« ■それでも大地に立つしかないので。 -更新第648回- | トップページ | ■ガラハドさんのジレンマ~ゆたかさとやさしさの副作用 -更新第650回- »

2011年3月15日 (火)

■Angel Attack -更新第649回-

また、軍団長のお兄さんが吼えてらっしゃいます。
オイサンです。

『太陽に』じゃなくて
『太陽の』の方ね。
この人は吼える先が『太陽に』じゃないあたりタチが悪いですね。
あ、ヒロシじゃない方のタチね。



■太陽にだまれ!


 ▼石原知事「津波は天罰、我欲を洗い落とす必要」[ YOMIURI ONLINE ]
  http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110314-OYT1T00740.htm

うーん……。

あの、誤解を恐れずに言うのであれば、言わんとするコトは、オイサンにも分かるわけですよ。
色々……文章の構成とか、背後関係とかを汲み取ればね。
文脈っつうんですか。
「天罰」という言葉の向けられる先が、
実際に被害に遭われた方やその地域にお住まいだった方ではなく、
この日本という国全体(の風潮)や、
そこに住まう人々の根底にある一つのスピリットであることとか。

彼の思想やら哲学についてオイサンはよう知りませんが、
それにもっとしっかり触れていて、彼が何を正しいと考え、何を美しいと感じ、
この国をどうしていきたいと思ってるのかを知っていれば知っているほど、
この発言の真意……じゃないな、発言の先にあるものを、
上手く手繰り寄せることが出来るはずなんですよね。

  オイサンなんかは彼の根底にある思いを、この一言とか、
  イイトコ新聞の見出しやWebニュースのアオリ文句くらいでしか知りませんが、
  それでも
  「ああ、大体だけど、この人はこういう頃のこういう日本人の姿を最盛だと考えて、
   取り戻したいと思ってんだろうなー」
  くらいの想像はつくわけで、
  そこから逆算してこの発言の向く先を慮ることくらいは出来ます。
  それに賛同するかどうかは、また別としてね。

だからと言って、彼一人の理想や生きてきた時代の姿を唯一絶対の美・正義として定義づけ、
それに不適な今の姿に対して
「天罰」なんていう独善的な言葉を、あまつさえこのタイミングで発射する、
そのセンスが正しいとは言いませんし、思いません。

たとえ彼の負う背景とか携える哲学とかを理解していたとしても、
このタイミングじゃあ、怒る人も、必要以上に傷つく人もおられるに決まってますもの。
多くの人が心にも体にもダメージを負い、
その状態で尚立ち上がり奔走しなければならない今にそれを言い放つことが、
何かいい効果を生むとは思えませんもの。
そういう効果を狙ったものだとも思えませんし。

もう少しタイミングを待って、且つ「天罰」という言葉を何かに換えて言えば、
耳にも多少すんなりと入り
彼自身の夢見る理想の世界へと人々を誘導する手助けくらいにはなるかもしれないのに、
……うーん。
何をどうしたくて今言ったのか、ただの考えナシ夫さんなのか、
ようワカランですバイ。

  まあ、うまく言葉を換えて言うにしたって、
  なんで地震で津波が必要だったのかってのは、
  無理のある、奇怪な宗教じみた話にしかなんないと思いますけどね。

なんつうかね。
ビジネスライク過ぎる気がします。
私企業なら、これでもいいのかもしれない。
自身の正義(かどうかは別として、やりたいこととやりたいやり方)を宣言して、
そこに向かって邁進する、デ、失敗したら自分で責任を取る。
社員や株主は気が気じゃないと思いますけど。

  公務員の長と私企業の長と、何でそんなに扱いが違うんじゃい! ……と、
  公務員の方からは怒られそうですけども、
  マとりあえず、一般の方々の見る目は違いますよね。
  「こちとら税金払っとるんやデエ(何故か関西弁)」
  という……リクツが全面的に正しいかどうかは別にして、意識がまあ、働きますし。

ただまあ、彼の言葉の表面だけをなぞって、
「何様だ!」
と、瞬間湯沸し器みたいな怒り方をするのも、
ちょっと待ってみてもいいんじゃない? 少なくとも、今余裕のある場所にいる人はさ、
と、思ったのでこんなことを書いてみました。

マ上に書いたような背後の色々に気付きながらも、
「彼に賛同出来ないから」という理由から彼を追い落とすための材料にしている
「賢い」方々も少なからず混じってはおられるのでしょうから
あんまりクソ真面目に書いても詮無いことなんですけども。

……何か、焦ってるんですかね。
彼。
マお年ですしね。
彼なりの憂国のあり方なんでしょうけども、
士魂だけでは、上手く運ぶものも立ちいかなくなるでしょうに。



……。



自分を支え育んだ正義や美が、正しいと証明すること。
それは、それらに支え育まれた自分という人間が、
人々からの尊敬を集め得る振る舞いをすることでしか出来ないと……
オイサンなんかはまあ、思ってますけどね。
それもまた、一面的な真実でしかないのでしょうが。



■ヤシマ作戦



で、ついでに節電ヤシマ作戦の話。

簡単にいやあ、
「地震のせいで発電所が次々にイカれちゃって
 電気の供給量が足らなくなりそうだから、皆さん頑張って節電してね」
という東京電力さんの呼びかけに対して、その「電気を集める」というイメージから、
『エヴァ』のラミエル戦で取られた作戦「ヤシマ作戦」になぞらえて
誰かがその作戦名で呼び始めた、という話です。

  『エヴァ』のヤシマ作戦は、
  使徒ラミエルのATフィールドをブチ抜くだけの出力をポジトロンライフルに送るために、
  日本中を停電させて電力を集める、というものです。

  当初、オイサンがTwitter上で見かけていた構想では、
  「東京電力で足らない分を他の地域が節電して、余剰分を送電する」
  みたいな話(その構想が事実なのか誰かが間違って伝えたものかどうか知りませんが)だったようで、
  それなら本当にそのもなんですけども。
  実際はただの節電です。

まあそのネーミングがホントに奏功したのか知りませんけど、
節電の効果は上がっているようで喜ばしい限りです。
オイサンの地域でも、停電になるはずだった時間に停電は行われずにすみました。

  いかがなモンでしょうね、
  コレに乗じて、東京電力さんの節電効果の発表数値によって、
  使徒をどのくらいブッ飛ばせるかをアニメで出すようなWebページでも設けとけば、
  益々やりがいが出るんじゃないでしょうかw
  マそんなことしたら、また無理な節電をしたり、
  要らんことを吼える御仁が出てきたりするでしょうけど。

 ▼盛り上がれガンダム

デそのヤシマ作戦。
Twitter上で、
「ヤシマだかなんだか知らないけど、アニメに絡めてるとフザけてるようにしか見えない」
とお怒りの方がおられるようでした。
真面目な人なんだろうねえ。

本来の目的を達成して成果を上げつつ、
苦しいはずの今ある状況をちょっとでも高揚した楽しいものへと変化させてるわけだから、
まあ多少目を瞑ってもらいたいというのはアカンのでしょうかね。
実際ふざけてるかどうかは、これまた別として、ふざけてるように見えるってことは否定しませんけど。

でもそれを言うなら、戦意高揚のために作られた軍歌なんかも
同じ類のものだと思うんですよね。
同じ、自分の行いを劇化して高揚を促すものですからね。
それだけならまだしも、
自分の行いに大義を貼り付けてその裏にある行為の本質をマスクし、
通常の感覚器をマヒさせるものなので、
……もしも批判の対象になるのであれば、
フザケテル云々よりも、そっちの方が危険性をはらんでると思います。

今回こうして効果をあげたことについて、特段に
「これがアニメの力だ!(ドヤッ」
とかいう気はもう、恥ずかしくって全然ありませんけれども、
めんどくせえことを楽しんでやれるなら、アドレナリンだかエンドルフィンだかと思って
上手く使ってしまえばいいんじゃないですかね。
こんなときだもの。

体裁取り繕ってる場合でもないでしょ。
ついでに、中の人も燃え上がっておられたご様子です。

 ▼岩男潤子さんのブログ『J.I room』
  http://ameblo.jp/iwaojunko/entry-10828683738.html

ガンちゃんノリ良いなw


……。


自分の身の回りが少しずつ平静を取り戻しつつあって、
被害の実態、救援活動なんかも明るみに報道されるようになって……
事態が、収束とは言わないまでも、どうやって解決していったらいいかという方向性、
起承転結で言うところの「承」のフェーズに入っていると、
オイサンなんかは思ってしまっていたのですが……
今日のニュースを見ていて、
まだまだ被災当事者の皆さんは「起」のフェーズから全然抜け出せていないんだと実感しました。

  場所も、物も、気持ちも、3/11に起こった第一波の衝撃を脱するためには
  まだまだ全然足りてない、足りてるわけがない。

オイサンら南関東に住む人間の目は既に、
自分たちにより身近な原発の問題や、停電による不安定な生活への不安へと囚われる傾向にあって、
地震そのものや、第一波の直撃を受けた方々の惨状からは離れつつあるように感じます。
それらは一連の出来事であるに違いないんですが、
より身近に脅威や不安・不自由が設定されることで、
自分たちには直接的でない少し離れた場所の出来事は、
やはり、やや薄れたものとしてしてしか捉えられないみたいです。

  しかも今回、その副次的な不安や不自由でさえ、
  平時であれば10年に一度級のシロモノですから……
  遠い場所の出来事から視線がそれてしまうのも無理からぬことなんですけどもだ。
  ラスボス級の中ボスのオンパレードステージですからね。

ラスボス級の敵と戦いながら、
次のラスボス戦ばりの装備と心構えを矢継ぎ早に整えなければならないという、
未曾有という言葉があまりにぴったりくる無理ゲーを戦っていかないといけないんでしょうね。
今は。


……うーん。


オイサンなんかが何か言っても、
真面目に言ってる様にも、実感がこもってる様にも聞こえないとは思いますが。
申し訳ありませんね。
でもそんな感じです。

ついでに、つまらない符合を指摘してみるなら。

トチジの言った「天罰」に対抗すべく「ヤシマ作戦」シフトを敷いた今回の図式は、
敵性を「神」「天使」「神聖不可侵なるもの」と位置付け、
それに人が抗おうとした『エヴァ』の世界観に
妙にしっくりとあてはまるなあ、とか考えてしまう、
やっぱり自己劇化しないと物事をうまく捉えられないオイサンでした。



だめだね。


 

|

« ■それでも大地に立つしかないので。 -更新第648回- | トップページ | ■ガラハドさんのジレンマ~ゆたかさとやさしさの副作用 -更新第650回- »

[ご意見]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■JKPさん
ご無沙汰してます。
久方ぶりのご挨拶がこんなタイミングで切ないものがありますが、
お互い無事で何よりだと思います。

割れたお庭の底から超古代美少女が発掘されることをお祈り申し上げます。
二体出てきたら一体分けて下さい。
ツンデレの方。

> 慎太郎お兄ちゃんは仕方が無いのです。
> (中略)
> まあ、リーダーとして自身の思想を語れるというのは大きな魅力ではあります。
> その人のビジョンが見えないと支持しようが無いですしね。

まあ大体そんな感じですよね。
ビジョンがハッキリしているのは結構なことだと思います。
そういう意味では分かりやすくていいのですが、
なんつうか、右ウイングバック(お察し下さい)のお知り合いがいないのでよう分かりませんが
右ウイングバックの方々はこのタイミングでのあの放言に
「ブラボー!」と手を叩かれるわけですかね。
ちょっとすごいなー。
今回グラグラ水(これまたお察し下さい)を浴びた右ウイングの方たちは、
(いたらだけど)どう感じてるんだろう。

> 私がヤシマ作戦を知ったのはやはりガンちゃんHPだったのですが、正直に言えば私も眉をひそめた一人です。
> (中略)
> 効果があるのならば体裁を繕っている場合ではないだろう、というオイサンのご意見はもっともだと思いつつ、でもイマイチ釈然としない自分がいます。
> この拒否反応はどこから来るのだろう?

我ながらちょっとらんぼうな理屈だとも思いますけどねw
 
アニメとごっちゃにする行為を、なんの後ろめたさも感じずに、
ただただ「良いこと・楽しいこと」と思ってやってる人間がどのくらいるでしょうねえ。
やっぱりちょっと
「怒られるんじゃないかな、誰か気を悪くするんじゃないかな」
という気持ちの多少働いた上で、
「いやいや、結果も出てるんだからそう悪いことでもないだろ」
と開き直ってるというのが……オイサンの考える普通の感覚です。
 
が。
 
JKPさんから度々お聞きする「昨今の信じられないセンスの持ち主」たちが
どー考えてるか分かったモンじゃあないですね。
これは推測ですが、オイサンの感じるような「普通のセンス」、
「ちょっとした遠慮・配慮の要素」がある上でやっているのを見る分には、
ある程度安心して見ていられるのではないかなと思うのです。
これが、「心底、これは良いこと、結果も出てるし悪い要素など一片もない!」
という態度から来るものだと、見ていて拒否反応も出て来やすそうかなあと思います。
 
> そういう意味で、慎太郎お兄ちゃんの言う美しい日本人像が今こそ必要とされているという様には、実はひそかに思っていたり致します。
 
多分、それについてはオイサンも似たような気持ちでいます。
具体的には、今回の停電。
ほんとにバッサリと、否応なく「あんたはこの組!」と物理的に区分けされ、
「この時間からこの時間の電気で生活して!」
と、ある種全体の一ブロックとして生活の画一化を申し渡されるという現象は、
個性だ、自由だという個の風潮にさらされてきた若い人たちには
ある種新鮮なんじゃないだろうかなあと思ったりします。
 
あと個人的に感じたのが、
「有事に際して物理的距離の近い人たちと多少お近づきになっといた方がいいなあ」
ということで、今回の画一的ゾーニング危機は
その気持ちをシンパシーでもって後押ししてくれたなあと感じています。
Twitterで話していても、思うんですよね。
なんとなく「この人はうちのご近所さんだなー」と認識していた方々と、
「あー、停電時間同じですねー、困りますよねー。電車も止まっちゃいますもんねー」
と話をすることで、「近隣地域」という、昨今ともすれば蔑にされがちな結びつきが、
強制的に価値を持ち始めると感じました。
 
オイサンの思うこの像が慎太郎にぃにのものと合致するかわかりませんが、
そうしたぷち全体主義・ぷちナショナリズムとも言うべき波が、
これを契機としてゆり戻してくるんじゃないかなあと……
期待、ではないですが、予期・予感としてありますね。
 
良い影響をもたらしてくれればいいなあと思います。
 
落ち着いたら、また遊びましょうね。

投稿: ikas2nd | 2011年3月18日 (金) 00時17分

どーもです。
こちらではお久しぶりです。
ご無事でご帰宅されたようでなによりです。

慎太郎お兄ちゃんは仕方が無いのです。
わざと煽るように言う傾向が、元々あの人にはあるのです。
思想としては思いっきり右派・タカ派なので、それを崇拝している人からは絶対的な支持が得られるという寸法です。
都知事選も近いですしね(偏見100%)
個人的にあの人の目指す日本人像は嫌いではないのですが、時々発言がぶっ飛ぶのでついていけません。
まあ、リーダーとして自身の思想を語れるというのは大きな魅力ではあります。
その人のビジョンが見えないと支持しようが無いですしね。


>「ヤシマだかなんだか知らないけど、アニメに絡めてるとフザけてるようにしか見えない」
>とお怒りの方がおられるようでした。

私がヤシマ作戦を知ったのはやはりガンちゃんHPだったのですが、正直に言えば私も眉をひそめた一人です。
なんなんでしょうね。
効果があるのならば体裁を繕っている場合ではないだろう、というオイサンのご意見はもっともだと思いつつ、でもイマイチ釈然としない自分がいます。
この拒否反応はどこから来るのだろう?

まあ、私ごときの個人的干渉はどうでも良いのです。
早く一連の事態が収まる様、努力しなければ。
そういう意味で、慎太郎お兄ちゃんの言う美しい日本人像が今こそ必要とされているという様には、実はひそかに思っていたり致します。

投稿: JKP | 2011年3月16日 (水) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/39242500

この記事へのトラックバック一覧です: ■Angel Attack -更新第649回-:

« ■それでも大地に立つしかないので。 -更新第648回- | トップページ | ■ガラハドさんのジレンマ~ゆたかさとやさしさの副作用 -更新第650回- »