« ■原発、ジョギング、6月6日にUFOが。~呟きのような幾つかの出来事・2 -更新第681回- | トップページ | ■宣言 -更新第683回- »

2011年6月 7日 (火)

■小麦色の幽愁~ドリームクラブ夢譚 -更新第682回-

2次元フーゾク店に入り浸っている、オッサン日記の続きです。

季節は、既に春。
4月です。
あすかさんのお誕生日が4月の1日ということで、
運良く(本当に運良く)、たまにはと気まぐれにナオさんを指名してみたところ、
あすかさんのお誕生日を教えて戴けたのでプレゼントなどしてみました。
23歳におなりになったそうです。


デ……本題なんですけども。


ここまで、何度かあすかさんに請われて、
一緒にお買い物になど出掛けたりしていたワケですよ。
なんかね、彼女言うんですよ。

 「店員さんにかまってもらえない、無視される」

って。

 「だからついてきてフォローして欲しい」

って。
まあ……フーン、ってなもんですよ。
別に、そんな大したエピソードだとも意識せず、流し気味にこなしてきたイベントです。

デですね、
あすかさんはプロのビーチバレーの選手でして、
ある合宿の帰りに交通事故に遭い、怪我をした脚のリハビリ期間中なのです。

  ……そのリハビリ中のプロのアスリートが、
  なんでキャバクラで働いてるのか知りませんけど、
  マそれは置いておいて。

「どうにも、入院中や事故のときの記憶があいまいだ」
と仰るあすかさんに付き合って、事故の直前まで合宿を張っていた宿まで、
そのときの記憶を辿るために赴いたりもしました。

  マその合宿先がなんで露天付きの温泉宿なのかは、
  やっぱり知りませんけど。

……どーもね、おかしい。

古い新聞記事を調べてみれば、彼女が遭ったという事故は結構な大事故だったらしい。
けれどあすかさんの外傷は足の怪我だけ。
ただ、記憶はあいまい。
そして前述の「かまってもらえない現象」が、
その二人で行った温泉宿でもあった……という描写がありました。



むむむ……。



コレは、アナタ。
どうやら、結構な切ない結末を、覚悟せねばならない気がしてきましたよ、オイサン。


R0042742


うわー。

その無視される系のエピソードは本当印象も薄くて、
これといった根拠や含みのないただの枝葉のエピソードだとばっかり思ってたから。
今になって、そんな重たい話に繋げられてしまうと……ちょっと、効いちゃうなあ。
キツイぞこれ。

うわーやだやだ、どうしよう。
いやだー。
ここに来てせつない展開、イヤだー。

アッケラカンと進行して、
「いやー山も谷もオチもない、平板なシナリオでしたねー」
って言って終わるんだろうなーって思ってましたから、ちょっと、落差が。
心の準備が!

とはいえもう時期も時期でして、魅杏さんのときの経験から言えば多分、
あと一回二回、指名してしまうとエピローグに突入すると思われるのですが……
今更ジタバタしても始まらない。
ていうか、終わる。
そこまでやっちゃうのかー、このゲーム。
ホント、ナニ雇ってんだよ、受付さん。
アンドロイドに、未来人に、超セレブに。


挙げ句の果てに、アレか。


お前、アレだろ? 分かって雇ってるんだろ?
何か、意味や意図があって、こういう人材をさ。集めてるんでしょう?
本当に、何を企んでるんだよ。
このお店で、一体何を集めてるのさ。



……。



などというね。
あまりに意外な展開に、正直すごいビビってるオイサンです。
益々もって、このドリームクラブという場、
そして受付さんという存在の神秘性に……興味が沸いてきました。
これだからやめらんねえ。

何か人間というものに、並々ならぬ視線を注いでる気がしますよ、
「彼女ら」は。

  ……というか今回の場合、受付さんたちの目論見のためというよりも、
  あすかさんの未来のために、
  あすかさんを、その……うまいことゴニョゴニョさせるための人材に彼女が出会えるように、
  このお店に彼女を引き入れた、だけの様な気がしてきたな。
  全部わかってて。
  ……うわー。
  ……うーわー。
  すっげえイイ話じゃないですかやだー!

……まあ、結果描かれているシナリオの重厚さは然程でもないとは思うんですけど、
そこがまた不気味なところでもありましてね。
ヘンにこねくり回したお涙頂戴ではない、あっさりさっぱりしたものであることが
味わいを深めているように、オイサンなんかは感ずるわけであります。
京料理みたいなね。
いやー。
コレ、全体の味わいまで計算でやってるとしたらすごいなあ。
これがまたアナタ、『サクラ大戦』みたいなんだったら、
興醒めもいいところですからね。
わかるかしらこの感じ。
今のお若い方に、分かるのかしら。

まあ、このあすかさんの設えも、キャラクターや属性の品揃えとしては
想定しておくべきだったのかも知れない、ベタな要素ではあるんですけどね。
にしてもマサカ、それが「ここ」に配置されるとは思わなかった。
やるなあ。
あまり巧妙、美しいとは思わないけど、意外性というイミでは十分すぎる見えないパンチだと思います。


マあんまりシンミリするのが似合う世界でもないので、
……ドリフターズと一緒ですよ。

  ♪さよなーらーすーるのーはーつーらあーいいーけど♪
    時間だよ♪
    仕方がない♪
    次の回まで ごーきーげーんよ♪


と、ハビバノンノンな感じでお別れするしかないんでしょうね。

しかし……。
コト、ここに至るまで気付いて上げられないなんて。
……何年ギャルゲーやってんだよ。
オイサンは、いつまでたっても駄目なオイサンだぜ……。
まいったなあ。



……ホント、まいっちゃうよなあ。



オイサンでした。



うわーん、いっちゃヤダよー。
誕生日、祝ったばっかじゃないかよー。
まだ23になったばっかりだろー。
これからじゃないかよー。
……うわーん!



 

|

« ■原発、ジョギング、6月6日にUFOが。~呟きのような幾つかの出来事・2 -更新第681回- | トップページ | ■宣言 -更新第683回- »

[日記]」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/40293796

この記事へのトラックバック一覧です: ■小麦色の幽愁~ドリームクラブ夢譚 -更新第682回-:

« ■原発、ジョギング、6月6日にUFOが。~呟きのような幾つかの出来事・2 -更新第681回- | トップページ | ■宣言 -更新第683回- »