« ■ファイティングポーズ法、制定ッ! -更新第614回- | トップページ | ■黄泉比良のエレベータ -更新第616回- »

2010年12月20日 (月)

■月のモノ~『アマガミSS』マンスリーイベント絢辻さん編に行ってきたでゴザルの巻 -更新第615回-

かわいいは正義、正義はかわいい。
かわいい防衛法案でかわいいエイリアンを迎え撃つは、果たして正義か矛盾か。

オイサンです。
つまりコッポラはジャスティス。



■俺より強い絢辻さんに会いに行く……!!



本日はお出かけデー。

アニメ『アマガミSS』が、
月替わりで各メインヒロインをフィーチャーして開催している
マンスリーイベントというのがあるのですが、
今回はその大トリ・絢辻さん編のイベントだったので……
……オイサンもね。
正直、最初はこのイベントには参加するつもり無かったのですけど、
なんとなく気紛れにチケットを購入して、参加して参りました。

  先週の土曜日。
  こっそりチケットの入手を試みて、
  取れなかったら何食わぬ顔をしてやり過ごし、
  首尾よく取れたらドヤ顔で普通に参加する組に合流してやろうとか、
  オトナっぽいことを目論んでいたのですが。

  TwitterのTL上で、フォロワーさんが八方手を尽くしてでもとチケットを求めておられるのをみて、
  ……あと、一緒にmarbleさんのライブのチケットを入手するついでもあったので……
  ここは一つ義を見てせざるは勇無きなり、と
  微力を尽くした次第でございます。

マそのあとなんやかんやありまして、
結局、
  おみかん隊長
  ちびパパさん
  よつさん
  オイサン
という、お馴染みの人ひとり + オフ会"7月のパトランカ"以来となるお二人の、
計4名で挙ってイベントに乗りこむ事となった次第です。
なかよしだな!!



■イベント構成



上でも書いたように、オイサンは今回がこのイベント初参加だったのですが、
おみかん隊長とよつさんがあわや皆勤賞という猛者だったんで、
事前に色々教えて戴くことが出来ました。
感謝でございます。

  サイリウムの使い方とかなw
  名前と、大体の用途くらいは知ってたんですが、
  実際には使ったことがなかったので。
  サイリウム童貞をおみかんさんに笑われてしまって恥ずかしかったw

今回のイベントも、教えて戴いた過去のイベントと大体同じ構成。

 ・オープニングトーク
   言わずと知れた開幕おしゃべり

 ・プレイバック・絢辻詞編 パート1
   アニメ本編のハイライトシーンをピックアップして紹介。第一章~第二章

 ・ふつおた
   事前にWebで & 会場のアンケートで募った
   「『アマガミSS』への熱い思い」を綴ったおたよりを紹介。

 ・プレイバック・絢辻詞編 パート2
   同上・第三章~最終章

 ・生アフレコ
   本編ワンシーンに、出演声優さんが生でアテレコをしてくれるという
   壮絶なコーナー。

 ・主題歌アーティスト・azusaさんミニライブ
   そのまんま(オイ)

 ・クロージング
   これまた東(オ


……という、なかなかに密度の濃い90分。
ちなみに出演者は、
  梅ちゃん役の寺島拓篤にいさん、
  絢辻さん役の名塚さん、
  主人公・橘さん役の前野さん、
の三名でした。ウンガックック。

  あと、ライブステージでは勿論azusaさんね。

今回は珍しい、男性声優二人の編成だったせいか、お客さんも女性が多かったです。
びっくりした。
あと、今回のホールはこれまでやってきた5回の中でも
収容人数が最大、第一回と比較しては2倍だったみたいです。
すごいな、立派なもんだ。



■感想としては、マ色々とあるのだけども。



大きく、3つ。
  ・寺島兄さんの、司会進行のうまさ。
  ・声優さんパネェ。
  ・皆さん、どんな風に『アマガミSS』を見てるのか


 ▼寺島兄さん・司会進行のうまさ

色々と。
……視聴者からメの敵にされることの多い寺島兄さんですが。

いや、このヒトの場の取りまわし方と言ったら、上手だね。
幾らかアンチョコやらはあるのでしょうけども、
それにしても、場を繋ぎ、埋め、振り、流してすすめる、
そして時には自分が前に出て笑いの一つもとっていく、
その手練手管の鮮やかなことと言ったら。

うん。4月の『アマガミ カミングスウィート』公録の時も思いましたけど、
やっぱこのヒト、上手だと思います。
壇上でも言ってましたが、
「僕は常にファン目線
 (カッコイイ意味ではなくて、ミーハー気分で出演者やイベントを楽しみに見ている)」
「事務所に帰ってシゴトで『イベントどうだった?』と聞かれると『楽しい!』と答える」
なんていう……姿勢が現す通り、多分目いっぱい楽しんでやってるんだろうなあ、
ということがしのばれました。

やっぱりまだまだ、この先も批判を浴びることもあるのでしょうし、
多少対応は考えた方が良いと思いますけど、
マそうでなくても、めげずに頑張ってほしいと思います。

 ▼声優さんパネエ

これはもう、偏に生アフレコのコーナーで感じたこと。
生アフレコのコーナーでは、
「絢辻さんが橘さんを神社に連れて行き、口止めを迫る」場面と、
「おしっこをひっかけられた絢辻さん(だ、誰に!!?)を、
 橘さんがおぶって水道まで連れて行く」場面
の2シーンがフィーチャーされ、
それぞれを前野さん+名塚さんが、舞台の大画面に映し出される画に対して
生アテレコを敢行するのですが。

いやー……スゴイ。
最初、始まって映像が流れ始めた時は、
「まだ録音された状態のフィルムが流れているんだろうな」
と思って見てましたが、もうアフレコは始まっていました。
そう思ってしまうほど、突然始まっても、
場面の尺に違和感なく声をあてていらっしゃるのでした。

ところどころのセリフをアドリブでいじって笑いを狙うこともしながら、
ぴったり綺麗に当ててくる。
事前リハもあったのでしょうけど、それにしたってすごいなあと
心底感嘆しました。

あと、名塚さんが比較的、スの声が絢辻さん(白)に近いのに対し、
前野さんはスの声を聴く限り「ああ言われてみれば」くらいにしか
橘さんに繋がらなかったのですが、
いざアフレコが始まってみると一瞬で橘さんの声に合わせてきたので
それもまたびっくりしました。

橘さんの声って、表面が滑らかだと思うんですが、
前野さんのスの声って、結構、ダミ声の要素と言うか、声の表面が
けば立ってるんですよね。
それを一瞬で均してきたので……それもすごかった。
ああ、この人らはノドで商売してるんだなあと、
普段声優さん声優さん言ってる自分ですが、改めてそんけーいたしましたよ。
ええ。


 ▼皆さんが、どんな風に『アマガミSS』を見ているのか

……が、なーんとなく、ぼんやりとだけど伝わってきたなあ、というのがもう一つ。
どういうことかと申しますれば、
アニメのハイライトを紹介する「プレイバック」のコーナーで、
オイサンが普通にいいシーンだなーとか、泣ける場面だなーとか
思うようなシーンが流れても……
会場の方々は、突然ドッとウケたりなさるんですね。
そのギャップにビックリしました。

「え、ここ笑うの!?」

みたいなことです。
当然、自分以外の会場全体が笑ってるわけじゃないでしょうし、
なんとなく釣られて笑ってるってこともあるでしょうけど、
ある程度の傾向として、みんな結構「笑いたくて見てる」ところがあるんだなあということや、
逆に、見せる側の意図として「笑わせたかった」のか、ということを
肌で感じたのでした。

  マもちろんね。
  仕掛けとして、そういう設えのコーナーだから、
  場の空気や流れとしてはそうならざるを得ないんだけど。
  作り手がそういう意識で見せようとしている、
  っていうことはよく分かりました。

  けどオイサンは、あの三連コンボのシーンでは、やっぱり笑えませんや。
  画と、動きとで「すげえ!」って思うけど、
  あれが繰り出されるということのあの人の気持ちを慮るともう、
  滑稽で悲痛で、涙が出てしまいます。



■祭りのあとの……



マそんなこんなの90分。
終わった後は、物販でCD買った人向けの、azusaさんのサイン会もあったりして、
様々なイベントに参加しているおみかん隊長をして

「1500円としては破格のコスパの良さ。
 こんなん他ではなかなかない」

と言わしめるほどの、クオリティの高いイベントのようです。
まあ確かに、映画一本見るお代でこれだけ楽しめるというのは
オトク感高いかもしれません。

終わったあとは、会場にこられていたやはりTwitterのフォロワーさん3名と合流し、
近くのお店で小一時間、軽くお茶など飲みながらお話をしました。

  京都から来られていた方、
  東京ド真ん中にお住まいの方、
  北関東方面の方。

どちらの方もオイサンは初対面。
……ていうか、あの場にいた人間は多分(オイサンら4名は除いて)みんな初対面でしょうけど。
皆学生さんで、その場に平均年齢が一気に下がりました。
若え!

  ……ていうか、あのテのイベントに出向いて来るのなんか
  若い人がやっぱり中心なんだろうな……。

そして、少なくともうちお二人がゲーム本編はやってないっていうね。
これがちょっとすごいなと思いました。
やれ! ……って言うんじゃないけども、なんというか。
『アマガミSS』の屋台骨は、こういうところにあるのかもなあとつくづく感じた次第。

それでも、
イベントに来ようというくらいアニメの方を楽しんでらっしゃるわけで、
それはそれで、『アマガミSS』立派だなと思いましたよ、ええ。



そこからは18時半頃、三々五々に解散。
お若い方々は別の会に合流した模様。

オイサンはパパさんと方向が同じなので一緒にゴハンを食べ、
またまたややこしい話wで……結局21時まで? しゃべっていたのでした。

  ……ちょっと待って。
  ソレ今日の一連の出来事の中で、所要時間が一番長いから。
  よく飽きねえなアンタら。

マその内容については、
また別で書くべきことが多かったりするので、そのように致します。
基本はアニメの絢辻さん編に関する思うところなんですけどね。
まだ感想ものっけてないのに、そんな話しちゃって。
すみませんねホント。


マそんなコトでね。



またしても、わっさわっさと楽しい休日を過ごしてしまったオイサンです。
もう少し上手くコントロールしてね、
書き物とかとのバランスをとっていかんとなあと反省することもシキリです。

人生を楽しく面白く、まとめていきたいなあと、
そんな風に暮れてゆくオイサンの2010年。
ラストスパートに向けて、もうひと頑張りなのでした。


オイサンでした。


 

|

« ■ファイティングポーズ法、制定ッ! -更新第614回- | トップページ | ■黄泉比良のエレベータ -更新第616回- »

[日記]」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絢辻さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/38144878

この記事へのトラックバック一覧です: ■月のモノ~『アマガミSS』マンスリーイベント絢辻さん編に行ってきたでゴザルの巻 -更新第615回-:

« ■ファイティングポーズ法、制定ッ! -更新第614回- | トップページ | ■黄泉比良のエレベータ -更新第616回- »