« ■月のモノ~『アマガミSS』マンスリーイベント絢辻さん編に行ってきたでゴザルの巻 -更新第615回- | トップページ | ■本当の愛の魂~『フォトカノ』発表に寄せて。 -更新第617回- »

2010年12月22日 (水)

■黄泉比良のエレベータ -更新第616回-

ワリと年下に舌打ちとかされます。
オイサンです。

昨日。

『アマガミ ちょっとおまけ劇場』がおまけについているらしいテックジャイアンやら、
『ひだまりスケッチ』のキャラソンアルバムやら、
どうやら色々出ているらしいと知ったオイサンは、
オシゴトの帰りにとらのあなででもそれらを回収して行こうと思い
立ち寄ったのですが。


ひだまりんぐsongs~ひだまりスケッチ×☆☆☆ キャラクターソング集~ ひだまりんぐsongs
~ひだまりスケッチ×☆☆☆ キャラクターソング集~


アーティスト:ゆの、校長先生、なずな、ヒロ、
乃莉、吉野屋先生、宮子、沙英
販売元:ランティス
発売日:2010/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する


オイサンの帰りがけにあるそのとらのあなは、
9階建てだか10階だか、なかなか立派なビルの上層階にありまして。
昨日も、コレと言った疑問も備えもなく、
1Fのゲーセンフロアをスルーして、エレベータに乗り込みました。

そのとき乗員は、オイサンの他に2名。
オイサンと良く似た風体のサラリーマン風の男が一人と、
随分とキメキメに気張った装いのお嬢さんが一人。

オイサンが乗った時、その二人は既におり、
ボタンも……「3」と「9」とが光ったあとでした。

ハテ、困った。
……とらのあなは、何Fだったろうか?
うっかり失念したオイサンは、あてずっぽうというか、
「いつもの」感覚で……「マこの辺だったろう」と、8Fを押したのでした。


  ウン、と大した唸りも立てず、重力に反して動き出す箱の中。


オイサンの見立てでは、お嬢さんの方は恐らく3F、
そこはゲーセンの続きでメダルゲームかなんかのフロアだったと記憶しておりますが、
そこで降りるのだろうと思っていました。
なんとなくね。
……9Fには何があったか……識域外でしたが、
オトコの方はマ多分そっちだろうな、と薄ボンヤリ。

サテ3F。
オイサンの予想はいきなり裏切られ、先ずオトコの方が降りていきました。
だからといって、別に取り乱すようなことではありません。
「まだ慌てるような時間じゃない」とオイサンの中の仙道くんが囁きます。

            ヾヽ'::::::::::::::::::::::::::'',    / 時 .あ ま ヽ
             ヾゝ:::::::::::::::::::::::::::::{     |  間 .わ だ  |
             ヽ::r----―‐;:::::|    | じ て    |
             ィ:f_、 、_,..,ヽrリ    .|  ゃ る     |
              L|` "'  ' " ´bノ     |  な よ     |
              ',  、,..   ,イ    ヽ い う    /
             _ト, ‐;:-  / トr-、_   \  な   /
       ,  __. ィイ´ |:|: ヽ-- '.: 〃   `i,r-- 、_  ̄ ̄
      〃/ '" !:!  |:| :、 . .: 〃  i // `   ヽヾ
     / /     |:|  ヾ,、`  ´// ヽ !:!     '、`
      !      |:| // ヾ==' '  i  i' |:|        ',
     |   ...://   l      / __ ,   |:|::..       |
  とニとヾ_-‐'  ∨ i l  '     l |< 天  ヾ,-、_: : : .ヽ
 と二ヽ`  ヽ、_::{:! l l         ! |' 夂__ -'_,ド ヽ、_}-、_:ヽ


  こういうときオイサンの中で囁くのは
  大抵アバン先生か安西先生、仙道くん、三井くんのどれかです。
  たまに池上。
  特段バスケはしたくありません。

そうこうするうちにもエレベータはブーンと上昇を続け……8F。
サア降リルゾと息巻くオイサンの思いとは裏腹に、
ちんと開いたドアの向こうには……
オイサンの思い描いたのとは似ても似つかぬ、見たことのないワールド8が広がっていました。

まず、お嬢さんが3名。
今一緒に乗っている、キメキメねーちゃんと同じくらいか、
戦闘力をさらに上げたような猛者ですよ。
それと、イケメン。
先ほどご登場願った三井くんの不良時代に良く似たロンゲにタキシードのいでたちです。
この人も、多分バスケはしない。

そして彼らの背後には、落とし気味の照明に、
赤と黒と紫でトーンを統一したまるで見たことのない世界が広がっておりました。

こ、ここは……!?
ちがう、オイサンの求めた世界は、もうちょっとこう小汚くて、肌色っぽくて、
原色とか多くて!
大体山吹色を多用したとらのマスコットとかいるはずだ!
あと東方系のディスプレイが店頭にどーんと出張ってるんだよ!
それが……ここはなんだ? 何のお店なの?

オタつくオイサンを尻目に……
そのお嬢さんやイケメンさんはオイサンを「お客だ」と認識してしまったらしく、
すっと道を譲り、謎のビロード空間へ誘っていらっしゃる。
そして同乗していたお嬢さんも、どうもその異界の住人であるらしく。
エレベータの扉を押さえてニッコリと微笑んでいらっしゃる……!!

そんなピンチにオイサンはハタと思い出します。
……そうだった。
ここのとらのあなは7Fだ……。
8Fにあるのは……別ビルにあるアニメイトの方だった……!!





「あ、ごめんなさい。違うんです。7Fなんです」





  ……。





ハイ凍った!
今空気凍ったよ!!
もっと熱くなれよ!!
たのむから! お願いだから!

ナニその目。
「小僧、ここは人の来る場所ではない」みたいな目は。

……それが果たして「お客じゃなかった」という失意からであったのか、
なんかもっとこう、それ以上の……
「よりにもよって『7Fの』ヤツらが、俺たちの階層に迷い込んできやがった」
なんていうガッカリ感であったのか。

  ……なんとなく、色々被害妄想込みで後者だと思うのですが。

オイサンが降りない、
その事情も察せられたちょうびみょうな空気の中、
そのイケメンさんと猛者が二人乗り込んでこられ、
エレベータはさらに上、
1Fから一緒に乗り込んだお嬢さんの押したこのマッスルタワーの最上階、
9Fへと上っていきます。

さほどの間もおかずに再び開いたドアの向こうは、8Fと似たような超空間。
多分8Fと9Fは同じ時空なのでしょう。

オイサンが軽く固まっていると……
また、猛者お嬢さんのうち一人がオイサンを先に下ろそうと道を譲って下さいます……


  きみヒトの話聞いとったか。


……とも言われずにおりますと、
全て(世の中の仕組みとか階層構造とかムニャムニャ格差とかイロイロを含む)を了解している
イケメンお兄さんがそのお嬢さんに合図をし、





「この方は    チガウ    から」





と、囁かれました。

……え、チガウってなに。


今なんか、必要以上にシツレイな意味をこめなかった?

オイテメエ待てよ!

などと、呼び止める間も、その気もないままドアは閉まり、
逆方向のG……浮き足立つオイサンの気持ちを加速させるように、
箱状の昇降機は、オイサンをその不思議時空から運び去っていったのでした。



……。



果たして、オイサンの見たものは何だったのか。
今となっては確かめる術もありません。
あれから幾たびか、あそこへたどり着こうと同じ場所へ赴いてもみましたが、
ついにたどり着くことはありませんでした。
あれは、あの店は、
二次元に耽溺するオイサンを見かねた三次元の神様が見せた、
うたかたのマボロシだったのでしょうか……?


ただ一つ言える事は。


オイサンの住む場所は。
帰る世界は。
7Fの……原色とアニメ声溢れる、この、愛すべき世界だということです。




ヒャッハー!


ど う じ ん し だ ァ ー ッ !!






……オイサンでした。





イヤ、別に同人誌は買ってませんけどね。



 

|

« ■月のモノ~『アマガミSS』マンスリーイベント絢辻さん編に行ってきたでゴザルの巻 -更新第615回- | トップページ | ■本当の愛の魂~『フォトカノ』発表に寄せて。 -更新第617回- »

[日記]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/38177909

この記事へのトラックバック一覧です: ■黄泉比良のエレベータ -更新第616回-:

« ■月のモノ~『アマガミSS』マンスリーイベント絢辻さん編に行ってきたでゴザルの巻 -更新第615回- | トップページ | ■本当の愛の魂~『フォトカノ』発表に寄せて。 -更新第617回- »