« ■鍋とサッポロの境界麺 -更新第441回- | トップページ | ■意識の銃口 -更新第443回- »

2010年3月 6日 (土)

■ミリオン・ドリーム -更新第442回-

もたらし団子。
オイサンです。

嗚呼、一体我々に何をもたらすというのか……!!

……いや、今日スーパーで売ってて美味そうだったから……。
別に、一日一個、ワケの分からない言葉を思い付くと
決めてるワケではないですよ?

今日はゲームの話でお茶を濁す(言い切った)!!



■テイルズ オブ シード デスティニー(違



こないだのネタ記事でタイトルだけ借りてきた
DEENさんの「夢であるように」ですが。
なんか、聴いてたら妙に胸に響いて『TOD』やりたくなってきちゃった。
ルーティはいいケツしてるなあ。  ← 結局その辺の話か。

夢であるように 『テイルズ オブ 1デスティニー』OP


やっぱりいい歌だなコレ。
いい感じに抽象化がきいてて。
最近、気持ちが昂ぶりやすくなってる気がする。
なんでだろう。

『TOD』、面白いのかなあ。
『TOA』が面白いという話は聞きますが、
オイサンのやった『TOS』は長いばかりであんまり面白くはなかった。
それでも『TOS』は『TOS』で、
シリーズ中でもそこそこ評価されてるモノらしいので……。
ちょっと二の足を踏む。

  どうでもいいけどこのシリーズ、
  『TOT』が出たら泣き顔になっちゃうけど
  それはいいのか。

しかし、『テイルズ オブ デスティニー』かあ……。
初代PSがイケイケだった時期だなあ。
いい時代だった。
ゲーム業界が、良くも悪くも夢に溢れていた。
……ように、外側からは、見えてましたよ? ってハナシ。
中はなんかもうぐっちゃぐっちゃしてたよ!
みたいなこともあるでしょうからね。

実際どうなんだろうな、96年のゲーム業界って。
あれだけ盛り上がってたら、内幕では色々あったんだろうなあ……。
あのくらいの時期に、なんとかこっそりでも潜り込んでおけばよかった。
大学時代で時間もあったんだから、何かモノには出来たろうに。

La La La Playstation~♪

▼Playstation CM集

ファイティングBOXとかなつかしいなあw



■鋼の限界、再び。『メタルマックス3』



 ▼オリジナルスタッフの手によって『3』始動! 『メタルマックス3』[ファミ通.com]
  http://www.famitsu.com/game/coming/1232621_1407.html
 ▼メタルマックス3 ティザーサイト
  http://metalmax.info/
 ▼メタルマックス3キタ━━(゚∀゚)━━!! [ニュー速クオリティ]
  http://news4vip.livedoor.biz/archives/51494078.html

■メタルマックス3 PV


まさかの正規ナンバーキタ--------(゚∀゚)--------!!?!?!
ファミ通後ろから読んでて、

「あ? 戦車でRPG?
 ハンター?
 ……ソルジャー?
 ……メカニッ……ク!?
 ……"Rウルフ"!!?!





 マ ジ デ カ!!






ってなった!
なんとなく『メタルサーガ』をやり直そうかと思ってたけど、
その必要がなくなっちまったぜ!!

元祖『メタルマックス』が出たとき、
オイサン確か中学から高校に上がったばかりだったような記憶があるので
もう20年近く前か。
ファミコンだったもんな。
隣町のイズミヤのおもちゃ屋でどうにかゲットしたんだ。
よく憶えてる。

リメイクの悪夢とか色々あったけど、
今度はオリジナルスタッフ再集結ということで多分安心……?

……でも、正直なところは『メタルサーガ』で
キレイに世代交代が出来ればよかった、と思うよね。
いつまでもオリジナルの方々に一線で頑張ってもらってて良いわけが、
健全であるわけがないもの。

今回の開発で、『メタルマックス』の魂<ソウル>を、
キチンと若手に引き継いで上げて欲しいです!!

……気になるのは……上のティザーサイトのデータで
「プレイ人数:1~2人」ってなってるんだけど……マルチプレイありなのか……?

ちなみに、最近になって『2』の賞金首とのバトルBGMが
やたらもてはやされてるみたいですが、
オイサンはアレ、あんまり好きじゃないんですよね……
なんでなんだろう。
ビッグブリッジの死闘とかもそんなに、なんだよなあ……。



■09年のフシギな状況



今更ながらに09年のテレビゲーム周りの話をするのですが(なんで今だよ)、
ヒシヒシと活気を肌に感じつつも、あまり目新しいことは起こらなかったカンジだなあ、
というのが一つ、正直な気持ちとしてあります。

この辺の販売本数のランキングを見ると、大体どんなものが売れたか、
なんていうことは分かります。

■電撃のランキング 09年度ゲームソフト販売本数
  http://news.dengeki.com/elem/000/000/225/225179/

最大のヒット作……売れたものが『ドラゴンクエストⅨ』であることは疑いようもないのでしょうが、
感じる熱量の大きさで言えば、『ドラクエⅨ』はもちろんのこと、
『ラブプラス』『シュタインズゲート』『ドリームクラブ』あたりは外せないところでしょう。
売れていて熱も感じた物は『NewマリオWii』、『FFXIII』……くらいかなあ?
逆に、売れたワリには熱量を感じないのが『トモダチコレクション』でしょうか。
ていうかオイサン、コレがナニするゲームかそもそもよく分かっていませんが。

マ外にいる人間には見えない熱も多々あるのでしょうけども。

 ▼ゲーム業界内産業、という考え方

そうした中に、目新しい物の萌芽という感じがありませんでしたね。
なんというか、よそのメーカーが柳の下に群がって、
似たような二番煎じゲームがぞわーっと並ぶような勢いと、
その勢いを生み出すようなゲームがなかった。

それはつまり
「ゲーム業界の中に新しい産業が生まれなかった」
ということだと思うのです。
……オオゲサに言えばね。
新しいシステムとルール……つまり、新しい(か、そう見える)ジャンルとか
フォーマットの創出がなかった。

  いやホントはあったんだけど。
  『ラブプラス』なんかはそうですよね。後で書きます。

新しいジャンルという「産業」が生まれれば、
よその会社も一応そこに参入しようと尻馬には乗っかりますから、
それで売り場や発売スケジュールなんかは一応活気付くわけです。
その奥でどんな恐ろしいことが起こってるかは分かりませんけど。

『ストⅡ』などの対戦格闘、
『テトリス』『ぷよ』なんかのオチ物がはやったときは分かりやすかったですし、
初代PS時代もワリと顕著でした。
『パラッパ』に『バイオ』、『GT』。
『GT』はレースゲーじゃねえかよ新しくねえよ、って話ですけど、
それまではレースゲームに「リアル系」と「ゲーム系」という区分はなかったように思います。
事実その後は『GT』系のリアルシミュレータが主流になっていきますし。
『バイオ』は昔からあったものを新しい技術で焼きなおしたものですが、
それでもコレデモカってくらい、
見た目やフンイキの似たゲームがバンバンでましたね。

それを言ったら『トルネコ』とかのローグ系、
『弟切草』などのサウンドノベル系もそうだ。
最近だと、『脳トレ』でしょうか。真似られたのは。

デ、09年は「真似られる」くらい、
新しいゲームがそんなにはなかったのかなと思いきや。

前出のランキングの中で、
オイサンの分かる限りそうした「新しい仕組み」を持っているものといえば、
『トモコレ』、
『レイトン』シリーズ、
『わがままファッションガールズモード』
くらいでしょうか。
でも、どれも後続がいない。
『ガールズモード』はちょっと見かけますけどね。
09年のゲームじゃないですけど

『ドラクエ』もオンライン成分では新しいと思いますし、
『モンハン』も未だに新しいとは思いますけど
後続が『ゴッドイーター』くらいしか出ないのは……
何故なんでしょう?
ネットワーク成分を作りこむのに手間がかかるんですかね。

逆に熱量の高かった物のうちで新しさのあったものは、
文句なく『ラブプラス』なのでしょうが、コレも後続の蠢く気配がないですね。
あそこまで作りこむのが大変なのが目に見えてるからなのか、
その手間のワリに、セールス的な旨みが薄そうだからなのか。
本家も20万は行ってないんですっけ?

逆に『シュタゲ』は熱量こそ高かったものの、
パッと見の大きな体裁はただのADVで……中身がものすごかったので
これはもう真似ようはないですね。
シナリオの天才を連れてくるしかないのでしょう。

 二匹目のドジョウは味が良くない?

……。

うーん、この話、書き出したときの意図としては、

「新しい物がなくてもう一つ面白くなかったなあ09年は。
 もっとエポックな物を出そうぜ!
 WiiやDSでは任天堂の作った物しか売れないなんていわれてるけど、
 それは任天堂がエポックかつちゃんとしたものを作るからなんじゃないの?
 過去の目新しいヒット作って、『電車でGO』とか『ビーマニ』とか『太鼓の達人』とか、
 コントロールデバイスにも仕掛けがあったじゃない?
 それをWiiではリモコンがあって、ヌンチャクもあって、
 任天堂が率先してバランスボードとか、歩数系とかバイタルセンサとか、
 面白い物を作ってるんだから
 それを利用して作れる物を、なんか考えちゃえYo!」

みたいなところに適当に落ち着かせるつもりだったんだけど、
なんだか趣旨変わってしまいました。
「新しいものも出ていたけど
 みんなが真似してないだけでした、ギャフン!!」
という話になってしまいました。
イヤン。

……それはそれで、興味深い話ではあるけど。
何故なのか……みんなもう、真似る元気もないんでしょうかね。
マネでは儲からないと気付いただけかしら。

今はご時勢がご時勢ですし、売れ行きの見込めない新しい物を出すのは恐ろしいでしょう。
それでも生粋のこっち側の人は、新しいものにもバンバン手は出すんですけどね。
「面白そうだ!」という、匂いさえ感じれば。

 冒頭の09年ランキングには、手堅く続編・キャラものがだーっと並んで
 そうは見えませんが、これは多分、ゲーム買うひとの裾野が広がって、
 そういう生粋の人たちの影が浮き上がりにくくなっているんでしょう。
 そういう生粋の人たちは多分、『ラブプラス』か『シュタインズゲート』、
 あとは『ナントカカントカ モダンウォーフェア2』的なゲーム、
 それらのどれかは買ってると思います。

 いずれにしても、こういうランキングが上がってしまったら、
 作る側(というか売る側?)としてはこのランキングの上の方寄りのモノを作ってしまうのは、
 まあ分かる話。

それを思えば、先に挙げた『トモコレ』やら『ラブプラス』を
このタイミングでリリースした任天堂とコナミはえらいなあと思います。

「『DS・Wiiでは任天堂のソフトしか売れない』なんて、そんなバカな。
 それは作り方売り方の問題じゃない?」
とか言おうと思ってDSソフトの販売本数ランキングを探してみたけど。

  ▼歴代DSソフト販売本数ランキング [任天堂マニア日和]l
   http://www.dab.hi-ho.ne.jp/stone/7p/rankds.html

ひどいな。
任天堂と『ドラクエ』などのスクエニものを除いたら、
次は26位の『たまごっち』ってか。
それを思えば32位の『眼力トレーニング』って。 売れすぎじゃね?
90万人も眼力鍛えて、ニッポンはナニを始める気なんだ?
地球のみんな、オラに眼ヂカラを分けてくれ!

どうしてこうなるんだろう?
何がマズいんだ?

 ▼もう一つ、理解できないこと。

それにしても、びっくりするくらい……
第一線で押されている洋ゲー的ゲームが日本では買われてない気がするんですが、
売れてるんでしょうか?

『アンチャーテッド』とか
『CoD モダンウォーフェア2』とか、
『GOW』とか。
あとは……『MAG』ですか?

それぞれ国内単体でどんくらい売れてるんだろう。
と思ってひっかけてみたら、行って20万本くらいみたい。
……どうなんだろう、優秀なのか、それほどでもないのか。
マイマドキ20万といったら優秀なのだとは思いますが、
飛び抜けたインパクトを持っているかと言われたら、
ゲームバブルを体感してきたものとしては「ふーん」という感じです。
マそれも時代錯誤な感覚なのでしょう。

これらのソフトは、雑誌やWeb記事ではムダに見かけるんですが、
その露出のワリにはワーッと盛り上がってるようには見えませんね。
なんだろう、フシギ。
マ世界市場向けに作った以上、日本でもそこそこ売れてくれないと困るから
出す側で盛り上げようとするんだけど
やっぱり一般ウケまではいかない、という感じなのでしょうね。

開発費が上がると、一つのソフトでたくさん儲けたいから、
イキオイ世界基準でたくさん売れる物をこさえてそれを日本にも、
というスタイルにならざるを得ないのでしょうけど。

生理や文化にあわないものを、経済の論理でぶちこんで売れないからって逆ギレ、
みたいな態度はどうなのよ。
その昔あった、「日本の国語を英語に!」みたいなことと変わらないように見えるわ。
文化的なレイプ、みたいなさ。
かっこ悪ィ。



つまるところ、

 「単発ではオリジナリティのあるものが出されて、
  その周りではキチンとそれなりの盛り上がりがあった」

ということで、

 「でも昔とは違って、何故かみんな、あまりマネをしなくなった。
  だから、全体を包み込むような波は見受けられなかった」

ということのようです。
それが何故かは分かりませんが。
もちろんマネが良いわけではないので、それはそれで望ましい状況なのですが。

一体、我々の頃とは何が変わってそのような状況になっているのか?
ということに関しては、また別途考えてみたいと思います。



……と見せかけて、眠くなってしまっただけだったり
オイサンでした。


明日も雨なのかなあ。



 

|

« ■鍋とサッポロの境界麺 -更新第441回- | トップページ | ■意識の銃口 -更新第443回- »

[ご意見]」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おお、編集まそよ。
残念なる編集まそよ。
そのような読み間違いはまだまだ全然大したことがなく修行が足らぬ。

拙者などはみたらし団子を看取られし団子と読み違えて
三兄弟まとめて手厚く弔う団子葬儀マニアであり、
偉大なる総統閣下などは団子を見ただけで失禁する
リアルおもらし団子野郎でありただのウッカリ残念ボケ老人。
ム、今回も失禁するほど間違っており臣民総出で失禁であり大洪水。

だから食事中に読むなと申したではないかこのたわけが。

投稿: 語り部2nd | 2010年3月 8日 (月) 08時44分

もたらし団子 が
おもらし団子 に見えた俺は、そろそろ首のひとつもくくった方がいいのでしょうか。

投稿: 編集まそ | 2010年3月 7日 (日) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/33661610

この記事へのトラックバック一覧です: ■ミリオン・ドリーム -更新第442回-:

« ■鍋とサッポロの境界麺 -更新第441回- | トップページ | ■意識の銃口 -更新第443回- »