« ■終わりの始まり~そしてまた春は来る('11年1月期アニメ感想) -更新第652回- | トップページ | ■空の探偵~遠い刻のかえりみち -更新第654回- »

2011年3月27日 (日)

■嘆きの銚子・其の一 ~アニメ『アマガミSS』舞台探訪 -更新第653回-

こんばんわ。
『アマガミ』美也役の、阿澄佳奈ですッ。

フハハハハ、だまされたな。
オイサンです。
暇をもてあましたオイサンの遊び。
ヒマじゃねえっつの(ヒマじゃなくても一人遊びが上手)。



■アニメ『アマガミSS』舞台探訪・銚子の旅 其の一



サテ、色々あって(色々で片付けるのか)ちょっと間が空いてしまいましたが。
こんな、世の中が大変なときでも、浮かれた記事も書きますよ。

  ここは、読むべき空気も枯れ果てる、
  不謹慎うずまくアウタースペース『ゆび先はもう一つの心臓』。

訓練の行き届いた紳士四人で行く、
アニメ『アマガミSS』舞台探訪の旅「嘆きの銚子」。
今回はその第一回目です。

Top_sono1
のっけからなんちゅう写真だ。

……マこのご時勢です。
あまりに脳天気なコトを書いてるとお叱りを受けるかも知れませんが、
「君は不謹慎だな!」=「お前面白いヤツだなw」
くらいに変換するポジティブシンキングで参りたいと思います。
……いえ別に、言われたら言われたであとで普通にへこむんですけどね。
でもいいの。
それはきっと、モノ書きの宿業だから。
違うかもしれないけど。



■はじまりの冒険者たち。~ことの始まりは



  「アニメ『アマガミSS』の聖地(ロケハン先)が銚子なのではないか?」



そんなウワサや、実際にその先へ赴いた方々のレポートが世に広く出回り始めたのは、
オイサンの知る限り、昨年の8月か、9月か。
確かそんな頃でした。

オイサンはそれが一般的に広まるよりも数週間早く、
blogの読者さんから情報を戴いておりました。

情報を下さったのはblogの読者でもあり、Twitterお友達でもある@mizu_no_toさん。
8月のはじめにTwitterでそのお話を戴いたとき、オイサンは実家に帰省中で、
奈良の盆地のうだる様な湿気の中で読んだのをよく覚えています。
改めて御礼を申し上げたいと思います。

  ▼その時のツイートがこちら
  http://twitter.com/mizu_no_to/status/20658503190

ただその時には「いつか行こう」と独り心に期すばかりで、
何か具体的なことを考えたわけではありませんでした。

  というのも、オイサンは丁度その時、数日後に
  神戸 → 熊本 → 高松という、Twitterフォロワーさんを巡る旅を控えていたから!
  ちょっとその先のことまでは考えが及ばなかったのですね。
  ちなみに、当の@mizu_no_toさんご自身も回られたようです。

それから暫くして、Web上にもいくつか
聖地巡礼をレポートした記事などが上がり始めます。
オイサンのタイムライン上でもポコンと小さな盛り上がりを見せ、
あるときのおみかん隊長の

 「行かざるを得ない」

という呟きを皮切りに、

 「まおまお~♪ クルマ出しまーす」
 「(✦ω✦)」
 「私も是非同行させて戴きたく!」

……と。
なかなかのノリの良さで、平均年齢若干高め、男4人の旅が何となく決まったのでした。
実行されるまでは、オイサンのお仕事が大変なことになってしまったりで
時間がかかってしまったんですけどね。
ほんまスンマセンした。

 ▼旅立ちの詩。~旅程

今回の銚子の旅は一泊二日。
回ったスポットは、日毎に以下の通りでございます。

  <一日目>
   ガスト銚子店
   銚子駅前
   セブンイレブン清川町店
   清川町第一公園
   銚子ポートタワー
   川口神社

  <二日目>
   君ヶ浜・君ヶ浜しおさい公園
   地球の丸く見える丘展望館
   銚子マリーナ
   謎?の坂道
   謎?の田舎道

  
  より大きな地図で アマガミSS舞台探訪 銚子MAP 1 を表示


……いやあ。
これだけ見たら、「お前ら何しに行ったの?」と言われる事ウケアイですね。
ガスト! とか、コンビニ! とか、なんだよw

どこを、どんな順番で回るか? ということは、
おクルマを出して戴く機動隊長テラジさんにすべて任せっきり。
ホントすみませんありがとうございます。
しかしそのコーディネイターぶりは、かのキラ・ヤマトさんもびっくりであったと
お伝えしておきますよ。

  あ、一応オコトワリしておきますが、
  記事中、しつこいくらいに「アニメ『アマガミSS』」という書き方をするのは、
  あくまでも「アニメ版の『アマガミSS』のロケハン先であって、
  原作ゲームとは(多分)関係がないから、ということを明らかにするためです。
  マここでは小難しいことを言うつもりはありませんが、念のためにね。



■GO EAST!



集合場所は、小田急・成城学園前駅前。

 「成城学園前の北口ロータリーで待て! 遅れた者は置いていく!」

それが容赦なく厳しい、機動隊長(=おクルマのヌシ)テラジさんのオーダーです。
まあ、行ってみたら北口にロータリーなんかなかった
なんていう……いきなりなトラップもあったワケですが、
それは大して面白い話でもないので割愛。

01_2shinshi

お迎えに来て下さったテラジさんのジェントル号(※勝手に命名)に乗り込み、
一路、東へ向かいます。

道すがら、そもそもこの辺りを根城にしておられたよつさんと、
以前この近辺で勤労に勤しんでおられたおみかん隊長の
細かすぎて伝わらないローカルガイドを聞きながら、
暁の四紳士を乗せた真っ赤なカルディナは東へ走ります。

  ごめんなさい
  「クルマのディーラーがコンビニになった!」とか、
  「遠くに見えるあのスーパーは何区に当たるのか?」とか、
  大仏生まれシカ育ちのオイサンにはサッパリですw

首都高に乗ったら乗ったで
「首都高の道は『首都高バトル』で覚えた」
とか、
「知り合いの働いてる美容室に、声優の喜多村英梨が来た」
とか、
「ある時スーパーのレジにAKB48のナントカいう女が来たけどすっげえ面倒くさいやつだった」
とか、車内は終始そんな話題で和気あいあい。
……逢。
まとめると、

 そこの裸のAKB、どけ!
   
 キタエリが見えねえだろ!!


……と、大体そんな感じ。間違ってないと思う。
途中、ネズミの国への亡命者の群れに道を阻まれたり、
緑と黄色のステッカーを貼った天才ルーキードライバーの
ウルトラマニューバに幻惑されたりしながらも、
どうにか湾岸幕張SAまで辿り着いたのでした。
……しかしそれは、新たなる悲劇の始まりに過ぎなかったのです……。

 ▼花パウダーの恐怖

順調に、未踏の大秘境・千葉の奥地へと旅を進める四紳士でしたが、
そこはさすがの聖地さん。簡単には最奥部への接近を許してくれませんでした。

いや、よつさんが花粉症で大変だった、っていうだけの話なんですけどね。
「だけ」なんて言ったらよつさんにキレられると思いますが。

湾岸幕張SAを出てしばらく行くと、我々の他には車影も絶え、
山間の直線道路をひた走ることになったのですが、

「きれい……」

道の両脇に広がる山並みを眺めながら、よつさん隊員が呟くものだから。
何かと思えば……そこに群生する木々は、何やら軒並み、杉の木だったらしいです。
赤っぽい焦げ茶の、みすぼらしい山なんですけどね。
何かと思った。
確かに、自分のアレルゲンが文字通り山盛りに生い茂ってると思えば、
それを眺めるのは狂おしいものがありましょう。
よつさん壊れた。
後にオイサン隊員は、このとき

「杉の山……杉山、か。
 これから『TLS』シリーズの末妹の聖地に向かう我々への洗礼としては
 お誂え向きじゃないか……」

と、密かに考えたことを吐露している。
そう、後付けである。
ちょっと膨らませたかっただけである。
意味が分からない人は、"杉山イチロウ"で今すぐ検索!






■今日も明日も銚子の道で。~ガスト銚子店



サア、ここからがイヨイヨ銚子の話(長いよ)。

東関道のEastend・潮来ICで高速をおり、そこからさらに数十分。
路傍のラーメン屋が異常に繁しているのを不審に感じたりしながらも、
はるばる来たぜ銚子駅前。
あのですね、道が広くて、思いの外きれいな町です。

 02_ekimae

そんな駅前の散策はあと回し、我々は一路、ガスト銚子店へとクルマを急がせます。
「わざわざ遠出して、昼飯ガスト?」
などと思ってはいけない。
我々は別に、店を選ぶゆとりを失うほど腹を空かせていたワケではないのです。
いや、オイサン結構お腹空いてましたけど。
まずはこの写真を見て欲しい。

03_totos

……お分かりだろうか。
貴方は、ここでかいがいしく働く天然パーマと出会ったことはないだろうか。

そう、ここは『アマガミSS』で薫がバイトをしていたファミレスである。
作中での店名はトトスとなっていたが、
トトスは銚子管内でのみ展開されていた地域フランチャイズで、
リーマンショックのアオリで経営母体が昨年破綻、
廃業した店舗のその跡地にこうしてガストがおっ立ったと、
まあ……そんな妄想です。
ガストさんごめんなさい。

 ▼作戦名:窓際の四紳士

さて、ここがそのファミレスとあっては、我々の目指す席は一つ。
窓際、奥から二番目。
作中で橘さんが陣取り、薫の絶対領域を存分に視姦した性……否、聖域中の聖域です。
訓練された機動隊長であるテラジさんなどは、
本巡礼の企画段階において、相方さんとこんな一幕があったといいます。

  テラジ 「3月のアタマ頃にさー、泊りがけで銚子行って来たいんだけど」
  相 方 「銚子? なんで?」
  テラジ 「『アマガミ』の。アニメの舞台がそこなの」
  相 方 「……ふーん。美味しいもの食べたりするんだ?」
  テラジ 「いや、別に……。ファミレス、とか……」
  相 方 「……あー。じゃ窓側の奥から二番目とかに座ったりするのね
  テラジ 「(見抜かれている……)」

さすが、訓練された紳士の伴侶には訓練された淑女がよく似合います。

お昼時とあって、店内は結構な繁盛ぶり。
二組ほど順番待ちのある待ちあい名簿に名前を書かされ、
不安に思いながら全員こぞって、問題の窓際席の方に視線を投げると……

  空いている!!

運良く、誰かが今し方席を立ったあとなのでしょう、
片付けられないままの食器が並んではいるものの、そこは確かに空いている。

 女 中 「おタバコはお吸いにn」
  
 テラジ 「あ禁煙で!

と高らかに、そして若干食い気味に答える機動隊長テラジさん……あれ?
テラジさんとよつさんは、確かおタバコお吸いになるはずじゃあ……?
と思ったオイサンは、まだまだ読みの浅い子でした。
後にテラジさんは語っている。

  「窓際の席だから、禁煙席だと踏んだんですよ。
   そしたら自然、あの席に通される率も上がるんじゃないかなーって。
   我ながら良い判断だと思いましたね」 (色々と誇張もアリ)

さすが、素晴らしい読みです。
年の功です。
最年長です。
アラフォーです。

しかし結局、我々が通されたのはフロア中央の席でした……。
ナンデヤネン。

驚いたことに、あのいかにもゴカゾク向けの良い席は、喫煙席だったのです。
なんということでしょう。
我々は嘗めていました。
銚子という町を。
漁師町の男らしさを。
喫煙率の高さを(偏見)。
銚子ではまだまだ、喫煙席がマジョリティのようです。

  ちなみに、真面目にちょっと調べてみました(何をしているんだ)。

  ▼がん情報サービス [ 独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター ]
  http://ganjoho.ncc.go.jp/professional/statistics/statistics.html#07

  こちらの2007年のデータで、
  千葉県の喫煙率は男女計で全国9位、男性で24位、女性でなんと7位。
  どちらかというと女性がおタバコお吸いになる県だったんですね。
  もう『アマガミSS』全然関係ありませんね。
  そのうち、梨穂子や中多さんも吸うようになるんでしょうか( ← むりやり)。

なんとなくポツネンと、フロア中央の4人がけ席に腰を下ろすも、
時折もの欲しげに窓際の席を見やる我々。
多分全員こんな顔 →  テ(´・_・`) ミ(´・_・`) ヨ(´・_・`) オ(´・_・`)

しかしさすがの切り込み隊長、目的の席の片付けが始まるや、
「席、移っていいか、聞いてみよう」
と、まだまだ諦めません。
さすが、素晴らしい情熱です。
若さって諦めないことです(by串田アキラ)。
最年長です。
アラフォーです。

オイサンも多少働かねばと率先して手を上げます。

  オイサン「すみません、席、あっちに移っていいですか?」
  女 中 「あちらですか? あちら喫煙席になりますがよr」
  
  テラジ 「あーあー全然いいです!!

ちょ、オイサンにもしゃべらせてw
そんな経緯で、お花を摘みに立っていた隊長さんは置き去りに、
三人ソソクサと窓際に席を移すことに成功したのでした。
隊長、帰って来たときビックリしてたなw ← そらビックリするわ

 ▼作戦会議

そんなこんなで首尾よく(=強引に)聖なる窓際席に陣取った4人は上機嫌。
すげーすげーと何がそんなにスゲーのか、
ハタから見れば、お前らファミレス来たことないんかと
千葉県民も驚きの田舎モノぶりです(色々と失礼)。

キョロキョロ見回し、写真を撮り、
iPhoneやらPSPやらでアニメ本編を再生しては
おーここだ、ここだよ! とテンションは早くも最高潮です。

お写真も載せておきますが、アニメ本編とは若干ちがっていますね。
よつさんなんかはわりかし冷静に、
「おお、床タイルのがらも同じだ」と目を光らせておいででした。

R0040021

思い思いにTwitterに写真を上げたり呟いたりしていると、
タイムライン上からも
「その店は地元の学生の溜り場になったりしているみたいですねー」
などという情報も流れてきます。
確かに学生さんが多い。
女子高生も多い。よつさん大ヨロコビです( ← 今秋結婚予定。オメデトウ!)
オイサンも、ドリンクバーを取りに行ったときに
ジョシコーセーの皆さんがやたらな接近戦を挑んできなさるので
年甲斐もなくドキンコドキンコしてしまいました( ← 3011年春結婚予定。恋はあせらず)

ほんでマここで何したかというと、
そんな雰囲気に浸りながら普通にゴハンを食べたというだけなんですがね。
お料理は普通でした。
そうして次の行程を確認し、じゃあいきますかと腰を上げた四人が次に向かったのは……。
お店の裏手でした。

R0040041 04_shagami_punch
テラジさん。めっちゃ笑ろてはりますやん。                 オイサン。お写真提供:テラジさん

バッチリしゃがんできましたよ。
「こ、ここで橘さんは薫を待っていたのか!」
……裏口が開いてお店の方が出てこなくて本当に良かった。

あとどうでもいいですけど、ファミレスで
「私服のオッサンばかり四人」というのは案外「ナイ」取り合わせですね。
多分お店の方も、巡礼者が増えてからこっち
「最近、なんかああいうの多くない?」
とバックヤードでひそひそやってると思います。
だって結構目立つもの。



■スカートのエアポケット。~銚子駅前散策



 ▼銚子の道は俺の道

ジェントル号はガストの駐車場に待たせておき、
次に四紳士が向かったのは、銚子の駅前、目抜き通り。
ここも劇中で、何度も登場した頻出スポットです。

ちなみに駅前に向かう途中、
我々はまたしても驚くべき光景を目にすることになります。

あまり大きな声では申せませんけれども、
銚子さんまあ、なんと言っても田舎でいらっしゃいますから道が広い。
道が広けりゃ歩道も広く、優に一車線くらいはあるのですが。
そこをですね。

  「……なにあれ。あんなのアリなの?」

車道を走っていた一台のRV車が徐々に路肩に寄っていったかと思うと、
十分な減速もしないまま見る見る歩道に乗り上げ、
しまいにゃそのまま歩道を走っていくという……

あぶねえな!!

見ていてもう、四人して笑うしかありませんでした。
そのおクルマから降りてきた御仁を見れば……まあ、
なんとなく納得いってしまう程度には荒くれた男性でしたが、
どうやらこの地方、多少ローカルな交通ルールが適用されているのは間違いないようです。
ハンドルキーパーのテラジさんが「運転ちょっと怖い」って言ってた。

05_cyoushi_ekimae2

さて駅前。
何てことのない駅前の風景に見えるでしょうか。
正解。
8ビットのADVなら

  ▼みる → まちなみ
   へいわな まちなみです。
   なにも かわったところは ありませんよ、ボス。


とヤスかシュンに言われておしまいでしょうね。
しかし4紳士のスタンド:ジェントル・アイズを通して見れば
ここも世界遺産級の史跡に早がわりです。
ここは、あの橘さんや薫や、森島センパイや絢辻さんが歩いた道なのです。
またしても、iPhoneやらPSPを取り出して、
ああでもないこうでもないとお宝探しが始まるのです。

06_cyoushi_ekimae3

……皆さん、非常にご用意がよろしくてですね、
よつさんはiPhoneに、隊長さんはPSPに、
アニメ『アマガミSS』の本編をガッツリ入れて持ってきておられ
(よつさんに至っては恐らく全話!)、それを再生しては

  「何話目のどのシーンで!」
  「この角度からこの風景画!」

と、分析をお始めになるのです。
そんなの旅のしおりに書いてなかった!

  あ、これが事前に配られた、テラジさん制作の旅のしおりです。
  07_shiori
  イラストはお知り合いの絵師さんの作だとか。
  リキ入ってます。
  オイサンWebショップで絶賛販売中。
  大人450円、小人420円! うそですよ。

しかし、この遊び、この光景。
あの、AR(Augmented Reality・拡張現実)という技術がありますね。
「現実の情報とデジタルの虚構情報を合成して、
 あたかも現実の空間にデジタルなものが存在しているかのように見せる」
というもので、簡単な例を挙げると
iPhoneなどのカメラを通して見た現実の風景の中に、
本来はそこに存在しないはずのアニメのキャラクターを映し出して見せるとか、
そんなものです。

 ▼3DSのARゲーム
 

道を修めた我々は、そんな技術に頼らずとも、
脳内の情報と現実をナチュラルに合成して新しい世界に旅立ってしまうのかもしれません。

  もしもそのAR遊びを知っている人がハタから見ていたら、
  まさにその遊びをしているように見えていたかもしれません。
  だって、オッサンが四人で、iPhoneを寄ってたかって覗き込み、
  あそこにアレだここにコレだと、虚空を指差し騒いでいるのですから。
  ……「オッサンが四人」は別に関係なかったな。

とまあ冗談はさておき、
そうして照らし合わせてみると確かに劇中に出てくる町並みや、
錨を模した特徴的な街灯なんかはかなり忠実に再現されているのがわかります。

まオイサンの場合、
「この旅は『水曜どうでしょう』の「絵はがきの旅」と趣が似ているな」
と……上では「ARが!」なんてことを書きましたけれども、
感じ始めていました。



■ブランコのうた。~清川町周辺



さて駅前通りをお騒がせした後はジェントル号に戻り
(※はしゃぎすぎたせいで時間制限を越え、オカネが余分にかかったことは不問に付す)、
次なるポイントに向かいます。

 ▼セブンイレブン・清川町店

09_711
お写真提供:テラジさん

見た目はただのコンビニですが……このコンビニはなんと!
行方をくらませた薫を探して橘さんが駆けずり回るシーンに出てきたコンビニです!
……いい加減、劇中での扱いも地味だな。
トイレ借りたりしただけ。
叶うものなら一度店で買い物をしたあとに血相を変えて飛び込み、

  紳 士「おい貴様! 今俺と同じ顔をしたヤツがここにこなかったか!」
  店 員「あ、あなたさっき、買い物していったじゃないですか」
  紳 士「バカモーン、そいつが薫だ、追えー!!」

……くらいの遊びしたかったですが、町の皆さんにご迷惑を掛けてはいけません。
トイレもきれいに使いましょう。

おみかん隊長が「これがおいしい」と笑顔で教えてくれた
いろはすのおみかんフレーバーを買いました。
おいしいです。旅のおともにどうぞ。

お買い得商品【猫】い・ろ・は・す(いろはす) みかん 555mlPET 24本入り  2箱まで送料同額 お買い得商品【猫】い・ろ・は・す みかん
555mlPET 24本入り
2箱まで送料同額


販売元:まねきねこ
楽天市場で詳細を確認する
「おいしいんだよ。ホントにみかん味で」
って、
こういうときの嬉しそうなおみかん隊長の笑顔には勝てる気がしない。
なんてステキな3X歳。

08_3shinshi_o
公園前でくつろぐ暁の3/4紳士。カオ出しOKのご許可は戴いてますが油彩調に( ← ヘタレ)。
右からEVA初号機弐号機参号機、ではない。


 ▼清川町第一公園

次の目的地、「清川町第一公園」はそのコンビニのすぐ向かい。
小さなお子さんやご家族連れ、高校生も遊んでいるのどかな公園です。

  すぐ隣は簡易裁判所。
  公園で事件を起こしたら速攻で死刑になれます(なれません)。
  異例の音速判決。
  さあ、四人の中で最初に死刑判決を受けるのは誰かな?

10_park
お写真提供:テラジさん

この公園は、
オープニングで七咲が戯れているブランコが印象的な公園です。
想像していたよりも広いです。
マ基本的に七咲がらみですね。
滑り台もあったのですが、どうも橘さんが梨穂子に呪いを掛けたのとは
違うみたいだよにぃに。にしししし( ← 言ってみただけ)。

他にも、うんていや、球状のジャングルジム(名前がわからん)、水のみ場など、
本編でぽろぽろと映し出されたアイテムが目白押しで、またしても活気付く4紳士。
虎の遊具とリスの遊具もあったのですが、
リスの方は土台だけを残していずこかへ連れ去られていました。
心無い紳士が持ち帰ったのでしょうか。

ついでを言うと、ブランコも二脚あるうちの一脚は撤去され、
残ったもう一脚も、なにやら不安な補修がなされていました。
乗っても大丈夫なのかコレ。

11_tiger 11_park2

ひとしきり写真を撮った後は七咲タイム。えっなにそれ。
OPで七咲がやっていたように、ブランコの柵を端から端まで渡れるか試してみよう!
という無邪気な四紳士・平均年齢32歳超です。

一番最初に端まで渡りきれた人には、
面倒見のいいクールな後輩が、ス(ry 競(ry たくs(ry 。
……オイサン個人的には七咲が前をたくし上げてくれるよりも、
後ろから自分で捲り上げて眺める方が好げふんげふん。

  ちなみにこの時、オイサンが密かに
  「端から見たら働いてない系の人の集団に見えるんじゃないかなー」
  と思ったのは秘密です。

優勝はおみかん隊長(あっさり)。
プロアマガミストの面目躍如です。
柵の高さはほんの3、40cmってトコなんですけど、
オイサンは上に立つだけでも結構怖かったです。色々不慣れになっとるなー。

公園を訪れてみた皆さんの感想は、
「思ったより立派な公園だった」ということで、オイサンも同感。
もっとこう……住宅街の中の空いた一画に、穴埋めみたいにポコンとある公園かと思ってました。



さて、次はいよいよ。
漁師の……オトコの町・銚子にそそり立つシンボル(ゲヒン)、
銚子ポートタワーです!

12_kurosen


といったところで、次回に続く
(ナレーション:中田譲治)。



オイサンでした。



 

|

« ■終わりの始まり~そしてまた春は来る('11年1月期アニメ感想) -更新第652回- | トップページ | ■空の探偵~遠い刻のかえりみち -更新第654回- »

[日記]」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

■日向さん
ご無沙汰です。オイサンです。
そちらは地震の影響はなかったでしょうか?
一先ずはご無事そうで何よりです。
 
七咲タイム、多分自分一人で行っていたら気恥ずかしくて出来やしなかったと思いますが、
愉快な仲間のお陰でやることが出来ました。
どうなんでしょうね、おみかん隊長は何かやってるのかなあ。
音感のイイ人ではあるので、三半規管はイイやつ積んでるのかもしれません。
いや適当ですけど。
 
続きには時間はかかると思いますので、マぼちぼちと楽しんでって下さい。
 
 
■ていたらくさん
こちらでは初めまして、突然のフォローにお応え下さってどうもです。
地震、大変だったようで……お見舞い申し上げます。
 
いやあ、銚子、イイトコだと思いますよ。
第二回でも君ヶ浜・マリーナまでいけてなくてすみませんw
 
そして、さすがにオッサン四人で学校に入るとお縄なので、そこまでの無茶はできませんでした。
色々お話伺えると嬉しいです。
今後とも、是非宜しくお願いします。
 
 
■癸さん
毎度お世話になっております。
そちらは地震で大変だったようで、そんな中でもお読み戴いてありがとうございます。
どこかで何かをお返し出来ればと思いますが。
 
おかげ様でようやく聖地に至ることが出来ました。
しかもかなりギリギリのタイミングで……。
 
この時期になってしまったのは、マおいさんのオシゴトの都合が大きいので、
怪我の功名と言いますか。
1泊旅行に仕立て上げたのはテラジ機動隊長の好判断です。
さすがだと思います。
 
いやまあ、本当に、良い情報提供者と愉快な仲間に恵まれ、
なんというか、自分らしからぬ大変に愉しく賑やかな旅になりました。
改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。
 
癸さんも、一日も早く、元の日常を取り戻されることをお祈り申し上げております。

投稿: ikas2nd | 2011年4月 4日 (月) 00時36分

こちらではお久しぶりになります。癸です。
オイサンさんもようやく(?)銚子へ行かれたんですね。

 私が銚子の情報を得たのは、アマガミSSで頻繁に風車が出てくるのを見ていて「なんで風車なんだろうなあ~」と風車の情報を集めていましたら、たまたま件の聖地巡礼のレポートが検索に引っかかってきたからです。
そこを起点に情報が出るわ出るわ、年甲斐もなくやたら興奮してしまいまして、とるものも取り敢えずお盆前に銚子まで行ってしまったのは良い思い出です(笑)

「トトス」は私も行ったのですが、準備不足とお客で混んでいたこともあり席の特定にまでは至りませんでした。不覚w

 私は実質半日の強行軍だったのですが、放送が終わったこの時期にじっくりいろいろと廻れるのはいいですね~。
愉快な仲間たち(というふうにしか読めませんw)との珍道中レポートを楽しみにしております。

投稿: 癸 | 2011年4月 2日 (土) 12時40分

どうも、ついったのていたらく(@hiracchotintin)です。
銚子探索、楽しんでいただけたようで、地元民として鼻が高いですww(アマガミSSのおかげだろ!)

ガスト、あの席に座れてよかったですねww 
ただ唯一惜しむらくは、棚町のように可愛い店員がいないこと・・・

この様子だと次回はマリーナ・君浜あたりのようなので、もしかしたら僕の自宅が写っているかもww

高校内部の様子は流石に見れませんでしたか?
何か質問があれば卒業生としてお答えしますので!

「謎の田舎道」とは次回予告の際のあの道でしょうか・・・?
次回の更新が楽しみです。

投稿: ていたらく | 2011年4月 1日 (金) 12時52分

お久しぶりです。オイサン。
元気そうでなによりです。

 また羨ましいことをされていますね。『アマガミSS』舞台探訪、本当に羨ましいですよ。私も銚子まで行きたいな―なんて思いますが……それは金銭的に無理なので金銭的に余裕ができた年頃になってから、アマガミの世界を満喫したいと思います。その年頃にアマガミをまだ好きでいられているか飽きてないかが問題ですけどね。

それにしても……オイサンもやりましたか……「七咲タイム。ブランコの柵を端から端まで渡れるか~」
私も近所の公園でやりました。アマガミを知らない数名の友人と一緒に。何度か試してやっと渡り切れたって感じです。
学校指定の革靴履いて軽やかに渡れてる七咲はいったい何者でしょうか? 水泳部って運動神経のいい人ってあんな事できるモンなんですかね。

では、次回も楽しみにしています。長文失礼しました。

投稿: 日向 | 2011年3月29日 (火) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/39387158

この記事へのトラックバック一覧です: ■嘆きの銚子・其の一 ~アニメ『アマガミSS』舞台探訪 -更新第653回-:

« ■終わりの始まり~そしてまた春は来る('11年1月期アニメ感想) -更新第652回- | トップページ | ■空の探偵~遠い刻のかえりみち -更新第654回- »