« ■チオビタの宇宙(そら)を越えて -更新第561回- | トップページ | ■目に耳に、喉に沁み入る物たちの -更新第563回- »

2010年8月 7日 (土)

■祭囃子は8bit -更新第562回-

恥ずかしながら帰ってまいりました。
オイサンです。

人並みにお盆休みを戴き、実家に帰ってきてございます。
と言っても夕べ帰りついたばかりで、何をした、というわけではないのですが。



■今日は一日ゲーム音楽三昧



昨日はほとんど一日中、移動準備 → 移動で、
午前中に家を出てからは夕方18時過ぎ、関西の実家に着くまで
歩いたり新幹線乗ったりまた歩いたり、移動移動の繰り返しだったのですが。

そのウラで、NHK-FMでは『今日は一日ゲーム音楽三昧』なんてのを放送されてたようです。
……て言うか世間様的には「ラジオやってる裏でオイサンが移動してた」のですけども。


  ▼今日は一日ゲーム音楽三昧 [NHK-FM 今日は一日○○三昧]
  http://www.nhk.or.jp/zanmai/past/20100807game/index.html


なんかすげえな。
NHKさんもお攻めになる。

お昼の12時から始まって、
夜の23時までずーっとゲームミュージックをかけ続ける番組のようです。
「ようです」、なんていうくらいですから、
オイサンはラジオ持ってたワケでもないので聴かず聴かれずなのですが、
Twitter上などではなかなか盛り上がっていたようです。

  ゲストがすぎやま"DQ"こういち先生に、金月の真美姐さん、
  植松"FF"ノビヨさん、そして高橋名人となかなか豪華。

上記URLに曲目リストがあったので、それをザッと眺めてみたところ、
かかった全105曲中、オイサンでも42、3曲くらいは分かってしまうあたり……
ワリとメジャーなところからチョイスされてきていたようですね。
「分かりやすい」選曲であることがなんとなく分かります。

  『F-ZERO』がBIGBLUEだったり、『グラディウス』が逆火山だったり。
  ビッグブリッヂや四魔貴族をはずさないあたりとか。

……なんというか、ゲームミュージックという、
ジャンルそれ自体が既にそこそこコアである中でやる
『なつかしのアニメ大特集!』的なまとまり方が感じられる気がします。
『ハイジ』『フランダース』は外せない的なノリというか。

  ていうか『ときメモ』かかり過ぎだろうw

  個人的には、中では『リッジ』はロッテルダムネイションズよりも
  RARE HEROがかかって欲しかったですが、
  その前に『ラリーX』がかかってるからダメかw かぶるな。

知らないゲームの曲は、まあ分かりはしないのですが、
例えばオイサンの知る『JSRF』からTHE CONCEPT OF LOVEがかかっていたり、
『バーチャロン』からIN THE BLUSKYがかかっていたりする辺りから、
オイサンの知らない他の作品群においても、
「シリーズ作中でもっとも『それらしい』曲が選ばれているのだろうな」
という呼吸があるのは想像に難くないです。

もう少しだけでも、ムダに攻めた
「分かる人だけが分かるパーソナリティ色の強い選曲」が見え隠れすると……
「分かる」側の人たちには嬉しかったりするでしょうし、
番組のクセのようなものが出て面白いような気もしますが。
司会やゲストが個人的にイチオシする楽曲とかね。

マでも、この番組はこのスタイルが正解なのでしょうね。

  この105曲に絞っただけでもえらいんじゃないでしょうか。
  すごい。

しかし……11時間ていうのは長いな。

オイサンは冒頭でもお話した通り移動中で、一秒たりとも聴いてないわけですけども、
……まあ、じゃあその日一日何も予定がなくて、ラジオを聴いていられる環境にあったら聴くのか?
と言われたら……先ずオイサン聴かないんですけどね。

  そんなに張り付いて聴いていられる、体力にも集中力にも自信がない。
  あと、オイサン多分それしか出来なくなるので
  聴いていて「なんかこんなことしていてはダメなような気」がしてきてしまって、
  そっちの強迫観念に負けて何か違うことをし始めてしまう自信がある。

別段、本当に聴きたい曲ならなんもラジオで流してもらわなくても
(売られているものであれば)買って来て聴きゃあいいですし、
特に流してもらいたいわけでも、
ラジオの向こうにいる誰かに聴いて欲しいという欲求があるワケでもない。

ほな何がしたいねんとなれば、
多分、そういう環境・場・雰囲気、皆がそのとき感じているその場のそういうテンションを借りて、
その曲とか作品、或いはそこから派生して、
「かかってないしかかる見込みも無いけどかかって欲しい曲や作品」を知る方々と、
ちょこっと「ああ、あるね、あったね」というような、
共有感や会話を交わし醸せればいいなあと思います。

  地元の大通りでやってるお祭りの、屋台のわきか、
  通りの様子が見て取れる喫茶店とかで同級生を捕まえて、
  思い出話とか、知る人ぞ知るぶっちゃけ話に花を咲かせるような、
  お祭りには出たくないけど、そういうことをしたいなあ、とは思います。

正直、お祭りそのものは、騒がしくて人も多くて好かない。
さほどの興味もない。
ただそこで、話すべき、皆で一緒に感じるべき何かを想起させてくれる仕掛けとして
ゴウンゴウンと稼働していてくれると、
こちらとしてはその話がしやすくて、それは助かるなあと、そんな感じです。

  ひとが何かに集まり、色んなことを思い出す、
  そんな作用や機能もそういう大きな場は持っているので
  お祭りが苦手なオイサンでも、お祭りはありがたいです。
  遠くの方から眺めてたい、お囃子だけでも聞こえていたい。
  自分の楽しみ方で浸っていられると幸せ。

  マそれも、メインでお祭りを頑張ってる人たちのご迷惑にならない程度に、
  ということにはなりますけどね。
  そこは気をつけたいと思います。

そして11時間で105曲ってのは……間、休憩が挟まったりもしていたみたいなので、
マ正味10時間だとして、1時間あたり10曲。ゲームミュージックだから
1トラックはそんなに長くないとしても、結構イッパイイッパイだろうか。

Twitter上で聴いてる面々からは「トークが長い」「早くかけろ」的な声も結構聴かれたので、
聴いてる方はスカスカ感を感じていたのでしょうけど。
その辺の配分は難しそうですね。



■関西の空、関東の空



デ関西の実家に帰ってきたんですけども、時刻はもう夕焼けの頃。
以前、お仕事の関西出張でこちらに来た時も思ったのですが……
こちらの空と東京の空に、明らかに透明度の違いを感じるのですがこれは気のせいなのかどうか。

R0026863  R0026848


Twitter上でそんなことを呟いたところ、約二名の方からはほぼ同意のコメントを戴けたので
マあながち地元びいきのオッサンが
思いこみと郷里へのシンパシーで言っているだけではないと思えるのですが。
すっと遠くまで届きそうな、さりげない深さを感じるのです。

それが殊に強く意識されるのが夕暮れの光で、
西から斜めに鋭く射してくるオレンジ色の西日が、関東で感じるよりも鋭利であると思える。
関東のそれが面で焼く光線だとしたら、
関西のは線の束で焼かれているような、そんな違いを感じます。

  マそれは肌で感じるのではなくて、
  見た目の印象からそう思うだけですけど。
  やっぱり空気の汚れとか、そういうものの差なんでしょうかね。
  もっと他に何か、緯度経度、そんな違いもあるのでしょうか。

果たしてこれが……ここからさらに西へと進むとどう変わっていくのか?
フフフ、見たことはありませんが……見てみたい気は、いたしますなあ。



以上、久々の関西上陸で油断しており、
エスカレーターの左右をミスったり(関西では右側が停止レーン、左が歩行レーン)、
地元の最寄り駅に辿りつくまで関西弁に戻り損ねていて
「イカン、このまま帰ったらいぢめられる……!!」
と戦慄したりしたオイサンでした。

今週、しばらくはこちらからお届けしまーす。
さあ、SSやらも書くぞお!
書くったら書くんだ!!!
だって休み明けたら忙しくなりそうだから!!
切なくなることもあるけれど、オイサンは元気です!


R0026832  R0026879
     ひるごはん。                 ばんごはん。



 

|

« ■チオビタの宇宙(そら)を越えて -更新第561回- | トップページ | ■目に耳に、喉に沁み入る物たちの -更新第563回- »

[日記]」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■第4先輩さん
それが分かればオイサンも、こんなにお祭りや団体行動が苦手でなくて済むのでしょうけども。
大学時代の演劇も、「皆で一つのものを作り上げていくのがいいんだ!」という感覚が
どうしても理解出来ずに、やめてしまいましたしねえ。

「旨いものは、一人で食った方が尚旨い」
……とまでは言いませんが、変形合体をするには、機体数に限界がある、とは思いますわいな。
三体合体六変化ぐらいが弊社の限界です。

途中で、目的がすり変わることも、まああるのでしょうね。
ぽてちん。

投稿: ikas2nd | 2010年8月19日 (木) 01時23分

>別段、本当に聴きたい曲ならなんもラジオで流してもらわなくても
>(売られているものであれば)買って来て聴きゃあいいですし、
>特に流してもらいたいわけでも、
>ラジオの向こうにいる誰かに聴いて欲しいという欲求があるワケでもない。

 どうも。昨日は一日中シンディ・ローパーを聴きながらTLを追っていた者です。
 アマガミクラスタの人たちがみんな「ずっとこのままで来い!来い!」と期待して、要求して、折れていく様を見るにつけ、ああ、これが一体感……だとしたらなぜここまで一体たることを求めようとするのだろう彼らは、といぶかしみながらシンディ・ローパーに軽く涙していました。
 アホな私に答えを教えて下さい

投稿: 第4先輩 | 2010年8月 8日 (日) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/36072972

この記事へのトラックバック一覧です: ■祭囃子は8bit -更新第562回-:

« ■チオビタの宇宙(そら)を越えて -更新第561回- | トップページ | ■目に耳に、喉に沁み入る物たちの -更新第563回- »