« ■カエリミル・クリミナル -更新第645回- | トップページ | ■おはようから、おやすみまで~『アマガミ Precious Diary』美也編感想~ -更新第647回- »

2011年3月 8日 (火)

■Prologue of Jerusalem~遅れてきた紳士たち -更新第646回-

シゴトバが都心に移り、鼻毛の伸びスピードが目に見えてアップしました。
オイサンです。
愛がアップ(回し蹴りを放ちながら)!

Eva2

先月の半ば頃から、神奈川の山奥にあったシゴトバが都心のど真ん中に移りまして、
イヤもう色々と生活のペースが変わってしまって四苦八苦しております。

以前は書き物に使えていた時間が使えないとか、
果たしてどんなペースで寝起きし、どの時間をどんなことに充てれば良いかとか、
行って帰って来るだけにしてもその疲労度も変わるので、
その後に何が出来るか出来ないか、という割り当ても変わってきてしまうので……
一日の、ワリカシデリケートな部分の組み立てがガラッと変わってしまう感じで
結構大変。

また運動面についても、
これまでは朝(行き)に大体2km、夜(帰り)に4kmの計6km程度は一日歩いていたのですが
その新しいコースを考えるのも大変でした。
ようやく固まった感じ。
マそれも、朝晩の通勤時間が延びてしまったので
お忙しくなってしまったら、恒常的に続けていくのは、多分難しいのでしょうけど。

  ……そんな風にですね、日常に運動を組み込めないフツーの勤め人が、
  今のヨノナカのご飯とかでカラダのバランスを壊さずに暮らしていくなんて
  不可能ですよ、正直言って。
  日本人のカラダは、資本主義社会によって壊されている!
  これは健康被害ですみなさん(ドン)!!

  ……とか、アジってみたって別にオイサンの得にはならないのでやめておきますが。
  でも、ダイエットしてみてそういうことには気付くようになりましたなあ。
  大変よ?
  イマドキ、都心で働くフツーのホワイトカラーが健康を維持するのって、かなり。

おっと、いかんいかん。
今回はそんな話がメインではないんだ。
マそんなことで、ちょっと更新ペースがまた落ち着くには時間がかかるかもですが、
変わらず遊びに来ていただければ幸いですよ、というお話です。
そんなもん前もって言っとけってハナシですね。
イヤすみませんねドウモへっへっへ。



■今、銚子が熱い。 ← 熱燗です



デそんな風に平日はバタバタのオイサンですが、
土日をはさんだのに更新ナシとはどういうこっちゃィ! とおカンムリの貴方。
……どうもサーセンした。

しかし、いいですか、怒っちゃいけません。
オイサンだってなにも遊んでいたわけではないんだ。

  ……いや、存分に遊び倒してたんだけどもさ。
  そうじゃなくって。

……銚子にね。
行ってきましたよ。
泊まりがけでね。


なぜ今、銚子なのか?
皆さんは、銚子と言ったら何を思い浮かべますか?


  銚子。
  --そこは、漁業のフロンティア。


  銚子。
  --そこは恋と紳士の都。


  銚子、そこは--。


  「彼女」らの息吹が、今も尚、
  6+αのレイヤとなって潮風と共にからだを通り過ぎていく--そんな町。


そんじゃ始めてみましょうか。
紳士4人で行く、"アニメ"『アマガミSS』ロケハンの地をたずねる旅、










嘆きの銚子。










本当に、自由になれるでしょうか?


誰かに、愛されるでしょうか?


冬の港町に紛れ込む、不器用な生き様の紳士四人が、今。
浮かれた翼で舞い上がる。





……いや、しっかりやるのは次回からだけどな!





■嘆きの銚子 Prologue



マそんなことで、今回は前置きです。
何しに行ったとか、誰と行ったとか、大体どんなところを見てきたか、とか。
オイサンはハナシ長いので、
そんなことだけでも今回済ませておこうかと思いましてね、エエ。

 ▼旅の目的

場所は銚子。
今回の旅の目的は、
"アニメ"『アマガミSS』の舞台ロケハンが行われたであろうともっぱらウワサのこの町で、
劇中に映し出されたのと同じロケーションを訪れ、
ヒロインたちの残り香をクンカクンカする。
これに尽きます。

  ホラ、よくあるじゃないですか。
  「文人の旧家を尋ねる」とか。
  「タクボクが晩年を過ごした地でそのイブキを感じ取る」とか。
  アレとおんなじです(キリッ白目。

  オイサンなんかはワリと真面目にそう思ってますけどね。
  だっておんなじじゃん。

マそこまでボンヤリとしたものでもなく、
地点的には幾つか、ピンポイントに目星がついております。
目星。願い星ではなく( ← 一言多いタイプ)。

先人たちが既に開拓し、
「アニメのこのシーンは、どうやらこの場所だ!」
と解き明かした記録がweb上には散見されますから
(『けいおん!』やら『ハルヒ』みたいな超人気作ほど絶対数がありませんが)、
そこをまとめ直して自分らも見に行ってみよー、
という観光ツアーみたいなものです。

 ▼参拝者たち~暁の四紳士

しかし相手はなんと言っても、あの聖地さんです。
それ相応に訓練の行き届いた紳士でなければ結界に阻まれ、
立ち入ることさえままならないと言います。
……って、タケカワユキヒデが言ってた。

  ちなみに、同じ聖地ネタでも
  「♪そこへゆけばどんな夢も叶うというよ」という謳い文句は
  今ちょっとマ的な意味でヤバい匂いが漂ってしまうので使わなかった、
  なんていうのは制作側の都合です。

そこで選び出されたのがこの↓四名。
『FF5』のOPをBGMにお読み下さい。

▼FFⅤ OP


間違っても『FF6』のOPをかけないように。

ほならリンクを貼るなや。




暁の3/4紳士。
Ginga_no_3nin2


  teraji800 てらじさん(CV:池澤春菜) 写真・左
    ……伝説のモデラーにして、伝説の摩央姉の幼馴染。
       今回の旅のトータルプランナー。
       オクルマの運転も全ててらじさんです。ありがとうございます。
       みんなもちゃんとお礼を言うように。


  NOR_kankitskei おみかん隊長(CV:坂本真綾(*1)) 写真・中

    ……今回の旅の発起人。
       伝説のFPSプレイヤーにして、日本で唯一のプロアマガミスト。
       世界広しと言えども、「アマガミは現実」Tシャツを
       見知らぬギャルに褒められるのは彼くらいのものでしょう。人徳。
       ヘッドホン(本体)から100m以上離れると行動不能になります。
       FPSプレイ動画「あんまりうまくないですね」絶賛配信中!
       ほんとだあんまりうまくない!

        ▼柑橘系配信動画『あんまりうまくないですね!』
        
http://www.ustream.tv/channel/nor-kankitsukei-s-show


  yotsuaki よつさん(CV:伊藤静) 写真・右

    ……伝説の微笑み大巨人にして、はるか部長の喫煙所ともだち(*2)
       「たくさん食べなきゃ大きくなれないゾ☆」を地でいっときながら、
       「寝なくてもワリと育つ」の体現者でもある、ややこしくって、デカい人。
       「iPhoneで何かしてると思ったらiPadだった」という錯視報告もチラホラ。
       今回、安くて広いステキなお宿をとってくれました。
       やっぱりヘッドホンが本体(ソウルジェム)で、本体を撃つと赤く光ります。


  ikas2nd オイサン(CV:金田朋子(*3))
    ……言わずと知れた伝説のオイサン。知る人ぞ知るオイサン(どっちよ)。
       基本的について行くだけで、賑やかして面白おかしく話を膨らませる人。
       今回も、本筋とあまり関係のないお写真満載。
       いんちきモノ書きメルヘン系。

      *1:劇場版では日笠陽子と交代
      *2:禁煙中(2011/3/6現在)
      *3:ある情報筋では、近々チョーと入れ代わりがあるのではないかと囁かれている。



さーあいかがです。
手前味噌でもありますが、いずれ劣らぬ猛者揃い。
これ以上の面子は考えられないと申せましょう。
少なくとも、オイサンのTLにおいては。
チャオズは置いてきた。

  なんといってもね、アレです。
  皆さん……オトナでいらっしゃる。
  とにもかくにも「楽しい旅行にしよう!」という気概に満ち溢れている。
  大事。
  多分ね、オイサンが一番コドモでしたね。
  なんというかこう……一番、余分なコダワリとかを持っている。
  ご迷惑をかけてなかったか、雰囲気を壊してなかったか、今でもちょっと不安です。

しかしこの猛者四人においてさえ、
第一の結界に阻まれて脱落者を一人出すところだったというのですから
銚子さん半端じゃござんせん。
その戦いの激しさは、ぜひ本編でお楽しみ下さい。

  ……どうだ、気になるだろう。
  そりゃそうだ、多分実際行った三人でさえ、今この時点においては
  「え? 戦い? なんのハナシ?
  と、思っているに違いありません(笑)。 
  ダイジョブですよウソ書く気はありませんから。

 ▼銚子八十八箇所 絵はがきの旅(もう元ネタが色々ごっちゃですが気にしない)

今回の旅の大体の日程と、回った場所をまとめてみました。


  ▼『アマガミSS』舞台探訪 銚子MAP その1
  
  より大きな地図で アマガミSS舞台探訪 銚子MAP 1 を表示


こうして見た感じ、
一体何をし、何を見に行ったのかサッパリな「何でもない具合」ですね。
ホント、なんてことのないスポット揃い。
それぞれのポイントが一体何を表すのかは
記事の中でおいおい、お伝えしていこうと思います。

  当日、Twitterで四紳士のタイムラインを追っておられた方は
  お分かりだと思いますけど。

そもそも今回の旅自体、上でも書いた通り
「先人によって特定されたスポットを辿ろう」というものですから……
……お断りしておきますよ。


目新しい情報はありませんよ。


アニメ放映も終わって、もうふた月ですからね。
このテの記事としてはかなり後発なワケです。

  誰のせいか? っつったら……オイサンのせい、なんですけどね……。
  ホントは昨年の10月頃には決行されてるはずの企画だったんです。
  ただその頃、オイサンがオシゴトで大ハマリしてしまったせいで時期をずらさねばならず、
  皆さんが根気強く待って下さった結果今の時期になってしまったという……
  もう、ホント申し訳ないとしか言いようがありません。

ですのでまあ、その辺は。
即時性よりも味わいで、事実よりも情緒で、勝負していきたいと。

オイサンがそこを歩きながら、何を考え、どう感じたか、
三人の仲間の後を行きながら、彼らがどんな風であったかということをですね……
あくまでもオイサンの視点と味付けでお伝えしていこうと、
このように考えておりますよ。



それでは、まあ。
次回からということになりますが。

"アニメ"『アマガミSS』ロケハン舞台探訪レポート企画「嘆きの銚子」
お楽しみに。



……。



……いや、別にね。



そこそこにアブラの乗っかった男4人が、
侘びれた港町をあーでもないこーでもないと、
宝探しよろしく徘徊するだけのお話ですんで……
過度の期待は禁物ですけどね。

遅すぎるオッサンの冬休みの絵日記だとでも思ってもらえれば、
マ楽しいんじゃないですかね。
さんざ煽っといてアレですけど。

マ相変わらずのノリですが、
次回からよろしくです。



オイサンでした。
……さーあおるだけあおった。頑張って書かないと。



▼遅れてきた勇者たち


▼FFⅤ ラストバトル 暁の4戦士 復活

3分辺り。




 

|

« ■カエリミル・クリミナル -更新第645回- | トップページ | ■おはようから、おやすみまで~『アマガミ Precious Diary』美也編感想~ -更新第647回- »

[日記]」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絢辻さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/39158725

この記事へのトラックバック一覧です: ■Prologue of Jerusalem~遅れてきた紳士たち -更新第646回-:

« ■カエリミル・クリミナル -更新第645回- | トップページ | ■おはようから、おやすみまで~『アマガミ Precious Diary』美也編感想~ -更新第647回- »