« ■文明開化の手風琴~岩男潤子さんのライブのこと -更新第回668回- | トップページ | ■コンビニエンスな彼女たち -更新第670回- »

2011年5月 9日 (月)

■神龍のしつけ教室 -更新第669回-

今日から、オイサンのシゴトバの部署にも新人さんがいらっしゃいまして。
オイサンです。

オイサンのシゴトバは、部署が上下2フロアに分かれていて、
朝礼のときは上階の人間が降りてくることになっております。

新人さんの席は上階にあるんだけども、
朝礼の始まる前、
下のフロアに席のあるエライ人が最初に下りてきた上階の弱・エライ人に
「新人は?」
と訊いた。
「降りてくるように言ってありますよ」
「そうか。
 ……しかし、先輩に言われなきゃ降りてこないってのは
 今年の新人はセンスに欠けるな」
だって。



……。



そんなモン、
そもそも朝礼があるのかとか、
そのときにはどっちがどっちに移動するのかとか、
分かりもしないのに動けるわけないじゃないですか。
どこまで説明してあるのか知りませんけど。

「お前らの席は上だから、初日は一先ず上の階に行きなさい」
くらいにしかお伝えしていないのではないだろうか。
どーして自分の知ってるコトは全部知っている前提なんだ。

とか言ったら言ったで、
「分からなけりゃ訊けばいいだろう」
とかって仰るワケですが、イヤ、状況は分かる/分からないじゃなくて、
「分からないことがあるかどうか『知らない』」状態なんだから、
どうしようもないでしょうに。



……まあね。



今時、相互伝達のベースとなる規範、いわゆる常識レベルの
知ってて当たり前のコトを知らない世代もたくさんいますから
「知らなかったからで『済まさせたくない』」という気持ちも、
大変によく分かるわけですけれども。

「ワカラナイ」と「シラナイ」は、
同じ意味で使われることもありながら土台は似て非なるものですから、
取り違えをしないよう、気を付けたいものです。



■おねがいサミアどん



  ……表題↑が分かる人って果たしているのかしら。
  ンなこたどーでもいいわ。
  オイサンもよくは憶えてねえし。
  ……と、余談から入る本題。

オイサンは朝オシゴトへ向かうとき三駅ほどムダに歩くのですが、
その途中には、大学から高校から中学校から小学校から、
あらゆるレベルの学校の前を通ります。

  それがまた……女子校がどうやら多いみたいでしてね。
  エエ。
  別段調べたわけでもありませんが。
  たくさんの女学生さんを追い越したり、すれ違ったり、するわけです。
  フッフッフ。
  全部三次元だけどな。( ← 当たり前だ)
  残念だ。

時間的にワリと早いものですから大学生さんなんかはほとんどお見かけしませんが、
通過するタイミング的に、ゴッツイ小学生の一団と出くわしたりもいたします。
そんな中には親御さんが一緒に登校されてる例もあるのですが、
チョイと今日は、それを見ててフッと気付いたことでも書きましょうか。


 ▼ギャルのパンティが戴けると嬉しい。

ちょっと前にWebの記事で読んだのですけれども、
親が子供を躾けるときに
「××しろ」「××するな」と、強制や禁止で言うのではなく、
「××してくれると嬉しい」「××しないで欲しい」
というお願いの形で言うといい、というやり方が紹介されておりました。

「人が『こうだったら嬉しい』という気持ちを表した」
  → 「その気持ちを汲んで『自発的に』そうした」
  → 「そうしたら人に『喜ばれた』」
  → 「だから次回からもそうする」

という情動の形成がされることが大切、ということなのでしょう。
マそれにはオイサンも賛成です。

デ、今日すれ違った親御さんがお子さんに対してそのようにされているのを聞き、
アア結構一般的な話なのかな、と思ったりしていたんですが。
そこで気にかかったのが、
お子さんは、お願いというものに対して、勘違いしておぼえてしまったりしないだろうか?
ということでした。
「普通のお願い」と「躾」は根本的には全然ちがうものですからね。

躾には、基本的には強制力が付きまといます。
親としては最終的に、必ず自分の欲した結果へ子供を導く必要がある。
つまり、躾目的で発せられた親の「お願い」は必ず叶えられないとならず、
子は親の「お願い(=躾)」を叶える方向で動かないと(動いてもらわないと)いけない。

コレに対して普通の「お願い」には、
まあ、そりゃ人としては出来るだけ叶えてあげられるに越したことはないんですが、
基本的に強制力はなく、自分と相手の都合を慮って、お断りしたって良いはずです。

それを、片方を利用するようにして一緒に使っていたんでは、
お子さんの脳みそではそこのところがごっちゃになってしまったりしないものだろうか?
「お願いしたことは叶えられる(お願いされた方は叶えないといけない・叶えるべき)」
という風に、言葉と行為の質を勘違いして覚えてしまう、ということはないのだろうか。
自分がお願いを受けた場合に、正しく断ることが出来ない人間になったり、
逆に、
……寧ろこちらの方がタチが良くないので心配なのですが……
自分がお願いする場合に、(理由の妥当性を考えず)
叶えられないことを不満に感じたりする人間に育ってしまったり
してしまわないだろうか。


そういう心配が頭をよぎったんですね。


「躾をどういう風にしたら良いか」ということとは別に、
親としては時に「断っても良いお願い」を投げかけてあげるか、
子供からされる「お願い」に対して、
理由をキチンと示した上でお断りする手本を見せてあげるか、という風に、
何か「躾ではないお願い」を交えてあげることもまた重要なのではないかしら、
などと考えて顔中の穴という穴から煙を吹いてしまうオイサンなのでしたことよ。

マ、ンな心配は自分の子供をこさえてからしろっちゅうハナシですけどね。
いやまったく。

以上、
自分に関係ないことから順番に心配し始めるオイサンでした。
モモンガ。



……。



そう、コドモを拵えてからね。



……。



ねえ、絢辻さん?



……僕らも、そろそろコドm熱い!

た、体罰は最後の手段にしてよ!
口より先に焼きゴテが出る躾はどうかとお父さん思いますよ!?


【電気焼鏝(でんきやきごて)】 【電気焼鏝(でんきやきごて)】

販売元:Book Buddy
Book Buddyで詳細を確認する


▼おねがいサミアどん OP 瞬間はファンタジー




 
 
 

|

« ■文明開化の手風琴~岩男潤子さんのライブのこと -更新第回668回- | トップページ | ■コンビニエンスな彼女たち -更新第670回- »

[日記]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絢辻さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/39928448

この記事へのトラックバック一覧です: ■神龍のしつけ教室 -更新第669回-:

« ■文明開化の手風琴~岩男潤子さんのライブのこと -更新第回668回- | トップページ | ■コンビニエンスな彼女たち -更新第670回- »