« ■Angel Attack -更新第649回- | トップページ | ■懲役1200キロカロリー -更新第651回- »

2011年3月18日 (金)

■ガラハドさんのジレンマ~ゆたかさとやさしさの副作用 -更新第650回-

オイサンは神奈川県の片田舎に住まっておるワケですが……
なんでしょうね、この矢鱈なモノの無さは。
スーパー行ってもコンビニ行っても、ホント物がない。

一般の方が買占めをなさっているとWebやらテレビやらでは報じられておりますが、
一般人が慌てて物を買いあさったところで
こんなに端から端まで、こんなに継続的に物がなくなるもんか?
と不思議に思えてしまうくらいキレーに、ある一定のものだけが棚から姿を消している。

  オイサンが今のところ気にしているのは牛乳とミネラルウォーターだけなのですが、
  お米とかトイレットペーパーとかも、なんかもうヒドイみたいですね。
  あとオイサンの見たところでは納豆も、なんか無い。
  そもそもさ、牛乳なんか、普通こういうタイミングで買い溜めの対象になりますかね?
  ……アレだろうかしら。
  牛乳とか納豆とかの品切れラインナップをみるにつけ、
  定番の買い溜めアイテムに加えて、
  今回被害くらったあたりで作られてるモノとかにあたりをつけて買われてるのかしら、
  なんて、適当な憶測で言ってみますけどもね。

本当に、陰謀説を勘繰りたくなってしまうくらいに、
誰かが後ろから糸を引いてでもいなければ
ちょっとこうまで綺麗にはものがなくなったりはしないんじゃないの?
モノを市場から消して、値を吊り上げようとしている誰かがいるのではないかと……
思ってしまいますよ。

こんな風に買占め・買い溜めが進むことで、
直接的に被災地にモノが行き渡らなくなったり、
間接的には流通が混乱し、燃料が行き渡らなくなって
コレマタ被災地への物資運搬に支障を来たしたりするみたいですから。

 ▼関東地方及び、被災地“以外”の方へのお願い。
 http://please.nomaki.jp/

みなさんどーか醜いことはやめて、もうちょいガマンしましょうや。
そんで、どーかオイサンに牛乳を買わせて下さい。
コーヒーがおいしく飲めやせん。



■アイスソードをてにいれろ



 ガラハド「ねんがんの アイスソードをてにいれたぞ!」
     そう かんけいないね
     殺してでも うばいとる
     ゆずってくれ たのむ!!
    → りほこは かわいいなあ!!!


そんな醜い買い溜め合戦が繰り広げられる戦国関東平野ですが、
嘘かまことか海外じゃあ今回の大災害に及んでの日本人の我慢強く紳士的な振る舞いに
支持が集まっているとかいないとか。

 ▼世界の国々「日本タフすぎワロタwwwwwwwwこいつらなんなのwwww」
 http://blog.livedoor.jp/news23vip/archives/3609339.html [VIPPERな俺]

……別に、何か根拠があるわけでなく、
そう考えたことで何か先に繋げようという気があるわけでもないけども、
この件に関して、オイサンの思ったところを
ちょっとだけメモっておこうかなと思います。

 ▼被災地におくるアイスソード

こういう日本人の行動原理の背景には、
「平和ボケの副作用」っていう面があるんじゃないのかなー、と、ふと思いました。

  副作用、という言葉はあんまり良くない意味っぽく、
  今回のは「思わぬ効能」、ポジティブな意味なので、
  強いて言うなら「副効果」、サブエフェクトとでも言いましょうか。

言葉を悪くすると、悲観の核にも楽観を保ち続けているというか、
国や人々がやさしく、きっと何とか出来る・なる・してくれると信じることを諦めない、
というか……その感覚が染み付いているんじゃないだろうか、
ということです。

長く続いた、豊かで平和な時代に浸りきった我々は、
この国がお金持ちで物持ちで、「うっかりしてもなかなか死なない」国だと、
……それが事実か否かは毎度のごとく別として、
何十年という実績として体感してきている。
その信頼が、この非常時にあって眼前に物がなくても
「行儀良く待っていれば、必ず自分にも回ってくる」と確信させ、
辛抱強くいられるのではないかなー……と、思いました。
なんとなくだけどね。

冒頭で書いた台詞と選択肢は、SFCのRPG『ロマンシング Sa・Ga』における
これ以上ないんじゃないかというくらい有名な選択肢ですが、

  ……こんなところでも梨穂子のかわいさはマックスボルテージですね(ウソ)。

その日本人の気質というか行動規範は反面、
「ころしてでも うばいとる」の選択肢に切り替えるべきタイミングを肌で知らないという、
ある意味では致命的な欠陥でもあると思うのですが。

  多分、海外にいるときに同じようなことが起こったら、
  日本人は真っ先にやられてしまうのではないでしょうかね。
  マその辺は、郷に入っては「業」に従っていかないとアカンということだと思いますけど。

無論こういうメンタリティを作り上げたものは、
そうした長年にわたる平和ボケの刷り込みばかりでなく、
それを破ることで科せられるデメリット / それを守ることで得られるメリットの天秤を、
丁寧に辛抱強く刷り込んできた美徳の教育の賜物でもあるんでしょう。
イヤ、それはまた立派でたいしたものだと思います。
けれどその教育を可能にし、教えようとしたことの通りに物事が回ってきたのも、
物質的なゆたかさの賜物だと思います。
言うことをきいた子に、キチンとご褒美を上げられることの大切さです。

ココ10年・15年のことはともかく、それ以前は
「正直者でいてもそれほどの馬鹿をみないで済む、
 正直者でいることの方が多くのメリットを生む」
ヨノナカであったと、……オイサンは子供でしたけれども、思いますよ。

それが今は……ねえ。
よその国に比べればまだまだ豊かだとは言え、
格差だ、競争だ、ワープアだモンペだゆとりだと、
イガイガ・イライラした言葉ばかりが耳に障るヨノナカです。
ものがあるにも関わらず、わが身を守るためにゴネ合い、奪い合い、買い占めるヨノナカです。

「モノばかりが過剰で心の空虚な時代だ」「競争が大事だ」
と、さんざ言われてきたけれど。
平和に耽溺しボケること、手の届くところにものがあることも、
案外悪くないんじゃねえかなー、
それが規範をつくるのに一役買うこともあるんじゃないかなー、などと。
至極浅薄で一面的な見方を、ここにご披露するものでございますよ。
自己肯定。

  もちろんね。
  それを刷り込みではなく、理性で御することが出来ること、
  イザという時「ころしてでも!」に切り替えられることが、
  知性があり、且つ動物でもある者として、最もまっとーだとは思いますがね。

マそんなことで。
10年後。
20年後。
この国が再びの未曾有の危機にさらされたとき、
はたしてこの東のエデンのガラハドさんは、
無事にアイスソードを持ち帰ることが出来るでしょうか?
オイサンは……今のままでは限りなく黒だと思うのです。

あ、えーと。
最後になりましたけど、
「てやんでい! こちとら辛い、しんどい、寒い中、
 本当は列に割り込んでとなりの奴ブン殴ってでも食べもん手に入れたいのを
 歯ァ食いしばって我慢してんだよ!!
 なに勝手に『のんき者の延長』みたいな解釈してんだボケ!!」
という方がおられたましたら、ごめんなさい。
謹んで陳謝……って、
な なにをする きさまらー!


オイサンでした。


 

|

« ■Angel Attack -更新第649回- | トップページ | ■懲役1200キロカロリー -更新第651回- »

[ご意見]」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/39269714

この記事へのトラックバック一覧です: ■ガラハドさんのジレンマ~ゆたかさとやさしさの副作用 -更新第650回-:

« ■Angel Attack -更新第649回- | トップページ | ■懲役1200キロカロリー -更新第651回- »