« ■オトメの本懐 -更新第456回- | トップページ | ■THINK REVERSE !! -更新第458回- »

2010年3月24日 (水)

■漫画ばかり読んでいると漫画になる -更新第457回-

今日は突然エラいヒトの気まぐれご飯に付き合わされることになり
切なさで一杯のオイサンです。

……だったのですが。
その場で一つ、ワリとこう……漫画のような出来事が。



■今日のマクラ:植田まさしの世界展



「オイサン君はゴルフはやらんのかね」
なんて、一昔前の『美味しんぼ』に出てくる、病名の無い障害を抱えた上役みたいなことを
ホントに言うワケですよ、そのエライ人なんてものは。

  その方の名前は……そうですね、仮にトシオ(仮)としましょうか。
  日本一有名なお笑いプロダクションに似たような名前の大御所芸人さんがおられますが、
  それは多分偶然ですね。

すると周りの取り巻きの方々も、
「そうだそうだ、お前もそろそろ始めたらいい」
なんて愚にもつかないコトを仰るワケです。
「武富士課長(仮)の道具を一式譲ってもらったらいい」
なんつってね。

  ははは、バカなこと言うの上手いなあ。


  そんな暇あるワケないのに。



ところで、それまでのその方々の話の流れから察するに、
その武富士課長(仮)はどうやら……マ有体に言うと

  箸にも棒にもかからないヘッタクソ

らしかったので。
オイサンはホラ、その辺、笑いの勝負所を見極めるのは上手ですから、
「ア、今日はここで一つ笑いをとっとけばそれでいいな」
と分かるワケです。機転の効くタイプですからね。
そこでオイサンは言いました。

「いやー、なんかその道具はゲンが悪そうなので

 遠慮しますよ」

なんつって、その場に武富士課長(仮)がいないのを良いことにね。

するとなんでしょうな、
ホンの一瞬ですがピタッと皆さんの動きが止まりまして。
その一瞬の間のあと、皆さん爆笑ですよ。
ただ一人、トシオの動きだけがマジでにぶい

お、なんか空気悪いなと思ったのですが、
どうやら武富士課長(仮)の道具は、

元はトシオから譲り受けたものだったようで。


うわあ、ホントに漫画みたいだ。


オイサンがそれを「ゲンが悪い」だなんて言ったもんだから
その場の取り巻きの皆さんはもう、自分悪くないのに真っ青ですよ。
面白いくらい、オイサンのフォローとトシオの担ぎあげにかかりましてね、
オイサンは皆さんの必死の形相を眺めながら、

「アこんな風になるんだ、面白ェな」

などと冷静に考えてましたね。
イヤ、その様子だけは本当に面白かったです。
皆さんには悪いことしましたけど、
オイサン的には「ああ、今日はいい仕事した」ってなもんですよ。

マこちらも3時間近く、どうでもいいメシをごちそうになって上げたワケですんで、
こうしてブログに書き散らかすネタの一つくらい戴いて帰ってもバチは当たらんだろうと、
そんな風に思う阿佐ヶ谷の夜ですよ。

以上、今日のマクラでした(長い上に愚痴っぽい)。
では本編、いってみましょう。



■最終回のうた



 ▼ノ・ト・マ・ミ・コ

『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』が最終回でしたね。
まあ……結果的には、フツーに終わったアニメでした。
ラストに変な山場を用意したワリにオチまでの筋書きはありきたりで、
なんだかなあ、という思いが強い。
これだけ普通のことになってしまうなら、
もっとホノボノホンワカと、意味の分からないラストにすれば良かったのに。
それでこそ他にない味を獲得できるとオイサンなんかは思うのですが。
この作品にはこの作品なりのラストがあって良いと思いますし、
それをし得るだけの独特さは、
道中にはあったと思うんですがどうですかね。
あんなにも分かりやすい緊張や盛り上がりが、この作品の世界に必要だったかどうか。
第2期も想定してるんでしょうか。

ただ、セーズとローマで異なった伝承は、
それぞれ一体どんなことを象徴しているのか?
果たして、より「それらしい」内容を謳っていたのはどちらだったのか?
ということについては、キチンと読み返して考察する価値があるように思います。

この作品の中でオイサンに一番響いたのは、主題歌の一節、いや二節、

 ♪ 涙さえ君を ここにとどめておけない

 ♪ 叶わないと思うから いっそ高らかな声で
    そのうたに君は「希望」と名付けて泣いた
    夢みるひとのこころに 確かに届くよ


に込められた、強さと、その裏側に貼り付けられた言い知れないかなしみ。

歌い手であるこのうたの主人公は何も知らない民衆の前で、
彼らの心の安寧のために、
欺瞞と偽りに満ちた歌を歌ったのでしょうね。
そしてそれこそが希望なのだと嘯いて、その言葉を信じた彼らの憐れと、
今はそうするしかない、それが正しいと知りながらもやりきれず、
自分の無力や弱さ、汚さを嘆いたという歌なんでしょう。
本当に力強い、きれいな歌だと思います。

……そんな、物語を期待したんですけどねえ。
出来る作品だと思ったんだけどなあ。
残念。
惜しい。
『夏のあらし!』の一期には、ちょっとそういうトコがあったと思う。
あと『L/R』。
『タイラー』にも裏面の感情があって、見応えがあった。

 ▼とあるコンバトラーの超電磁ヨーヨー

そういや、『とある科学の超電磁砲』も終わってたんだっけか。
こっちも、まあ、こう落ち着くしかないところに落ち着いて普通に終わりました。
佐天さんの活躍も、大体織り込み済みの展開で。
最終悪役がかなりやっつけ気味に現れてやっつけ気味に正体現して
やっつけ気味に消えていった感じです。
うーん。
前半戦の方が、明らかに面白かったなあ。
後半はえらくトーンダウンしたような印象。
完全に惰性でした。
ハラハラもドキドキもない。
1クールでもよかったと思います。

ヒロインの印象もなんだか薄かったように思いますねえ。
何がいかんかったんでしょう。
パーソナリティ的には充分だったと思うんですが。

オイサンは、圧倒的な力を持つヒーロー(ヒロイン)というのが好きです。
話のラスボスすら、小細工なしの力ワザで捻じ伏せることが出来るくらいのキャラクターが。
そういう意味で、美琴お姉さまはかなりイイセンいってるハズで、
『ヤマモト・ヨーコ』の洋子にも匹敵するパワーの持ち主だと思うのですが、
何故か存在感薄かった。
生まれながらの絶対的な強者じゃないってのが良くないのだろうか。

 ▼その他

あとオイサンが真面目に見ていたのは『ひだまりスケッチ』くらいですが、
……うーん。
フタを開けてみれば、今期は全体的に65点くらいでしたでしょうか。
決してつまらないわけではなかったけれど、
わくわくする瞬間もそう多くはない。
結局、『バカテス』も正体知れませんでしたしね……。
ただ、まあ、基本続き物の『レールガン』を最後まで見られたのは
一つ収穫だったような気はします。
ここんとこ継続して最後まで見られたものって、
大概一話単発構成のものばかりでしたからね。

ただフォローしておくと、
最近はアニメの「普通」のクオリティが凄く上がっていますよね。
いつ頃からか分かりませんが、
以前だったらその期のエース級をはれるような作品が
一期のうちに何作も出てくるようになっている。
主に、見た目(絵と動き)のクオリティという意味で。
そんな中でも『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』も『レールガン』も美しかったと思います。
『ひだまり』は乱れ気味。



凹みからの復活



昨晩は昨晩で、
連休のくたびれが募ったせいかご飯食べたあと即死してしまい
目が醒めたら2時。

「お、俺は一体どのくらい眠っていたんだ?」

と小粋な小芝居で乗り切ろうとしましたが無理でした。
普通に5時間くらい寝てたっぽい。
200年くらい経ってたらネタにも出来たのですが。

そっから風呂入ったりなんだりで3時半くらいになってしまい、
中途半端に寝なおしたせいで早起きの書き物も出来ず、
腹立たしいなちくしょう。
ままならぬのう。
色々出来る時間もあったのに。
人生って、こうやって終わっていくんだろうなあ。


……こういうとき、絢辻さんだったらどうするんだろう。


ゲーム中で一度だけ「今日は寝坊しちゃって」と言いながら登校してきたり、
桜坂で人知れず(?)落ち葉で滑ってコケてたり、
まワンコにご返杯をもらうイベントもそうですが、
ヘンな失敗をワリとやっている絢辻さんは
そういうイレギュラーの後のリカバリーをどうやってるのかに興味があります。
実際的にも、精神的にも、どうやって立て直してるんだろう。

とまあ、その上にどうでもいい時間の浪費を強いられた今日という日を
オイサンも一つ、町の路地裏でゴミ箱でもケッ飛ばして無かったことにし、
明日を気持ちよく迎えたいと、このように思う次第であります。



それではみなさん、良いお年を。
オイサンでした。


 

|

« ■オトメの本懐 -更新第456回- | トップページ | ■THINK REVERSE !! -更新第458回- »

[日記]」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/33923596

この記事へのトラックバック一覧です: ■漫画ばかり読んでいると漫画になる -更新第457回-:

« ■オトメの本懐 -更新第456回- | トップページ | ■THINK REVERSE !! -更新第458回- »