« ■オイサン・オフライン~アイとデアイの使い方 -更新第517回- | トップページ | ■タイム・イズ・マネー。 ウサギ・イズ・バニー。 -更新第519回- »

2010年6月10日 (木)

■ファンロードって知ってるかい? 昔オタ業界で粋に暴れ回ってたって言うぜ。 -更新第518回-

なんてキーモイハニハニ。

ワールドカップが始まることを、twitter上で知る。
オイサンです。
twitter始めてから、今まで以上にテレビ見なくなったな。



■ふつオタのコーナー。



ふつオタとは、
フランスのオタクのことでは無サセボンヌ。

いきなりですが、このところたくさんコメントを戴きありがとうございます。
しかし、……うーん。
こんなにコメントを戴ける様になるなんて夢のようですなあ……。

blogを始めたのが06年の2月で、今で丸4年とちょっと。
『アマガミ』の出る昨年の3月末くらいまで週1~2回の更新で、
それまでは本当にリアルでのお知り合いしか見ない、
なんなら知り合いでさえも見ない、
非公開同然のオイサンの個人日記だったわけですが。

  中身は今も変わっていませんが。

昨年3月までの3年分のコメントの数と
ここ数週間ばかりで戴いたコメントの数がほとんど同じっていうか
なんなら後者の方が多いというインフレ仕様。

しかしまあ、人間えらいモンでたくさん戴き始めると
それなりに疎かにもなってしまうというもので、
このところお返事が遅れてましてホントスンマセンシタ、
としか言いようもありません。

というワケで今回はふつおたのコーナー拡張版。
嬉しいのでコメントへのお返事でひと記事埋めてしまおうという。
ネタがないからではないですぞ。
いや無いっちゃないんだけど。

それでは時系列順に。



■おしんこさん

>私の場合はつぶやきごとに違いますね。
>それがまたおもしろさでもあるのかも



いつもありがとうございます。
勉強、就活、お疲れ様です。

まあ、そうなのでしょうね。
結局はツールなのでしょうから、その使い方は好き好きでよいのだと思います。
そして気分次第ですよね。

オイサンはいかんせんアタマ硬い感じなので……
不器用なんですよねー。
何か一つ、まずどこかに固定してからでないと、うまく踏み出せないというか。
転ぶのが怖い人なので。

またどこかでお会い出来れば嬉しいです。
お体に気をつけて頑張って下さい。

次回また公録があるといい&当たるといいなあと思います。
「ゆび先はもう一つの心臓」は、若いオタクを応援します!
でも応援するだけです!



■編集まそさん

> 祖父が存命だった頃は毎夜お仏壇にお経をあげるのが常だったんで、
> 今じゃ正信偈(浄土真宗)をそらんずることもできちゃうんですが。
> 祖父母の葬式でも涙ひとつ出なかったのは『人はいつか死ぬ』という無常観を会得できたのか、
> 死からは逃れられないという只の諦観なのか、
> あるいはそれらのふりをして死から目を背けているだけなのか。
> 自分でも解りません。
>
> せめて故人の生と死が穏やかであったように。
> とともに、自分の死が穏やかであるようにという利己的な思いも込めて。
> ナンマンダ。



いつもお世話になっております。
日記の方に感銘を受け、勝手に記事にしてしまいました。

そうですね、私も、曾祖母・祖父・祖母、その他にも親類縁者、
時には職場の同期と、イロイロな告別式には参加して参りましたが
泣いた記憶がありません。

皆それなりに「死ぬ理由」を抱えていた(高齢、病気、etc)から、
至極当然のこととして受け止めていた感があります。
来るべき時が来たな、と。
よく言えば覚悟、悪く言えば諦め。

  ただ冷たい人間なのか、
  自分のことがそんなに可哀想でない人なのかも知れません。
  未だに死ぬということがどういうことなのか分かっていない気もします。
  むしろその、「喪失の予感」の方が恐ろしい。

しかし果たして、
自分にその来るべきとき、「死の明確な理由」を携えたときに、
同じように覚悟をキメたり、諦めたり、出来るものかどうか。
それが自分にとっての一つの勝負どころであるような気がしています。

オイサンはあるとき強烈な頭痛とめまいに襲われたことがありまして、
これはいわゆる脳梗塞の前兆というヤツではあるまいかと危惧し、
自分が世界を認識できなくなり、
同じように、世界からも私を認識できなくなる、
その状況をイメージしてみ、ものすごく空虚な怖れに苛まれた事はありますが……。
そこに明確な理由が生まれたときに、
そうした自己の喪失への予感と喪失へ至るまでの痛みや苦しみを、
「南無阿弥陀仏」の呪文がどのくらい助けてくれるだろうか。

自分たちオタクには、もっと効果的な呪文があるような。
……そんな、おかしな予感はあるのですけどね。

……しかし、最近法事をやってないから
そういう方面の感覚は鈍っているような気がするなあ……
って、それはそれでブッソウなコメントだな。
つるかめつるかめ。

あ、ちなみにそのときの頭痛とめまいの原因は、
ただの『第二次スパロボα』のやり過ぎでした。
肩こり肩こり。



■tomozzowさん

> いつも綺麗な写真でgoodですね。
> アジサイ寺は昔行きましたー、僕の行った時は季節的にアジサイは咲いていませんでしたが
> 来週は咲いていると良いっすね。
> アマガミ関連のネタは貯金がないんで、
> アニメ放送後にでも感想を聞けたら面白いなーなんて思いました。よしなに!



ヘらっしぇ、毎度おおきに!(挨拶が雑)

全然進歩しませんけどね、写真!
最近は接写+背景ボカシばかりでかつ寄り過ぎで、単調な気がしてます。
ボチボチ変化をつけないと。
遠目でも面白い、見ごたえのある写真が撮れる様になると嬉しいです。

tomozzowさんは結構イロイロ行かれてますよね。
しかも意外とシブどころをw
今年は遅いそうです、アジサイ。
ですが、近所の歩く道々のアジサイもちょっとずつ元気になってきているので
期待は持てるかな、と思ってます。
しかしマ、あんまり花盛り過ぎると人出が増えるので
程々がいいんですけどね。

またそちらにも遊びに行きたいので、そのときはお相手よろしくです。
つかまた北海道行きてえなー。
丹沢で自信をつけたので、今度は旭岳に登りたい。
……お母さん貸してくれません?



■Clipper_Freedomさん

(前略)
> 鎌倉の寺社群は京都や奈良とは違った雰囲気がありますね。
> 歴史的な背景が大きく影響しているのでしょうか?
> この地でオフ会とは羨ましい限りです。
> 私も行きたいけど、地理的なハンディキャップはどうしようもない…orz
>
> それはさておき、オフ会を存分に楽しんでくださいまし。



えーと、こちらでははじめまして、ですっけ?
違ったらすみません。
twitterではいつもお世話になっております。

鎌倉の町自体は、故郷・奈良とわりとよく似た空気を感じるのですが、
言われてみるとそうですね、
寺社の趣は鎌倉の方が庶民的で男性的な感があります。
奈良のそれらはもうちょっと澄まし込んでいて女性的な気がします。
オイサンの勝手なイメージですけど。
多少線が細くて、華美な感じがあるなあ。 > 奈良

もっとちゃんと、歴史的・文化的な観点を持って見ると面白いのでしょうけどね。

そちらもヨロシイやないですか。
数々の古刹、そして絶景。
そちらでオフするのもすごく良いと思います。

中国・四国地方には古い友人が結構散っているので、
ってそこで死んだみたいだな、そうじゃなくて、
散らばっているので、
いつか回ってみたいと思っています。

  山口・広島・鳥取・香川……。
  楽しそう。ムズムズしてきます。

その際には是非遊んであげて下さい。
そしてまたレポートいたします。

ところでソボクなギモンなのですが、
HNの由来は飛行機なのですか?



■ちひろさん

> こんばんは。
> 我が家では娘も交えて親子三人でマリカでガチバトルしてます。
> 相手が小学生の娘だろうとお構いなしです。

(中略)

> そんな娘に一言言いたい!
> 「もう少し手加減してくださいorz」
> お父さんは嫁と娘にやられっぱなしです。勝てねー。



こちらでははじめましてですね。
こんばんわ。Twitterではいつもお世話になっております。

頼もしい娘さんでなによりですw
「お父さんに紹介したい人がいるの!」
とかいって、ドンキーあたりを連れてきたりしないことをお祈り申し上げます。

ガチでやって、ケンカになったり
クチきいてもらえなくなったりはしてませんかw?
そういう事態に陥ったことは、オイサンもないのですが。

オイサンには兄貴が一人おりまして、
対戦で良い思い出があるのは『くにおくんのドッジボール』(FC版)くらいで、
あとはあまり良い思い出がありません。
あの人すぐヘソ曲げるんだもん。

『ストⅡ』(SFC)も最初は機嫌よくやってたんだけど、
ちょっとオイサンが強くなると……マそれはいいです。

『マリオカート』が良く出来たゲームであることは疑いなく、
そのコンセプトがああいうものであることも明白なので
それを承知した上でプレイするのが正しいあり方なのでしょうけども。

それでもやはり、
上手さと速さで勝負する「フツーの走り」が本当に上手な人は、
邪魔があってもそれに負けない強さを発揮できるという
レースゲームならではの矜持といいますか、
救済措置・調整があっても良かったのになー、と思ってしまいます。

レースゲーム好きとしては、ですけどね。
やっぱりあれはレースゲームの皮をかぶった
パーティゲームなのでしょうかね。

今度兄貴と帰省のタイミングが合ったら、
兄貴さそって『いたスト』でもやってみるかと画策中です。
しかしなー。
あの男は底意地が悪いからなー。
性根がゆがんでると言うか。



■人格者JKPさん

> いやぁ、でも本当に思ってますし。

(中略)

> もっとも、小学校時代からトランプのダウトや七並べなどで、
> 相手を出し抜くことに喜びを覚えてしまっていたような私なんぞに褒められても、
> 微妙かもしれませんがw



まいどおおきにです。
いえいえ、お気持ちは本当に戴いたままに受け止めております。
ありがとうございます。
そう思って下さる方にはそれを裏切らないように、
頑張ったり、チカラを抜いたりしていきたいと思っています。

出し抜きや駆け引き、裏読みなんかはホント苦手なオイサンなので、
お手柔らかにお願いいたします。

いやホント。
お前もうチョイ大人んなれよと、いつも心に家族亭ですよ。
またお暇ができましたら、近いうちにお会いしましょう。

『銀英伝』、現在20話まできてますよ。結構良いペースで視聴中。
淡々としているのに飽きさせないですね。
今度は原作が気になってきました。
……って言ったら全部持ってきそうなのでそれはやめるんだ!



■第4先輩さん

> 思う所が多すぎて言葉になりませんね
> 140字で、twitterを使う自己の全てを書ききりたいというのが
> twitterを使う僕の究極の願いであり。
> 僕を(僕のblogの場合は「アマガミの前にいる僕」限定ですが)何字かけて構わないから
> 書ききりたいというのが
> blogを使う僕の究極の願いなのかもしれない。
>
> 現実の僕という奴は「究極じゃねーんだよ至高なんだよ!」とか
> 「究極も至高も良いけどとりあえずレトルトカレーうめー」とか
> 訳の分からんことばかりガタガタ抜かしているわけで。
>
> 書けば書くほど自分が固定できずに浮遊している感覚に囚われる。
> blogでもtwitterでも、感覚としては違うけれど「浮遊感」という類型では同じ。
>
> その浮遊感が快楽と思える間は、まあ僕はどこかで何かを書いてるでしょうが、さてさて。
>
> 他人様のblogという褌に魔法の絨毯のように乗っかって浮遊するのも浸るのも悪くないと
> 最近思っています。
> 今後ともよろしくどうぞ


そういえば、こういう形でお言葉を戴くのは初めてですね。
Twitterではいつも、
ホントまあいつもいつもお世話になっております。
ずーっと一緒に居る感覚で、ちょっと距離感が狂う感じです。

レトルトカレーとかのどうでもいい旨さ、あれは一体何なんでしょうね。
近所の蕎麦屋のカツ丼とか、決して美味しくはないのにたまーに、そして定期的に食べたくなる、
人間ってフシギだ。

ですがその、
「書く」にしろ「描く」にしろ、何かに定着させる行為というものを以ってして、
浮遊感を克服することは出来ないのでしょうねえ、とは思います。
書いたことによってまた生まれてくるもの・揺らいでくるものがあるわけで。

その揺らぎを囲い込むために、いくつかの異なる地点……blogなりtwitterなりmixiなりがあって、
それら水面の複数の地点に落とした水滴から生まれる波紋が交差するあたりに
求めるものがあるのかもなあ、という気はいたします。

その地点を一つに定めない気分のようなものが、
おっしゃる「ガタガタ抜かし具合」なんじゃないのかなーとか、
まあまた的外れなことを言っている気もしますが、
毎度のことなのでご容赦たもれ。

  なので、いくつかそういう地点をお持ちの方々は、
  なかなか一つの像を結びがたい面をお持ちのような気がします。
  オイサンはその訳の分からなさが、一つのケレンのようなものであることが分かって
  ちょっと安心しました。

マですんで、
オイサンのこのblogも先輩さんが水滴を落とす爆撃地点の一つにして戴けるならどうぞ遠慮なく。
きれいな褌ではございませんが、おかしなカタチの波紋を返していけたらなあと思います。

そういえばオイサンは、先輩さんのことは『アマガミ』以降でしか知らず、
何かを書くという行為についても、漠然とそこからなんだろうな、としか思っていませんでしたが、
サテサテフムー。
それ以前があるのであれば、今度はそのお話をお聞きしたい所存でございます。

コンゴトモ ヨロシク……
オレサマ オマエ マルカジリ。



……。



とまあ、そんな感じで。
コメントを戴いたご本人様方以外は、読んでてもあんまり面白くないハナシかもしれませんねコレ。
どうもすみません。

ところで今日はヘンな日で、
オイサン自身もちょっとテンションが高かったし、
Twitterの面々も、どうやらちょっとお元気だったように思います。
そして、オイサンのシゴトバの面々も。

天気が良かったから……なんですかね。フシギ。

そんな風に、自分が普段こもっている環境と、それ以外のの場所のテンションの違いを
摺り合わせる事が出来るのが、Twitterやってて良かったなあ、面白いなあと思うことの一つです。

そして良かったことのもう一つは……
「人は、一人で暇だとワリと踊る」
と分かったことだ!
オイサン(とその一族)だけじゃなかった!
安心した!



オイサンでした!




 

|

« ■オイサン・オフライン~アイとデアイの使い方 -更新第517回- | トップページ | ■タイム・イズ・マネー。 ウサギ・イズ・バニー。 -更新第519回- »

[ご意見]」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■Clipper_Freedomさん
> 実は幼い頃に山口に住んでいたことがありまして、
> 小さいけどきれいな街だなあ…と子供心に感じていました。
> 瑠璃光寺の五重塔は今でも印象に残っています。

山口ですかあ。
結構身の回りに山口出身の方が多く、
今も小学校時代の友人が働いているので一度訪れてみたいなあと思っています。
本州の端っこですしね。端っこが好き。

> 私のHN"Clipper Freedom"は今は無きパンアメリカン航空が所有していた機材の
> シップネームから取りました。

ご回答おおきにです。
なんがしかの思い入れがおありなんでしょうね。
鉄と飛行機好きが共存する、愉快な『アマガミ』クラスタ。

> 最後になりましたが、機会があればぜひお会いしたいものです。それでは。

六天魔王の人も、別の記事へのコメントでああいうコト言ってますし、
ワリと本当に、君の町へ行くかもしれない!
うどんという強い求心力も働きますしね。
あ、いや、期待されても困りますが。
機会があればってことで。


■はるなま
こちらでは初めましてですね。
ようこそのお越しで。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

> 昔ハシラに投稿していて2ヶ月に1度くらいは掲載されてました……
> もう10年以上読んでいませんが、懐かしい思い出ですw

生粋のローディストキタコレ?
しかし確か、もう休刊されていたと思うのですが、ハテ……

> と、ファンロードという名前に反応してコメントしてしまいました。

すみません、記事本文では
全然ファンロードのことに触れていなくてw
「読者からのおたよりの総まとめ」という記事をイメージしたとき、
なぜか真っ先にファンロードが思い浮かんだもので。
あとFindOutとかですねー。

■JKPさん
> ダチョウさん的振りキターッ!!?

Oh……。
ニポンジン ノ こみゅにけーしょん、複雑スギマース。
What is Ryu-chan method ?

> これは、今から本屋に走るしか……

やめれww

■ちひろさん
> うまい子が一人勝ちしたら場は盛り上がらないですからね。

ですね。その「引っ張り合い」のバランスを楽しむものなのでしょう。

> Wiiのコンセプトはおじいちゃんから孫まで楽しめるゲーム機ですから任天堂に言わせれば、
> ガチなレースゲーやりたければリッジをやっててくれってことなんでしょうね。

つF-ZERO!

マせっかくマルチソフトのゲーム機なので、
ゲーム機の性質を固定してしまうのは勿体無い気がいたしますけどね。

> それはともかく。エントリーのタイトルに笑いました。
> ロードにJ9ですか、ああ、アウトなんてのもありましたねえ。
> ローディストVSアウシタンの争いなんてのも……(遠い目)

結構ファンロードで食いついてくる人が多く、
記事内容が全然関係ないので申し訳ない気持ちで一杯です。

その辺はなんやかんやと歴史があるようですね。
あまり詳しくは無く、どちらかといえば自分はOut読者でしたが、
「『アウシタン』はセンスねーよな……」と思っていたクチです。

投稿: ikas2nd | 2010年6月21日 (月) 21時48分

>マリカはレースゲームの皮を被ったパーティゲー

まさにその通りだと思いますよ。
うまい子が一人勝ちしたら場は盛り上がらないですからね。
順位が低い人ほど強力なアイテムがもらえますし、そのせいで独走してても
ゴール手前でいきなり順位を落とすことなんてざらですから。
(でも、それでも早い人は早い)
Wiiのコンセプトはおじいちゃんから孫まで楽しめるゲーム機ですから任天堂に言わせれば、
ガチなレースゲーやりたければリッジをやっててくれってことなんでしょうね。

それはともかく。エントリーのタイトルに笑いました。
ロードにJ9ですか、ああ、アウトなんてのもありましたねえ。
ローディストVSアウシタンの争いなんてのも……(遠い目)

投稿: ちひろ | 2010年6月13日 (日) 13時46分

>今度は原作が気になってきました。
>……って言ったら全部持ってきそうなのでそれはやめるんだ!

ダチョウさん的振りキターッ!!?
す、すみません。
原作は私も友人から借りてしまったので、持っていないのです。

これは、今から本屋に走るしか……

投稿: JKP | 2010年6月12日 (土) 02時01分

>ファンロード
昔ハシラに投稿していて2ヶ月に1度くらいは掲載されてました……
もう10年以上読んでいませんが、懐かしい思い出ですw
と、ファンロードという名前に反応してコメントしてしまいました。

投稿: はるなま | 2010年6月11日 (金) 01時20分

コメント返しありがとうございます。

オイサンは奈良の生まれでしたか。
奈良の寺社はもうちょっと澄まし込んでいて女性的…確かにそうかもしれませんね。

実は幼い頃に山口に住んでいたことがありまして、小さいけどきれいな街だなあ…と子供心に感じていました。
瑠璃光寺の五重塔は今でも印象に残っています。

>私のHNの由来
はい、その通りです。
私のHN"Clipper Freedom"は今は無きパンアメリカン航空が所有していた機材のシップネームから取りました。

最後になりましたが、機会があればぜひお会いしたいものです。それでは。

投稿: Clipper_Freedom | 2010年6月11日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/35191449

この記事へのトラックバック一覧です: ■ファンロードって知ってるかい? 昔オタ業界で粋に暴れ回ってたって言うぜ。 -更新第518回-:

« ■オイサン・オフライン~アイとデアイの使い方 -更新第517回- | トップページ | ■タイム・イズ・マネー。 ウサギ・イズ・バニー。 -更新第519回- »