« ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・参 篇吟の章 -更新第690回- | トップページ | ■空飛ぶconversation -更新第691回- »

2011年7月24日 (日)

■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・肆 愚痴の章 -更新第690回-

オイ(略


 ▼今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・壱 偶像の章 -更新第690回-
  ○壱 偶像の章~『アイドルマスター』という福音
   http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/220117-690--0da.html
  ■弐 虚影の章~『ゆるゆり』という幻惑
   http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/220117-690--1c3.html
  ▽参 篇吟の章~『輪るピングドラム』という時流
   http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/220117-690--11c.html
  ★肆 愚痴の章~ラノベ原作系全般・シメのごあいさつ        ←今ココ!!
   http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/220117-690--ce1.html

 
 
■軽小説の哀歌



……まあそんな感じでね。
ここまでが……大体、本論です。
アニメ三本分でえらく行数使いましたけど。
ここから先も、ちょっとだけ今期アニメの話を書くんですけど、
まあ、十把一絡げです。
それは別に、ここの作品がいけないわけではなくて、
それらの周辺を取り巻く仕組みがよろしくない様な気がしますので……
ちょっと変則ですが、そんなことにまで言及しつつ、続きを行ってみたいと思います。



■『魔乳秘剣帖』



テックジャイアン連載の、エロ、ではないけれど、
一般誌に載せられるレベルではないえっちくさいマンガからのアニメ化。

うん、あかんやろ。
作品としての役割を果たせてませんよね。

なんかというと、原作はその名の通りおっぱい出まくりのおっぱいマンガなので、
地上波アニメ化が決まったとき「どうすんだよこれ」という評判になったのですが、
いざ始まってみたら。
モザイクと一緒ですよ、まずいところは謎の光で光らせて、
ただただ見えないようにするだけという……工夫のかけらもない無策ぶり。
何の意味があって地上波の放映枠をとったのか、全然分かりません。
そうしてBDやDVDの、文字通りただの宣伝として番組を抑えてるだけでしょう。
まあその……視聴者側も、あんまりよくないんですけどね。

一時期フツーのアニメでも、ちょっと過激なシーンとか入浴シーンとかで、
光や湯気をあり得ないくらい濃くしたりあからさまに大人の都合と分かる不自然な配置で
キワドい部分を無理矢理隠したりして対策とし、
その開き直り方を「ネタ」として歓迎して面白がった時期があったのです。

それで、アホな作り手が勘違いしたのでしょうね。
「これはやってもいい」「面白ければあり」というところから、
「作り手の都合だけで使ってもいい」に、都合の良い解釈を重ねた結果、
こんなばかげたことになってしまったんでしょう。

視聴者の「これどうするつもりなんだろう?」という期待に対して
何の策もなく向かい合った挙げ句、
その無策でも、まだ本編が見られるように仕上がるならともかく
本編を通して視聴するにも支障があるレベルになっていて。
本当にただのCM、「続きはBDで!」といういい加減さです。

まオイサンはもう見ないのでいいですけども。
いい加減この風潮もどっかでSTOPをかけないと、
貴重な放送枠が食いつぶされるという害が発生することを忘れちゃいかんと思います。



■ラノベ原作系


……などと、ヒドいまとめ方をしてしまいますが、
以下の5本は、まとめてブッた切ってしまう予定です。

 ▼まよチキ!
 ▼いつか天魔の黒ウサギ
 ▼神様のメモ帳
 ▼ダンタリアンの書架
 ▼No.6


この6本、全てラノベが原作です。
『No.6』だけは話がめんどくさそうだった、と言う違う理由があるのですが、
あとの四本は、何というか……同じなんですよね。
見ていて。
筋や人物はもちろん違いますし、上の『ゆるゆり』でお話ししたような、
固有のリズムのようなものも、ちゃんとある。
ですが、売り物としての訴求ポイントが全部同じで、見るに絶えないのです。
見ていて退屈でもあるし、悲しくもなってくる。

ちょっとしたエロっちさが必要とされたり、
無理矢理見せなくてもいいパンツをみせたり、
女の子キャラに卑猥なことを言わせたり。
謎の女の子が、こましゃくれた口調でえらそうに上からものを言ってきたり。

恐らくはラノベの業界には
「いくらかこういうんでなければ売り物にならん」
というマニュアルのような意識が、明文化されているかいないかわかりませんが、
あるのでしょう。
そして編集にはその意識が強迫観念のようにたたき込まれて、
新人の作家にはそれに沿った要素の盛り込みが要求されるのではないだろうか。
別に編集だけが悪いわけでも決してなく、自ら進んでそういう要素ありきで
作品に盛り込む書き手だって、いるでしょう。
彼らはプロだから、その辺を「サービス」「商品としての最低限の機能」と心得れば、
それを搭載することに迷いはないと思いますから。

ですけど、なんか……ひどいな。
偶然なんでしょうか。
アニメ化にこぎ着けるため、そのくらいに売れる(?)為には、そういう要素が必要、
というコトなのかも知れません。

……なのだとしたら。

もう、ラノベからのアニメ化はいっそ禁止にして待った方が、
ラノベにとって良いのではないかとさえオイサンは思います。
ラノベがノベルである意味が、なんかもう、メディアミックスによって
どんどん殺されていっている気が遅蒔きながらいたします。

オイサンは以前からラノベのことを「字で書くマンガ」だと言ってますが、
ラノベは文章表現でありながら(もはやそうだともあまり思いませんが)、
文章を中心として抽象と具象があるとして、
文章よりも抽象よりの表現──行間であったり、言葉が持つ幅を利用した表現であったりを、
具体的な言葉使いでもって具象に引き寄せ、
文章よりも具象よりの表現──こちらはたとえば「映像」や図式による表現を、
これまた言葉を変化させてより抽象に引き寄せ、
本来文章で中心的に扱うべきでない……というと言葉が強すぎますが、
言葉でやるには余りに不利で効率の悪い表現すべてをやるものとしてあり、
すでに文章表現である意味の大半を失っているように思います。
ことにアニメ化される作品についてはその傾向が顕著であるように。


……マえらそうに言ってますが、別段そんなにたくさんラノベを読むでなし。
なんかそんな感じなのかなあ、ということを、ちょっと大げさ深刻に言ってみただけですけどね。

でも、もしも本当にラノベにとって、
アニメ化がその存在のモチベーションであるのであれば、
それはもう、本当にやめた方がいいんじゃないか。
生きようとする意志が存在意義を殺す、そんなおかしな図式になりつつあるように。

そんなことをですね。
今期のラノベ原作系作品のラインナップを曲がりなりにも一通り見てみて、
感じたオイサンであることですよ。



■Closing



うーん。
えらく長くなりました。

前回からの分も含めて簡単にまとめると、
『アイマス』『うさぎドロップ』『クロワーゼ』『神様ドォルズ』『ピングドラム』
を見て、あとは適宜流していきますよ、ということです。
結構、豊作な期になる予感です。
はたして今日ここで書いたことが、3ヶ月後の9月にどんなことになっているか。
意外と自分でも楽しみだったり致しますよ。

この先のお仕事の展開が今ちょっと読めないのでどうなっていくか分かりませんが、
出来るだけきちんと更新するようにはしたいと思いますので。

皆さん、飽きず呆れず、また遊びに来て戴ければ幸いです。
ほなまた。



オイサンでした。



 

|

« ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・参 篇吟の章 -更新第690回- | トップページ | ■空飛ぶconversation -更新第691回- »

[ご意見]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/40942747

この記事へのトラックバック一覧です: ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・肆 愚痴の章 -更新第690回-:

« ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・参 篇吟の章 -更新第690回- | トップページ | ■空飛ぶconversation -更新第691回- »