« ■ファンロードって知ってるかい? 昔オタ業界で粋に暴れ回ってたって言うぜ。 -更新第518回- | トップページ | ■六月の鎌倉に降る雨は。その1 -更新第520回- »

2010年6月11日 (金)

■タイム・イズ・マネー。 ウサギ・イズ・バニー。 -更新第519回-

あーお金欲しい。

欲じゃなく、愛として。
もっとたくさんのお金に囲まれていたい。

イヤそりゃね、オイサンなんかよりも、
もっと切実にお金を必要として欲している方なんて
いっくらもおられましょう。

オイサンなんて独り身ですしね。
借金もないし。
とりたてて、大きな買い物をする予定も無い。

  ……つったって、決して裕福なワケではありませんけどね。
  慎ましいもんですよ。
  やホントに。

でも、欲しいんですよ。
何故ならお金が好きだから!

その「欲しさ」において、
オイサンは自分がダントツの部類であると言い切らせて戴く。
疑わないね。
客観的な指標が無いのをいいことに。
交換価値がある、という性質も好きだけど、
機能を備えた物としてのお金が大好きなんだ、オイサンは!
古銭とかコインのコレクターって意味じゃあない。

アフリカの子供たちの発する「腹減った」と、
オイサンの「腹減った」は、そりゃあちがうものだよ。
向こうは切実だ。
生きるための叫びです。
「何でもいい、体を、心を支えるためのエネルギーを下さい!」
ということだ。
オイサンのなんてのは、ただの贅沢だ。
「なんか美味しいものを、おなかいっぱいに食べたい」
ってなもんだ。

そういう違いだ。
オイサンの発する「お金欲しい」は。
執着というものは。
必要ではないんだよ。
「美味しいものをおなかいっぱいに食べたい」的な欲しさだ。
切実ではない欲しさだからこそ、そこには愛が生まれるゆとりがある。
選んだり、愛でたり、考えたりするマチをもてる。
より豊かに、より贅沢にお金を所有したい。

  それを使って贅沢がしたいというわけでも、
  ムダにたくさんため込みたいというばかりの意味でも、やはりないですぞ。

1万円のうちから100円だけを使う、
それを違う一万円札100枚から100回やりたい、そんな欲しさなんだよ。

保存用に、漫画二冊買ったりするだろう。
デ一冊は、未開封のまま置いといたりするだろう。
ここを読んでいる皆さんなら。
それだ。
未開封のお金。
漫画が機能を発揮するときは、封を切って中を読むときだ。
お金が機能を発揮するときは使うときだ。
その未開封である感じがイイ。

  要するに「使わずに貯めておきたい」ってことだろう、と言われたら、
  結果の姿はまあ、その通りですわ。
  それ以外にないですものね。
  過程の心情について述べておるわけです。

  かといって、ケチって全然使わないのかといったら
  そんなこともないんですけどね。
  たまにその、お金さんが本気になってその能力を開放しているところも見たいわけです。
  お金じゃ買えないものがあるのも、当然知ってますし。
  案外、使い方や管理はルーズかもしれない。
  それによって、欲しいものを欲しい時に買えるとか、
  何かあってもとりあえずにっちもさっちもいかなくはならないとか、
  大事な人が何かを望んだときに、叶えて上げられる率が上がるとか。

  保険機能としてのお金が好きなんだろう、多分。
  もっと言えば貯蓄が、さらに言えば安全・安心が好きなのかもしらん。
  そういうことが保証されていれば、お金でなくてもいいと思うものな。
  現状、お金以上にそういうパワーやフレキシビリティに富んだアイテムってないもので。

  世の中にはこう、「お金は使わないと意味がない」とおっしゃる御仁もおられて、
  その仰り様も理解はするのですが、オイサンには向きません。
  「使わずに死んだら意味がない」と仰る方もおられて、
  それも同様。

  使うべきところでケチって禍根を残すならそれは失敗ですが、
  だからといって無理に使うことも無い。
  使わずに済むならそれでもいい。
  使わなかった分だけ、落ち着いた、穏やかな時間を守れたならそれもお金の効能です。
  お金という物のあり様と、その才能に。
  ……そりゃたくさんあれば目もくらむでしょうけどね。
  俗物ですもの。

もっと、もっとたくさんのお金に囲まれていたい。
お金の向こうにある物ではない、
お金が。
お金そのものが。
いつでも交換出来るという機能が。
お金が内に秘めている、何かに変身するであろう、その可能性が凝縮した、
時間の止まったような感じが好きなんだ!
居合いみたいなモンですよ。
静止した姿にこそ、勢いが隠れている。
と、こんなところでも『バキ』で読みかじった言葉を乗っけてみる。

あーお金欲しい。

 

 絢 辻 「……嬉しい。
      あなたをパートナーに選んで良かった。
      やっと分かり合える人に巡り会えたわ!
      わたし、やっと幸せになれた!!」

 

……オッオーゥ……。
そ、そっすか(引き気味 ← どないやねん)。
オイサンです。
ここまで挨拶。


以上、
賞与の支給日だったので、お金の話でした。

欲じゃなく、愛で欲しいというところも幸いなところでして、
欲で欲しいとなるとどうしても、
悪いことしたり、無理して増やそうとしたりしてしまいそうになりますが、
そういうんでもないので、それは救われてるなあと思いますわ。

  あれば嬉しいけど、
  何かを無理してまで手に入れたいわけではない。
  そこまで切実に逼迫してはいませんから。
  それは多分、ここを読んでいる方々の大半がそうであるのと同様に。
  死にはしないワケです。

美しくないのは欲しくないですしね。
美学のハナシで。
ギャンブルとか投資とか、向かんですしね。
なのでまあ、えらくなったり成功したり、っていうタイプでもない。
ちまちまと。
勝負どころは知りません。

  ギャンブルや投資が美しくないのかって言われると、
  そうでもないと思いますけど。
  そこもまた、やり方次第だろうか。

  多分、悪いことをするのでも、
  手に入ってしまえば同じお金にしか見えないんですよ。
  でもその過程の段階できちんと見据えるということが
  大事なのかなという気はします。

しかしマ、うちの会社なんてものは、立派なだなあと、
心から思いますよ。
うん。
尊敬する。
正々堂々としたものです。
法人に、道義的・情緒的な意味での人格なんてものが存在するのなら、
うちの会社はかなり徳の高い感じだと思いますよ。
ホント、立派だと思います。



■そんでこっちは、お金で買えない話



……などという。
いわゆるウスギタナイ方面の話を嘯いた舌の根も乾かぬうちに、
今度はちょっとイイ話方面のことを言います。

  説得力というものを少しは考えて話を構成しろ俺は。
  いえ、いいんです。
  これでいいんです。
  これで隙間から滲み出してくるものというのもあるんですから、これでいいんです。
  こんなもんです世の中なんてのは(?)。

「会いたい」と言って戴ける事が、とても嬉しいのです。
Twitterのフォロワーさん(要するにオイサンの発言を受けて見て下さってる方々です)とか、
blogの読者さんから。

  ……ということに、今更ながら気がついたのです。

何故なら、オイサンとそういった方々とのふれあいと言うのは現在、
キホン文字や文章を介してのみ行われているわけで、
そこに「会いたい」という思いを重ねて戴けるということはつまり、
オイサンの操る文字の羅列や、
言葉えらびや、
それを打ち出すタイミング、
そしてお話している内容がその方にとって心地の良い……とまではいかずとも、
少なくともイヤなものではない、
……なにか特別な意図(会って説教食らわせてやろう、とか)がない限り、
プラス方向の気持ちを持って下さっているということの現れであると思えるからです。

いんちき書き物士のオイサンにとって、
それほど嬉しいこと、それ以上の評価というのは、なかなかない。
得難いことです。

  ありがたい。
  嬉しい。
  誇らしい。

  信用や信頼ということもともかく、
  「自分の持ちたい力でもって、得たい感触を得られる」
  なんていうことはアナタ、お金でポンとは買えないものです。
  お金を使って、その能力を磨くことは出来るでしょうけど。

マおっしゃって下さったご本人は
「ヤいやいやいやいやいや!
 そんなたいした意味で言ってねえから!
 それ重いから!」
と思っているかもしれませんけども、だ。

こっちはそのつもりだからな!
ワリと感激してるぞコノヤロウ。

マ曲がりなりにもこうしてチマチマちまちまと物を書くことを続けてきて、
ようやく人様からのお声を多少なりとも聞くことが出来るようになり、
それでそういうことが起こっているわけですから、
多少喜んでみたっていいじゃないですのよ。

本当はまあ……そういう言葉とか表現を使って、
何を伝えるか、
何を伝えたいか、
ってことが大事なんだけども。

お、まずいな。
それは今……なんか、ないな。
まずいぞまずいぞ? なんだこれは。

書きたいものはあるのに、伝えたいこととか、特に無いな。
書いたものを面白がってもらえればそれでいんだけど。

おかしな状態であることに、今気がついた気がする。
……ちょっと、今一度考え直してみよう。

お金欲しいとか言ってる場合じゃないなコレは。
イヤ欲しいんだけど。
そしてその欲しさは伝わったと思うんだけど。
でももらえないんだろうな。
もらえても気持ち悪いけど。

さーて困った。
うーん。


困ってしまって、ワンワンワワン。
オイサンでした。



……。



何だ今日のは。



 

|

« ■ファンロードって知ってるかい? 昔オタ業界で粋に暴れ回ってたって言うぜ。 -更新第518回- | トップページ | ■六月の鎌倉に降る雨は。その1 -更新第520回- »

[日記]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/35214448

この記事へのトラックバック一覧です: ■タイム・イズ・マネー。 ウサギ・イズ・バニー。 -更新第519回-:

« ■ファンロードって知ってるかい? 昔オタ業界で粋に暴れ回ってたって言うぜ。 -更新第518回- | トップページ | ■六月の鎌倉に降る雨は。その1 -更新第520回- »