« ■6月4日 随想・ツッコミどころ -更新第680回- | トップページ | ■小麦色の幽愁~ドリームクラブ夢譚 -更新第682回- »

2011年6月 5日 (日)

■原発、ジョギング、6月6日にUFOが。~呟きのような幾つかの出来事・2 -更新第681回-

背筋をまっすぐに伸ばし、しっかりと上を向いて、
大地にドッシリ背中を預けて生きていきたい。
つまり寝てたい。

オイサン@スーパー寝不足モードです。
ねもいねもい。



■ゆび先はもう一つの心臓



オイサンはダイエットに成功してから、痩せたことそのものや、
その過程で気付いたことにたくさんの恩恵を受けつつ今生活していますけれども、
その中でも有用であったものの一つに

 「そこそこの眠気は、カラダをナンボか動かしゃ取れる」

というのがあります。

本来、寝もい時は寝てしまうに限りますけれども、
それも叶わずどうにか起きていないといけない、
アタマを働かせなければならないというときには使えます。
オイサンの場合は、

 ・首・肩周りを重点的にストレッチする
 ・軽く汗をかくくらいに、心肺を働かせる

というのが効果的です。
ともあれ心臓がしっかり働いて、全身に酸素を送り始めると否が応にも体は活動的になるようで、
それとあわせて頭に繋がる血管を広げておければ頭も多少はスッキリするみたいです。

  座りっぱなしで頭がぼーっとしてきたときには、
  下半身を動かすのが効きますね。

マ寝不足のときはとりあえず寝たい気持ちが第一で、
体を動かすなんて億劫でヤッテラレッカですけども、
先ずはその一山を乗り越えて強引にでも20分ばかし、体を動かすことに成功すれば
そっから先は体のほうにやる気がついてくるのでしめたものです。

  ……以前なんかで読みましたけど、
  やる気があるから体を動かせるんじゃなくて、
  体が動くからやる気が出るらしいです。
  体が主。
  脳は従。
  そういうもんだそうですよ。
  マ脳だって体の一部ですし、そのモードを左右するホルモンとか、
  どっかが刺激されて出るモンでしょうしね。
  納得のいく話ではあります。
  オイサンはそれが本当だってことを実感してます。
  多少ダルかろうが眠かろうが、10分も走ればカラダはついてきますからね。

なのでまあ、
「ガタガタ御託並べてる暇があったら手を動かせ!」
というのは、乱暴な言いっぷりではありますけれども、
真理を含んだ言いようでもあることですよ。

「だるーい。ウゴキタクナーイ」というのは、スッゴクわかりますけどね。
オイサンも、初期起動シーケンスに乗っけるまで時間かかっちゃうことはありますんで。
しょっちゅうですよ。
エエ。
まお困りの際には、アレコレ考える前に無理繰りにでも
カラダを動かしてみることをオススメするオイサンです。



■ついでにタイトルのお話



オイサンにしてみれば文章も似たようなところがあって、
何を書こうか頭でまとまらないときには、
とりあえず話し言葉で、思いつくままに……というか、
最近じゃあゆび先が勝手に、言葉をローマ字入力で考えてるフシもあるくらいですので、
それに任せて書かせてしまう感じでもあります。

そう、まさに「ゆび先はもう一つの心臓」なワケです。
オイサンにとって。

どうです。
この、無責任な言葉の羅列は、
オイサンの中のミギーとヒダリーが勝手に書いてるんですよ?
こわいですねえ。
すごいですねえ。

  フルクサイネタ二連発。

寄生獣 全8巻 完結コミックセット 寄生獣 全8巻 完結コミックセット

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



そもそも「ゆび先はもう一つの心臓」という言葉は、
オイサンがここを開設するより以前に北海道へ旅行をした際、
その旅行写真をまとめたhtmlの序文に、ぽろっと使った言葉です。
釧路、弟子屈、摩周湖を旅したときの記録でした。

オイサンに備わった主たる機能である「文章を書く」ということ
……オイサンの場合手書きはあまり得意くないので
  (それでも大学に入ってワープロを使うようになる以前は
   結構な量の文章を手書きで書いていたのですが、如何せんオイサンは字が汚い)
  「タイピング」「言葉を打ち込む」というのがしっくり来るのですが……
と、
あとは、テレビゲームですね、
この二つのことを行う「ゆび先」という器官は、
オイサンを強くドライブするもう一つの心臓のようだと、
そういう気持ちで、あまり深くは考えずに、たらっと編んだ言葉です。

個人的には、
ひらかなと漢字のバランスが見た目にもよく(本当はカタカナもまじえたいところですが)、
口にしたときの響きもまるっこくて、
けれども「心臓」なんて単語が入っていてちょっとドスも効いている、
なかなかよく出来た言葉だな、などと自画自賛しておりますが、
ちょっと長い上、本人以外には直感的に理解し辛いので、
ページのタイトルとしてはあんまりテキトウではないのかなあ、
と、思ったりもします。
印象には残りにくいのかなーと。

  実際、タイトルを検索して再訪して下さってるっぽいアクセスでは、
  大概「指先 心臓」とか「もう一つの心臓」とか、
  パーツだけで検索してくださる方が多いみたいです。
  すみませんね。
  「ゆび」がひらかななのは、「指」という漢字のかたちがあまり好きではないからです。
  ひらかな表記の「ゆび」も、ちょっとまるっこ過ぎてどうかなーとは思うんですけどね。
  カタカナにしてみようかしら。

    ユビ先はもう一つの心臓
    ゆび先はもう一つの心臓

  ……フム。
  悪くねえな。
  でも直感的に読み取り辛いですね。

いかがなモンでしょうね。
実際ここをご覧になっている、
当事者ではないみなさんのご感想も伺ってみたいところです。

マ好きだとおっしゃって下すった方もおられますので、
使うのをやめることはないと思いますけど。

なんで今になって、タイトルの話なんかしてるんでしょうね。
20話越えてからネルフの誕生秘話を持ってきた『エヴァ』みたい。
放映当時、オイサンは
「なんでラストちかくまで来て、今更ネルフの話なんかもって来るんだろうなー、
 構成おかしくないかなー」
と考え……マいいやそんなことは。

はっ!?
もしかして、ここもおしまいが近いのかしら!?
……とか、別にそんな予定はないですけども、
書くと本当になっちゃいそうだから書ーかない。  ← 書いちゃった。



あと↓はここ数日の日記です。



■5月30日



オイサンのシゴトバには、謎の記録紙を吐き出す謎の機器
(結構デカい。サーバーラックくらいある)が備え付けられていて、
時々思い出したようにジジッ・ジジジジ! という音とともに
謎のパンチカード見たいな紙を昔のSFドラマよろしくベロベロと吐き出すのですが。

  ……。
  皆さん、
  「ああまた40前のメルヘン親父が、テレビと現実の区別がつかなくなってんな」
  とお思いでしょうが、これはフツウに本当の話ですからね。
  本当の本当に現実の話です。

これは一体何なんだろう? と、誰もが(えらい人でさえも!)思っていたのですが、
どうやらそれが地震計のようなものらしい、と判明したのが例の3月11日以降のこと。
何故それがウチのシゴトバにあるのかについてはやっぱり分かっていませんし、
本当にそうなのかについても若干怪しいです。

そしてその謎の機器の隣には、
これまた謎の似たような機械が据えられているのですけれども、
そいつが今日の……朝の10時を回った頃でしたかねえ。

ビービービー! と、また人の警戒心を煽る音でわめき散らし出しました。
なんかどうも、そいつはビルの全フロアを仕切っている
火災報知機? 的なものの親分みたいなのですが(詳しくは説明されず)、
何故ないたのかも分からないままやがて音は止み(ていうか誰かが止めてたような)、
皆、ナニゴトもなかったようにお仕事を続行されておりました。

こわいなー。
大丈夫かよー。
今度は、

 「みなさん、これなんだと思います?
  実はこれ、巨大なガイガーカウンターなんです!」
 (ミステリーハンター風)

とか言い出すんじゃないだろうね……。
堪忍したってやホンマ。

どうでもいいけど、世界の理不尽をリフジンハンターがハントする
『世界理不尽発見!!』ってダメだろうか。
お笑い番組の番組パロディ企画みたいだな。
だめか。


 ▼そんなことを考えたのも。

こんな記事を見かけたからなんですけど。

  ▼警告:東京など首都圏で低線量被曝の症状が子どもたちにおきているという情報
  http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/945898fc22160543b404a9ca949cefe5
  [ ジャーナリスト 木下黄太のブログ ]


うーん。
いえ、ね。
不安を煽るわけでも、何か具体的なデータや論拠が手元にあるわけじゃないんですけどさ。
ホント、
ホントの話、
全然、この記事がすっかり本当でも、不思議はない状況だと、
素人の不安含みで思っちゃうんですよね。

実際の放射能がどれだけの距離をとんで
どれだけの影響を及ぼすのか、なんてことの妥当な知識は持ち合わせませんのでね。
正しいか正しくないかってわかんないですけど。

どーなんだろうなあ。
誰を、誰の出す情報を信じればいいんだろう。

コメントまで全部読んでるとそれだけで具合が悪くなりそうですが。
全部が全部ホーシャノーパワーだとは思いませんし、
疑心暗鬼になってるところもあるんだろうな、
自分もそれに近い状態なのかも知らんなと思ったりもしますけども、
どのセンで判断するのが「正常」かという基準がないので

そんでまた、それを徒に求めても仕方のないところでね……。

ある程度勉強をして、こまごまと状況をサンプリングをして、
「判断」「決断」を繰り返していくしかないのだろうなと思います。
手遅れにならないように。
後悔のないように。

……結構重たいハナシですよねコレ。
「どうすりゃいいんだ! 安全なんだ!」
って怒り出す人がいるのも分かる気がします。
けどまあ、今まで「絶対安全」という線がある中で生きてきていた方が、ある意味では異常だったのでしょう。
日常の緊張感になれていない。
フツーは、常日頃未知の事象の中に身をおいていて、
観測しては、
判断しては、
行動していく、というのが、生き物の本当の姿なのかもしれません。
野生に放り出された気分じゃぜ。

なんつうか。
予断を許さないというのはこういうことを言うのかもしれないなと、
肌が粟立つようでございますよ。
オイサンなんかは気楽な独り身ですからまだ全然マシですけど、
お子さんをお持ちの方なんかはもう気が気でないでしょうね。
そら疑心暗鬼にもなるでしょう。

マこうしてヒトごとの様に書いているオイサンもいますけど、
結構ビビッてますよ。
じわじわ死ぬのはきついねえ。



■5月31日



社交辞令と社長令嬢は似ているなあ。

昨日が関東の北の方でオシゴトの打ち合わせがあったので早めに直帰させてもらい、
風は強いけど天気は悪くなかったんで久しぶりにそこそこの距離を走ってみました。
するとまあエラいもんで、今日は随分とアタマは回るし体も軽いしで調子が良い。
ぐらぐらモヤモヤしていた先週とはエラい違いです。

ナンジャコレ。

マそれだけが要因というわけではないのでしょうけど、
調子が良くないときに試す一つの選択肢として
心に留めておこうと改めて思った次第です。

走った後に、ある程度睡眠時間が確保出来ることが大前提ですけどね。
ちなみに今回は11km弱走った後に睡眠時間は5時間。
前日の睡眠時間は3時間半ほどだったので、
これで走るのはチョイきついかもなーと思ってたのですが。
全然ラクに走れましたね。
気持ちよかった。

雨のせいで丸一週間走ってなかったってのも大きいんですけど。
やっぱ走るのは気持ちがいいねえ絢辻さん。

  あ、オイサンが走るようになったのは絢辻さんの影響ですからね。
  そして走れるような体型になれたのも絢辻さんのおかげです。

……ホントは、あまり時間がないんだから、
走ることに1時間も回さず、
30分でも15分でも、書き物やら他のことにも回したいんですけどね。



■6月1日



朝、Twitterで、丸書いてちょん、的なことを歌っている御仁がおられたので、
6月6日にUFOが落ちてくる! 的な返しをしたところ、
昨年のオイサンのblogの6月6日をチェックされてしまった。

お恥ずかしい。


 ▼ドラえもん絵描き歌



その日の日記には、その前日、
つまり6月5日に鎌倉へデートの下見に行ったことが書かれており、
それはつまり今から一年前、
今ではすっかりおなじみとなったちびすけ父さんさんことちひろパパさんと
初めてお顔合わせをした日だということです。

そっかー。
貴重なことに気付かせて戴いた気分です。
ありがとうございます。

  ちなみに言うとこの下見は、
  その翌週にお越しになる予定の旧・第4先輩さん(現・スキBADさん)をお迎えする、
  そのコースの下見だったのですけどね。

奇しくも今週末の日曜には、おしらすさんからもお誘いを戴き、
またもパパさんも一緒にお出かけする予定になっておりました。
結局、天気が不順なんで見送りになっちゃいましたけども。

気になって、6月のTwitterのログもちょっと眺めてみたところ、
今ではオイサンお決まりになっている朝の起動音「じゃきん」というのも
この頃使い始めたようです。

マだからなんだっつうワケでもないですが。

  さらに余談ですが、この起床時の擬音「じゃきん」は、
  ワンダースワンの起動音をちょっとまねた物です。
  ワンダースワンのは「ジョウィーン!」みたいな感じですけどね。

現在準備中の、
GWにClipperさんをお迎えしたオフ記の中でも似たようなことを書くことになりますが、
まあ……ご縁と、その輪というのは不思議なものですわいね。

まあまだ一年といえばまだ一年。
この先何年とお付き合いが続いてゆけば良いなあと思いますよ。
何くれとなく。
振り返れる材料があるというのはナカナカ面白いものですが、
余りの変わり映えのなさに愕然としたりも致しますな。

そっかあ。
パパさんとの結婚記念日かー(違



■6月3日



 ▼海外の反応 - 日本のルナリング構想:未来のエネルギーは月面で作る!
  [ とりいそぎ。 ]
 http://gyanko.seesaa.net/article/206200968.html


オイサンには、これがどのくらい実現性があって、
どのくらいトンデモな話なのか正しい判断は出来ませんが。
ただ、計画そのものはSFっぽくてすっげえカッコイイと思うし、
このタイミングでこれをぶち上げるということと、
万が一実現したときのことを考えると……
焼け野原を逆手にとって立ち上がるしぶとさ、
ぶっ飛んだ発想、
それを支える技術力、
「日本人てヤツは本当にパネエな!」
と、また世界中から見直されてしまうんじゃないかという夢を見ます。

頑張れ清水建設。
少しでいいならお金くらい出すぞ。
本当にちょっとだけど。
5000円とか。



■夢色小麦色劇場



褐色肌狙いの高級クラブ通いも、日付が進んでもう12月です。
飛び過ぎだろ。
でも気付いたらもうそんなになってた。

……もうちょっと、季節感出ても良いですよねこのゲーム。
話題とかにさ。
コスプレデーと、あとはデートした時の相手の服装くらいでしか時節が感じられませんものね。
時間経過の意識が希薄なので、なんかこう……
同じ時間を過ごしたとか、一体感、いとしさがあまり出ない感じは、ちょっとあるな。
大事だと思います。
「初めて会ってから、もうこんなに経つのねー」的な感覚は。

デ12月。
クリスマスにイルミネーションを見て回るデートが発生しましたが、
すっごいアッサリ。
もうちょっと条件を満たしていれば、多少良い話にはなるのでしょう、多分。
この時の絵を見ていて思いましたけど、
「ああ、やってることはホント『ときメモ』の頃と変わんないな。
 ヒロインのグラフィックが3Dになっただけだ」
と、ふっと思ってしまいました。

好感度は上がっていますが、主軸となる話は進展しているのかいないのか、
魅杏さんのときと比べて分かり辛いな。
あまり起伏がない。
こないだ「あ、かわいくなった」と思って以降、大して変化ないなー。



マそんなトコで。


 

|

« ■6月4日 随想・ツッコミどころ -更新第680回- | トップページ | ■小麦色の幽愁~ドリームクラブ夢譚 -更新第682回- »

[日記]」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/40271125

この記事へのトラックバック一覧です: ■原発、ジョギング、6月6日にUFOが。~呟きのような幾つかの出来事・2 -更新第681回-:

« ■6月4日 随想・ツッコミどころ -更新第680回- | トップページ | ■小麦色の幽愁~ドリームクラブ夢譚 -更新第682回- »