« ■意識の銃口 -更新第443回- | トップページ | ■結婚 -更新第445回- »

2010年3月 9日 (火)

■日常に潜む闇 -更新第444回-

喉元過ぎれば……?
腑に落ちるだけさ。


オイサンです。


朝。
シゴトバの給湯ポットのノズル部の周りが
コーヒーやら味噌汁やらの撥ね返りで汚れていたので
拭いて掃除をしていたら……
……何やら寝たきり老人の世話をしているような錯覚にとらわれ、
「もうおじいちゃん、こんなにこぼしてー」
みたいな気分に一瞬なってしまい……。



……イヤ、待テヨ。 始まった。



もしこれが病気で寝てる絢辻さんだったら……
ちょっとコレはオイ待て待て待てよヘイヘイ……!!

……みたいな、かなりの盛り上がりを感じてしまったオイサンなので、
お前らごときが常日頃やってる妄想なんてナ
所詮はオトナのおままごとみたいなモンなんだよ
この俺様にとってはナ!!

みたいなことを言ってみたい、オイサンです。
げっちょの朝からポット相手に何をやってるんだ……。
ポット、もうピッカピカじゃねえかよ……orz



■シンタス・アスミスの Sweetもアマいもカミ分けて!







久しぶりに番組のことにも触れておこう。
イヤ、勿論ずっと、毎週聞いてはいるんですけどね。

今週のにぃにのコーナー……ていうか、森島センパイとの牛丼イベント。
牛丼屋って、そんなに独特の機微と文化に満ちていたのかー、と
改めて日常に潜む未知の領域というものの存在に
ちょっと新鮮な驚きを感じてしまった。

そうか、そうだよなー。

知らない人が初めて入ったら、戸惑うようなお約束事の連続かもしれない。
しかも、ワリとそれらを高速で処理することを求められますしね。
なるほど、自分が知ってることでも、
周りから見れば目新しいことの連続、ということも世の中にはまだまだあるのだなあ。

ちょっと何かと活用させてもらおう。

……この番組も、さすがにもうそろそろ終わりですかね。
さすがに5クール目はないでしょうけども……
徐々にトーンダウンしつつあるとはいえ、やっぱりそうなると、
ちょっと寂しくなるなあ。



マそんな感じで、
病気の絢辻さんにおカユを作って食べさせてあげたい
オイサンなのでした!

看病されるよりしてあげたいです。



今日はそんだけー。
恥さらして終わりー。
いつもとおんなじー……。




 

|

« ■意識の銃口 -更新第443回- | トップページ | ■結婚 -更新第445回- »

[日記]」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/33692492

この記事へのトラックバック一覧です: ■日常に潜む闇 -更新第444回-:

« ■意識の銃口 -更新第443回- | トップページ | ■結婚 -更新第445回- »