« ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・弐 虚影の章 -更新第690回- | トップページ | ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・肆 愚痴の章 -更新第690回- »

2011年7月24日 (日)

■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・参 篇吟の章 -更新第690回-

オイサンです。みっつめー。


 ▼今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・壱 偶像の章 -更新第690回-
  ○壱 偶像の章~『アイドルマスター』という福音
   http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/220117-690--0da.html
  ■弐 虚影の章~『ゆるゆり』という幻惑
   http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/220117-690--1c3.html
  ▽参 篇吟の章~『輪るピングドラム』という時流         ←今ココ!!
   http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/220117-690--11c.html
  ★肆 愚痴の章~ラノベ原作系全般・シメのごあいさつ
   http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/220117-690--ce1.html


■『輪るピングドラム』




オイサンのシゴトバには4人のオタクがいますが(断言)。

 ちなみにここで言うオタクとは、
 「いいトシこいて深夜アニメなんかを見て、必要以上に反応するコトの出来るスキルを、
  いい意味でも悪い意味でも身に付けている人」
 を指します。
 話の冒頭からメンドクセエことでガタガタ言わないように。
 「オタクとはなんぞや」みたいなことでガタガタ言うヒマとその気のあるヤツは、
 まあたいていみんなオタクだと考えて間違いないと思いますベラボウめ。
 人間のありようなんか、そう易々と分類規定出来てたまるか。
 何を怒っているんでしょうねこの人は。

サテ話を戻します。
オタクが4人いるのですが、ウチ一人から、
「今期、幾原カントクがなんか作るらしい」
と、聞かされてフーンと思っていたのですが、聞かされたときにはもう始まっていました。

それがこの『ピングドラム』。

そのタイトルと評判はその数日前からTwitterで聞こえてきていて、
「なんかブッ飛んでてすごい」と聞き及んでいたので
おおこれだったのかそら見なアカンなとばかりに
見逃した第一話も慌てて手に入れて拝見したのですが。

オイサン的には、期待していたよりも全然フツウでした。

イキナリ女の子が自動車になったりはしなくて、ちょっと肩透かし。
さしもの幾原監督もイキナリそこへは行かなかったか(当たり前だ)。
それにしても、フツウに理解の及ぶ範囲で楽しめています。
ただちょっと、オイサンの場合は幾原フィルタがかかって若干ゲタ履いているかも知れませんが。

聞き及んでいた「ものすごさ」は、主にヒロインひまりの変身(というのか)シーン、
「生存・戦略ー!」
の一連のシーンの唐突さと像の意味の分からなさを評してのものだったようです。
確かにあそこはすごい。
今の時点で、あの空間の意味合いを考えることはあんまり意味がないと思うのでしませんし、
説明しろと言われたって出来ませんが。
ただそれでも、意味は分かりませんが気分は理解できる、そんな感じで、
まったくもって、自分の中のあらゆるセンサーの埒外と言うわけではないので
安心して見ていらるレベルです。





またあの映像センスというのは、
数年前までなら幾原節としてオンリーワンのものだったと思いますが、
『マクロスF劇場版』のランカちゃんステージ映像を見終えた今にして思うと、
そのものすごさはもはや唯一無二ではないなあと感じました。
価値を失った、というわけではなく、そのセンスを取り込んだ後進が、現れつつある。
表現というのはこうして遺伝していくんだなと感じました。

  実際、ランカちゃんステージをデザインした人が
  幾原節にインスパイアされたかは知りませんけど。
  この文章はイメージです。

そうしたビジュアルショックを除いたとしても、お話への引っ張り方もさすがに上手ですよねえ。
これは2クール作品なんでしょうか。
本筋を焦らないあたりが、見ていて安心します。

現時点ではほとんど何も分かっておらず、お話の本筋が二本併走しているように見えますが、
大きな本線(ピングドラムとは何ぞや? とピングドラム探し)を謎のままに、
小さな本線を具体的に描くことで(リンゴの素性)目を逸らしながら引っ張ってるんですね。
コレを何度か重ねていくのでしょうか。
面白いです。
あっちゃこっちゃに挿入されるエロティックな画も楽しませてくれ、
エキセントリックな画面と色使い、そして言葉遣いで飽きることを知りません。
すっごいなあ。
勉強させてもらいたいと思います。


 ▼トランジットの旗手として

いきなりですけど、世の風潮の流れというのは、
常に二つの流れが複層的に流れているものだなあとオイサンは感じております。
一つは、「現在に至るまでの主流」、
二つ目は「次に主流となる(であろう)流れ」。

  一つ目の流れが太く大きいうちにその裡から二つ目が生じ、
  やがてそちらが主流となっていき、
  また同じように新しい流れが生まれてまたそちらに乗り変わる、というようなことです。

デ、二つ目の流れに乗り変わる瞬間というのはまだ一つ目の流れも現役なので、
大抵の人は安泰なそちらに乗っかってまだしばらくいこうと考えます。
二つ目の流れというのも、その時点では幾つかの細い流れが複数併走していて、
どれが次世代の主流になっていくのかは、やはり分からないということがありますし、
たとえ「次はこれだ」ということがほぼ確定したとしても、
やはり今の主流を捨てることには、覚悟と勇気が必要でしょうから。

幾原監督というのは、その時代の流れの気分を、読みとるのか、計算するのかわかりませんが、
「いや、次はこれが正しいだろう」
と決断して、その「今現在の主流とは少し異なる、違和感の残る流れ」を、
上手に料理して、次の主流の旗手となることに長けているなあと思います。

複数の流れから選んでいるかは分かりませんが、
乗り換えることにためらわない、自分の感覚を信じている人なのだと。

今回の『ピングドラム』でオイサンが興味深く感じたのは、
お話の実行犯であるところの主人公兄弟、肉食オレ様系の兄と草食ナイーブ系の弟のうち、
話の主軸を握り、ペンギンの女王に目をかけられているのが、
荒ぶる兄の方だということです。

多分……二年前までならこれは弟の方がこの先も主人公の主人公たる位置に据えられ、
お話の上でも画面の真ん中で活躍をしていくことになったと思うのですが。
幾原カントクはそうは作ってこなかった、ということを面白いと思い、
時代性の上でも、どうしてそれを(テンプレート以上の意味合いで)
他にやってくる人がいなかったのか? と思うくらい、
カントクのイメージが正しいと感じます。

つまり、
「これからの時代、物語の上でも主役を張れるのは肉食系だぞ。
 おっとり優しく、モラルがあって、ナイーブな奴がもてはやされる時代は終わったぞ。
 多少乱暴で、モラルに反したとしても、目的のために覚悟を決めて、手を汚せて、
 食いついて行ける奴が強いんだ」
という「ことを主張することが正しい」、とカントクは嗅ぎ取ったのでしょう。
何が求められ、認められるべきなのかということを、
粘土像のかたちを整えるように、物語の世界を外の世界に近づけようとしている様に思います。

それがあの「生存戦略」という言葉と、
ペンギン女王がその担い手として、
女へのアプローチを心得つつ節操のない兄を選び、
弟を空間から排除してまで、彼にのみ囁きかけることの
理由と意味なのだろうと思います。

  バックで流れるお歌も、そんな感じだと受け取ってます。
  あの歌いいなあ。
  フルで聴きたいです。

あのシーンはオイサンにとって、とてもシビアな姿に映るし、
そういう意図を感じるので、大した混乱もなしに楽しむことが出来ます。

うーん。
やはりそういう「気分」をお説教になることなく、
むしろ笑えて楽しめ、けれども違和感それ自体は消すことなく、
受け手に届けることの出来るその手腕、頭脳というのは、すごいと思います。
この滑らかさが損なわれない限り、見続けることが出来るでしょう。

頻出するゴキブリや改札は何のイメージなんだろうなあ。
電車になぞらえているのは、レールの上を走る運命を予感させてるんだろうけど。

ホイ次でおしまい。



 

|

« ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・弐 虚影の章 -更新第690回- | トップページ | ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・肆 愚痴の章 -更新第690回- »

[ご意見]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/40942680

この記事へのトラックバック一覧です: ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・参 篇吟の章 -更新第690回-:

« ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・弐 虚影の章 -更新第690回- | トップページ | ■今、アイに行きマス2!~2011年7月期アニメ感想・肆 愚痴の章 -更新第690回- »