« ■二人のタイムトラベラー~2011年4月期・アニメ感想その1 -更新第658回- | トップページ | ■ハジマリ・ハジマリ -更新第660回- »

2011年4月14日 (木)

■恋はげんきに。 -更新第659回-

今まで自分のこと天才だと思っててすみませんでした。
オイサンです。


今度は『日常』のOPにとっ捕まってます。


 ▼『日常』 OP ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C
 


何故この作品のOPに片想いがテーマの曲がついてるのかわかりませんが、
それでもステキなお歌ですね。
オイサンも久しぶりに、恋をしたり片想いしたりしたくなりました( ← きもちわるい ← うるせえ)。
幼い片思いの、イカンともし難い熱情と戸惑いが非常によく表現されておると思います。
歌詞にしろ、力強い歌声の疾走感にしろ。


  ♪ バババばーかな手ーが震ーえるぞー


ンとこが好きかな。
絵では、冒頭で三人娘がクネクネ踊るところと、
調子が変わってロボ子(名前てきとう)がため息つくのを博士が見てるトコ。
なんていうか、「ロボ子の変調に博士が気付く」ところが好きなんだ。


  ♪ ネ ツ テ ゙ モ ア ル ノ カ ナ ……   ?


などという、いっそわざとらしいまでの戸惑いなんてのは
最早まぶしい域ですね。
ステキです。
オイサンはヒャダインさんを存じ上げなかったのですが、
PerfectAreaCompleteの作編曲もこの人か。
声と歌いっぷりがいいですね。なんか好感。
題名に「ヒャダインの」ってついてるのも、なんか好き。
売るための仕掛けの一つでもあるんだろうけど。

いやあ、いーなー。
オイサンも恋してえ。
やさしくされてカンチガイしてズキューン! ……とか、なりてえわ。
悶々とするけど、気持ちよくて楽しいんじゃよねえ、アレ。



■恋!



一体全体、どんな神経や分泌物が反応を起こして、
筋肉や内蔵や脳みそがあの状態を作り出すのか分かりませんけれども、
あれはやはり、数ある体の状態の中でも一種異様ですよね。
あんな状態、他に無い。

世界で一番最初に恋を病にたとえたのが額田王だというのは全銀河の常識ですが
(「全銀河」の辺りで気付いて戴きたいところですがウソですよ)、
アレは比喩でもなんでもなく、本当に「病気」ですよね。
体が「健康」「正常」から外れる「異状」なわけですから、もう「病気」で括ってイイと思います。

  ……カンチガイしてホントに医者にかかっちゃった人とかいないのかなー。
  保健室に行っちゃって、保険医(※メガネ女医以外不可)にドヤ顔で
  「ははぁ~ん……。それは、先生には治せないわねぇ。
   言うでしょ? お医者様でも草津の湯でも……って。分かった?」
  って言われたヤツくらいならいそうだけど。
  いるかそんなもん。

まあオイサンの薄気味悪い妄想はどうでもいいんですけど、
……なんだとぉ。マいいや。
イヤ実際どうでもいいんですけど、
この熱に浮かされたような感じを、またキチンと絢辻さんにのっけて上げたいなーと考えるオイサンです。

このところ書いているものはもっと複雑に(つったって随分前の作品群ですが)、
色々と考えすぎたものが多かったので、
もっとシンプルに、まっすぐに、けれども肉感的になり過ぎないように、
「神経と分泌物の異状であるところの『胸のときめき』」に、
戸惑いよろこぶ、幼い高校生としての絢辻さんをきちんと書いて上げたいなあと思った次第です。
絢辻さんは頭が良くて自律的で冷静で、難しい子なので、
もっとその辺の感覚を楽しませてあげたい。

困った顔で空を見上げた挙げ句にため息をつくような。
掌と頬の熱さ、無意味に駆け出したくなるような衝動の波に、
抵抗したり、諦めたり。
そんな絢辻さんを……書きたいなあ。またかわいいんだろうなあ。

……まああの人のことですから、
最終的には底意地の悪い微笑みで、あんまり素直でない表現をするんでしょうけど。
となると、なかなかやっぱり、ストレートな話にはならなくなっちゃいそうなんだよなあ……。

あーあ。
またオイサンの背中に、ハートマークのやけどが増えるのかあ。
マいいけど。

……と、いうような気持ちにさせてくれるお歌だったってことですよ。
ぽてちん。
アレに似てるな。
「不器用じゃなきゃ恋はできない」。

▼神秘の世界エルハザード ED 不器用じゃなきゃ恋は出来ない




あと、『そふてにっ!』と『アスタロッテのおもちゃ』、
『まりあほりっく』を見ましたが、
さてどうしたものか、今期は似たような傾向の作品ばっかで困ってます。
女の子がワンサと出てきてゆるゆるキャイキャイするようなのばっか。

『戦国』と『アスタロッテ』は若干物語よりなのでチョイちがいますが、
『日常』『A』『そふてに』はかぶるなあと。
『日常』も、ホントは違うんですけど、微妙。



オイサンでした。


R00420281


あー、言っときますけど、片思いから先はやったことないので知りませんよ。
うっせえな、メルヘン物書きなんて童貞くらいでちょうどいいんだよ!!
もー!



 

|

« ■二人のタイムトラベラー~2011年4月期・アニメ感想その1 -更新第658回- | トップページ | ■ハジマリ・ハジマリ -更新第660回- »

[ご意見]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■第4先輩さん
まいどおおきに。
もう全裸ですか。お風邪など召されませんように。
オイサンは着衣です。寒い日は未だにテックがヒートしておりますよ。
 
ああ、本編を切ってOPだけってのも、まあアリでしょうねえ。
分かる気がします。
オイサンは、ハカセと黒猫がワンセットでなんとなくパトやんっぽく思えてしまい、
その謎に迫っていきたい気がしています。
 

投稿: ikas2nd | 2011年4月20日 (水) 00時11分

そろそろ部屋が全裸で過ごすのが心地良い季節になって参りました。
オイサン様においてはいかがお過ごしでしょうか。

まだC、あの花~を見ていないので何ともですけど。
僕が今期一番楽しんでる"アニメ"は「ヒャダインのカカカタカタオモイ-C」です。
「日常」は切りましたが、こちらは何十回と見ています。

ロボ子(本編見てないので名前誰も知りません)が舞い降りるカプセルの中に佇んでいる光景が、まどか☆マギカ3話のマミさんにまどかが決意を語るシーンに重なってちょっとドキドキしたり。

僕の中で棚町薫のキャラソンの一つになりました。

投稿: 第4先輩 | 2011年4月17日 (日) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/39616440

この記事へのトラックバック一覧です: ■恋はげんきに。 -更新第659回-:

« ■二人のタイムトラベラー~2011年4月期・アニメ感想その1 -更新第658回- | トップページ | ■ハジマリ・ハジマリ -更新第660回- »