« ■春色のD.C. ~2011年4月期アニメの話・とりあえず初期のまとめ -更新第661回- | トップページ | ■嘆きの銚子・其の四 ~アニメ『アマガミSS』舞台探訪 -更新第663回- »

2011年4月24日 (日)

■嘆きの銚子・其の三 ~アニメ『アマガミSS』舞台探訪 -更新第662回-

銚子外生命体の皆さんコンバンワ。
オイサンです。

前回から間が空いてしまいましたが……
アニメ『アマガミSS』ロケハンの聖地・銚子を訪ねる旅レポート
「嘆きの銚子」、今回はその第三回です。


 ▼嘆きの銚子 ~アニメ『アマガミSS』舞台探訪
 ・其の一 -更新第653回-
  http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/ss-653--4b67.html
 ・其の二 -更新第655回-
  http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/ss-654--7bbb.html



前回までで、薫のバイト先のファミレス、輝日東駅前の風景、七咲御用達の公園、
ポートタワー、そして絢辻さんゆかりの川口神社までを順調に攻め落とした四人の変態紳士。
今回のお話は、そうして一日目の行程を終えた四人が宿へと向かうところから始まります。



■宿屋~ゆうべは おたのしみでしたね



川口神社までを順調に攻略し、ご満悦の四紳士。
連戦の疲れにありながらも、
「いやー、楽しいねえ! いい一日だった!」
と、車内は意気揚々です。

  「こう順調に行くと、なんかこう、次くらいはトラブルが待ってたりして」
  「宿でなんか言われる、とかねえ」
  「『よつ……様で、いらっしゃいますか? いえ、承っておりませんが……』とかねえ」
  「えっ」
  「えっ」
  「……」
  「……」
  「と、とにかく宿に向かおう」

そんな小粋なトークに押してはならないスイッチを押されたりしつつ、
ちょろっと道に迷ってiPhoneのナビに文句を付けたりしながら
(「この全力ナビさんはねえ、おかしいんだよ」
「全力出してこれかよ!」
「ほら見てよ、海の中走れっていってるもの」
「全力でつっこめってか!」)
ジェントル号はどうにかこの日のお宿、ホテルニュー大新に到着。
なかなか立派なお宿です。

  ▼ホテルニュー大新
  http://www.newdaishin.com/


R0040405
これは翌朝のお写真ですね。

お宿の手配をして下さったのはよつさん。
さすがやり手です。
なにやら自前のポイント……マイルか何かの割引が利いたのだとかで、
お世話になりっぱなしです。

  よ つ 「10畳で四人は狭いと思ったんで、二部屋取っときましたよ~」
  三 人 「おー、さすがです」
  フロント「よつ様、えー、四名様ですね。はい、お一部屋で承っております」
  よ つ 「えっ
  三 人 「えっ
  フロント「えっ

いや、本当の話。
ホテルの方では本当に一部屋しか押さえていなかったみたいでした。
なんでも、一部屋四人でも十分な広さなので人数を聞いてそうしてしまったみたいで。

が。

さすが、千葉のおもてなしは銚、否、超一流です。
至急でもう一部屋、用意して戴けました。
ダテに一組の客にフロントマン三人が組んでかかる
スリーマンセル制を採用していません。
アンタら、なんで三人で同じ宿帳のぞき込んでんの?

  そういえば、この日の出会い頭にテラジさん、
  「この旅行のしおりを作ってたらプリンターが壊れて、
   朝出てくるときにナビが壊れた!」 
  と言って笑ってましたっけ。
  やはりこの旅、一筋縄では行かないのかもしれません。

……しかし、部屋に通されてみて納得です。
すっごい広いもの。
10畳ってのはウソで12畳とか言われていましたが、もっとあったんじゃないだろうか。
おっさんが四人寝たって、全然互いのZOCにも引っかからない広さです。
こうです↓。

R0039806

オッサン四人、だるだるの図。
分かりにくいかも知れませんが、これでお部屋の広さの1/4くらいです。
オッサンたちは広い所が怖いのか、何故かお部屋の隅っこに四人肩を寄せ合い
全員別の液晶を覗きこんでいましたね。
そんなコミュニケーションで大丈夫か?

  エキストラベッドを入れたら、
  手前の人を踏まないと一番奥のベッドにたどり着くことの出来ないという、
  羽田の某ホテルとはワケが違います。
   ↑水曜どうでしょうを知らないと分からないネタ

さらに、それとほぼ同等のお部屋をもう一室用意して戴いてしまい、完全にもてあます四紳士。
「と……とりあえず、寝るまでは四人ともココにいりゃあいいか?」
と、若干腰も引けます。
ありがとう、ホテルニュー大新。
ちなみにお値段据え置きです。



■晩ゴハン



晩ゴハンは、近場の回転鮨屋さんへ。
「しまたけ水産」という、なんでもテラジさんが以前から行ってみたい?と
思ってらしたお店なのだそうです。

  ▼しまたけ水産[ 食べログ ]
  http://r.tabelog.com/chiba/A1205/A120501/12000022/

  テレビでご覧になったのだか、関連店舗だったか、
  そんなお話を伺ったような記憶があります。ウソだったらすみません。

この鮨屋がまあ……無茶な鮨屋でね。
あ、先ずは一言、たいへん美味しかったです。
これは掛け値なしなので最初に申し上げておきます。
オイサンが特に美味しいと思ったのが、イカ。
あと、アブラボウズ

  これは珍しいタネで、海の大層深いところにお棲まいなのだそうで、
  滅多に上がってこないのを今日はたまたま仕入れることが出来たのだそうです。
  アプリポワゼじゃありませんので、全国の銀河美少年諸子はお間違えのないように。

そして美味しかったのがつみれ汁。
これはおすすめです。
マそもそも魚のつみれの匂いが苦手な人にはお勧めいたしかねますが、
大丈夫なら是非どうぞ。

で、なにが無茶かというと……ネタがでかい。
雑巾か! ってくらい、
シャリからはみ出すとかいうレベルでなく、もう……
ネタの下でシャリが三人、川の字になって寝られるくらいの大きさがあります。
お写真で見ていただきましょう、こう↓です。

235
奥右手のイケてないセーターがオイサンです。お写真提供:おみかん隊長

全部が全部こうではありませんが、
これはキミ、アレかね。

包丁が切れないのかね?
切るのめんどくさくなっちゃった

と問い詰めたくなるような大きさ。
刃物の扱いにはうるさい隊長(キャリバー的な意味で)が
「『ネタを切る』っていう、スシ唯一の調理の手間さえ省いてるよね!」
と嬉しそうに憤慨しておられました。

2 1
6 5 4
お写真提供:テラジさん

満腹満腹。
皆さんも、聖地巡礼の際には是非どうぞ。



■さかもりらじお×☆☆☆☆



さあ、遊ぶだけ遊んだ。食うモンも食った。
あと、足りないものは……?

決まってますね。
おっさんが四人です。
いい大人です。
そこに足りないものと言えば、

情熱! 思想!! 理念!!! 頭脳 気品 優雅さ 勤勉さ!!!!!!
そして何よりもァーーーーーーーーーーーー……

アルコールが足りないッ!!!!!!!

 ▼クーガー名言 速さが足りない編
 

前日の晩だかに、隊長が呟いてたんですよね。
「飲み会したい」って。
それによつさんが答えてたんですよね。
「明日の晩は酒盛りですね!」って。

オイサンお酒は得意ではありません、ありませんが……
昨夏の旅行で、Twitterのお知り合いと飲んだお酒が楽しくて美味しかったこと。
そして最近、『ドリームクラブ』をプレイする影響(それもどうなんだ)で
たまに一人でも飲んだりしていることで、
この愉快な面々がお酒飲んだら楽しいだろうなあと、
ちょっと楽しみにしておりました。

真っ暗闇なド田舎の帰り道、炯々と輝くコンビニの敷地の広さにビビリつつ、
めいめい、お酒と食べ物を買いこんで宿に戻ったのでした。

  ちなみにホテルニュー大新さんは銚子電鉄線・犬吠駅のすぐ近くにあり、
  ひなびた電車の行き来するのが見られます。
  これはまた、これで違った趣。

そこから果たしてどんな話をしたのだったか……
めいめいのオタクの道のルーツみたいな話だったのか、
オタクとしての青春時代の作品の話だったり、
お世話になった(笑)作品の話だったか。

Photo
湯呑み酒です。どうしようもないですねw お写真提供:テラジさん

ちょっとだけ年齢分布的な話をいたしますと、
テラジさんとオイサンがほぼかぶるような位置にいて、
そこから少し離れて隊長、さらにオイサン⇔隊長間と同じくらいの差をおいてよつさんがいます。
そしてテラジさんとよつさんの間には一時代ほどの時間が開いているのです。
驚きましたね、とても落ち着きのあるよつさんが一番お若いのです。

オイサンとテラジさんがある××という何か作品の話をすると、
よつさんが、

  「そうですね、僕が『××(という何か作品)』を見たとき、小学校n年生でしたね」

などと発言をし、オイサンとテラジさんが

  「「小学生!!!?!??」」

とびっくりするという。
そんなことが、幾度となく繰り返されていたような気がします。

  隊長さんは真ん中へんなので、なんかどっちにもびっくり出来ないという、
  それはそれでやり辛い位置にいたんじゃないかって気もしますけどね。

それぞれがどんなオタク遍歴を歩んで今にいたり、
時代時代でどんな作品をメインに取り込んできたか。
ある一つの作品が公開されたときに、自分はどんなだったか。

  あとはまあ……ネ。
  ホレ。
  良いトシの男がそろってますから。
  どこん家の、どんな娘さんにお世話んなったとか。
  そんな話ですよ。
  ほ、ほんとどうしようもないんだから、男って!
  (とか言われたいと思っている)
  いやホントにどうしようもないですネ男って。
  それでもこの四人なんて、全然マシな方だと思いますけども。  

『ドリームハンター麗夢』がどうだとか、
『テクノポリス』がどうだったとか、
「その昔、『アニメ大好き!』って番組があってだなあ」とか。
ちょっと、オッサン層に寄った話が多くなってしまって若いよつさんがお気の毒でした。
申し訳ない。
その意趣返しか、酒が足りなくなりテラジさんのお酒を奪って
湯呑みでザクザクいくよつさん。
「あんた俺より飲んどるがなw!」
という、テラジさんの嬉しそうな悲鳴が今でも耳に残っています。

▼ドリームハンター麗夢

ビキニアーマーにどれほどの憧れを抱いているかで、年代というものを測れるような気がしますね。


そんな中。
誰からであったかは定かではないのですが、

  「前さあ、パト君が来たとき、カラオケの配信やってたじゃない?
   ああいうことって、今出来ないかなあ」

というお声が上がったかと思うと、その後の隊長の動きの早いこと、早いこと。
あっという間にiPhoneを使っての配信体勢が出来上がり、
オッサン四人の恥ずかしい会話が、だらだらと放送されることになりました。
そのときの様子は……こちら↓から!


  ▼おみかん隊長による配信・その1
  http://ja.twitcasting.tv/nor_kankitsukei/movie/1170670#

  ▼おみかん隊長による配信・その2
  お風呂入るまでです。
  http://ja.twitcasting.tv/nor_kankitsukei/movie/1170693#


配信が始まっても全くトーンの変わらない隊長。
途端にオシゴトモードに入り、出来るだけ聞いてる人に分かり易く・
楽しめるモノにしようとするテラジさん。
『モンハン』を始め、一つのコンテンツに徹しようとしだすよつさんと、
配信開始前にも増してネタに走るオイサン。
皆スタンスがまちまちで面白いw

  どの声の主が誰なのかは、適当に察して下さいねw

しかし……どうしようもないなー。
今聞き返してもちょっと楽しくなってしまいます。
個人的に秀逸だなあと思うのは、

  「えー……桜高けいおん部の四人が、聖地からお届けしています」
  「じゃあオレ、澪! オレ澪!」
  「なんだよ、取られちまったよ!」

  「タイムラインでフォロワーさんが『俺の知ってる澪じゃない』だってwww
   うるせえwww!」


というくだりですね。
いや、皆さんノリが良い。
「とられちまった!」っていう感覚が小学生的で……いいよね。

しかし、こうしてたちまちのうちに自分たちの声を遠くまで届けることが出来るようになる
その早さに、皆一様に「すごい時代になったねえ」と感嘆の息が漏れます。
イヤ、本当にすごい時代になったねえ。
楽しいや。

やがて、宿のお風呂終了時間が近づいたので配信は一時中断、
桜高けいおん部(偽)の四人はキャッキャウフフとお風呂へ向かうのでした。
覗くなよ!


というわけで、ちょっと長くなってきたので
一旦切りたいと思います。

続きはCMのあと!
オイサンでした。

ワリとすぐ次に行く予定。



 

|

« ■春色のD.C. ~2011年4月期アニメの話・とりあえず初期のまとめ -更新第661回- | トップページ | ■嘆きの銚子・其の四 ~アニメ『アマガミSS』舞台探訪 -更新第663回- »

[日記]」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/39738310

この記事へのトラックバック一覧です: ■嘆きの銚子・其の三 ~アニメ『アマガミSS』舞台探訪 -更新第662回-:

« ■春色のD.C. ~2011年4月期アニメの話・とりあえず初期のまとめ -更新第661回- | トップページ | ■嘆きの銚子・其の四 ~アニメ『アマガミSS』舞台探訪 -更新第663回- »