« ■人の嫁 -更新第594回- | トップページ | ■てんきゅのこころ -更新第596回- »

2010年11月11日 (木)

■霜月夢想 -更新第595回-

自分に彼女が出来て、
夜な夜なニコニコしながら電話してるトコとか想像するとぞっとするな。

オイサンです。

薄気味悪いわ。
うすかわさんは悪くない。

  ……まあ、夜な夜なギャルゲーやりながらニヤニヤしてるのと
  何が違うのかといわれたらグウの音も出ないわけだが。

■Love☆トロピカーナ



こんなトコでまでシンドイシンドイ言っても仕方ないですし
腹の足しにもならないのですが、
マ日記なので言ってしまうとまあ、さすがにシンドイ。

  ……しかし振り返ってみると、
  普段のオイサンはモノ書いたりゲームやったりジョギングしたりで、
  何に対して「シンドイ」と言ってるかの違いくらいしかないような気がしますな。
  貧しい。
  マ人の営みなんてそんなもんか(極端)。

世の中にはやたら残業したり寝ないで何かをやったりしたことを
さも自慢ゲに語る方々もおられ、さらにそれを揶揄するような遊びもあるワケですが、
やたら働くとか寝ないとか、
正直そういう状況にある人というのはもうそういうことくらいしか話せることがなくなってくるわけです。
だって、日々それしかやってねえんだもん。
だからちっとは大目に見てあげて欲しいと思います。
ホントに好きでやっててオレカッコイイと思ってる人は放っといていいと思いますけど。

なんか言いたいと思っても、他に何も思いつかなかったりするんですよね。
だってシンドイから。

  その昔、オイサンの尊敬する先生
  「人間、ムチャクチャくたびれると一番ラクな動きをしようとするもんです。
   つまり一番自然な動きですね」
  と言ってましたけど、それと同じです。
  それアバン先生やがな。
  つまりオイサンは今なら窮鼠包包拳が放てる! 放ちたいのか。

デ、オイサン今現在も睡眠が足りてなかったり、
同じようなことばかりを考え続けていたりでキツイのはキツイのですが、
人間何が面白いかって、何よりきついのは

 「あ、明日も寝れない」
 「今週末も休めない」

ということに気付いたときなんだなあと、今回気付きました。
その瞬間瞬間……今このときも間違いなくカラダ的にはシンドイんですけども、
今ここにあるシンドさよりも、
そうして差し迫った、確実に傷ついた未来に対する恐怖というのは
輪をかけて心にくるものがあって、何より堪えます。

「明日になっても、この状況が続くばかりでなく、
 改善されないばかりか、
 蓄積されたものによってどんな状況になっているかわからない」

という……「定まったヒドイ未来」というのは、
人間という弱い生き物の柔らかい部分を蝕むなあと、
へたれた中にも自分を冷静見つめるオイサンです。

  その昔オイサンを瀕死に追いやった傭兵が、
  「人間は痛みそのものよりも、確実にやってくる痛み、
   それを待つ時間にこそ恐怖する」
  と言っていましたが多分それとおんなじです。
  それガイアさんやがな。
  つまりオイサンは、今なら天井にナット程度のでっぱりがあれば
  それを摘まんで天井に張り付いたまま気楽に文庫本を一冊読める!
  読みたいのか。

なればこそ。
螺旋階段を上るように、たとえ今がヒドイ時間でも、
よりよく出来る足がかりを少しずつでも見つけて、
常日頃一歩一歩上がっていくことが大事なんだろうなあ、
なんてことをですね、殊勝に考えてみますよ。



……それを思うとねえ。



やっぱ、絢辻さんはすごいよなって思うわけですよ。
10……何年?
家族、なんていう逃れられない楔の中から、
少しずつでも小さな回転を生んで、いつしかそこから飛び出すだけの
大きな遠心力を日々生み出そうと一生懸命だったんだろうなあと思います。

今でこそ苛烈なパフォーマンスを誇る彼女ですが、
それを始めた頃には小さな小さな回転だったに違いなく、
それでも悲観することも、心折れることもなく、
こつこつと積み上げてきたのでしょう。
百の不自由と、ひとつの自由を交換するために。

うそをついても、震えたままでも。

多少汚れた手でも幸せを掴むことには何の不都合もないと……
彼女に気付かせたものは、一体何だったのだろうか。

今度は、彼女のそんな昔の話を……書いてみたいものです。
それが書けるくらいになったら、




……絢辻さん。




オイサンのこと、少しは認めてくれますか?




「あなたも、ちょっとはあたしのことを理解するようになったみたいね?」




ってさ。
いつか、手帳の中身のこともスラスラ書けるようになるのかな。
オイサンでした。


……そっか。
オイサン、まだまだ絢辻さんのことをわかってなかったんだな、と、
書きながら自分で気付く、大好きな11月の夜。

でも、今なら書けそうな気もするよ。
なんの構想もないけど(アカンがな)
面白いかは知らんけど(ホンマにアカンがな)。




  

|

« ■人の嫁 -更新第594回- | トップページ | ■てんきゅのこころ -更新第596回- »

[日記]」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

絢辻さん」カテゴリの記事

コメント

■tomozzowさん
ご無沙汰しております。
お元気ですか?
ちょっとまだ記事に出来ておりませんが、実は9月の末に一度、
Twitterのフォロワーさんに会いに、また静岡の方へお邪魔しておりました。
といっても富士・新富士のあたりですが。
また何かの折にお会い出来ると嬉しいですね。
 
オイサンは寒いの好きなので、ちょっとだけ寒いのは続いて欲しいと思ってます、ごめんなさいw
それではお体に気をつけて、寒いの乗り切っていきましょう。
ではまた。

投稿: ikas2nd | 2010年11月22日 (月) 00時31分

お疲れ様です。
なんだか寒いですね、自分も早いところ楽に(暖かく)ならないとかと日ごろ思っています。
お体にはお気をつけて。

投稿: tomozzow | 2010年11月11日 (木) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/37616705

この記事へのトラックバック一覧です: ■霜月夢想 -更新第595回-:

« ■人の嫁 -更新第594回- | トップページ | ■てんきゅのこころ -更新第596回- »