« ■もう一度TENDERNESS -更新第564回- | トップページ | ■buddy!~雪に芽吹くは新緑の~ アニメ『アマガミSS』第六話・第七感想 -更新第566回- »

2010年8月14日 (土)

■SUMMER BREAK 2010 -更新第565回-

さて、オイサンです。

R0027694

本来は、もっとキッチリと形にまとめてから書くべきなのですが、
先ずは今の気持ちを載せておこうと思い、
中途半端ながら、こうして文字にしています。

何のお話かと申しますれば、この8月12日から8月14日からの三日間……
厳密には、12日と14日の二日のことなのですが、
この期間、オイサンは帰省中の実家を離れ、ちょっとばかり旅をしてまいりました。


場所は二つ、熊本、そして香川・高松。


目的は……オフですよ。Twitter上でお知り合い……否、お友達になった方々に会いに、
今年のオイサンは北海道へは行かず、
中国・九州・四国をぐるりとめぐる大移動でした。

細かい行程や道中の出来事などは今は省きますが……
12日、熊本では「じじ」さん、「兄さん」こと、@G_G_AIさん。
14日、香川・高松では、「クリッパー」さんこと、@Clipper_Freedomさん。

どちらの方も、Twitter上での会話や、このblogへのコメントで、
「会ってみたいですね」と、オイサンにお声をかけて下さった方です。
今となっては、それがその時のご本心だったのか、
ちょっとした気紛れの社交辞令だったのか分かりませんし、既にあとの祭りです。

何もかもを真に受けた、このアホなオッサンのバカげた思いこみの前では
どんな言い訳も通用しません。
だったらこちらも、本気でお応えしようじゃないかと……
こうしてこちらから出向き、実際にお会いする運びとなったのです。

そして今日、お二方とお会いし終えてみて……
やあ、来て良かった、会ってみて良かったと、心から思える、そんな二日間でした。

お二方がどんな方で、
いっしょにどこへ行き、
何を見、
何を食べ、飲み、
どんな話をしたのか。

……細かい話はやっぱり別でまとめたいと思うのですが……
お二方とも、突然の闖入者である筈のオイサンを温かく迎えて下さり、
とても丁寧におもてなしをして下さいました。
そして恐らくは精一杯の本音で、
語れること、語りたいことを話して下さったのだと思います。

  オイサンはその……あんまり人付き合いに長けてはいませんし、
  人間関係の面で苦労をしたりした経験のない人間ですから、
  それを「ホントかよ」と言われたら、
  胸を張って絶対ホントだよウソじゃないよと突っぱねるだけの自信や裏付けになるものは何もありませんが……
  それでも尚、オイサンにとってはそう考えて、喜びとともに胸にしまいこんであまりある、
  そんなお話、おもてなしをして戴けたと思っています。

兄さんは朗々と。
クリッパーさんは訥々と。

それはもう彩り豊かな言葉と熱で、普段は色々なものに隠れ隠されて見ることの出来ないはずの、
胸の奥底に眠るステンドグラスのような気持ちが
皮膚のすぐ下に透けて見えるくらいに、オイサンには感じることが出来たと思います。

オイサンは、言葉というのは陽炎の向こうに置かれる一幅の絵のようなもので、
熱の揺らめきに照らされて初めて、
より本当の姿を受け手に現すものなのではないだろうかと、近頃思うようになりました。
その熱を加えることが出来るのは、誰あろう、その言葉の発し手に他ならない。
そしてさらに受け手側の熱も加わって、幾らかさらに、言葉は形を変えます。

  文字だけでその熱までも表現することが出来るのは、ある特殊な能力を持った人間たち……
  いわゆる「作家」と呼ばれるような、
  職業文筆家、文字使い、言葉使いの方々だけなのだと思います。

基本的に文字の伝達手段であるTwitterを通じてこれまで受けてきたお二人の言葉を、
今回、直にお会いして、その熱を感じ取ることで、
よりご両名が考えるのに近い形で受け取ることが出来るようになったのではないかなあと思います。

そしてまた、普段はその文字に乗せることさえしないようなことまで、
今回は話して戴けたんじゃないかと、勝手に感じています。

モチロンお二人が、生身のままで発する言葉とTwitter上に放流する言葉に
同じ質・同じ価値を載せているとは限らないワケですが、
それでも、彼らがお持ちになっている熱、その火力を知ることで、
普段の発言の中に隠されたなんらかの気持ちを炙り出すことが出来るようになる気がします。



……。



なんかまた、話がメンドウクサイ方にいっていますが、イカンイカン。
そんなことではなく、とても嬉しかったって話ですよ。
会いたいと言って戴けたことも、
実際にお迎え戴けたことも、
そして色々なことを話して戴けたことも。

なので取り急ぎ、この3日間何をしていたのかということと、
先ずはその気持ちだけでも表明しておこうと思い、こうして記事を叩いているわけです。
とても、とても楽しかった。
嬉しかった。
ありがたかった。
それに尽きると思います。

正直、お二人の貴重なお休みを戴くに値するほど、
何か楽しい時間を共にすることが出来たのかについては不安なのですが。
そこも、お二人が別れ際に言って下さった言葉を信じて、
そして自分で「足りていないな」と感じ入って、
強化していくことも忘れないようにしたいと思います。

今後、こういった遠方訪問オフ……というか、
Webの向こうに落ちる影の形を確かめる小さな旅をどれだけ続けていくのかということに関して、
自分の中で幾つか宿題になっているものはありますが特にプランや心づもりのあるでなく……
いつやめてしまうかはわかりません。
オイサンは気紛れですしね。
ただ、もしも今回お会いしたお二方に「今後二度と会えないかも」
ということが分かった折には、是非もう一度こちらからでも乗りこんで、
「その気になりゃ、もう一回くらいいつでも会えるんだ」
という実績を残しに来たい。
そんな風に思える、今回の訪問でした。

それでは、次回、次々回あたりになりますか、
それぞれのオフの細かいことを書き記していきたいと思います。



オイサンでした。



  

|

« ■もう一度TENDERNESS -更新第564回- | トップページ | ■buddy!~雪に芽吹くは新緑の~ アニメ『アマガミSS』第六話・第七感想 -更新第566回- »

[日記]」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■ドッフルギャンガフフフフ
本格レポが遅れててすまんこっちゃで。
じき載せますんでね。
イヤーでも、ほんと楽しかったです。
遅くまでありがとうございましたよ。
迷惑かも知れないけれど、オイサンは兄さんが大好きです。
是非また!
兄さんの話が。 歌が! 声が!! また聞きたいよ!!!

投稿: ikas2nd | 2010年8月19日 (木) 01時35分

フフフフ…フフフフフフ
自分とこにも書きましたが、オフであんな濃い話をする機会が無いので楽しかったですよ
またお会いしましょう
俺の話を聞くためにw

投稿: じじ | 2010年8月17日 (火) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/36169799

この記事へのトラックバック一覧です: ■SUMMER BREAK 2010 -更新第565回-:

« ■もう一度TENDERNESS -更新第564回- | トップページ | ■buddy!~雪に芽吹くは新緑の~ アニメ『アマガミSS』第六話・第七感想 -更新第566回- »