« ■七月のパトランカ ~オフレポ第一回・「梅雨明けはパトやんとともに」 -更新第547回- | トップページ | ■Fleur de Fleurs ~願わくば、咲き誇れ -更新第549回- »

2010年7月21日 (水)

■七月のパトランカ ~オフレポ第二回・「四本録りはシの香り」 -更新第548回-

あ、暑い……。
オイサンなのだが……。

11時に寝たのに暑さで3時前に目が覚めるとかどんだけ……。
そこから気合で寝直したら今度は4時前にまた目が覚めるとか、
どんだけどんだけ……。


サテ。


そんな猛暑を吹き飛ばす( ← てきとう)パトやん台風上陸の二日間。
オフ会&公録イベントレポート「七月のパトランカ」。

第二回の今回は、お昼の部。

9人の仲間と別れ、パトやんとオイサンは一路、
公開録音が行われるエンターブレイン本社のある半蔵門へ。
その他の夜の部の飲み会に参加される皆さんは、
アキバだったり、どっか別の場所だったりで思い思いに休日を過ごすという……
『FFⅨ』のATEのような展開です。

マ今回はパトやんというか、
イベントレポートが主になります。
それでは最後までごゆっくりお楽しみ下さい。



……なんか……背中が、かゆいな……。
汗モでも出たか……?



■第二部・Aパート ファミ通キャラクターズDX・公開録音の模様



皆さんに見送られ、オイサンとパトやんは半蔵門へ。

……ていうかオイサンが、

  「末広町の駅がワカンナイ」

なんていう……
アキバに社屋を構える会社に10ウン年も勤めているとはとても思えない
スットコドッコイだったもんですから。
とりあえず駅までは皆さんと一緒に移動しました。
ありがとうございます。

移動の車中は、
パトやんの学校生活の話とか、
高校時代の話とか、
Twitterを始めたきっかけ、
お互いいつごろフォローしたっけ?
……なんて話を窺いながら……とことこと。

ちなみにtwilogさんによると、オイサンが初めてパトやんに話しかけたのは
今年の4月の22日のこと。
「ちょっと仮眠しようと思ったら朝だよ!」というパトやんの呟きに、
「よくあることだよ!」
と返すオイサン。
うーむ、デアイからしてPPP(※)を付与したくなるコンタクトでありますな。

 ※PPP……パトやん・プリティ・ポイント。
        パトやんの
プリティな行いや言動に対して手前勝手に付与され、
        1ポイント一円で換算されてなんでも好きなものを奢ってもらえるサービス。
        2010年6月22日運用開始、同年7月22日現在824ポイント。



 ▼イベント開始まで

イザebに着いてみると、予想に反してとても静か。
前回の「アマガミCS」の公録のときの様に、
社屋周りに列をつくって並ばされるものだとばかり思っていましたが、
今回はイキナリ中に入れて戴きました。

  パトやんを「多分ビル周りに行列してるよー」
  と盛り上げておいたオイサンの立場を返せ。

そしてオーディション控え室のような、
三部屋ほど用意された会議室的な待合にぶち込まれ、待つことしばし。


……しかし……。


あたりを見回してみると、異様なほど、ご婦人が多い。
半分、いやそれ以上がどうやら女性。
「アマガミCS」のときなんかは9割男性で、
女性には「淑女席」なんていう特別席が設けられるほどでしたが。

パトやんも軽くビビっている。

その旨をTwitterにPostしてみたところ、しらすさんから
「そもそも女の子向けの番組にアマガミねじこんだ」
みたいな話が出てきて納得。
……しかし、鈴村健一とか、人気あんだなあ。
どんな人か、よく知らないけど。多分寺島兄やんも。

時間ちょっとオーバーして、開場、客入れ。
前回同様、場所はイベントスペースのWinPa。
……なんだけど、相変わらずの「大宴会場」ぶり。
ここ、ホントはただの壇上アリの大会議室とかなんだろ?

前回とちがうこと。
 ・会場最後列にあった物販ブースがない。
 ・イスが違う。
……そのくらい。
前説は前回同様、アマガミ広報のうーさんだったんですけど、自己紹介もなし。
婦女子が多いことを見込んでか、ただの太った広報(オイ!)で押すつもりはないようです。

  ……しかし、物販がなかったのはイタかった。
  この客層では納得なんだけども、
  オイサンはここで絢辻さんのTシャツを購入してトイレで着替え、
  夜の飲み会では、「あれ、着てる物違ってね!?」
  ……というネタを考えていただけに……痛恨だ……(どうでもいいわ)。

あと、イスは前回よりも悪くなってました。
カタい。
お尻が後半、ちょう痛かったです。

イベント予定時間は2時間。15時から17時まで。
どうも一本30分の番組のようで、4本録りだと冒頭でブチ上げなさる。
……そのときオイサンの脳裏には、
「携帯でDLして聴く番組なのに、音声データ30分とか結構でかいんじゃないの?
 それとも音声圧縮の技術ってそこまで進んだのかなあ、すごいなあ」
という、ワリとミもフタもない心配だったとさ。

 ▼イベント全体の雰囲気

番組は、メインパーソナリティが、声優の鈴村健一氏と下田麻美さん。
正直、どっちもよう知らん。
今回は『アマガミ』がフィーチャーされ、シンタスと寺島兄さんがゲストでオヨバレ。

主に男性声優に対して、女性人から声援がかかります。
「すずー!(鈴村氏のことであろう)」
「テラシー!(寺島兄やんのことであろう)」
ごくまれに、シンタスにも女性から声がかかる。シンタスの人気に嫉妬。

番組の進行としては、
「『アマガミ』大好き声優(ププー)のシンタスと兄やんが、
 メインパーソナリティの二人に『アマガミ』の魅力をプレゼンする」
というのが趣旨なのですが。
……その魅力というのが、主に「変態」成分……

  取り上げられたシーンが、
   ・森島先輩の緊縛ラーメン、剃毛プレイ(プレイって言っちゃったもん)
   ・紗江ちゃんの自前グラビアプレゼント
   ・梨穂子のあんよツメ切り
   ・七咲温泉・スカートのポケット・たくし上げ・ラーメン変化
   ・絢辻さん第一段変形シーン(絢辻さん → ガウォーク(違 )
  等など……であることからお解かりいただけると思う。
  薫? ベントされた。

……だもんですから、
シーンが紹介されるごとに、場の大半を占める女性人から消え入るような
「えぇ~~~~~~ン……」
という、相当にヒキ気味ながらも心からの抗議の声が上がり、
イケメンの鈴村氏と寺島兄やんが

  「うるせえな!」
  「いいんだよ!!」

とぶちまけることでどうにか場が持ち直す、という、

  「※ただし(『アマガミ』やってニヤニヤしていいのは)イケメンに限る」

という、段の下でパイプ椅子に座っているボクらにとっては優しくない、
割かしも割かし、どアウェイな状況だったワケですが……。

……多分、そこに集う男連中の大半がMがかりであることも
運営側の計算のうちだったのでしょう、
オイサンらは隣でヒキ気味の声を上げる女子の、お声と
「(こ、この人たちも家でコレやってんの……?)」
というギワクの眼差しを頂戴してゾクゾクするという、
収支で言えば若干プラスの状況が見事に作り出されておりました。
やるなあ(やられとる場合か)。

 ▼声優さんってすごい

しかしまあ、すごいですね。
声優さんというか、司会をする方々というのは。
特に鈴村氏。
よくもまあ、あのテンション、声量で2時間しゃべり続けられるな。
それだけはもう、本当に心から感心した。
すごい。
なかなか出来ることじゃないと思います。
緩急も自在だし、飽きさせません。
……マ寝たんだけどね(オイ)。

 ▼時間構成

構成がなかなか不可思議で、
前半一時間で2本分を一気に録り、後半の一時間は忠実に30分を一本ずつ録る、
休憩は3本目が終わったところで一回だけ、というトリッキー仕様。
正直前半の一時間は、終盤異様にツラくて、
5、6分ばかし下向いて寝かせてもらいました。
もエエわと。
けれども、後半の一時間はその分早く感じましたから……
この辺の心理的な効果を狙った構成だったのであれば見事に成功だと思います。
マお尻が痛かったことは動かぬ事実でしたけどね。

そして4本分録り終わったあとで、放送しないパートだとして、
声優さん同士で賞品をかけたゲーム対決3本勝負。

 ・一本目:鈴村 vs 寺島の『スーパースト4』マッチ
 ・二本目:下田 vs シンタスの『Wii マリオカート』マッチ
 ・三本目:『WiiSports』テニス・ダブルス対決・三本先取

……あのさ、これイランやろ?
だって、壇上で声優同士でガチゲーム対決やって、
勝った方が賞品もらって帰るって……見てる方、何のうまみもないやん……?

せめて、どっちが勝つか予想・投票して、
当てた人の中から何人かは何かもらえるとか……
あってもエエんちゃうのん?
なんもないでワシら。

……それとも女の子は、ああいうの見てキャーキャー言うだけで
楽しかったりするんだろうか……。
イヤ、確かに「『スーパースト4』がちょっと面白そう」というのは
このイベントで一番の発見だったけどもさ。

もうちょっとなんか考えようや。


……と。


最後のテニス対決でやたらと勝負がもつれ込み、
あとに控える飲み会の集合時間に間に合わなくなりそうで
ハラハラしていたオイサンは思ったのでした。
結局イベントが終わったのは18時直前でした。

あ、ちなみに勝ったのは番組パーソナリティチームでした。
俺らホンマに何もなしでやんの。
ビックリするわ。



■第二部・Bパート パトやんのいない七月



そうしてオイサンとパトやんがゾクゾクなアウェイを存分に満喫している頃、
チームぶらぶら組は、一体どんな活動をしていたのか。

夜の部の飲み会で訊いてみたところ、
うぃぶれさんが一人で本屋を徘徊していた以外はみんな一塊で、
高級オーディオショップを冷やかしていたのだそうな。

  お一方、オーディオにちょう詳しい方が参戦され
  (飲み会に行く直前にちょっとだけお会いしたのですがー!!
   参加者のどなたか、twitterID教えてー!!)
  その方と一緒されたのだそうです。

ダイナオーディオ? だとか。
何階建てかのビルにあって、
上に行けば行くほど超人パワーの上がっていくという
まさにオーディオ界のマッスルタワーとも言うべきお店なのだそうで。

  最上階で戦うには、億の単位が必要らしいです(よつさん・談)。
  超人パワー¥。
  理解不能理解不能。

マそこまで行かずとも、途中の数百万・数千万パゥアー(1パウアー = ¥1)のフロアにも
リスニングブースが用意されており、
音源をお渡しすればそれをかけてもらえるのだそうですが、
なんと奴さん連中、そこでeufoniousだとか『けんぷファー』のOPだとかを
かけさせていたのだとか。

■けんぷファーOP


■eufonious リフレクティア



なんだよ、ちくしょう。
楽しそうだなあそれ。

  しかし、
  コマクと聴神経がぞーきんに注連縄で出来てるようなオイサンにはようわかりませんが、
  それは聞き比べに適した楽曲選択なのか。
  や、どっちもオイサンも好きなお歌ですけどね。

そしてその後は、よつさんオススメの隠れ家的喫茶にて
ドーナツをきこしめしていたのだとか。
うーん、それもうらやましいぞ。



……と、いう辺りで昼の部はおしまい。
オイサンとパトやんは無事ハチ公前に辿りつき、ブラブラ組と合流をして、
飲み会のお店に向かったのでした。

次回はその飲み会の様子と、その後についてレポートしまーす。
オイサンでしたっ。




 

|

« ■七月のパトランカ ~オフレポ第一回・「梅雨明けはパトやんとともに」 -更新第547回- | トップページ | ■Fleur de Fleurs ~願わくば、咲き誇れ -更新第549回- »

[日記]」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/35847294

この記事へのトラックバック一覧です: ■七月のパトランカ ~オフレポ第二回・「四本録りはシの香り」 -更新第548回-:

« ■七月のパトランカ ~オフレポ第一回・「梅雨明けはパトやんとともに」 -更新第547回- | トップページ | ■Fleur de Fleurs ~願わくば、咲き誇れ -更新第549回- »