« ■モニターの残照遠く~照り映える我が身の影に思う -更新第643回- | トップページ | ■カエリミル・クリミナル -更新第645回- »

2011年3月 4日 (金)

■二回目のアクセル~6年目のはじまり -更新第644回-

オイサンなのよさ。
ピノコです(どっちだ)。


弥生三日はやよいちゃんの誕生日です。

オイサンは、この日本という素晴らしい国に生を受けてもうじき36年になりますが、
やよいちゃんという名前の方とはお一人としか出会ったことがありませんな。
そしてその方は、袴でもポニテでもなかった。
実に残念です。

  ※勝手なイメージで話がどんどん進んでいますが
   あなたが気にするようなことではありません。

仕方ないので青空高校の南さんに丹下桜ヴォイスで慰めてもらいたいと思います。
お兄ちゃんって呼んでもいいのよ。

  皆さんは、なんとなくアコガレる名前ってありますかね。
  オイサンは白石ミドリさんという方を探しています。
  ミドリはどんな字を書くか分かりません。



■結婚記念日を忘れる男の末路



……。



あのー……。



言い出しにくいことなのですが。



なんか忘れてるなー、と思ってたら、ですね。



2/25で、このブログは開設から丸5年経ってました。



た、田村ゆかりを呼べ!
「すごいねお兄ちゃん、びっくりだねー!」
って言ってもらうんだから! 君子声で!!



5年。
5年かあー。
5年前のオイサンが何をしてたか、ちょっと当時の記事を振り返ってみましたが、
『幻想水滸伝Ⅴ』を買ってますね。
2011年3月現在、まだクリアしてませんね。

  大層シナリオが素晴らしいゲームなので、これはキチンとクリアしたいと思ってます。
  真面目に始めたのが2008年の末頃で、
  その後『リッジ6』を始め、わりとすぐに『アマガミ』が出てしまったものだから
  中断を余儀なくされてしまった不遇のゲームです。
  でもシナリオは、途中までしか見ていないとはいえ本当に面白い、素晴らしいゲームです。

あと当時ハマっていたものは……どうやら、
『陰からマモル!』『フラグメンツ・ブルー』あたりみたいですね。
『フラグメンツ・ブルー』については今でも色々しゃべってるのでここでは特に言いませんが
『陰からマモル!』は……お世辞にも、真面目に面白いモンじゃないのですけど、
なんかくたびれてた時期に、すっごいユルーいのがステキな主題歌と一緒に
ノーミソにぽーんと飛び込んできたものですから、
すっかりやられてしまった感じですね。
OPは今でも好きです。それでは聴いていただきましょう。
『ミリオン・ラブ』です、ドゾ。

  ▼陰からマモル!OP ミリオン・ラブ
  

  ▼フラグメンツ・ブルー
  

  ▼幻想水滸伝Ⅴ
  



■では4年前はどうでしょう。2007年の2月。



このあたりの事は良く覚えています。
大変だったオシゴトが片付いて、昨年取りそびれた遅い夏休みをとり、
9日間かけて北海道の道北を路線バスでめぐる旅をしました。

  網走からオホーツク沿岸を北上して稚内まで行き、
  そこから日本海側を南下して留萌まで。
  楽しかったですねえ、アレは。
  後半クッタクタになってましたけど、アレはアレで。
  そっかー、あれからもう4年か。けどまだ4年だな。

ゲームは『ペルソナ3』を始めた頃ですね。
オイサン的には何一つ響かなかったゲーム。ホント作業だったなアレは。
あとはWiiで『Wii Sports』とかやってるみたいですね。

  ……最近、全然Miiをこさえてないな。
  新しくお知り合いになった人のMiiとか、こしらえてみるか。
  うん、楽しそう。
  ヌフフ。
  ワクワクしてきたぜ。
  絢辻さんと魅杏ちゃんもつーくろーっと。

 ▼ペルソナ3
 


箱○さんで『アイマス』も始めていますな、この頃。
でもコレも、アーケード版は知りませんが、移植としてはあまりデキの良い感じでは無かったですね。
ナムコさんらしくない、片手落ちなカンジの移植だったように思います。
残念。
先頃発売になった『アイマス2』は……世間的な売れ行きは芳しくないようですけど、
コンシューマ特化で作られているんでしょうから、ちょっとリベンジしてみようかしら。
システム自体は面白いと思うんですよねー。
あそうそう、箱○さんのライブアーケードでゲットしたKONAMIの古ゲー、
『タイムパイロット』が神ゲー過ぎてずっとやってる時期ですね。
アレ面白いんだよなあ。
またやろう。

あとは『ひだまりスケッチ』ですね。
この年の一月から第一期が放映開始されてたはずですから、
多分まだ、その面白さの理由がわからなくて右往左往していた頃だと思います。

 ▼魂の代 -更新第62回-
 http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_019c.html

ここの記事で『芽生えドライブ』の歌詞を空耳したことを書いてますが、
先日Twitter上で、フォロワーさんが同じ空耳をしたことを
恥ずかしがってるところに出くわしました。
なんかへんな巡り会わせだw



■3年前。2008年、2月。



河島英五にハマってますね。
急に渋いな。
この一年で何があった。
07年の秋から二ヶ月アメリカに行かされてましたから、そこで何かあったんでしょう。
そうに違いない。

  ▼河島英五 時代おくれ
  


ゲームでは『スーパーマリオギャラクシー』。
面白いゲームでしたね。
『2』は……ちょっとマンネリでしたかな。
新しいことはしているんですが、想定の範囲内というカンジで。
他には、『熱帯低気圧少女』を終わらせたみたいです。
これも……もう一息なゲームだったように思います。
OPムービーがあまりに素晴らしかったので購入しましたが。

 ▼熱帯低気圧少女
 

それとDS版の『DQⅣ』。
これは素晴らしかったですね。かなりのめりこんでやりました。
追加シナリオまでは手をつけませんでしたが、見事、実に丁寧な移植だったと思います。
仲間会話システムが追加されて、ホント面白くなった。

  ▼きっともうすぐさよなら -更新第106回-
  http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/106_bef3.html

パーティ内の人間関係とか、妄想会話を記事にしてますが、
そういうことをモリモリと喚起してくれる、
良いシステム追加でしたね。
しかしあのテキスト量、堀井雄二氏は死んだんじゃないだろうか。
あと、アリーナとブライというこれまた若干斜め上気味のSSもこのとき書いているので、
良ければそちらもご一読下さい。

  ▼X家の人々 -更新第99回-
  http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/x99_3bea.html
  記事の下の方。

そしてこの年もこの頃に北海道に行ってますね。
多分行ったのは1月の連休だと思いますが。
摩周湖、ダイヤモンドダストを見に川湯温泉に行ってました。
そうだそうだ、この時、帰りの鶴見台(横浜ではない)でスッ転んで
アバラをやったんだった。しばらく痛かったなあ。

あと、「沙英さん オナニー」で検索してきた人とお友達になろうとしてるな。
変わりらんなこのオッサンは。



■2年前。2009年2がt……は、もういいか。



『アマガミ』が出る直前。さすがにワリと最近なので、もういいか。
まあそんなことで、あんまりやってることも考えてることも、
言ってることも変わってないカンジだ。

開設したばかりの2006年の2月の記事で、飯塚雅弓さんの歌『アクセル』のことを書きました。
この歌は、
年上の恋人がいる高校生の女の子が大学に上がり、すこし広がった世界を見渡してみると、
恋人のことも、高校時代に交わした約束のことも、
なんだか小さなつまらないもののように思えてしまって、
変わっていく自分ともう守れないであろう約束のことを恋人に謝る気持ちを歌ったものです。

  ▼アクセル~10年経ってもかわらないもの
  http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/10_44d3.html

この歌に出会ったのが、オイサンが大学生の頃。
2006年時点で、既に10年前の歌です。
10年前に出会った歌のことを書きながら、
10年後にはどんな気持ちでこの歌を聴くだろうかと書き、
「多分今から先の10年後には変わってねえ」と、
要らん慧眼を発揮しておいでです、5年前のオイサン。
5年経ったオイサンもそう思うわw
多分当たりだよ。

けども、5年前の自分から、そんなに変わってない自分を見て、
ちょっとホッとしている自分もおります。
なんでしょうね。
まオイサンは変化が苦手ですし、今くらいのタイミングで劇的に変化するのも、
くたびれてしまいますからね。

……とはいえ5年前のオイサンは、5年後に50kgも縮んでるとか、
オンラインとはいえお知り合いをこんなに増やしているとかは
夢にも思ってないでしょうけど。
劇的っちゃ劇的だわな。

でも、それによって自分の中身……
取り込もうとする情報の種類、
その最初の見定め方、どの処理に放り込もうとするかの選別の仕方、
それぞれの処理の仕方、
導き出した結論をどんな形でしまい込んでおくかのやり方、
そんなものは変わっていないので、
今ある変化は、所詮ガワの変化に過ぎないとも思います。



……。



どーなんだろなー。
この先、なんか変わるだろうか。
全体がある一時にガラッと変わるなんていうことは多分なく、
端々のパーツが……その大小はあるでしょうけども……
小さな衝撃とともにカチャンとすげ換わることを繰り返して、
長い時間の果てに振り返ると、あのときに比べればたくさんの部品が変わったと、
そんな風に思うものなんでしょうけども。

マ外的な大きなショックが加わったら、
一瞬で根本が変わってしまうこともあるのでしょうが。

そういう感覚で振り返ると、
2009年3月以前の自分と以降の自分では、やはりいくつかのパーツは挿げ変わっているし、
2007年10月の、アメリカ行きの前と後では入れ替わったパーツがいくつかある。
『ひだまりスケッチ』のように、何も変えず、ただもたらすだけのものもあって、
それはそれで貴重だと思う。

何かを意識的に「変える」ということは、オイサンには結構なストレスなので、
出来ることなら、変わることが必要な流れの中で、
何かに出会い、自然に変わっていけると面倒が無くていいなあとムシのいいコトを思う、
ダメなカンジのオイサンでした。



なのでまあ、とりあえず。
Miiでもこしらえましょうか。
あなたと出会った、その変容の証として。



オイサンでした。



とりあえず、あの人とあの人とあの人だな。
よぉし、久々に腕が鳴るぜ。
……でもコレ、結構手間かかるんだよなあ。

あ、ちなみにオイサン、ニンテンドー3DSには今のところソフト的に興味が持てていませんが、
ハード内蔵のソフトで、撮った写真から自動的にサンプルMiiを生成してくれるという機能には
すごく興味があります。
それだけはちょっと試してみたいなあ。



 

|

« ■モニターの残照遠く~照り映える我が身の影に思う -更新第643回- | トップページ | ■カエリミル・クリミナル -更新第645回- »

[日記]」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/39097717

この記事へのトラックバック一覧です: ■二回目のアクセル~6年目のはじまり -更新第644回-:

« ■モニターの残照遠く~照り映える我が身の影に思う -更新第643回- | トップページ | ■カエリミル・クリミナル -更新第645回- »