« ■buddy!~雪に芽吹くは新緑の~ アニメ『アマガミSS』第五話感想 -更新第559回- | トップページ | ■チオビタの宇宙(そら)を越えて -更新第561回- »

2010年8月 4日 (水)

■鋼の英雄☆★☆ -更新第560回-

オイサンです。
近況メモ。



■DS『メタルマックス3』をプレイ中



『メタルマックス』は、
戦車を手に入れて改造したりしながら、
お尋ねモノの賞金首モンスターを刈って戦っていく、
ウエスタンパンクRPGです。

  ウエスタンパンクなんて言葉はありませんが。
  西部劇的SFだとでも思うがいいさ。

世界破滅後の荒廃した西部劇っぽい舞台に、
騎馬の変わりに戦車が出てきてると思って下さい。
デおかしな怪物も跋扈しているから、それを戦車で退治していくようなお話です。

 ▼『メタルマックス』シリーズの歴史

初代『メタルマックス』はファミコン、
その後SFCで『2』、『リターンズ(以下「R」)』(初代のリメイク)がリリースされ、
ドリームキャストで『WILD EYES』がリリースされることになっていましたが
版権元のDATAEASTの倒産のゴタゴタに巻き込まれて制作中止、
その後整理もついて、GBAで初代と『2』のリメイクが発売されるも、
バグやら移植クオリティの低さで黒歴史に。
……

PS2で派生作品の『メタルサーガ・砂塵の鎖』、DSで『同・鋼の季節』がリリースされ、
前者は評判そこそこだったみたいですがバランスが悪くてやはりイマイチ、
後者は無理やり導入したタッチペン操作が不評と。

……初代、『2』、『R』までは出来も良く、程よくマニアックで、
コアなファンに愛され続けてきた作品ですが、
以降はあまり品のいい経歴をもってはいない作品です。
オイサンはGBA版以外一通り触ってはいますが、マトモにクリアしたのは、
やはり『R』までです。

  ちなみに『2』の賞金首モンスターとの戦闘BGMは
  神曲として取り上げられることの多い楽曲です。
  オイサンはそんな好きじゃありませんが。初代の町のBGMが好きだった。
  あと「Dr.ミンチに会いましょう」と、やっぱり初代の、通常戦闘曲。

◆メタルマックス 通常戦闘


◆メタルマックス2 お尋ね者との戦闘


◆メタルマックス Drミンチに会いましょう



  「ビックブリッヂの死闘」とか、世間で喜ばれてる曲と
  自分の嗜好が一致することがあまり多くない。
  そういうところで共有できない自分がちょっと寂しい。

 ▼ゲームのキモ

ゲームのキモは上でも書いたように「戦車が登場すること」。
主人公やパーティのメンバーは人間ですが、
それぞれ、戦車を手に入れればそれに乗って戦うことが出来るようになります。
人間は普通のRPG同様、戦闘を重ねて経験値を手に入れ、
成長して強くなります。
戦車は……改造して強くします。

  強いエンジンを買って積載量を増やし、
  強い兵器(大砲・機銃・特殊装備)を積み、
  装甲(=HP)を厚くする。
  ちなみに、人間のレベルが上がれば運転技術も上がって
  戦車戦闘力も底上げされます。

まあ、プラモデルやラジコンをこさえるような感覚で、
自分の戦車を作り上げていくのが楽しいわけです。
戦車をコレクションしたりね。

デ主人公は賞金首狙いのハンターですんで、
普通の在野モンスターのほかに、
酒場などに貼ってあるポスターのお尋ね者を狩って大金を手に入れよう、
なんていう……
「プラモデルチックな遊び+アウトローな雰囲気」
に浸って遊ぶのが好きな御仁にはタァマランワケです。

 ▼デ、『3』。

ようやく正規ナンバータイトルの『3』がリリースされ、
今ボチボチとプレイしておりますが、
なかなか良い塩梅ではあります。
少なくとも、操作感や世界の雰囲気は『R』までに近い。

  今までのところ、ちょっとバランスが緩いかなと感じますが、
  多分導入だからでしょう。

まだ2時間ほどで、ようやく最初の戦車を手に入れるところまでなので、
改造やパーティ編成など、本作の醍醐味的なところには触れられていませんが、
感触的に不安はないカンジ。
DSなので、実家に帰ってもその先も、空いた時間でポコポコプレイできそうですから
やってこうかなと思ってます。

  ……目下、『ドラクエ6』とどっち優先で進めようか考え中。
  まあ『ドラクエ6』は今更感もあるので
  ゆっくりやったって全然いいんですけど。

……しかしなあ。
一台目の戦車がバイクかあ。
豆タンクみたいなのが良かったなあ。
一応、戦車が主役のゲームなんだから、一球目はストレートで来て欲しかった。

他に、会話メッセージが表示されるときに文字表示に音がつかないとか、
戦車(バイク)に乗って移動しているときのグラフィックで、
見た目にアクション(車体の揺れるアニメーションみたいなの)がつかないとか、
細かい不満はありますが。
とりあえず今のところ、不安は感じません。
……ちょっと、音楽が耳に残らないかなー。

あああと、デラックス限定版についてきた、山本貴嗣のオマケマンガがとても良かった。
話はベタだし、絵もイマドキでは全然なかったけど、グッときたなあ。



■ひだまーぶるラジオ×☆☆☆感想



今月の『ひだまりラジオ×☆☆☆』の更新は、
marbleさんのゲストで『ひだまーぶるラジオ』になりました。

  いえい!
   ↑ 大の「ひだまーぶるラジオ」好き。
    だが別にmarbleの楽曲がそんなに好きなワケではない。

 

ひだま~ぶる×☆☆☆
ひだま~ぶる×☆☆☆

アーティスト:marble
販売元:ランティス
発売日:2010/05/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する


まあ全体的な内容は
過去2回のひだまーぶるラジオと大して変わり映えしないのですが、
今回はどうなさったことか、
marbleのお二人の喋りがエラくこなれて、
まーあボケるは突っ込むわ、よく喋りなさる。

しかも今回、菊池さんがやけに声がしっかり出ていて(w、
「ひだまりラジオ」の第三回でゲストに来たときの
「こいつらなんか収録前にイヤなことでもあったのか?
 それとも、
 『俺たちはアニメに曲を使われることなんか望んでないんだ
  そのラジオなんて真っ平だぜヘイヘイ』
 的な連中なのか?」
と勘違いしてしまうほどのガチガチっぷり、ブアイソっぷり、
喋らないっぷりは果たして何の幻だったのかというくらいの力の抜けよう。
慣れって怖いわー。

あと、何故か参戦の松来社長。
菊池さん、松来さんのこと好きなんじゃねえか?
吉野屋先生のイメージソングの件といい。
もう付き合っちゃえYo!( ← ↑発想が中学生)。



■最近のお気に入り



最近にしては珍しく、ヘビロテ中。
HEROMANの第2クールOP、『missing』。

◆『HEROMAN』OP missing


本編とは全然リンクしない歌詞の内容なんですけどね。
気に入ったのはサビの

  ♪ どうしてもう明日を見てるの?

という一節。
前後から読めば、
「好きな子に好きと言われて戸惑っているうちに
 その子は先に行っちゃってオイちょっと待ってよ」、
 みたいな女々しい歌なのですけど。
最初に聞いたときの気分と相俟って、
その一節だけやけに耳に残ってしまって、

「なんでそんなに簡単に今日の残りを諦めて
 明日に希望を持ち越しちゃうんだ、
 もっと今日をあがこうとしろよ!」

……と、そんな風に聞こえたんですね。

まオイサンなんてのは
「あー今日はこれ以上やってももうダメだ、
 寝てリセットしよう明日だ明日」
派の最右翼気質ですけども、時にはそういう、
効率とか、理に叶う感じをブッ飛ばしたうすみっともない気合にアコガレはしますし、
今の世の中、そういうかじりつく感じが疎かにされ過ぎるキライも感じていて、
「……案外大事なんじゃねえかな」
と思ってしまったわけです。

   
HEROMAN 2 (ガンガンコミックス)
HEROMAN 2 (ガンガンコミックス)

著者:太田 多門,スタン・リー,BONES
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


フツウなら聴かないタイプのお歌ですが、
……ウム、これは好きだな。
たまにこういうのにひっかかる。
スガシカオの『コノユビトマレ』も、なんかフッと引っかかったんだよなあ。

◆スガシカオ 『コノユビトマレ』


あとねえ、多分ですけど。
この曲、メロディラインがpillowsの激しい曲に似ている気がする。



■Closing



auさんは変わったサービスをやっている。
「端末を一年使ったら新品のバッテリーパックを一個タダでくれる」
というもの。
電池がへたったことをきっかけに、

  機種変え → いっそのことキャリア変え

という流れを予防しようというものなのだろう。
ちょっと前ならコレは素晴らしいと思えるけど、なんか今更ですねえ。

とはいえ、帰省+遠出の準備に際して、
長時間充電が出来ない局面+最近の携帯でのTwitter時間を考慮して、
電池パックがもう一個もらえるのはありがたいので、
せっかくだから戴いておくことにした。

いとしのW63K、これで電池パックは手元に3つ。
よし。
準備バンタン電脳学院。
帰省が終わって帰ってきたら、颯爽とドコモに乗り換えて、
BlackBerry bold 9700をゲットしようではないか(キチク)。
BlackBerry欲しい。

 

以上、とりあえずまとめて書きたかったこと。
備忘録というか、美貌録というか、紳士録でした。


オイサンでした。




 

|

« ■buddy!~雪に芽吹くは新緑の~ アニメ『アマガミSS』第五話感想 -更新第559回- | トップページ | ■チオビタの宇宙(そら)を越えて -更新第561回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/36033182

この記事へのトラックバック一覧です: ■鋼の英雄☆★☆ -更新第560回-:

« ■buddy!~雪に芽吹くは新緑の~ アニメ『アマガミSS』第五話感想 -更新第559回- | トップページ | ■チオビタの宇宙(そら)を越えて -更新第561回- »