« ■スイスからの手紙 -更新第413回- | トップページ | ■病の園に集うもの -更新第415回- »

2010年1月31日 (日)

■サイレント・ヒルの夜更け -更新第414回-

さて、オイサンです。
この週末はいつもと違うリズムで過ごしたせいか、
何やら若干具合が悪い。

ナニをしておったかと言いますと、
このページを読んで下さっている方に会いに、静岡まで行って参りました。
『アマガミ』がらみでこのページを知って下さった方なので、
マちょっとお話など伺いに。

R0023305x

静岡なんていう普段は通過しかしない場所ですから、
ついでに美味しいものを食べ、
良い景色でも眺めがてら、ちょっと遠めのお散歩です。

ロマンスカーで小田原まで、小田原からは新幹線こだまで。
全部在来線でも行けない距離では全然ないですが、
マ時間ももったいないのでね。



■覚悟無き挑戦者



……しかし、そうしてお話をし終わってみて、
改めて考えて思い当たってしまうことがあります。
それは、オイサンが、こういう人との話の中でしたいコトというのは、
どうやら結局

  「オイサンの書いた下らないっぽいものでも、
   ホントにちゃんと、読んで、
   何がしかを感じ、楽しんでくれている人がいるんだ」

ということの確認で、それをすることによって、

  「オイサンが今、ただただ無駄に費やしているかもしれないこの時間を、
   他者が読み楽しんでいるという作用によって
   自らのために正当化しよう、
   少しでも意味のあるものだと思い込もうとしている」

という……自信の無さと、無為・ムダへの恐怖の産物だということに、
なんだか気がついてしまいました。
うーむ……。
気がつかなければ良いのに……。

自分がしていること・書いているものの本当の価値……
それはつまり、

  「自分が生きていく上で、必要であったり、
   武器や手段となりうるものかどうか」

ということが一つ確かな秤となりますが、
それを確かめたいのであれば、
もっと別の、もっと直接的で、確実で、シビアなやり方がいくらもあるはずで、
それをやらずにこっちに逃げているということが、
やっぱりちょっとこのトシになると情けないことだなあと思ってしまった次第です。

このページでやっていることは勿論趣味ではありますが、
この年齢の男が時間を費やし、血道を上げる以上は
やはり何かの産物である必要があるとも思います。

ていうか、それは、それをやる人がどういうウェイトと位置付けで以って
そのことに臨むか次第なんですけどね。
オイサンがこのように感じてしまうということは、
他ならずオイサンがこのページにあることを、
そのようなものだと考えているということなのでしょう。

よーするに。
「その気があるならさっさと賭けろ」
と、自分が自分に言っている。
ということなんでしょうね。
再確認。



■サイレントヒルの三題噺



サテ重たい話はこのくらい、
ここで問題です。
静岡と言ったらなんでしょう?

オイサン的には

  ・お茶
  ・ガンダム
  ・登呂遺跡

ですが、なんかもうこれだけですっかり三題噺の趣ですね。
今回の流れをざっと流れを説明すると、
ガンダムを見て、
登呂遺跡を見に行こうと思ったらタイムアップで見られないまま引き返し、
お友達に会って喫茶店をはしごして、
翌日、駿府城跡を見て、日本平を見て、
おそばをいただいて帰ってきたと。
そんな、別段とってことないアレですよ(例によって何言ってんだ)。



■ガンダム、静岡の地下道に立つ!!座れ!!



R0023293

先ずガンダム。
ていうか、駅の地下道の中に突然バンダイのプラモコーナーがあってびっくりした。
とりあえず撮影しておく。

その後、まだ友人と落ち会うまで時間があったので
そこそこ歩けそうかと登呂遺跡へ向かったのですが、
途中でおばあさんに道を尋ねたところ、
待ち合わせ時間までに戻ってこられそうな距離になかったので
断念して途中でおり返す。
無計画。

 ▼デアイ

その後、静岡駅で友人と落ち会い、喫茶店を二軒はしごする。
一軒目は喫茶店「男爵」。
二軒目は「ブーケ」。

  ▼男爵
   http://a-soviva.jp/shop/GRP14/SGP98/PGE1/000644.html
  ▼ブーケ
   http://a-soviva.jp/shop/GRP/SGP/PGE1/000705.html

どっちも前もって調べておいたお店です。
静岡まできて茶も飲まずにコーヒーを食らうこの無頼。
しかしやっぱ、アレだな。話をしながらだと、コーヒーの味ってわからんな。

  しかし、調べてみて分かったのですが、
  静岡・新静岡駅近辺には昔ながらな雰囲気の喫茶店が多いっぽい。
  そして、街並みを実際に歩いてみて、商店街が案外賑やかで元気な感じがしました。
  R0023296  
  ヤンキー兄ちゃんなんかも多い感じでちょっとコワかったですが、
  地下道でもイベントやってたり、アヤシイ占い師なんかがいたりはあるもののの、
  家の無い系の御仁はいなくて、町自体はなんか良い雰囲気。

  そのくせ、ちょっと行けばひなびた風景や自然のある公園などがあり、
  オイサン、結構好きです。

その後、飲み屋「座坊」でゴハンを食べながらお話をし、
最後にロイヤルホストでまたコーヒー飲みながら。

  ▼坐坊
   http://r.tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22001251/
   R0023342
   日本全国カキ会議。みんな初対面。

15時半に会ってから、結局てっぺん超えるまで。
総時間、8時間超?
ばかじゃねえ? 俺らマジパネくばかくねえ?
ていうかお相手は終電なくしてました。
悪いことをした……。
オイサンは駅前すぐのホテルをとってたので問題無かったですけどね。
へへえんだ(人非人)。

 ▼話題袋

お話の中身は、あちらのメインは『アマガミ』について。
こちらのメインは、「自分のブログがどんな風に読まれているかについて」。
先方は、オイサンの
「手帳の中のダイヤモンド」に興味を持って下さった方ですから、
オイサンがブログに書いたことや、
それ以外に『アマガミ』に関して互いに思うところを何かと聞いて下さって
トウトウとお話して来ました。

  アペンドディスクが出るならどんなのがいいか?
  という話になって、オイサンは
  「ひびきちゃんや香苗さんが、話のメインになってもいいけど、
   でも最終的には攻略は出来ない、みたいなヒネたものがいい」
  というお話をしました。

  メインヒロインとの物語の裏で、サブヒロインがどんな思いで
  どんな活躍をしていたのか、ということを見たいと。
  でもやっぱり橘さんと結ばれることはない、という。
  もし攻略可能なメインヒロインにのし上がるのなら、
  それはアペンドディスクではなく『アマガミ2』として製作して欲しいと思いました。
  主人公も、橘さんで無くてね。

またその方のしっかりしてるなあと感心させられたことには、
「自分が読んでいて丁度良いボリュームというのは
 大体何文字くらいなんだろう?」
ということに疑問を持たれ、イベントをいくつかピックアップして、
それらが大体何文字のセリフで構成されているかを勘定してみた、
ということでした。

結果的には3000文字くらいのイベントが
読み応えと読後のバランスが良く、すっきりしたのだとか。
マ実際は、長い短いの配置がバラけて最終的に心地よさが生まれるのでしょう
(要するに全部が3000字ではそれでそれでキツイ、ということです)が、
そういう分析をキッチリおやりになっている姿勢は、
インチキな書き手として是非見習っていきたいと思った次第です。
甘いぜオイサン。

その他にも、
「構造・物語主体の物語と、人物・キャラクター主体の物語のどっちが好きか」
とかオイサンの大好物な話とか、
『バキ』の結末予想だとか、『一歩』の結末予想だとか
なんでオイサンの知り合いは、こぞって『一歩』予想が好きなんだw

  しかしまあ、色々と面白い趣味をお試しの方で、
  「闘魚」なんていうマニアックなことをされたこともあるとか、
  北海道でクマとクマーしたこともあるとかで、
  そっちの話も実に興味深かった。
  ゲームもしっかりやってるし、立派な若者です。

オイサンの方はというと、ブログの記事に関して
「日記」「創作モノ」「それ以外(解析記事・ご意見記事)」
の三つをどういう割合くらいで読んでいただけてるのかとか、
主にそのどれを目当てで来られてるのかとか。
創作の中で伝えようとしているところを、
どのくらい伝え切れているのか、書き方に問題は無いかというようなことを、
なんとか聞き出そうとして参りました。



■10 years After



お相手の方、前もって戴いてた情報では2X歳ということで、
ああxコ下か、若いな、どの辺の話題を振ったら通じるのかな、
くらいに思ってたのですが、
実際会って確かめてみたら2X -2歳であることが判明。
なにその微妙なゲタ。
マそれにしたって2つの差なんですが、それでもX歳下がX+2歳下になるというのは
ちょっとショックでした。

  ・物心つく頃にはSFCがあった(それでも最初に触れたのはFCだったそうですが)。
  ・『YAWARA!』を見てた(バルセロナ五輪)のは小学校の上の方。
    『ラブプラス』の話になったときに判明。皆口お姉さんつながりですね。
  ・『ダイの大冒険』はリアル小学生で、技の真似をしたりしてた。
    オイサンは高校~大学の境の頃。
    予備校の自習室に行く前に立ち読みしてました。

とか。
マそれでも、いくらでも会う話がみつかるのがオタク同士の良いところなんですけど。
……オイサンの話題年齢が低すぎるだけかもですけど。
最近、肌年齢は上がり気味だというのに……
(ナニで凹んでるんだ)。

あと味覚の話で、
オイサンが
「最近味覚が変わって煮野菜とか異様にウマイ」
とかいう話を繰り出せば、あちらは
「僕はまだ、牛丼屋でしょうがをたくさんのっけるようになったとか
 そういう程度です」
とカウンターを打ってきなさる。
ああそうか、確かにそういう時期がある。
アレも一つの味覚の段階であったかと、改めて気付かされることもしばしばでした。

初日はそんな感じです。
なかなかに稀有な、有意義な時間でありました。
どうでもいいけど、かなりモリモリ食べちゃった。
体重が気になる。



■日本平



二日目の今日、日曜は普通に静岡をちょっと観光。
半日しかないので大したことは出来ませんが。
駿府城跡の公園を見て、
日本平から富士山を臨んで、
おそばの戸隠で磯おろしそばを食べて、おしまいです。

 ▼駿府城跡公園

ホテルでは朝ゴハンをつけずに吉野家で朝定食をいただき
(ゴハンメニューがなかったんですもの)、
その足で駿府城跡公園へ。
オイサン知らなかったんですが、駿府城ってイエヤス=トクガワのお城だったんですね。
……ふーん( ← さして興味ナシ)。

●トクガワさん、無駄に足を揃えて立つ!
R0023378
揃えすぎだろ。


●石畳純一
R0023399
……石田さんと橘さんは名前が同じだけあって
ベクトルが似てないでもないよな。


●死者の書
役所の壁に書かれていた壁画なんですが……
R0023417x
遠足か何かの一幕……なのでしょうが、
オイサンにはどうにも、死後の世界にしか見えませんでした。


●新旧時事放談
R0023421
市庁舎と400年前の石垣がおしゃべりをしている、そんな気配。
市庁舎、若造のクセに上から目線。
お前、自分が400年後に残ってると思うか?


●富士山
R0023446
霞がかって見えませんでした。
でもねコレ、見えても大した景色じゃないぜ? 多分。
だって手前の街並みと港がキッタナイんだもん。
台無し。
保全しろよ。


●ロープウェイ
R0023475
……を見るたびに思い出す、うめ先生の
「だめです、ロープが切れる」という一言。
切れますかw


●久能山東照宮
R0023562_2 
イエヤスさんのお墓があるところですが、
どうにもキンキンビラビラして品が無く、オイサンの好みにはもう一つ。
ですが、廟だけは凛として、ナニやら強い意思を感じました。
うむ、やっぱ人間は墓だな。
あとやはりこう、オイサン的には建長寺さんのような質実剛健さと質量が好もしい。


以下、静岡の日常風景をひたすら小バカにする小ネタ二つ。
気を悪くしないで下さい。


●三村
R0023312


●邑子姉さん、出番です!
R0023357
でも……チェッカーズは七人ですよね!!



しかしナニが一番びっくりしたかって……

R0023614

オフ会しに行って、お土産持たされると思わなかった!!
ファン?
オイサン、ファンついた?
あたし、きれいになった?
ありがたく頂戴いたします。
美味しく頂きたいと思います。

……えー、全国のこのページをご覧の皆さま、
日本国内ならワリとどこへでも参ります。
その土地の名産品をご用意の上、是非お声掛け戴きたいと。
このように思いますよ。

特に下関、宮城、滋賀県当たりの方はおられませんかね。
フグ、牛タン、近江牛と。
さぬきうどんも大歓迎でございます。



以上、オイサンでした。

うーむ……。
やっぱりなんか具合悪いな。
大丈夫か。
さっさと寝ることにします。


次週、いよいよ絢辻さんSS『ハッピー・バースデーがきこえる』完結編、
更新開始!










……「開始」?


 

|

« ■スイスからの手紙 -更新第413回- | トップページ | ■病の園に集うもの -更新第415回- »

[日記]」カテゴリの記事

アマガミ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

創作」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■tomozouさん

ども、その節はおせわになりました。
旅先で無理をするのはデフォルトです!
おかげで楽しい静岡でした。お茶もゴハンも美味しかった。
お土産はまだ戴いてませんが、今週末にでも。

神奈川に来られるときはご連絡下さい。
多分、こちらもあまりマトモにご案内は出来ませんが……
オレサマ オマエ マルカジリ !!

投稿: ikas2nd | 2010年2月 4日 (木) 22時44分

お疲れ様です(本当に)。

なんだかご無理をさせてしまったかもしれませんが、面白かったです。俺外道、コンゴトモヨロシク。
あ、メールの方送りますね!

投稿: tomozou | 2010年2月 1日 (月) 16時46分

>こちとら以前からファンだと申しておろうがぁあああああ!!!

JKP子はかわいいなあ!!!
何を言ってるんだい、JKP子はファンじゃなくて、
マブダチ、だろ?

>次回、覚えとけよぉおおおおおおおお!!!!

>……ごめんなさい。調子にのりました。
>落花生くらいしか思いつきません。

千葉にはホレ、アレがあるじゃないですか。
ネズミの。

というわけで次回は、
「舞浜駅前で延々
 来るかどうかも分からない新谷良子を入り待ちするオフ」
を開催します。
モチロン、本当に現れた場合
「おい、お前行って声かけて来いよ」
「バカお前こそ言って来いよ!」
とかイチャイチャしている間にあっさり見失うところまでが
このオフの主旨です。

……うす気味悪い。

投稿: ikas2nd | 2010年2月 1日 (月) 12時07分

>ファン?
>オイサン、ファンついた?

こちとら以前からファンだと申しておろうがぁあああああ!!!
お土産か? お土産が足らんのか?
30にもなってお土産の一つも用意しなかった礼儀知らずは、ファンとは認めないと仰せか???

次回、覚えとけよぉおおおおおおおお!!!!


……ごめんなさい。調子にのりました。
落花生くらいしか思いつきません。
仕事のせいで少々テンションのおかしい、残念な子?なだけなんです。
大目に見てあげてください。

投稿: JKP | 2010年2月 1日 (月) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55967/33198838

この記事へのトラックバック一覧です: ■サイレント・ヒルの夜更け -更新第414回-:

« ■スイスからの手紙 -更新第413回- | トップページ | ■病の園に集うもの -更新第415回- »