« ■雨上がりの虹は君に輝く -更新第468回- | トップページ | ■オサムちゃんでーす。 -更新第470回- »

2010年4月 7日 (水)

■ボスニアもやし \39 (1袋) -更新第469回-

『海腹川背』がいい。
何が良いって、音楽が良い。

オイサンです。

ですが、オイサンのDSは以前イカれてからイカレっぱなしです。
プレイできないコトは無いのですが、
本体を90°以上開くと上画面の色が崩れてみられたものじゃなくなります。

……それなので、90°に開いてすごく変な格好でやってます。
いい加減、修理に出すなりDSiLLの本格導入を検討するなりしないとです。

マDSiLLを導入するにせよ、DSLiteはなんとなく貴重なので
修理には出しますけどね。
ついでに上画面のドット欠けも文句つけてみよう。


海腹川背・旬 セカンドエディション完全版 海腹川背・旬 セカンドエディション完全版

販売元:Genterprise
発売日:2009/10/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する




■魔法の呪文はボスニア・ヘルツェゴビナ



今日のオイサンは、ちょっと不慣れなオシゴトでした。
今まで、机とモニタにしがみついての開発シゴトしかしてこなかったのが、
何故か急にデバイスの売り込みに行ってこいというのです。

不安。

まあしゃあねえ、やってやろうじゃねえかと
絢辻さんと出会って以来ムダに前向きに、
そしてそこそこに開き直り、備え、学ぶことを覚えたオイサンは、
一応今日のためにとコソコソ準備を進めてきたのですが。

……そんな朝に限って、隣の席では同期で2コ年上のトラさん(仮)が
ムダに元気でやかましい。
腰が痛い、腰をヤったと、
老人お得意の病気自慢・ケガ自慢です。
鬱陶しいぜ。

「ヘルニアだよー」
だと?
知ったことか。

……いや、待てよ。

オイサンはずっと思っていました。
「ヘルニア」と、
「ボスニア・ヘルツェゴビナ」
ただならぬ関係にあると。
なにやらエロティック血の繋がりを隠し持っていると。
その近くて遠い字面を見ていると、どうにもそう思えてならなかったのです。

  イヤ、ワリと真剣に。
  ……まあその辺に関しては、ついて来られる御仁だけついてくればよろしい。
  「俺もずっとそう思っていた!」だとか、
  「おお、言われてみれば確かに!!」だとか、
  そういう御仁がいたならばお便り下さい。
  閑話休題。

そしたらまあ、オイサンも大概寝不足でテンションが普通じゃないもんだから
トラさんをキッと向き直り。

 オイサン「トラさんはヘルニアか!」
 トラさん「! おうよ!」
 オイサン「ボスニア・ヘルツェゴビナか!!」
 トラさん「!」
 奈梶さん「!!」

とかなんとか、
さすればトラさんと、オイサンと間仕切りを挟んで向かいの席の奈梶さん(仮)だけが
笑ってくれました。

しかしなんというか、この流れにおいて何が面白いかって、
オイサンが「ボスニア・ヘルツェゴビナ」を噛まずに言えたことが
一番面白いと思うのだがどうだろうね。
そしてオイサンはそのときなんだか、
その「ボスニア・ヘルツェゴビナ」を噛まずに言えたことで……

  うん。
  いいぞ。
  うまくいく。
  今日はなんだか、全てがうまく行くような気がしてきた。
  いける。
  大丈夫だ。

なんかそんな気になるのだから、不思議だ。
そして実際うまくいくんだから、
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で亡くなられた罪も無い多くの方々に、
深く哀悼の意のヒトツも表してみる気にもなるのでした。

多分、読んで下さってる人には何ヒトツ意味の分からない、
伝わらない文章だと思うのですが。
……まあ、仕方ない。
ライブってのはそういうものだよ。



■チーズともやしと京美人



デその不慣れなお仕事は、オイサンの6コ上のセンパイからの引き継ぎで、
今日はその売り込みにも、オイサンが初めてだってことで同行して戴いたのです。

するとまあ、お昼ゴハンくらいは一緒に戴きます。
出先でですから食べ物屋にも大した情報は無く、
ふらふらとさまよった挙句に辿りついたのはランチもやってる飲み屋さん。

  ……オイサンの大好物な営業形態です。
  ちなみにそのお店は、ゴハン・お味噌汁のみならず、
  スライストマトやオニオンスライス、切干大根などのお惣菜もお代わり自由の
  太っ腹のお店でした。
  お味もそこそこ、文句ないです。

オイサンが頼んだのは鶏肉の柚子胡椒焼き、
センパイが頼まれたのは日替わりランチで、今日のメニューは鶏肉のチーズ包み焼き。
ささみにチーズが乗っかった暗いのを想像していたんですが、
殆どグラタンみたいのの中に鶏肉が埋もれているというなかなかの迫力。

オイサンはへーっと思ってみていたのですが、
なんとその先輩、
チーズの海から鶏肉を、糸引きながら引き揚げて、
そのままゴハンにのっけて召し上がってました。
鶏肉が尽きた後も、スプーンでチーズだけをすくって、ゴハンにかけて
「おとなしそうな顔してるクセに(先輩だろうが)やるときゃやるなー」
とか、若干ポカンとしてしまいました。

  実際その先輩は、大人しそうなオカオと物腰、
  そして京都風の関西弁を操るセンの細い京美人(男)なのです。

……しかしまあ、後から考えてみればリゾットなんていう料理もあることだし、
別にそんなにおかしなことではないのかもしれないな。
チーズにゴハン。
……ゴハンにチーズか。
カレーにチーズも、定番のトッピングだしな。

  京美人風なのに、イタリアンの血が混じっているのかもしれない。
  誇り高き、イタリアンマフィアの血が。
  或いはスーパーサイゼリア人か、どっちかだ(どっちかなのか)。

 ▼値上がりもやしのページェント

そんな昼ゴハンを食べながら晩飯の話をしていたのですが、
こないだモヤシが突然ひと袋139円にもなっててビビった、という話をしたところ、

  「最近になって、中国人がモヤシを食べるようになったらしい。
   それで国内向けの絶対量が減ってそうなってるらしい」

みたいな話をしてくれた。
ウソかホントか知りませんが、へーそうなんすか、みたいな返しをすると、
センパイが流暢な強風関西弁でいうことには。

  「食べたら美味しいゆうことに気付いたんちゃう?」

なのだそうで。
だとしたら、お前らチャイニーズは4000年もの間、モヤシも食わんで何をやっとったんだ。
……烈海王が聞いたらムキになって怒りだしそうな話です。

もし本当に中国人がモヤシを食べていない(いなかった)のだとしたら、
「その昔は普通に食べていたけれど、
 2000年前に何らかの事情でモヤシを食べなくなった」
くらいのことではないでしょうか。
「貴様らの生きる現在は、我々中国人にとってみれば2000年前に通過した場所だッ!!」
と言いたくて仕方がないに違いありません。 > 烈海王



……まあそんな感じで、
何気ないひと幕を書きとめておくそんな日記回。

『けいおん!!』も第二期がはじまりましたね。
HTTの5人は相変わらずですが、以前よりも「言葉にしないで伝わらせる」というやり方がなりを潜め、
かなり分かりやすい方へと方向転換を図ったようにお見受けします。
マ詳しい感想はまた今度。

■けいおん!! OP「GO! GO! MANIAC!!」



TVアニメ「けいおん!!」オープニングテーマ GO!GO! MANIAC(初回限定盤) TVアニメ「けいおん!!」オープニングテーマ
GO!GO! MANIAC(初回限定盤)


アーティスト:放課後ティータイム
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する


あとマシなのと言えば……『会長はメイドさま』くらいかねえ。
すげえありがちな展開でしたけど。
この作品は本来、誰に見せようとして制作されたアニメなんだろう。
男向けなのか、女性向けなのか。

他にも何本か目を通しましたが、
今のところ見られそうなのはこのくらいです。



オイサンでした。

 

|

« ■雨上がりの虹は君に輝く -更新第468回- | トップページ | ■オサムちゃんでーす。 -更新第470回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/34126010

この記事へのトラックバック一覧です: ■ボスニアもやし \39 (1袋) -更新第469回-:

« ■雨上がりの虹は君に輝く -更新第468回- | トップページ | ■オサムちゃんでーす。 -更新第470回- »