« ■Back to the "A". -更新第625回- | トップページ | ■木っ端な話・時間とカロリー -更新第626.5回- »

2011年1月 4日 (火)

■初夢オフライン -更新第626回-

うめてんてーの初夢が、ファンタスティックなのにリアルで羨ましい。
オイサンです。

何をどうすれば、彼女のような思考と感性の人間を育てることが出来るのだろうか。
それを解き明かすことは、
世界平和実現のために絶対に欠かせないプロセスだと思う。



■2011年最初のオシゴト



さて、一月二日と三日の二日間は、お馴染みのオフ会タイムです。
……マこれももう、何か、オフ会って呼ぶのもなんか違うんじゃないかと、
オイサンなんかは思ってしまうのですけどね。

「松も明けないうちからはた迷惑なヤツめ」とお思いかもしれませんが、
今回もTwitterのタイムライン上から、お二人の方にお相手をして戴きました。
実家への帰省は、関西圏フォロワーさんとお会いする貴重なタイミングでもありますのでね。
出来るだけ活用しないとです。

……マ実際、会うてどないすんねん、というのはありますけども、
そこはそれ。
以前もチョイと書きましたけれども、
どんなカオした人が、
どんな声、
どんな抑揚で「考え」、発している言葉なのか……ということが
実際にお会いすることである程度カタチをもつ、
その手触りや湿度がオイサンには(恐らく誰にとっても)すごく大切なワケで、
それを知っているか知らないかで、
発する側の考えやその末に顕現される言葉が同じでも、
オイサンの器官が、その生の情報をふりかけて受け止めることで
様々なニュアンスを再現することが出来るのです。

  ……と、そう思っているのです。
  ウソかマコトか。
  実はそれは、本来のコトバの持っている、せっかくフラットでニュートラルな状態にある意味を
  色眼鏡で歪める行為でもあるのかもしれませんが……
  こと、ある意味で個人的なパラメータであるタイムラインという軸線の上では、
  それはその方が良いと思うのですよね。

  同じオイサンの発する言葉でも、
  オイサンのタイムラインの上でのその言葉と、
  他の方が独自に構成されたタイムラインの上でのその言葉は、
  多分ちょっぴりずつ違う色をしている。

  オイサンはそうして人とお会いするようになって、
  物を書くにあたっても色んな言葉が浮かぶようになった気がしています。

だからまあ、そんなことのため、に、今回もお二人の御方とお会いして。
……それは、とても楽しく、有用なことだったと思うのです。

 ▼先ずは一月二日。

お相手はnig23さん
にぐにいさん、とお呼びしてます。
相互フォローの関係になったのは昨年の4月頃と比較的早く、
その後、頻繁に、というほどでもありませんが
ワリと気兼ねなくリプライを送りあえるようになったのは……オイサンの

「美也ね、鰊が食べたいの! 鰊鰊鰊鰊鰊鰊鰊鰊鰊!」

という……
……あの、もうね。
どうにも救い難い呟きに、にぐにいさんが突っ込んで下さったのがキッカケでした。

  ▼はるか-花と器 -更新第492回-
  http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/-492--b7ad.html
  その時の様子はこちら。

アレもそもそもツッコミだったのかなんだったのか、
単純に鰊がお好きだったのかもしれませんが。
ともあれ、ニシンがご縁で始まったお付き合いだったワケです。

それが昨年十月にオイサンが一旦帰省しようという折、
「ついでにニシンでもお持ちしますか?」
と冗談めかした話がトントン拍子で進んだものの、
日程を精査したところ結局実現できない運びとなってしまい、そのお詫びにといってはナンですが
「では年末にでも」
という風にお約束をさせて戴いたのでした。
今回は、そのニシンを献上する旅。

 ▼そして、一月三日のお相手が@kupeer_0430さん。

くーぱさん、とお呼びしております。
こちらは特に因縁(笑)めいた話もなく、帰省するにあたってオイサンのこぼした
「またどなたかと会えるかねえ」
という呟きにいち早く反応して戴いたので、今回お会いする運びとなりました。

あーでも、くーぱさんとも昨年の夏、
神戸にてパトやんやむーたん、kashiさん、kazくん等々という面々とお会いした時、
機が合えばご一緒に、というお話をしていたのですが都合がつかずにお会いできなかった、
という背景があるにはありますな。

 ▼もう一度TENDERNESS -更新第564回-
 http://ikas2nd.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/-564--341d.html



■にぐ兄さんといっしょ



にぐ兄さんとは、オイサンの実家近く、
大きなショッピングセンターのあるとある山深い新興住宅街の駅付近で待ち合わせまして、
兄さんの運転して下さるおクルマで、
兄さんのお奨めのコーヒー専門店までご案内戴くという
お任せシフトだったのですけれども。



……。



……あのねー。
オイサンは、大仏生まれのシカ育ち、生粋の奈良都民(昔は首都でしたからね)でして、
心にどっしりと張っている根は紛れもない関西人のものなんですけれども。

  マ同じ関西でも、京都・奈良・大阪・兵庫でなかなかずつ違っていて
  (多分滋賀や三重など、他の件でも独特の差がある)、
  県内でも地域ごとに差がありますが、
  奈良県は比較的ユルいというか、おだやかというか、ノンキもんですが。

……関西ノリをなめてましたね。
油断してた。

関東で何度か、初対面の方々ともお会いしてきたオイサンで、
関西でも一度、九州・四国でもそれぞれ一度ずつやってきてますが、
ここまで出会いがしらで瞬間的にトーンが上がるのは予想をしておらず。
関東圏でのオフ……というか、初対面同士の対面が、グツグツと温度を上げていく煮物だとしたるならば、
西の出会いは、揚げ物なんですな。天ぷらか、カツかはわかりませんが、
カチカチに熱せられた油に放り込まれる感じでした。

まモチロン個人差というものはあるでしょうし、
こんな書き方をすると兄さんが一人でテンションの高い人みたいに聞こえてしまうかも知れませんが
そうではなく、
イヤお熱い方であることに違いはないと思うんですけれど。
そういうことじゃない。
西と東で、多分ある程度、そもそもの心構えが
「水を張ってダシを取って、ハイあとは具材が入るのを待つだけ」
であるのか、
「ハイ油180度ー。天ぷら準備オッケー」
なのか。
そういう基盤、セオリーみたいなものがあんじゃないのかなと、
今回のお二人に会ってみてそう感じました。

デ、上でも書いた通り、
オイサンとにぐ兄さんとの交流のきっかけは紛れもない『アマガミ』に絡んだ所にあったワケですが、
兄さんはあまり『アマガミ』に関することをTwitter上で呟かれる感じではなく、
かといってその他のいわゆるオタクっぽいことに触れられることも多くはなかったので、
正直、
どうしてオイサンをフォローして下さって、
かつ絡んでくれたのかなー、と不思議には思っておりました。

  普段はもっとこう、オイサンの不得手なタイプの難しいコト……
  セージ的なこととかケーザイ的なことを拾い集めては、
  それに対して考察したりコメントしたりという……
  思索的なことがお好きな方のようにお見受けしておりましたので。

  ……なんで、
  ヘタすりゃオイサンのTwitter上でのノーテンキな振舞いを諌められたりするかしらんと
  そういう展開も軽く覚悟して赴いたのですが、それは杞憂に終わりました。
  ……ホッ。

今回会ってお話してみたところ、
出会いでぶちかまされた、熱さや勢いの良さ、イタズラが好きそうなところとかが
意外でもあったのですが、
『アマガミ』もオイサンなんかよりもガッツリと深くやりこんでおられて
どうやら行動MAPもコンプリートされてるとのこと。

  ただ、今回同伴(!)されていた奥方とタッグでおやりになってたようですが。

一本のゲームにどっぷり浸りこむタイプの楽しみ方をされているご様子です。
フツーに『バイオ』を無闇にやりこんだり。
アしまった、『TLS』の系譜にどのくらいタッチしてるか尋ねるのを忘れてたな。
マいいや。

他にも『NOeL』だとか、若干古い目のゲームを当時は買わずにいたものを、
5年・10年という単位で憶えていて、
何年か越しに購入してはプレイする、というような楽しみ方をされているようで。
まあその辺は、ある程度年輪を重ねたゲーム人にはありがちなたしなみではありますね。
オイサンも非常にシムパシィを感ずるところです。

他にも、珈琲、食べ物、家電、温泉、おクルマ等々、
随所に(奥様発のものも含めてw)コダワリ・楽しみを散りばめておられる方でした。

  この前日……つまりは元旦ですな……には、
  温泉を巡って紀伊半島を一周されてきたのだそうで。
  一日で700km走ったって言ってました。
  すげえな。

オイサンの方からは、
なんだかオイサンのblogの古い所や、派生した記事(アメリカ暮らしのもの)までお読み戴いてたようで
あらためてお話出来るようなことが多くなく、
繰り出される話題の深みに見合うような考えもなくてですね。
御夫婦のパワーに圧倒されてしまったというのもあって、
相槌ばかりを打つ……なんというか、すっかりオモテナシをされるばかり・戴くばかりの差し出せない展開で、
申し訳なかったなと省みることしきりでした。

トホホ。

いやオイサンとしては非常に実りのある会だったのですが。
基本関西人、エンターテイナーとしての血の濃いオイサンですから、
やっぱり楽しんでもらってナンボだと思いますのでねえ。
せっかくお時間を戴くわけですし、
お互いにそういう手応えを持ちかえりたいし、持ち帰ってもらいたい、というのはあるワケで。
色んな局面に対応出来るチカラを身につけんとなあ、というのは
やはりオイサンの課題として色濃く残るのでありました。

マそんな感じで。
次回お会いするのでも、Twitterの上でも。
引き続き、飽きず呆れず、お付き合い戴けると嬉しく思うオイサンです。

 ▼あと、余談。

カーステレオでずっとかかっていた曲が今も気になっていて、
最後になんなのか訊こうと思ってすっかり忘れてしまったのですが。
歌詞を頼りに探してみたらスコンと見つかった。
多分この辺。

  ▼カズン 恋する惑星
  http://j-lyric.net/artist/a00281a/l0070b1.html

爽やかで、多分4、5曲が延々ループしてたと思うんですが、
ずーっと流れていても全然飽きないタイプの声と楽曲でした。
すごく気持ち良かったので、CDか、あればアマゾンかで、曲を買ってみようと思ってます。



■とある東大阪の超電磁砲(意味はない)



そして1月3日、オフ2日目は東大阪の片隅で。
昨日は関西でも若干北の方だとすれば、今回は大体真ん中へん。
いわゆる大阪です。
ちゃうねん。

昨日出ばなをくじかれたオイサンは、煮物ではなく揚げ物のテンションで、
油を180度まで熱してからコトに臨んだのでありました。

……またオイサン自身の話になりますけれど、
オイサンが大仏生まれのシカ育ちなのは前述の通りですが、
教育は、タコ焼き仕立てのお好み風味なのです。

  訳)ガッコは高校・大学と大阪方面だったのですね(始めからそう言え)。

そしてその前々々日、つまり大晦日の、
Twitter上でのくーぱさんの呟きを見逃すオイサンではありません。

  http://twitter.com/kupeer_0430/status/20769023738249216

……アレ?
じゃあ、同い年……?
同い年で東大阪方面となると……もしかすると知っている人間にゆかりの方かもしれない、
ヘタをすると、完全に知ってる人間そのものが来るかも知れない……!!

……なんていうですね、ちょっとした恐怖感と期待感を入り混じらせながら
待ち合わせの駅に降り立ったワケですが。



……マ別段、大きなオチもなく。
フツーに知らない人でした(なんだそれw)。



ですけど、なんというか……
これを申し上げて喜んでもらえるのか、怒られるのかは分かりませんが……
どこか懐かしい、高校時代の友人と非常に似た空気をまとった
「大阪の兄ちゃん」が、そこにはおられ、オイサンは大層、お話がし易かったですよ。
馴染むのがすごく早かったです。

  くーぱさんはこのあとに、高校の部活のOB会を控えているいうことで
  会ってお話した時間は1時間半ほどと、さほど長くはご一緒出来なかったのですが……
  なんかそれでも十分なくらい、だーっとしゃべって、気持ち良くお別れの出来た気安さがありました。
  いやあ、嬉しいなあ。

出てくる話題は、ゲーム本編『アマガミ』に始まり、アニメ『アマガミSS』、
そして(恐らくは『TLS』系譜の次回作と位置付けられるであろう)『フォトカノ』に至るまで。
ギャルゲーの入口がお互い初代『ときメモ』であるですとか
(オイサンはPS版、クーパさんはサターン版という差はありますが)、
アニメ『キミキスpure rouge』に対する評価傾向が似ているですとか、
そういうところで共鳴しやすい部分もありつつ、話題がポンポンと繋がって、
他には互いのゲーム・ギャルゲーの遍歴という話に終始しました。

  あとはまあ、青春時代の生活圏の近さがあって、ローカルな話題ですとかね。

クーパさんの場合ゴカテイ的な事情もあるので『アマガミSS』のBDやなんかは
さすがに全部購入するというわけにもいかず、
「(森島)先輩、紗江ちゃん、絢辻さん……かなあ……」
と、大層絞りづらそうに、購入対象を練っておられるのが印象的でした。

  なんというか、以前の記事で、
  「@yotsuakiさんと@NOR_kankitsukeiさんが、
   オイサンのTLの上では『アマガミ』を楽しむことにかけては最右翼だ」
  というようなことを書きましたけれど、
  かなりそれに近い位置におられるなあ、と感心することしきりです。

あとはその、「何をやっている・知っている」ということ以上に、
「何をやっていない・何を知らない」ということが共通していて、
それが案外、繋がりの強さを作ったりするものだなあと感じました。
今回の場合、それは『ポケモン』と『モンハン』。
オイサンの年代は、
丁度初代の『ポケモン』が出るタイミングで大学の最上級生か、オシゴトに就くか、
という段階にあった方が多く、
手がついてない人が結構多いのではないかとお見受けします。

  下の世代は、
  オイサンらの世代が『ドラクエ』や『FF』『ゼルダ』で育ってきたのと同様に
  ワリと『ポケモン』に育てられた、みたいなとこがあって、
  当然の共通文化・たしなみとして『ポケモン』が沁みついていたりするご様子。

そんなことで、
「TLの、ちょっと若い世代は『ポケモン』やってたりしますねー」
「そのもうチョット下とかは『モンハン』ですよねー」
「わかんないですねー」
なんていう、実にオッサンらしい湿り気のあるトークでシムパシィを確かめあったりしてしまうのでした。

マやってるに越したことはないんですけどね。
色々、話題のフックはあった方がね。
そういう意味では、日曜の朝の番組帯を楽しんでおられるクーパさんの方が、
オイサンよりかまだ感覚は若いというか、色々フックを持っておられるとお見受けしました。
マお子さんがおられる、というところが案外大きい気がしますが。

 ▼さよならのタイムライン

あとは……大勢の集まるオフを。
関西になるのか、関東になるのか、はたまた真ん中になるのかは分かりませんが、
そしてそれがどんなタイミングになるのかもわかりませんけども、
「大勢の集まるオフに参加してみたいんですよね」
と、熱い目で語っておられました。

例えば『アマガミCS』の最終回に合わせたタイミングだとか。
『フォトカノ』の発売のタイミングだとか。
『アマガミ』本編の、発売2周年のタイミングだとか、
そんなことで、集まることが出来ればいいですねー、と……
『アマガミSS』の終わった今、そもそもは『アマガミ』クラスタとして繋がった今のタイムライン上の面々が、
果たしてどういう形で散り散りバラバラになっていくのか、
はたまたいかないのか。
ネット上でこういう社会を形成したことのないオイサンたちは、正直ちょっと不安で。
そんなことを二人でしみじみ、語り合った、東大阪の昼下がりでありました。

 ▼もういくつ寝ると…… → 二度寝すると速度が倍に。

ああそうそう。
本日はくーぱさん、「子供づれになると思います」とおっしゃってたので。
……オイサンはもう、そうなると全力で迎え撃つ構えです。
お正月だもの。

  いっぺんやってみたかったんだよ、
  「知り合いのウチの子にお年玉を上げる」
  っていうのをさ。

だもんで、気合いの……ぽち袋を作成し!

R0030077

中身も整えて準備万端待ち受けたワケですが……
……オイサンが張り切ると、如何せんなかなかモノゴトさんの方から腰が引けてしまう様でして、
その日が日曜だったこともありお子さんはテレビにつかまってしまってこられませんでした。

  朝から『メジャー』の劇場版かなんかやってたらしい。
  そらアンタ……所詮オイサンは、おとさんにはかなわんわ。

というワケで、くーぱさん。

お年玉はお預けしますので、お父さんの飲み代に消えたり、
奥様の化粧品代に消えたりしないよう、
ライダーには反応しないのに『プリキュア』を見ると狂いだすという素質に溢れた息子さんと、
ラブリー似の美人のお嬢さんに、
しっかとお届け願います。



■Closing



マそんなことでね。
お相手下さったお二方、と、その縁者の皆さま。
年始の忙しい時期にもかかわらず、このかいしょナシの暇なオッサンと遊んで下さって
どうもありがとうございました。

  そして、Twitter上の皆さまも。

おかげ様で2011年も愉快なスタートを切ることが出来まして、
なんだか良い予感が致します。
『アマガミ』が本格的にフィナーレを迎えるであろう、今年。

果たして、こうして繋げてきた一本の線がどんな形でほころびていくのか……
色々と思うトコロもあるわけですが。

是非とも、その最後の瞬間まで……出来れば失われてしまわないように、
愉快な気持ちでいられればいいなと思う、
どこまでもムシの良いオイサンですことよ。



それでは今年も、引き続き。
オイサンのうたとおどりでお楽しみください。

オイサンでした。



 

|

« ■Back to the "A". -更新第625回- | トップページ | ■木っ端な話・時間とカロリー -更新第626.5回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■日向さん
オフ会未経験ですか。
色々恐ろしかったり、難しかったりも致しますが……
マ基本良い人なので! ……と、言ってしまってはいけないんですよねえ。
人と人とのことなので、
慎重にお付き合いしていくことが大事だと思います。

ナマミありきのお付き合いとはまた違う、
それまで考えもしなかった分野の方々とのお付き合いの扉が開いたりして、
うまく行けば有意義なことがたくさんありますよ。

 

投稿: ikas2nd | 2011年1月 4日 (火) 15時51分

新年初めのオフ会ですか……羨ましい。

 オフ会はまだやったことがないので憧れますね。

投稿: 日向 | 2011年1月 4日 (火) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/38329558

この記事へのトラックバック一覧です: ■初夢オフライン -更新第626回-:

« ■Back to the "A". -更新第625回- | トップページ | ■木っ端な話・時間とカロリー -更新第626.5回- »