~ソーシャルゲームと『ドラゴンクエストⅩ』 -更新第709回- »