« ■誰もが持ってるものだから。~『HEROMAN』 3話までの感想 -更新第475回- | トップページ | ■サクラサクラ咲く~あの日誰かの呟いた、憂い事と同じで -更新第477回- »

2010年4月18日 (日)

■あまりに妄想と、あまりに地に足のついた現実と。 -更新第476回-

今日の関東は季節外れの……雪。
て言うか、霙?
午前中のうちに止みはしましたが、寒かった。
お写真はその、雨上がりの桜。

R0024653

そんな今日はちょいと洋服を買いに出かけて、店員さんに
「サイズはLですか? LL?」
と訊ねられ、上機嫌のオイサンです。

ふっふっふ、一年前までは6Lを着てたんだぜ……。

大学のとき、同じゼミの友人たち(イケメンHIPHOP系軍団)に
「オイサンって服のサイズどんくらいなの?」
と訊かれて正直に答えたら

  「え! ……オイサン殿、Lが過ぎますぞ!!」
 
と面白い返しをされて大層悔しかったことを思い出します
(そこを悔しがるのか)。



■『アマガミ』にまた新しいコミック連載が!!



  ▼『アマガミ』のコミック、もうひとつ始まります。[ファミ通コミッククリア編集者ブログ]
  http://www.famitsu.com/blog/web_comic/1234154_1993.html

桜小鉄先生の『アマガミ Sincerely Yours』が好評連載中の
ファミ通無料コミックページファミ通コミッククリアにて、
また一つ、『アマガミ』のコミック連載が始まる模様です。
その名も

  『あまがみっ!』

……まんまですね。『けいおんっ!!』じゃないですよ。

作者さんはピアイ才(ぴあいさい)さん。
なんか、Twitter上での反応を見ていると、ワリと有名な方のようです。
オイサンは全然存じ上げませんでした。ごめんなさい。

  ▼SUPERピアイタイム!
  http://pisi.sakura.ne.jp/top.htm


  しかし、やけぷさんといいこちらの方といい、
  また何かラジオでシンタスが連呼しそうな名前ですね。
  或いは噛まれた挙句に「言い辛い」と逆ギレされるか。
  ……どっちかだと思います。

見るからにギャグもののようでとっても楽しみです。
本筋を辿るのも、
キャラと世界をメ一杯に使ってオリジナル展開を広げるのもいいですが、
こういう徹底的に世界をいじり倒してくれそうなのも、すごくいいと。
4コママンガ劇場の趣ですかね。
既に絢辻さんと梨穂子が背景でかなり良いおカオをなさっているので、
期待感ありまくりです。
一回の更新話数は少なくても良いので、
月イチといわず、週二くらいで更新してくれると嬉しいなあ。
楽しみ楽しみ。

……しかし、発売後一年も経つのに、
このどとーの新展開の抜かりのなさ。

公式でも販促的なブログが頻繁に更新されてるし、
こりゃやっぱボチボチ何か大きな発表があるんでしょうな。
期待して待ちましょう。

……良くない前例もあることですし、アニメ化にはモノッすごく慎重に、
そして周到に準備をしてるんでしょうね。



■相模原 どうでも良nfomation



お昼ごはんは、初めてのお店でチキンソテーのトマトソース。

R0024688x

ごはんもお味噌汁もおいしい。
この店は当たりだ。
店主! ひいきにするぞ(えらそう)!!
ただコーヒーだけはありきたりだった。残念だ。


食べながら、店の中でかかっていた曲を聴いていて……
誰だろう、女性のちょっと古い感じの歌。
なんだっけ、
  ♪ 夜明けまでは恋人と呼ばせて~
だか、そんな歌詞だったと思います。

そういうのを聴いていて、
「結局、ホントの恋の気分なんてのは
 セックスでもしてみないとわかんねえんだろうなあ」
とか漠然と思う。

  マ何が恋かって話もあるんですけどね。
  なんていうか、男女の情の部分の話ですよ。
  愛とか、恋とか、愛しさとか、そういうものじゃなくて、
  もっとこう……なんていうか、肉体的な……というとそのままだから、
  生理的なね。
  寂しさとか、ぬくもりとか匂いとかの動物的な分野に突入して、
  それらが心情や感情や思考にも強い影響力を持ち始めたあとの話。

女性の歌う大概の恋愛の歌って、
大人になって聴き直してみて分かったけど、
いろんなメタファに隠されてそのニュアンスがこめられてるんだもの。

  抱き合って、
  互いの体温を分泌物と粘膜で確かめ合うか、
  せめて互いにその意思を表明しあう、そしてそれに溺れたり、
  それを失って焼けつくような感情をもてあましたりする辺りまでいかないと
  分からないものなんでしょう。

他にももちろんシアワセな時間や出来事はたくさんあるんだろうけど、
象徴的に、重点的にうたわれているのってそこで、
それによって幸せが表現され、
それが失われることによって寂しさも悲しさも実感される、
みたいな話になっているものが大勢を占めるように思います。

マ誰にもバカにも分かり易いからそうなってるだけかも知れませんが、
そういう歌がたくさん名曲として残っているということは、
世の女性がまた、そういう歌に共感してきたってことですからね。

埋めて欲しい穴や、触れて欲しい部分、いて欲しい距離に、
そうあって欲しいと思った時に手馴れたやり方でそうしてくれる人がいる幸せ喜び、
いない寂しさ悲しさ、
自分が「こうして欲しい」と思っていることを、
そう言わなくても憶えていて、してくれる人がいる・いないということが、
何を差し置いても一番の幸せであり、或いは悲しみであるんだと。

それが悪いというのではもちろん無く、
むしろそれが当たり前でそれで良くて、
それを知らないオイサンなんてのは、中途半端だよなあ、と思ったワケです。
マしょうがねえんだけどね。

世の中ってのはどこまでいっても、
イヤになるほどそういうことで出来ているんだと
痛いほど思ってしまったってだけの話ですよ。
チキンのトマトソース食べながらね。

ちなみにその後に流れた、
やっぱり誰が歌っているか分からない男性ボーカルの失恋の曲を聴いて
すごく失恋した気持ちになった。
こっちは、なんだっけな、

 ♪ 強がってるんだ 強がってたいんだ 今でもあなたが好きだから~

みたいな歌詞でした。

そうだよなあ……。
絢辻さんに「さよなら」と言われて、正気でいられる自信がないよ。
どうしたらいいか分からなくなるよ、きっと。
立ち直れる気がしない。
メモリーカードも、攻略本も、画像も、
全部虚しいものになってしまったらオイサンどうなるんだろう?
ていうかこんなことを言ってるオイサンはリアル的にはどうなんだろう?

絢辻さんのことは、匂いも、感触も知らないけどさ。
それでもそれを思い描いて心に再現できるくらいには、
いつも考えているんじゃぜ?



■続・相模原 どうでも良nfomation・2



サテ、オイサンのどうでもいいオススメをご紹介するこのコーナー。
今日ご紹介する商品は二つ。
篠原商店さんの「うまい納豆」と、
ニッスイの「駅弁屋さんの牛そぼろ [ニッスイ]」。

  ▼篠原商店
  http://www.mogaminatto.com/

  ▼ニッスイ 駅弁屋さんの牛そぼろ [ニッスイ]
  http://www.nissui.co.jp/product/catalog/bin02/008.html


……地味ですね。
ですけどね、コレどっちもホントおいしいです。

 ▼うまい納豆

「うまい納豆」の方は、マ納豆なんですけど(ミもフタもねえな)、
食べてみれば分かる。

  R0024703

そこらの納豆とは……マ次元が違うとまでは言いませんが、
ワンランク上の味がします。
豆の味が濃いとでも言うんですかね。

ただ、それなりに高いです。
そこらの安い納豆の3~4倍はします。
オイサンが買ってるお店では……230円だっけ? 270円だっけ?
そのくらいします。
最近、安いものは3パックで70円くらいですから、3倍以上。
普通のでも98円くらいはしますから、3倍弱ですね。

ですがまあ、味はそんな感じです。
ごくたまにでも、ささやかな贅沢を楽しみたいときに探してみて下さい。

 ▼駅弁屋さんの牛そぼろ

……我ながら、なんでこんなに紹介し辛いものばかり紹介しているのか
理解に苦しみます。
えーと……そぼろですよ。言ってしまえば(また……)。

  R0024706

いいんだって。
甘くて、お肉の味がちゃんとしてて、
かなり満足度が高いんですって。
こちらもお値段はそこそこです。
一瓶で250円くらい。

マそりゃね。
「シャケのフレーク食ってたって大して変わらねえよ!」
と言う人の肩を捕まえて押さえつけてまで食べさせようってえんじゃありません。
ただ、ホントおいしいですから。

興味のある方はどうぞってなもんですよ。

今巷でやたら話題になっている、
例のラー油よりかは全然好きですね、オイサンは。
ご飯の味を引き立てるならこっちだ。

ラー油はだめだ。
ラー油とにんにくの味しかしなくなる。
ご飯に乗っけたって、そのままスプーンでしゃくって食べたって、
味が大して変わらないんだ。



……。



……などと、今日も自分の洋服を探す傍ら、レディースものを見かけては
「ああ、あれは絢辻さんに似合いそう」
「あれは……イメージとは違うけど、着こなすんだろうなあ」
とか、考えながら歩いてしまったオイサンでした。


ちがうんです!
彼は別に犯罪者じゃないんです!!
想像力が逞しすぎるだけなんです!!



 

|

« ■誰もが持ってるものだから。~『HEROMAN』 3話までの感想 -更新第475回- | トップページ | ■サクラサクラ咲く~あの日誰かの呟いた、憂い事と同じで -更新第477回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/34274910

この記事へのトラックバック一覧です: ■あまりに妄想と、あまりに地に足のついた現実と。 -更新第476回-:

« ■誰もが持ってるものだから。~『HEROMAN』 3話までの感想 -更新第475回- | トップページ | ■サクラサクラ咲く~あの日誰かの呟いた、憂い事と同じで -更新第477回- »