« ■酒とゲームと体と女 -更新第516回- | トップページ | ■ファンロードって知ってるかい? 昔オタ業界で粋に暴れ回ってたって言うぜ。 -更新第518回- »

2010年6月 8日 (火)

■オイサン・オフライン~アイとデアイの使い方 -更新第517回-

エリーゼの炒め煮。
オイサンです。


ブルボン エリーゼ 2本 × 16袋×10個 ブルボン エリーゼ
2本 × 16袋×10個


Amazon.co.jpで詳細を確認する

エリーゼのために エリーゼのために

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する



昨日の記事の中で、ちょいとお酒の話をしましたが。
早速、酒で失敗しました。

昨晩もまたちょっとだけ飲んで寝たら、
……炊飯器のタイマーをセットするの忘れた……orz。

マ幸い起きる時間が早く、家を出るまで間がありましたから
起きてから炊いても間に合ったので良かったんですが。
一歩間違えば餓死です。
お酒怖ェ。

  て言うか、「早炊き」モードって30分もしないうちに炊き上がるのな。
  びっくりした。
  あと「はやだき → 早抱き」に変換すんのやめてください
  アタシそんなに軽い男じゃないのよ。

ウイスキーも、最初のひと口ふた口まではまあ許せるのですが、
そっから先になるともう、ダメですな。
飲みたいものではなくなります。

それでも往生際悪く、チボチビやってると……
腕から足から、全身真っ赤っかになって超びびった。
久々にあんななったわ。

マ今まで、飲んでも年に2、3回、ビールを最初の一口だけって生活でしたから、
イキナリあんなもん飲んだらそうなったってフシギはないですけど。



■これも昨日の記事繋がりで恐縮ですが。



昨日の記事中で、オイサンの「歩く旅」のルーツとして
過去の記事のリンクを載っけておいたのですが。

そのルーツについて触れたのとはまた別の項、
『マリオカートDS』のお話の中で、オイサンが

  「『マリオカート』は、純粋に自分の力を磨いて勝つゲームではない、
   人の足を引っ張って勝とうとする、薄汚いオトナのゲームだ!
   だから子供にやらせちゃなんねえ、CERO-Z指定を提案する!!」

とまあ、
なんともらんぼうに嘯いているところまで読んで下さったある方が、
それについてtwitterで呟いてました。

その呟き自体は、
「果たして自分は、必要に迫られたときには、
 そういうオトナに必要な生き方が出来るかなあ」
というような調子だったので、ああなるほどな、と拝見していたのですが。

ただ、あの記事を書いてから3年。
つられて自分でも読み返してみ、思い返してみれば、
「別に、子供のうちからそういうことに、
 ゲームという擬似的な舞台で触れておくのは有用なことであるなあ」
と思ったのでした。
子供から見えないところに、ワザワザ引っ込める理由もない。

足引っ張り技を、
食らえばイラッくる、
まんまと食らわせればニヤッとなる、
そういう心のありようを実感的に知って飼いならし、
心の問題とは別に、
どこまでならやっていいのか、
どこからがダメなのか、
どういうルールのときにどの程度やることが
その時々のゲームの中で勝利を得るために正しく許されるラインなのか、
ということを学んでいくのには優秀な教材なのかも知れんなあと、
改めて思い直した次第です。
ケンカなんかもしながらね。

  それが「レギュレーションに則る」ということなんでしょうね。
  やってダメなことは、人間同士でしばりをもうけてやればいいことですし。
  マたまにそれで修復不能になる人もいますけども。

  ……任天堂のえらいところは、
  そういう「人間同士でやればいい」ことは、
  敢えてゲーム内には設けないところかなあとも思います。

  「カミナリ禁止」とか「キラー禁止」とか、
  アイテム出現のON/OFFくらいは実装出来そうなもんですが、
  「そんなもんアンタ、人間同士でやりなはれ」と、
  ホッタラカシにしていることにも、
  なんだかあの会社のスタンスが見え隠れするような気がいたします。


マそんなことでね。
別段、隠さなくてもいいじゃないかと。

「こういうお付き合い」もあるんだよ、ということに、気付かせ、やらせ、
その上でお互いの関係に相応しいありようはどうなのかということを
自分たち自身で気付き築いていけばいいじゃない。

鴨川会長のお言葉が思い出されます。
「勝負に徹することが、プロとしての仕事じゃ!」
と同時に、
「努力をすれば必ずかなう!……とは限らん。
 じゃが、叶えたものは皆努力しておる!」
であるのでしょう。
自分の力でやれるところまではやる。
で、そこから先は場のルールに則って、やれることは全部やる。
けど、やり過ぎない。

マそんな大した話でもないアレなので、
このくらいのところまでは3年前に思いついておきたかったところなのですが、
これも時の経過と、その間に新たに繋げた新しいご縁によって至った
新しい考えなのだなあと思ってみたりもいたします。

そんなリンク先まで読んで下さって、
何事かを考えて下さる方々には、書き手として感謝の念がたえないワケでございます。
毎度ありがとうございます。
今度実家に帰る折には、鰊を買って寄らせて戴きます。


……。


ただまあ、ね。
そうは言いつつも、オイサンはやっぱ
『マリオカート』のそういうところは苦手なわけで。
あれか。
逆に、オトナになってからオトナ同士でやると、
生々しすぎて邪悪で、シンドイのかも知れませぬのうヨボヨボ。



■デアイの使い途



そう、ご縁。

人と、ただ出会うだけで何かが起こるわけはなくて、
そこで見つけた何かを自分なりにどうにかしていかないと何にもならない。
出会いなんてものは、生かすも殺すも自分次第なんだなー、
そりゃ相手はモノや道具じゃなくて生き物なんだから当然だよなー、
なんていう当たり前の結論に、
今まで「人と会う」ということをサボり倒してきたオイサンは
ようやくにして気付くのでした。

うーん。

昨年10月から数えてこれまでに延べ九回
(同じ人にお会いした例も何度かありますからね)、
オフ会なんていう不慣れな遊びを重ねてきたわけですけども。

そして、ワリと自分から言い出して場を設けることが多くて、
それはもうオイサン的には
09年3月19日以前のオイサンが聞いたらひっくり返って大笑いするほどの
あり得なさ・らしくなさなのだけども。

正直ね、
ショージキなところ、お会いした方々には申し訳ないのだけども、
コレといった目的もなくただただ、
どんな人たちなのかということに興味があってお会いしてきました。

  まあ、それがフツーなのかなという気もするけど。

そしてその九回とも、嫌な思いしたとか、損したとか、
マイナスの感情を抱いたことは一回も、そして欠片ほどもなくて、
どれも楽しいばかりの集まりばかりだったし、
発見……つまり自分自身が変化するための種はいくつもあって、
それについてはとても幸運で、
皆さんには感謝してもし足りないくらいの気持ちでおります。
ありがとうございます。

ただ、その楽しさや種を、キチンと実に結び付けられていない、
カタチに出来ていない。

別にそんな、何でもかんでもを何かの成果に結び付けないといけない、
なんて考えてるわけじゃないし、
考えないといけないと思ってるわけでもないけど、
せめてもう少し、その種……見つけた発見や教えて戴いたことは
有効に活用していかないともったいない。
何かの糧に。
自分の中で、潮流のヒトツに出来れば良いと思う。

  話に挙った本は読むとか、音楽は聴くとか。
  そういう程度でもね。

出会いそのものには、
そりゃものすごいパワーを持ったデアイもあるかも知れませんが、
フツーはイキナリ出会い任せで大変化が起こるようなことは稀でしょう。
目的があって、自分で考えを持ち、
それに対する何らかのヒントを持っている人だろうと思うから会うのであって、
そうした備えがあってこそ、
そこからチョロチョロと新しい流れが生まれるというものだろう。

  出会いそのもののパワーだけに頼っていたって、
  何かが自分の中で起こることもそうそうあるまい。

ただまあ、オイサンの場合はこれまで、オフ会に限らず
「新たに人と会う」ということそのものを怠ってきたものですから、
こうして人と会うコトが、楽しいコト・面白いコトだと知った、
それ自体が一つのエポックであるし、
「それを知ることがこれまでの目的だった」と言えないこともない。

  マだとするならば、もっとタイプの違う相手を探してみたり、
  色んなケースの場を設定してみてこそ
  また意味がでてくるのだろうけど。

出会いを重ねることで、「踏み出すことへの抵抗感」は薄れていて、
それは先ず第一の収穫であり変化であると自覚しているけども。

だとしたらボチボチ次のステップに移らないといけないなあ。
そう考えたときに、
オイサンが、人と会おうとする程の目的って何だろう?
何についてもっと深く知りたくて、人に会おうとするんだろう?
と考えてしまいました。

さあ困った。
そんな、大して立派な動機は無いぞ?
もしかすると、だからこれまでも新たに人と会おうなんて考えなかったのかも知らんな。
ただ趣味や好みの合う、互いに楽しみ合える仲間を探すのでもいいのかもしれませんけども。

案外学校の勉強と同じで、
将来、直接的に何かの役に立つご縁ではないのかもしれないけども、
何かをしようとしたときに必要になるご縁かもしれない。
その「何かをしようとする」ときために、
……その「とき」は来ないかもしれないけども……
ご縁の貯金をしておくのかも知れんのう。

お互いに、「楽しかった」で終わるのではなくて、
「有意義だった」と思える出会い方と別れ方、
そしてその成果をまた報告しあえる二度目、三度目をもてるような場に出来ればなあと、
改めて思うオイサンでした。

 ▼予想される問題点

マかといってオイサンはアタマ堅くて融通が利かないので、
何か目的を持ってしまうとそれに固執して他の話が広がらなかったり、
相手にイヤな思いをさせてしまったりし兼ねないので
その辺はどうにか折り合いを付けていかないと、
それはそれでまたよろしくはないのだけども。


あと、うーん、どうだろ。


こうしてここまで書いてきてしまったけど、
こんなことを言ってたらこれから会おうという方々には、
「俺は何かに利用されてしまうのかもしれない」
だなんて警戒心を抱かせてしまうかも、と今になって思うけども。

何かを掠め取ったり、必要以上に掘り起こしたりということをするつもりはないので、
ヒマなオッサンが一緒にコーヒー飲んでケーキ食べる相手を探してるから
それに付き合ってやる、
ぐらいのお気持ちでお相手して下さるととても喜びますし、
あなたにもきっと良いことがあります(本当かオイ)。

もちろん皆さんが
「あのオッサンは俺が必要としてる何かを持ってるに違いない」
と思ったなら(そしてそれは多分勘違いだとも思いますが)、
それを目当てに呼びつけて下すったっても、謹んでお受けしたいと思います。

ねえ。
大したオッサンじゃないんだから。
ホント。
中学生に毛の生えた程度……
大学生から毛の抜けた程度のオッサンが、
大学時代にしそびれたことを今やろうとしてるくらいなもんですよ。

言ってやって言ってやって。 > これまでお会いした方々

まあそんなことで、
これから先どのくらい、こういうことを続けていくかもよう分かりませんが、
お会いすることがあったら皆さん、引き続きよろしくお願いいたしますよ。


  ……でもねえ。


こうして人と触れ合おうとオイサンに思わせた契機は、
絢辻さん、
あなたなんじゃよねえ。
だからオイサンが、その気持ちを無駄にすることは、
多分ないと思いますよ。



■今日は朝からTwitter上が、昨深夜に発表された
  新型iPhone(iPhone 4)の話題で切り餅だったのですが。


  ▼Apple iPhone 4
   http://www.apple.com/jp/iphone/features.html

とりあえず、この携帯テレビ電話機能で『NOeL』のVPを思い出してときめいた。
今までも携帯テレビ電話はあったけど、
なんかコレでようやくあの「世界」に近づいた、と、そんな気がしました。

……かと思ったら、ビデオチャットだった。
2010年中はWiFiだけでの利用らしい。
そっか、まだそこまでは出来ないんだ。
どんだけ先進的なんだよ<NOeL
(つか出来るんだろうけど、通信品質が保証されないんでしょうね)。





……。





以上、風呂場にて、肘で自分の骨盤をド突いてしまい、
肘はしびれるわ腰骨には鈍く響くわでもうエラいことです。
なにこの、対オレ格闘術。
効果てき面じゃないの。行動不能行動不能。

オイサンでした。




 

|

« ■酒とゲームと体と女 -更新第516回- | トップページ | ■ファンロードって知ってるかい? 昔オタ業界で粋に暴れ回ってたって言うぜ。 -更新第518回- »

[ご意見]」カテゴリの記事

[日記]」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>素敵過ぎて眩しいので

いやぁ、でも本当に思ってますし。
個人的には、オイサンの自己評価は低すぎると思いますよ?

もっとも、小学校時代からトランプのダウトや七並べなどで、相手を出し抜くことに喜びを覚えてしまっていたような私なんぞに褒められても、微妙かもしれませんがw

投稿: ヒトデナシJKP | 2010年6月10日 (木) 02時50分

>言ってやって言ってやって。 > これまでお会いした方々

※素敵なコメントを戴いたのですが、素敵過ぎて眩しいので
 オイサンの心の中にだけ留めさせていただきます。
 一言お礼をば、いつもありがとうございます。

投稿: JKP | 2010年6月 9日 (水) 01時25分

こんばんは。
我が家では娘も交えて親子三人でマリカでガチバトルしてます。
相手が小学生の娘だろうとお構いなしです。
平気で後ろからキラーで突進します。サンダーも落とします。
同姓だからだろうか、嫁と娘のバトルは見ものです。
「うわー」とか「きゃー」とか「なにすんのよぉ」とか「よければいいじゃん」とか
「おかーさん後ろからカメ投げたでしょ」とか、それはもう大騒ぎです。
女の子は3人寄ると姦しいと言いますが、2人で十分お腹いっぱいです。
そんな娘に一言言いたい!
「もう少し手加減してくださいorz」
お父さんは嫁と娘にやられっぱなしです。勝てねー。

投稿: ちひろ | 2010年6月 8日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/35148582

この記事へのトラックバック一覧です: ■オイサン・オフライン~アイとデアイの使い方 -更新第517回-:

« ■酒とゲームと体と女 -更新第516回- | トップページ | ■ファンロードって知ってるかい? 昔オタ業界で粋に暴れ回ってたって言うぜ。 -更新第518回- »