« ■Tea for Life . ~SS・『TLS2』香坂麻衣子 -更新第591回- | トップページ | ■そんなマイニチみたいに。~『アマガミSS』七咲編・14話~16話までの感想 -更新第593回- »

2010年10月31日 (日)

■君のままで。 -更新第592回-

地球のみなさんコンバンワ。
元気にしていましたか?
オイサンです。

R0029093
らーめん。

いやー……面目ない。
どのくらいでしょう。
前回の更新が今月の8日でしたから……3週間強ですか。
さすがに、これだけ更新しなかったのはこのブログ始めて以来かもしれません。

もしもここの更新を楽しみにされている方がおられましたら、
本当に申し訳ありません。

ちょっとですねー……お金をくれるお仕事の方が
かつてない大忙しになってしまいまして、
マこのブログを始めたばかりの頃もいい加減大忙しだったわけですが、
今回はなかなか上手くペースを作ることが出来ず、
そのままずるずると時間が経ってしまいました。

本当にすみません。

デまだしばらくこの状況は続きそうなのですが、
マようやくちょっとだけ落ち着きまして、
前回の8日以降では初めてのお休みを、今日、戴けたので、
こうして久方ぶりの更新と相成っておるわけでございます。

  イヤー、ぶっちゃけキッツイっすわ。
  正味の話が。

久方ぶりだモンで、何かしら実の詰まったことでも書こうかと思いもしましたが、
なんか気張ってちゃんとしたことを書こうとか企み始めると
それはそれで一日ではちゃんとした記事には出来なさそうだったので、
ひとまず肩の力を抜いて、
今回は簡単な近況報告だけに留めておこうかと思った次第です。


ですんでまあ、今回のメインは10月に入って見始めたアニメの話とか、
ゲームの話、
そんで溜まってしまった『アマガミSS』の先週分までの感想と、
そのくらいで行きたいと思いますので、
そんな面白いこともなかなか言えませんが、
軽く読んで帰って、次回の更新をまた気長にお待ち戴けたらなと、
このように考える次第でございますよ。


ホントすみませんねこんなんで。
けどマ、
今でこそ一日に沢山の方が見に来て下さるようになったこのページも、
昨年の春頃までは大体そんなコトしか書いてないオッサンの日記のページだったわけで、
今がそうじゃないとは言いませんが、
そういうところだと思って楽しんで行って戴けるとこちらもありがたい限りでございます。



■2010年 秋アニメの話



今期オイサンが見ておりますのは、前期からの引継ぎも含めて、
全部で主に6本。

 ▼『アマガミSS』

言わずと知れた、前期からの引継ぎ作品です。
ここでもずっと感想を書いてきていましたが、
七咲編の第一章で途絶えてしまいましたね。
申し訳ない。
でもずっとキチンと見てきてはおりますから、
あとでとりあえず、最新話の梨穂子編・第一章を除いた
七咲編の簡単な感想をまとめて載せたいと思います。

  R0029133
  とりあえず1巻、BD届いたよ!

ああ、あと、OPが新しくなりましたね。
それについても書いてなかったな。
これについては、まだちょっと評価を迷っています。
時折ふっと、良い曲・『アマガミSS』に合った曲のように思えることもあるし、
前期のOP『i Love』と同じく、あまり作品のテーマと関係のない
歌い手・作り手さんの個人的な思いに終始しただけの曲に聞こえることもアリ。
ちょっとまだその辺の理由がつかめていないので、
また改めて考えたいと思います。

曲単体としては、そんなに好きな曲調でもなし、
歌詞にぐっとくるモノがあるでもなしで、
わりとどうでもいい感じですけどね。

 ▼『それでも町は廻っている』

新房アニメ枠、ってことで。
OPの絵と曲、EDの曲の面白さで、とりあえず見る前に勢いがつき、
さっぱりと見終えることが出来るという
なんとも抜け目のないつくり。
お話自体は、なんというか……不条理、じゃないけども
理不尽系のんびりコメディとでも申しましょうか。

なんかね、テンポとしては『夏のあらし!』に良く似ている気がします。
アレの色使いを秋にした感じで。
新房カントクらしさ満載でお送りしています。

しかし、原作の方はもっとこう、こんなキビキビシャキシャキしたテンポではないらしくて、
原作を良く知る方々からのウケはさほどでもないようです。
オイサンは原作全然知りません。
オイサンも最初見たときは、オシゴト終わりでくたびれていて、
確かにちょっとパッキパキに動きすぎで、
「動きすぎで見ていてしんどい」
という贅沢な感想を抱きましたが、
マ体調さえ良ければw見ていて愉快なアニメではあります。

あとは主人公の中の人がダチャーン(=原田ひとみさん)で、
その元気全開なしゃべりが堪能できるのも魅力。
とりあえず何も考えずにゆるっと見られてしまうのがすごく良いです。
継続する予定。

 ▼『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』

オイサンの今期イチオシです。
キレイ。
オモシロイ。
ソツがない。
……の三拍子。

その分エッジは聴いていませんが、
手堅さも感じさせず、クオリティは王道なのに見ていて新鮮という、
実に不思議な仕上がりを見せています。
フシギ。

中身は……才色兼備・文武両道の妹が実はオタク趣味だった、
そんな世界と表向きの自分とをどう折り合いつけていきましょうか?
みたいな話なのですが、
それが自虐にも走らず、安易なだけの全面自己肯定にも堕ちず、
オタク文化の縮小再生産にもならずに、
ちょっとだけオタク文化に対して贔屓メながらも、
それは主張としての必要最低限の贔屓メであって、
基本的にはフラットな目でオタク文化を描こうという面白さを感じます。

オタクさんがオタクであることで戦うことになる
ひとり相撲の土俵の部分と、
実際に起こりうるであろう外界との折り合いを、
ご本人的にはそれなりの深刻さで、
外見えにもそれなりの評価で描くという、
なかなか難しそうなことをきっちりとやってらして……
うん、これはとてもよく出来ていると思います。
お話のパーツの揃え方と並べ方として。

なので、高評価。
これを一体、原作ではどのように文章でやっているんだろう?
ということに興味がわいて、
とりあえず原作の一巻を読んでみましたが。
……マその辺は、別に何かトクベツなことをやっているわけではありませんでした。
普通のラノベでしたね。
残念。

あー、でも一つ発見だったのは……
原作とアニメとで、主人公、すなわちオタク妹の兄が、
かなり異なるスタンスで描かれているということ。
アニメの兄貴の方が、……これが意図的にそうしているのか、
それともただ描写が足らなくてオイサンにそう見えているだけなのかもしれませんが、
いい兄貴・味方の兄貴として描かれているということです。
そこが違うとぶっちゃけ違う話になってしまうと思うのですが、
でも多分、実際そう。
マ時間が出来たらもう一回一話を見返してみようと思いますが。

あとそれから。
OPが絶品です。
映像はわりとフツーですが、主題歌の『Irony』がすごくいい。
聴くと、ただの「恋に素直になれない女の子の歌」なのですが、
その素直になれなさの部分だけを、
うまく、じつにうまーく、ツンデレオタク妹の心情……ではないな、
状況にだけかぶせてきていて、
お話本編と歌の間にはなんの関連性もないのに、
言葉の端々がもつイメージだけを上手に使って
はみ出した色だけで色を着けている、みたいな感じです。
ああすげえ、こんなやりかたもあるんだと、
オイサンは目からウロコが落ちた気分。
おかげ様で、一見ただのオサレソングの主題歌を、
ここ数日かなりのリピート率で回しております。
すごく好きな曲になってしまった。

オススメです。

 ▼『GIANT KILLING』

NHKアニメです。
BSの方では前期からやっていたのですが、
オイサンはBS入っていないんで、地上波での放送が始まった今期からの視聴。
サッカーものです。

◆GIANT KILLING


内容はもうすっかり原作通りで、
原作があの面白さなんで決して面白くないわけはないのですが、
まだちょっと原作の方が面白いかなー、という感想。
映像ならではの良さのつけ方がまだそんなに見えないかなあという感じです。

あとそれと、これもOPがすごく良い。
こっちは、上で書いた『俺妹』とは逆に、
絵がすごく良い。力があると、オイサンは思います。

こっちは、曲の方はオイサンのさほどの好みでもないのですが、
それでも何回もループしてみてしまうくらい、
絵が良く、音楽もそれにきれいにはまっているから
ずっと飽きずに見ていられる。

あの……なんていうか、そのOPが、
そして多分OPに限らず、その作品がどんなメッセージを持っているのか、
そんなコトが一発で伝わるOPなんですよ。
「主題歌」とはよく言ったもので、
マ「歌」の部分だけを抽出するとそんなでもないのですが、
OPの「絵」、これを見ればホント、この『ジャイキリ』という作品が
何を言わんとしているのか、それがわかること請け合いです。

サッカーを、
組み立てるということ、
プレイするということ、
作るということ、
それにどんな力が使われているのか、
それらが全てあって、今サッカーというものが出来上がっているんだということが
ヒシヒシと伝わってくるのでした。

こちらも必見・オススメです。
少なくともOPだけでも。
あとは原作読めば良いよ(コラ)。

 ▼……とまあ……。

オイサン的オススメはここまで。
あとは、オイサンもこの先見続けるか、ちょっと微妙な方々のお話です。

 ▼『パンティ&ストッキング with ガーターベルト』

和製サウスパークとでも言えばいいんでしょうか。

  あ、ちなみにオイサンは『サウスパーク』も見たことないので
  真に受けないように。
  雰囲気ですフンイキ。

あとは、『GoldenEggs』的な匂いもちょっとするだろうか。
ガイナックスってことで一応見始めてはみましたが、
この作品が面白がらせようとするところと、
オイサンが見て面白がろうというポイントが一致しないので、
楽しむことが出来ていません。
なのでまあ、オイオイ切る事になると思います。

 ▼『STAR DRIVER 輝きのタクト』

狂言回し系ロボットアニメ。
……というのが、2話?目くらいから見てきての感想。
最新話(5話?)はまだ見られていません。
決してつまんないわけではなく、そこそこ喜んで見てはいますが、
こちらもまた、楽しませようとする最大出力のポイントにオイサンが興味を持てていないので、
ちょっと最後までお付き合いするのは難しいかなと。

狂言回しというか、
大仰な言葉のやりとりや箱庭的な設定といった設えは面白いんですけど、
ぶっ飛び方が中途半端というか、
まだ頭で理解できてしまう範囲にしか収まっておらず、
「え? え? 今何が起こってんの?」
という状態にまで至れないため、逆に乗り切れない……というか、
引き込まれ・巻き込まれきれない。

  これが『劇場版ウテナ』とか、『シムーン』くらいまで
  意味のわからない領域に突っ込んでくれればオイサンは喜べるのですが。

あとは、この作品世界のゼログランドがどこにあるのか分からないので、
どこからが(作品世界の中では)異常で、どこまでが正常なのか、
が見ている側からちょっとつかみづらいんではないだろうか、
と思っています。
マそれは、オイサンが一話からちゃんと見てないせいもあるかも分からないので
強くは申せませんけども。

なのでまあ、どこかでギアが一段・二段上がればまた分かりませんが、
このままの調子で行くのであれば、多分どこかで飽きてしまう予感です。

 ▼その他

・『侵略!イカ娘』
とりあえず一回見た。また暇があったら見るかも。

・『そらのおとしものf』
同上。
えろっちさやアホっぽさが欲しくなったら見るかも。

・『とある魔術の禁書目録』
録画中止。
面白くないわけじゃないけど、別にこのお話を見たいとも思わなかったので。



……。



えーと。
アニメに関しては……こんなもんかな?
ちなみに、今目の前のテレビでかかっているのは
『ひだまりスケッチ×☆☆☆ 特別編』です。
買いましたよ、モチロン。

感想は……やっぱいいね、『ひだまり』は。
正直な話、『×☆☆☆』はチカラ抜け過ぎだろう、と思っていて、
DVDも買ってはいません。
が、この特別編は一桁違いましたね。
絵のクオリティ、密度が違いました。

面白かったし、嬉しかったし、懐かしかった。

帰って来た感がすごくあって、OPだけでちょっとうるっとしてしまった。
アカンわw
他にも『みなみけ』のキャラソンの話とか書きたかったんですけど、
また別途ですね。



■一昨日のこと・本日のこと



こっからは日記・近況パート。

そんでまあ、オシゴト絶賛大忙し中だったオイサンなワケですが、
一昨日の金曜日は早く上がることが出来。
帰る道々の電車の中、
隣駅のアニメイトにでも寄って帰るかなあとTwitterにPostしたところ……
以前からお付き合いのあるフォロワーさんのしらすさんから、
ニアミスの予感? とコメントを戴いたので、
せっかくなのでチョイとお会いしてから帰ることにいたしました。

アニメイトで落ち合って、
オイサンはそこで『ひだまりスケッチ×☆☆☆ 特別編』のBDと、
『アマガミ4コマ』の二巻、そして上でも書きました、
『俺妹』の一巻を買い、
オイサンがアニメイトのレジ行列に並んでいるスキに
(金曜夜のアニメイトってあんな行列すんのな……びっくりするわ)
しらすんは近くのとらのあなでヤンアニアイランドを購入されてました。

R0029143_2 R0029148_2

その後、近所のせっまい穴場カレー屋でおいしいカレーに舌鼓を打ち、
ヨドバシ寄って、
『ソラトロボ』『俺の嫁』を購入、
またマクドナルドで一頻りおしゃべりをしてから帰途に着きました。

R0029134 R0029139 R0029142
一番最後のは『俺の嫁』の封入特典です。


……。



あのー、ね。
オイサン、恥ずかしながらこのトシんなるまで、
こういうことをしたことがなかったのだけど、
なんかこう、ふらっと友達に会うっていうのは、
……友達と呼んでしまっては彼に怒られるかもしれませんけど、
楽しいものですね。

実際の話、一昨日はそのまま一人で帰っても
なんかまたオシゴトのことを考えて悶々としてしまいそうだったので、
ちょっとオシゴトとは関係のないお話をしてアタマをサラにしてから帰りたいと思っていて、
そこにそのPostがあったもんですから渡りに船とそのようにさせてもらったんですけど。

……なんていうか、くたびれたサラリーマンが
立ち飲み屋とか居酒屋で一杯引っ掛けて帰るキモチが、
今ようやくオイサンにも分かった気がするわ。
イヤ今まさにオイサンは、紛う方無き「くたびれたサラリーマン」なんですので
分かって当たり前なんですけどね。
でも今まで知らなかったよ。
……て言うかキモチは知っていたのかもしれないけど、
あの行為がそれを解消するためのものだということに、
多分気付いていなかった。

ふーん。
そうだったんだねー。

でもおかげでトテモ楽な気持ちで家に帰り、
休むことが出来ました。
感謝、感謝です。
またよろしくお願いするです。

 ▼本日・10/31のオイサン

そして今日は……以前からのオイサンのブログの読者の方と、
代々木でお会いしてきました。
お初の方じゃありません。
以前にも何度かご登場戴いている、
今年の3月・4月にも、一緒に岩男潤子さんのライブに行った方です。

R0029104
今日のお昼。チリチキンスープ

本当は、
「初めて会ってから丁度一周年くらいなので、
 10月のアタマくらいにはお会いしましょうねー」だなどと、
オッサン二人で高校生カップルみたいな脳天気なお約束を交わしていたのですが、
オイサンのオシゴトが詰んだおかげで実現せず、
なんとか今日のこの隙を狙ってねじ込んできた次第です。

マ何をするでもなく、なんですけど、
お昼ゴハンを食べて、代々木あたりをただただぶらついて、
しまいにお茶してと、
終始オタク的・創作的トークを5時間ばかりして帰って来ただけなんですけど。

  つーか本当は代々木公園内をぶらついた挙句にお茶する予定だったのが、
  何故か一向に代々木公園にたどり着くことが出来ずに
  明治神宮を参拝して帰って来ただけでしたが。
  なんだそれ。

   R0029113
   明治神宮で見つけたステキ絵馬。かなうといいね!

お話の中身の方は、
アニメ『アマガミSS』の感想に始まり、
秋アニメの話、
あと彼は先生的なご職業の方なので、
学生さんの話とか、国語の話とか、彼の貸してくれた『銀英伝』の話、
昨今のマンガの話……、
あとはオイサンの小品も熱心に読んでくださるそれはありがたい方で、
その感想を戴いたりですね。
そんな一日でした。
楽しかった。

この方はTwitterはやっておられない方なのですが、
『アマガミ』の二次創作を漁っておられた関係で
オイサンのフォロワーさんのことも何名かご存知で、
そんな話で盛り上がったりしておりました。

あと、以前お会いしたときのレポートでも書いたのですが、
オイサンも彼も昔っから、
努力をしなくても国語のテストでやたらと点の取れる「体質」で、
国語のテストは「答えが光って見える」者同士の強い絆で結ばれており。
そしてともに「本を読むのがやたらと遅い」という共通点があります。

  今日彼からお聞きした話では、
  フツーの方々は、ラノベ一冊読むのに一時間はかからないらしいのですが
  彼はラノベ一冊3~数時間、
  オイサンに至ってはどう頑張ったって一日では読み終えられない、
  という体たらくなのです。

だもんで二人して、その早さで中身を理解できるのかねえ、すごいねえと
文句半分羨望半分のお話をしてきたのですが、
今回新たに、どうやらマンガも読むのが遅いらしいということが判明しました。

たとえば、『はじめの一歩』。
単行本一冊読むのに一時間とかかけるのは長いのか?
オイサンと彼は……
「いや、だって、ねえ。
 『まっくのうち! まっくのうち!』っていうコールが始まったら、
 それが頭の中でちゃんとコールになるまで、
 ページめくれないじゃんねえ?」
と、今日新たな合意に至ってきたのですが、
どうも世間の皆さんはそうでもないらしいというお話になりました。

オイサンなんかはまったくその通り、
まくのうちコールのあるページでは、
『まっくのうち! まっくのうち!』『まっくのうち! まっくのうち!』
『まっくのうち! まっくのうち!』『まっくのうち! まっくのうち!』
と、最低でも8回はホールに響いた体が成立してからでないと
次のシーンには進めませんし、臨場感を味わうことも出来ません。

  ……ついでにやっぱりお互い認識が一致した話に、
  「ゲームのメッセージ送りも、シーンに適した間がとれるまでは
   音声を送らない」
  というのもありました。
  なので、やたらとプレイに時間がかかるわけです。

……ふーん。
他のヒトって、『まっくのうち!』コールやらないんだ。
楽しいのに。



……。



マそんなことでね。

随分と久しぶりのお休みを、こうして堪能してきた次第でございます。
本当は、それだけのハードワークの中休みなのだから、
じっくり体を休めることに専念してはどうですかというお言葉も戴いたのですが、
やっぱり前述のしらすさんとのときと同じ、
一人でいてもまたオシゴトのことを考えて悶々してしまいそうだったんで、
誰かと楽しいお話をしていたいと、そんな風に思ったんですね。

いやまったく。

このトシで、ようやくそういうことに気が付くってのもねえ。
マいいんだけどさ。
ただ、その変化のきっかけを作ったのは、
やっぱり『アマガミ』であり、絢辻さんであるわけで、
そういう意味でもやっぱり、
オイサンにとって『アマガミ』は、疑いようもなく現実なんだなあと実感する……
そんな冬の入り口、
ハロウィンの一日でございました。

長々と書いてまいりまして、
まだまだ積み残しも多々ありますけど、ちょっと今日はこの辺で。
また近いうちに更新は必ずしますので、
そして中途半端になっているものを決してそのままにはいたしませんので、
皆さんもまたお元気で、
遊びに来ていただけるとありがたく思うオイサンでありますよ。



  ここまで約500行、2時間半か。
  うん。
  やっぱ、書くのは楽しいや。
  半分くらいの分量で、一時間くらいずつなら忙しくてもなんとかなるはずだな。
  週一くらい、そのくらいは必ず更新したいと思いますよ。



ほなまた。
オイサンでした。


 

|

« ■Tea for Life . ~SS・『TLS2』香坂麻衣子 -更新第591回- | トップページ | ■そんなマイニチみたいに。~『アマガミSS』七咲編・14話~16話までの感想 -更新第593回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■第4先輩さん
毎度お世話になっております。

いやあ、なんというか。
ああいう場で、やたらとシンドイ思いをしている自分をさらすのは、
やっぱり誰かに慰めてもらいたかったリ、褒めてもらいたかったリという
あさましい気持ちの表れでしかないわけで、お恥ずかしい限りですね、
このトシんなって。

なんとなれば、それは自己マネジメント力の欠如でしかないわけで、
そういう視点では常にコンスタントに働いておられる(ようにTL上ではお見受けする)
先輩さんや、他の方々なんかは、オイサンから見れば立派だなあと
常々感心しております。

オイサンは、一生ああは出来ない気がしますよ。
ニントモカントモでござるな。ニンニン。
 
 
■JKPさん
どーもです。
いやー……ほんと、救われますよ。楽しかったです。嬉しかった。
次回はガッツリ、なんかしらのメインイベント含みで遊びましょうね。

……しかし、そっかー。
みんな、まっくのうち! やんないんだ。
楽しいのに。
へんなの。
 

投稿: ikas2nd | 2010年11月 8日 (月) 01時53分

日曜日はお疲れさまでした~。
ホント、お忙しい中ありがとうございました。
私なんぞと会うことで、少しでもリラックスすることが出来たのならば、幸いです。

同僚に上記の本、マンガの話をしたら、真っ向から否定されてしまいました。
やはり我々はマイノリティなのか???(今更)

投稿: JKP | 2010年11月 2日 (火) 11時19分

 久方ぶりと言うべきか、いつもお世話になっていますと言うべきか迷いますが、間を取ってお疲れ様です。

 こう、twitter上でも、皆様が声をかけることさえある種の躊躇いというか、畏敬と憐憫をが混じらざるを得ない多忙な空気感をオイサンにいつも感じております。僕自身、ヒマしていたということはないまでも、マイペースの維持が許される環境でさえひいこらひいこら言っていているのが情けないと幾度と知れず思ってみたり。

 時と次第によっては類似した多忙な環境に見舞われるかもしれないなと考えつつ、そういう時に自分がいかにして乗り切るべきか、オイサンの呟きや記事を見ながら自分としても勉強していこうと思っている所です。

 月並みですがお身体をご自愛下さいませ。

投稿: 第4先輩 | 2010年11月 1日 (月) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/37480056

この記事へのトラックバック一覧です: ■君のままで。 -更新第592回-:

« ■Tea for Life . ~SS・『TLS2』香坂麻衣子 -更新第591回- | トップページ | ■そんなマイニチみたいに。~『アマガミSS』七咲編・14話~16話までの感想 -更新第593回- »